こんにちは。
この件については他の方の相談も色々拝見したのですが、いまいちピンときません。まったくの素人ですがどうか教えてください。
私は、昨年12月に結婚し、今年1月に正社員として勤めていた会社を退職。その後3月より派遣社員として勤務し、それも11月末日で終了します。現在は個人で国民年金と国民健康保険に加入しております。子供が欲しく、この仕事が終わったらしばらく夫の扶養家族に入ろうかと思っています。可能でしょうか?またその場合年金・健保等の扱いはどのようになり、かつ支払いはどのくらいの額になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

健康保険の扶養についてお答えいたします。



まず、だんなさんの健康保険証が社会保険事務所の健康保険証の場合。(だんなさんの保険証に○○社会保険事務局と記載されています。)

扶養の認定基準としては、現在の収入が年間130万円未満であることですので、月額にして108,330円未満であれば扶養になりますし、11月末で今の収入もなくなるのでそれ以降は扶養に入ることができます。

次に、だんなさんの健康保険証が健康保険組合の保険証の場合。(だんなさんの保険証に○○健康保険組合と記載されています。)

この健康保険組合の扶養認定基準は、その健康保険組合によって異なっていますので、健康保険組合に直接聞いてみたほうがよろしいでしょう。

いずれのばあいも、だんなさんの扶養となることができれば、健康保険料は支払う必要がなくなります。

また、国民年金については第3号被保険者となるので、国民年金保険料についても支払う必要がなくなります。

だんなさんの保険証が国民健康保険の場合。
国民健康保険には扶養と言う考え方がありませんので、そのまま国民健康保険に加入し、国民年金も支払う必要があります。

また、だんなさんの健康保険証が国民健康保険組合の場合は、扶養に入ることができますが、扶養一人当たり○○円と、だんなさんの収入より引かれることとなります。その国民健康保険組合によってその金額は異なっていますので、その国民健康保険組合がHPを持っているようであれば、ご覧になってください。
この場合のあなたの国民年金は、だんなさんの会社が厚生年金加入事業所であれば、あなたの収入(上記社会保険事務局の扶養認定基準内であること)によって、第3号被保険者となることができます。
厚生年金加入事業所でなく、だんなさんも国民年金であれば、あなたもそのまま国民年金に加入し、国民年金保険料を支払うこととなります。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

すごい。詳しいお答え有難うございます。
これを参考に手続きしてゆきます。
有難うございました。
PCの不具合でお礼が大変遅くなり
すみませんでした。

お礼日時:2003/10/31 15:34

健康保険の扶養を考慮する場合には、「今後向こう1年間(12か月)の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義がありますが、例えば来月から昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということになってしまいます。

つまり、本ケースの場合は12月1日が退職日の翌日なら、その日から扶養家族に入ることも可能です。社会保険の扶養に入ることが出来ますと健康保険料と国民年金保険料「第三号被保険者となり」奥様の負担分が不要となります。ご主人の会社の健康保険が協会けんぽであれば出産時の手厚い「出産育児一時金、家族出産育児一時金 出産育児一時金」制度も受けられます。出産育児一時金にしても、政府管掌保険の場合は一律ですが、協会けんぽの場合はプラスの付加金もある場合があるようです。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養は、今後12ケ月間の収入見込額が130万円の場合に、健康保険の扶養になり、年金の3号被保険者になれます。


ただし、社会保険事務所が管轄の政府管掌健康保険の場合で、組合健保の場合は組合によって違いがあります。
従って、11月末で退職した場合は今後の収入見込額が有りませんから、翌日から社会保険の扶養になれます。

扶養になったら、新・旧の保険証と年金手帳、印鑑を市役所に持参して国保の脱退と年金の号数変更のの手続きをします。
以後、国保と年金の保険料の支払の必要が有りません。
国保の脱退の手続きが遅れても、請求すれば扶養になったときに遡って国保の保険料は返還されます。
年金については、請求をしなくても返還されます。

ただし、退職後失業給付を受ける場合は、この収入には失業給付も含まれますから、失業給付の日額が3612円以上の時には、3612×30×12=130万円超となり、受給期間中は扶養になれませんので、国民健康保険と国民年金を継続することになります。

なお、夫の社会保険の扶養になっても、夫の社会保険料は増額にはなりません。

又、所得税の扶養については、1月から12月までの収入が103万円以下であれば、夫の控除対象配偶者になれ、夫が配偶者控除をを受けことが出来ます。
更に、あなたの収入額によっは配偶者特別控除も受けられます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

有難うございます。
ちゃんと還付も受けられるのですね。
知りませんでした。
参考になりました。
お礼が遅くなりすみません。
PCの調子が悪かったもので…。
本当に有難うございました。

お礼日時:2003/10/31 15:37

今年もそれなりの所得(退職金以外)がありますよね。


一度ご主人の会社の人事部などへ、扶養家族になる基準を確認された方がよいと思います。

健康保健の場合は、この先の収入の見込み金額で決まりますが、
扶養家族になれるかどうかは、会社によっては前年の所得を基準としています。
そうなると国民年金も自分で払わなければなりません。

失業給付を受けられる予定がある場合は、給付を受けている間は扶養家族になれないとも思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみませんでした。
PCの不具合で…。
やっぱり会社に問い合わせるのが一番ですよね。
有難うございました。

お礼日時:2003/10/31 15:24

1.11月末に退職されたらすぐにご主人の社会保険の扶養になる手続きをしてください。

(ご主人は会社員ですね?)
退職日が11/29日ですと11/30から扶養に入ることになります。
(つまり翌日から扶養に入ります。手続き上健康保険が更新されるまで多少時間がかかりますが、扶養開始は退職日の翌日とします。)
扶養に入ったら新旧両方の健康保険証を持参して国民健康保険を役所に行き脱退します。もしその時点で過払いとなっていたら国民健康保険の残金は還付されます。
国民年金は過払いがあれば自動的に還付があります。もし過払いにもかかわらず還付がなければ社会保険庁にお問い合わせください。

なお、雇用保険の失業給付を受けられる場合は、その日額が3612円以上の場合は、失業給付を受けている間は、国民健康保険と国民年金に加入します。

ご主人の扶養に入るとご質問者自身の支払いはなくなり、またご主人の保険料が上がるということはありません。

2.税金の話
<ご質問者の納める・納めた税金>
ご質問者は12月まで会社にいませんので、税務署で確定申告を受けてください。
確定申告は来年1月~3月です。(詳細な時期は税務署でお聞きください)
これにより、所得税は還付を受けられると思います。(年末調整で受け取るのと同じです)
去年の所得にかかる今年支払いの住民税がいま給与から引かれている場合は、退職時に残りを一括で支払うか、切り替えて市役所による徴収で支払うかしなければなりません。
今年の所得に対する住民税は来年5月頃に納付の通知があります。

<ご主人の税金>
今年の収入が141万円(103万円ではないことに注意)以上の場合は、ご主人の税金の扶養には入れません。それ以下ですと配偶者に対する控除をうけられることがありますので、ご主人の年末調整時に申告してください。

以上です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても詳しく回答いただき有難うございます。
PCの不具合でお返事が随分と遅れてしまいました。
すみません。
私は確定申告になってしまうのですね…。
この歳になって税務署は初めてです。ドキドキ。
本当に参考になりました。
有難うございました。

お礼日時:2003/10/31 15:15

ご主人の扶養家族になれば、専業主婦として年金は3号被保険者となります。

健康保険は扶養家族扱いとなります。従って、今後は貴方の支払いはなくなります。ご主人の保険料が上がることもありません。手続きはご主人の会社で手配してくれると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有難うございます。
PCの故障でお返事が大変遅くなってしまい
すみませんでした。
主人の保険料が上がらないと聞いて
ホッとしました。
有難うございました。

お礼日時:2003/10/31 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金加入の会社員(夫) の扶養に入っている妻 の年金について教えてください。

夫の会社は厚生年金適用(加入?)です。
現在私は夫の扶養に入っています。

夫の年金は【国民年金(基礎年金)+厚生年金】になると思うのですが
扶養に入っている配偶者の年金は【国民年金】だけになるのでしょうか?

というのも、ねんきん定期便を見たところ、私の加入している制度は
【国民年金(第3号被保険者)】としか記載されていなかったので・・・
扶養に入っていると、私も夫と同様に【国民年金+厚生年金】となるのかと思っていましたが
そうではないのでしょうか?

夫の加入している年金制度がどのようなものでも、扶養に入っている配偶者は
国民年金のみの加入で、将来受給される年金も国民年金(基礎年金)のみになるということでしょうか?

その辺りが今ひとつよくわかりません。
もし情報に不足があれば補足いたしますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年金は個人単位です。

ご主人が加入している年金は「厚生年金」。質問者様が加入している年金は「国民年金」。質問者様はご主人がたまたま会社員だから年金保険料の支払いを免除されているというだけの話。健康保険のように扶養されているわけではありません。(健康保険は世帯単位)

なので、

>扶養に入っている配偶者の年金は【国民年金】だけになるのでしょうか?

20歳になってから働いたことがなければ国民年金(老齢基礎年金)だけです。もし独身のときなどに厚生年金に加入していた時期があれば、そのときの給与や働いていた期間に応じてご自身の厚生年金も上乗せになります。

年金は個人単位なのに、厚生労働省の試算では「会社員と専業主婦世帯」なんて世帯単位で表現しているのでややこしいですね。「年金はお得」と思わせるために試算結果を発表するときに小細工しているのです。

なお、他の人へのお礼に対する回答ですが、

>私の現在の年金加入状況は【国民年金のみ】ということなのですが、
>【国民年金+厚生年金】となっていなくても大丈夫なのでしょうか?

現在の加入状況は国民年金のみです。
ただし過去に仕事をしていて厚生年金に加入していた時期があるのにねんきん定期便にその記載がないがないとすれば、年金記録が消えているか、会社が誤魔化していたかのどちらかです。

年金は個人単位です。

ご主人が加入している年金は「厚生年金」。質問者様が加入している年金は「国民年金」。質問者様はご主人がたまたま会社員だから年金保険料の支払いを免除されているというだけの話。健康保険のように扶養されているわけではありません。(健康保険は世帯単位)

なので、

>扶養に入っている配偶者の年金は【国民年金】だけになるのでしょうか?

20歳になってから働いたことがなければ国民年金(老齢基礎年金)だけです。もし独身のときなどに厚生年金に加入していた時期があれ...続きを読む

Q国民健康保険・国民年金から、夫の扶養に入る手続き

すみません、教えてください。

6月中旬まで失業手当を受け取っていました。

先日最後の認定日にいき、失業保険被保険者証に『支給終了』が押されたので、扶養に入る手続きをしようと思っています。

そこで質問ですが、役所と夫の会社と、まずどちらに手続きを申し出るのでしょうか。

Aベストアンサー

>そこで質問ですが、役所と夫の会社と、まずどちらに手続きを申し出るのでしょうか。

まず夫の会社に健康保険被扶養者(異動)届と国民年金第3号被保険者の変更届を出します。
そして健康保険の保険証が来たら、それと国民健康保険の保険証と印鑑を持って役所に行って国民健康保険の資格喪失届を出します。
新しい保険証を持たずに役所に先に言っても、国民健康保険の資格喪失の届は出せません。
なお国民年金は自動的に切り替わるので、役所での手続きは不要です。

Q月中で扶養になった場合の年金と国保の支払いについて

現在失業給付を受給中のため、夫の扶養から外れており
国民年金と国民健康保険料を支払っています。

もうすぐ失業給付の受給期間が満了になるので
その後は夫の扶養に戻る予定です。

月の途中で受給期間が満了になった場合、
その翌日から扶養に入れるということは確認できたのですが、
その場合、国民年金と国民健康保険料は何月分まで支払うことになるのでしょうか?

例えば9月21日付けで夫の扶養に入った場合、
9月分の国民年金および国民健康保険料は支払う必要がありますか?
それとも月途中から扶養になっているから支払う必要はありませんか?

ちなみに支払いは振込みでしているので、自動的に引かれてしまうことはありません。

Aベストアンサー

・国民年金
  9月分の支払いは不要・・月末時点で第3号被保険者なので0円
  健康保険の扶養の手続きをした時に、国民年金の第3号被保険者の手続きも一緒にされるので、特に手続きをする必要はなし
  年金記録上は、9/20までは1号で9/21からは3号になります(ねんきん定期便等の記録上の表記)
・国民健康保険
  保険料9月分の支払いは不要・・月末時点で旦那さんの健康保険の扶養なので0円
  市役所で国民健康保険の脱退手続きをする必要あり
  (国保の保険証、新しい保険証、印鑑等を持参・・詳しくは市役所に確認を)
  その際、正確な保険料を計算してもらって清算します
  納付書の月の保険料(10分割だと1.2か月分に相当する)と、実際の4月~8月(5か月分)年間の5/12の保険料は違うので再計算してもらいます
  不足があれば支払います・・この時期なら通常支払う事になるはず

  

Q結婚して夫の扶養となり健康保険を切り替える時どのような書類が必要ですか?

今アルバイト生活で、国民健康保険を納めています。
来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが、
夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

会社に問い合わせるべきとは思いますが、
ちょっと事情があってできないので、
基本的な書類とか、大体で良いので教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>来年結婚して夫の扶養となるつもりなのですが

夫(になる人)の扶養になれるということは確認済みなのでしょうか?
上記のように結婚してからも仕事を続けるのなら、収入の制限がありますし、また夫の健保がBであればロのように前年の収入によって判断するところだと、現在は無職・無収入でも前年の収入が130万を超えていれば扶養にはなれません。
ですからそこのところを確認しているかと言うことです。
なれるだろうで確認せずに、土壇場になってなれませんという事になると大慌てと言うことになりかねませんが、どうなのでしょうか?

>夫の会社に提出する書類として何が必要でしょうか?

一応扶養になれると仮定して。
夫の健康保険の扶養になれば、国民年金は第3号被保険者になれます。
第3号号被保険者は保険料はなしで、国民年金に加入できる制度です。
ですから夫の会社には少なくとも「健康保険扶養者(異動)届」、「国民年金第3号被保険者変更届」、それから質問者の方の年金手帳を提出することになります。

それから扶養になっても自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。

市区町村の役所に連絡して結婚して会社の扶養になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む

Q県民税・市民税について

税金に対して全く無知なので、教えてください。

私は今まで正社員で働いていて、その間は県民税・市民税は自分で振り込みしていました。
(お給料からの天引きではなかったので)
去年仕事を辞め、今年の1月1日から旦那の扶養に入っています。

旦那の扶養に入っている場合でも、県民税・市民税は自分で払うのでしょうか?
こないだ振込み用紙がきました。
旦那のお給料から、県民税・市民税が天引きされているので、私の分も一緒に天引きされてると思っていました。
扶養に入っていても、一緒に天引きはされないものなんでしょうか?

また、県民税・市民税はその人の所得で計算されてるのでしょうか?
所得が全く無い人でも払わなきゃいけないものなのでしょうか?
私は現在働いてないので、収入はゼロです。
なのに払わなきゃいけないんだー…って感じなのですが。

無知すぎて恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいようですが、あくまでも「平成19年の収入に対する住民税」なので、現状が無収入かどうかは関係ありません。平成19年に、住民税が課税される収入があった人は、現在は所得が全くない人でも、払わなきゃいけないのです。

また、税金というのは、1人1人に対して計算され、1人1人に対して請求するので、扶養に入っている(=税金上、配偶者控除の対象になっているとか、健康保険で扶養家族欄に名前が書いてあるとか、国民年金の種別が第3号になっているとか)という状態でも、だからと言って夫に請求が行って、夫の給与から天引きされることはありません。
ちなみに、健康保険や国民年金は、払っていないと思われますが、これは「夫の給与から、自分の分も天引きされている」のではなく、質問者さんの保険料が0円なので、自己負担額が無いだけです。

ということで。
送られた納付書の通りに、住民税を支払いましょう。
ご主人の給与から天引きしてもらうのは、不可能です。(ただし、ご主人にお金を出してもらうのは、もちろん問題ありません)
平成20年に所得がなければ、来年の6月に納付書が送付されることはありません。また、もし再就職した場合も、住民税の負担が発生する程度の所得を得た年の、次の5月までは、住民税の給与天引き/納付書の送付はありません。

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいよう...続きを読む

Q主人の扶養に入っても失業保険の受給資格はありますか

今年の3月末で会社(正社員)を退職します。退職後はすぐに主人の社会保険の扶養に入り、国民年金第3号になる予定です。 でも失業保険を受給する為には扶養には入れないと聞きましたが本当なんでしょうか?
私の失業保険の給付日数は3カ月。給付総額は約50万円になります。
退職後の収入見込みはありません。
ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。

他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。
ただ、「いちおうの基準」というは、あります。
「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。
これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。
たとえば今回のご質問にあるような「失業給付を3カ月もらう」など、もらう期間が決まっていて、その金額を1年ももらうわけじゃなくても、もらう予定の金額(たとえば今回の場合、日額*30日*3カ月)ではないのです。
基準を超える日額の場合、それをもらっている期間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります……3カ月とか、50万円とか、もらう予定でなくてもです。失業給付をもらってる間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります。(3カ月で50万円なら、それが12カ月だと、明らかに130万円を超えますよね)

失業給付の金額がとても少なければ(要するに上の基準以下なら)、失業給付をもらい、なおかつsh会保険上の扶養に入れます。
ただ、たいていの場合、失業給付の金額が社保上の扶養に入れるほど少なくないこと、会社の方で「社保上の扶養に入る場合、失業給付の受給に必要な書類を、扶養に入れる状況になった確認書類として提出させる(没収する)ことが多い」こと、などで、扶養に入れないことが多いでうs。

……ただ最初にも書いたように、これは「全国一律の、強制的な基準」(所得税のように、全国一律、1円の違いでも融通が効かない)ではありません。
会社の方で、失業給付を受給していても扶養に入れてくれる場合が、なきにしもあらず、ご主人の会社に確認するのが、一番正確な情報を入手できます。

ただ、ひとつ気になったのですが、「退職後の収入見込みはありません」というのは、退職後すぐに別の会社で働くことが決まっているわけじゃないとか、失業給付をもらい終わるまで就職しないとか、失業給付をもらい終わっても収入を得る見込みは無いとか……どれでしょう?
失業給付の受給、けっこう厳しくなっていて、「雇用保険を払っていたから、もったいないから失業給付は欲しい!」というだけでは駄目で、「仕事をする意思があり、仕事ができる状態であるのに、仕事の方が無い!」という人のための物になっています。
つまり、ただ単に「退職直後にすぐ別の会社に就職するわけじゃなく、一から仕事を探すから」収入見込みが無いというのなら良いのですが、「失業給付の受給が終わっても、収入見込みが無い状態」を今から公言している場合、仕事をする意思が無いとみなされる場合があります。
失業給付を受給するには、就職活動をしなければいけないとか条件もあります。
そのへん、ちょっと気になりました・

厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。

他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。
ただ、「いちおうの基準」というは、あります。
「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。
これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。
たとえば今回のご質問に...続きを読む

Q扶養に入っているのに国民年金を払っていました

結婚して専業主婦になったので主人の扶養に入りましたが、国民年金を払っておりました。
扶養に入れば国民年金を払わなくても良いことを知らずにいたので…。
これから第3号被保険者の手続きを取るつもりですので払わなくなると思うのですが、扶養に入りながら払ってしまった分はそのままになってしまいますか?戻ってきたりはしないでしょうか?

Aベストアンサー

まず、市区町村役場でiroironohiさんの戸籍謄本を取り、iroironohi
さんの年金手帳と印鑑と一緒に、御主人の会社の人事課へ持参します。
会社で第3号被保険者の手続きをしてもらいます。戸籍謄本により結婚
された日が分かるので、その日から適用して貰うように言いましょう。

会社から第3号被保険者の届出書が社会保険事務所へ郵送されます。
今は第3号被保険者の特例期間中ですので、さかのぼって適用されます
ので納めていた分は還付(戻ってくる)されます。すると、社会保険
事務所からiroironohiさん宛てに、還付請求書と言う用紙が送られて
きます。そこには、納めた分をお返ししますので、振り込む先はどう
なされますか?と言う事で、iroironohiさんの口座番号などを書く
ようになっています。それを返送されれば大丈夫です。

Q扶養に入ったあと払っていた年金、健康保険について

私は去年の10月で仕事をやめました。
失業手当は今年の2月に申請し、今月で受給期間が終了となりました。
受給中の6月に結婚、扶養に入る手続きをして
主人の会社から新しい保険証をもらい、国民年金の扶養の資格該当通知書も届きました。
今まで、働いていた時の年収から算出された額で年金、国民健康保険ともに支払っていました。
そこで質問です。
●扶養の認定日から今まで支払った分は戻るのか?
失業手当受給額が平成24年の年収になるのなら、扶養の範囲を超えないので戻るのかな?と思っています。
●新しい保険証が届いたら、自分で国民健康保険を脱退するのか?
調べてもよくわからなかったので質問します。

回答お待ちしています。
 

Aベストアンサー

>●扶養の認定日から今まで支払った分は戻るのか?

○健康保険について

ご主人(の加入する健康保険)の被扶養者になれば「市町村国保」の資格は失います。よって、資格喪失時点で国保保険料(税)が過払いになっていれば還付されます。

たとえば、8/31日時点ですでに国保の資格を喪失していれば、市町村に納める保険料(または保険税)は「(4月~7月の4ヶ月分)×年間保険料」になります。(月途中で資格喪失しても日割りはありません。)

ちなみに、国保は市町村ごとに徴収の方法に違いがあります。ですから、過払いになっているかどうかは脱退時に精算してみないとわかりません。

○国民年金について

「国民年金の第3号被保険者」は保険料が年金制度から拠出されますので保険料の自己負担はありません。ですから、3号である期間の保険料を支払ってしまった場合は保険料の還付が行われます。

『沼津市|Q6 国民年金保険料を納めすぎたときは?』
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/zei_hoken/nenkin/menu_4/menu_4_6.htm

ちなみに、「厚生・共済年金」加入者は「国民年金の第2号被保険者」で、退職すると「国民年金の第1号被保険者」となります。

『~被保険者の種別、1号、2号、3号被保険者とは?~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso02.html
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金保険料|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3763

>失業手当受給額が平成24年の年収になるのなら、扶養の範囲を超えないので戻るのかな?と思っています。

前述の通り「保険料(税)が過払いになっていれば」還付されます。

なお、健康保険の(被扶養者の)要件では「失業給付」も収入とみなされますが、「いつからいつまでの収入で判断するのか?」は健康保険(の運営元)によって規定が違います。

「協会けんぽ」の場合は過去の収入は一切問わず、現時点から向こう12ヶ月で130万円を超えないことが要件になっています。(給与収入等は月額で108,333円を超えないこと)

『従業員の被扶養者に異動があったときの手続き』(協会けんぽの場合)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2041

>●新しい保険証が届いたら、自分で国民健康保険を脱退するのか?

健康保険は、現状、横のつながりはありません。よって、運営元である市町村の窓口で脱退手続きが必要です。必要なものは事前に確認しておいてください

(参考)

『国民年金(など)は、節税に使える!』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/merit4.html
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

※間違いがないよう努めてはいますが【必ず】各窓口にもご確認ください。

>●扶養の認定日から今まで支払った分は戻るのか?

○健康保険について

ご主人(の加入する健康保険)の被扶養者になれば「市町村国保」の資格は失います。よって、資格喪失時点で国保保険料(税)が過払いになっていれば還付されます。

たとえば、8/31日時点ですでに国保の資格を喪失していれば、市町村に納める保険料(または保険税)は「(4月~7月の4ヶ月分)×年間保険料」になります。(月途中で資格喪失しても日割りはありません。)

ちなみに、国保は市町村ごとに徴収の方法に違いがあります。ですから...続きを読む

Q退職後、夫の扶養に入れないと言われました

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」はもらえません。
(出産後に35万円の出産手当金はもらえます)

失業保険の受給は働く準備が出来るまで延期する予定です。(2年後くらいを考えています)

という事で、今年の9月1日からは私の収入はゼロです。

それで夫の会社の組合に9月から扶養に入れるか確認してもらった所、「奥さんの源泉徴収票を出して下さい」と言われました。
今手元にあるのは去年の収入である「18年度の源泉徴収」です。
それを見て「扶養には入れません」と言われたそうです。

来年になってまた「源泉徴収を出すように」言われた場合、19年度の源泉徴収を見せる事になりますが、19年度(今年)は8月31日まで働いたので、退職金も合わせるとちょうど130万を超えると思います。
そうなると来年も私は扶養に入れないと言われました。

私は来年は全く無職の状態なのですが・・(失業保険などの給付もまだ受けませんし)扶養に入れないのでしょうか。

「保険」も「年金」も前年度の源泉徴収を見て判断されるものなのですか?

他の方の質問を見ていると、なんだかおかしい気がします。
でも夫が会社で聞くとそう言われるらしく・・。
夫の会社の組合規則が厳しいのでしょうか。

ご回答を頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

こんにちは。既婚女性(妊娠3ヶ月)です。

私は8月31日付けで会社を退職する事にしました。
(12年間働いた上での退職です)
退職理由は妊娠・出産の為となっております。

退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。
その為、退社後は「夫の扶養に入る」か「国民健康保険」「国民年金」に加入するしかない事になりました。

任意継続が出来ませんし、出産は来年3月予定なので「出産育児一時金」...続きを読む

Aベストアンサー

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に収入があっても、退職した書類(離職票等)を提出すれば、理解してもらえると思いますが、退職後の扶養申請のことだと伝わっているのでしょうか。退職前の状態(現時点)で扶養申請することを相談されれば、当然断られると思います。

決定権者は健保組合であり、会社は手続きの代行機関でしかありません。なので、直接組合に確認されることをお勧めします。
永久に入れないことはないと思います。

>退職の際に会社の人事の方に確認した所、私の勤めている会社は「数年前から任意継続が出来なくなった(制度が無くなった)」と言われました。

任意継続制度は、健康保険法上当然生きています。継続療養制度と勘違いしているのではないでしょうか。これは、あなた様の会社が間違った情報を持っていると思われます。これについても、直接貴方様が入っている健康保険(政管健保なら社会保険事務所、組合健保ならその組合)にご確認されることをお勧めします。任意継続は直接健康保険に手続きしますので、会社に関係なく直接手続きできます。

扶養の認定の基準は、その組合独自で持っていますので、それが判断に優先されますが、お書きいただいた内容からは、会社の担当者が組合に尋ねていますので、どこまであなた様の事情が伝わっているかわかりません。
普通、退職してすぐ扶養にできない理由として考えられるのは、
1)失業保険をもらう
2)出産手当金、傷病手当金がもらえる
3)退職金が多い
4)その他不労所得(不動産収入、利子収入等)がある

退職していれば、その後の収入はないので、過去の収入は問われないケースが一般的です。過去に...続きを読む

Q扶養に入られている奥様の国民年金の支払額について教えてください。

年金のことについて教えてください。
だんな様の扶養に入っている奥様と、扶養に入らずに
国民年金を全額払い続けた女性との国民年金の受取額は一緒だと社会保険庁の方から聞きました。
詳しいことを知らない私は不公平だなと漠然と思いました。
そこで社会保険庁に質問漏れしてしまって疑問が残りました。
だんな様の扶養に入っている奥様の払込額はどれぐらいなのでしょうか?
奥様は直接的には払っていないでしょうが、だんな様の給料から引かれているのでしょうか?
そしてそのだんな様の雇用者も負担しているのでしょうか?
それを合算するといくらぐらい払っていることになるのでしょうか?
まさか、全く支払わずに受給だけが発生するわけではないのですよね・・・?(扶養に入る前の払込額は別に考えてです。)
どなたかお詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

20歳から60歳まで40年間の保険料を納付してもH19年度の老齢基礎年金は満額で792,100円/年。

20歳前に厚生年金・共済組合員の夫と結婚し、20歳以後3号被保険者となり60歳に達した場合は納付済保険料は0円ですが、受給年金額は満額で792,100円/年で同じ。

3号被保険者の保険料は納付する必要がありませんが、
これは厚生年金・共済組合などの被用者年金制度全体で拠出しているためです。

厚生年金等に加入した期間分は報酬比例という形で年金額が増えますので不利だとはいえません。

一番不利(?)なのは自営業等の1号被保険者の妻です。
H19年度では14,100円/月の保険料を払い続けても満額792,100円/年の年金です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング