12日に、レンタカーを借りて、
函館~松前~江差~函館と観光しようと思ってます。
初めて行きます。
運転は慣れているほうです。
一日でこのルートを回ろうとすると、各場所での滞在時間が短めになってしまうでしょうか?
天気にもよるのですが、追分ソーランラインを楽しみにしています。
江差から函館に戻る場合、227号が主要みたいですが、地図で見ると、29号という道もありますね。これはどうでしょう?
このあたりの観光について、何でも結構ですので教えてください。
また、東京在住の者にとって、この時期の道南の気温は、どのくらいの寒さに感じられるかも、教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1の者です。

私は車の運転をしませんのであまりアドバイスはできませんし、松前も江差も1,2度しか行ったことがありませんので、そっちの方もお役に立てそうにありませんが、とりあえずそういう歴史的観点から参考になりそうなURLを書いておきました。

松前までは100kmありますので2時間くらい見ておいた方がいいですね。となると到着は11時ですね。それから松前城に行って資料館を見て、お昼は町内のどこかで食べて、出発は早くて1時半くらいでしょうか。

松前から江差までは70kmくらいですので、1時間ちょっとかかりますね。となると大体到着が3時前。江差は開陽丸もありますので、この中の資料館は幕末の歴史がお好きなら絶対はずせないでしょう。他に、ニシン御殿などを見て回るともう5時くらいになりますね。

今日の日没時間は函館で17:05ですので、もうこれで暗くなります。227号線でこのまま函館に戻ってくることになりますか。本当は時間があれば1番でお話しした、もう少し北に行ったところの海岸線をご覧頂きたいのですが、暗いとなんにも見えませんから無駄ですね。
227号線は車通りはそこそこあると思いますが(そうでもないかも。日曜日の昼間にここを通ったら、たまにしか車と行き会いませんでした)何せ真っ暗な山道ですから、初めてですと運転にかなり気を遣って疲れると思います。

もし、幕末の歴史に重点を置くのであれば、今回は松前はパスして江差一本に絞った方がいいかもしれません。無理をして疲れて事故でも起こしたらなんにもなりませんし、時間に追い立てられる旅行は楽しくなくなりますし。

江差だけですと、行きは函館→木古内→上ノ国→江差と行って、時間に余裕があれば北の海岸線まで脚を伸ばして奇岩の続く景観を楽しみ、そのあと227号で函館に戻ってくる、というコースもいいかもしれません。
これですと、行きに上磯の当別にあるトラピスト修道院に立ち寄ってみるのもいいですね。煉瓦造りの修道院を丘の上正面に望む、まっすぐの一本道が非常に印象的です。

また、木古内から上ノ国に至る道道は紅葉がとてもきれいなところでして、少し早いかもしれませんけどそろそろ始まっているのではないかと思います。

もし行きも227号線を使うのでしたら、行きに大野の「きじひき高原」というところによれたらいいですね。
http://www.town.ono.hokkaido.jp/sightseeing/scen …
ここからの眺めが↑でパノラマ画像でご覧になれます。

函館に関してですが、もう5,6回もおいでくださったとのこと、ありがとうございます!!
となると、もう有名どころはおいでになったと思いますが、緑の島はご存じですか?あそこからの眺めもまたいいんですよ。もしまだ行かれたことがないのでしたら、このサイトで「函館 緑の島」で検索して頂きますと私の過去の回答なども出てくると思います。そこには函館の見所があれこれ書いてますので、ついでにご覧くださればうれしいです。

参考URL:http://www.hakodate.or.jp/shiriuchi/kaidou/defau …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
教えていただいたポイントが大変役にたって、おかげさまで楽しい旅ができました。
江差へ向かう227号では、紅葉が大変キレイでした!!
今回、初めて、赤松(?)街道を通りましたが、松並木もよいですね!
函館でレンタカーを借りたのは初めてでしたが、レンタカーなりの楽しみがあって、たくさん満喫することができました。
来年は桜の季節にでも行こうと計画しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 23:54

函館の者です。


今回のご旅行では函館観光は別の日になさるのでしょうか?それとも、函館は過去においでになったことがおありで、今回は松前と江差がメインということでしょうか?

海岸線沿いのドライブが主目的ということでしたら、松前と江差の間の海岸線にはそれほど風光明媚なところはないと思います。道南の追分ソーランラインで一番の見所は江差から北に向かった、乙部町→熊石町→大成町の海岸線なんですよね。この辺は奇岩や白亜の断崖などがあって大変見応えがあります。

松前は桜の名所として有名ですが、今の時期ですと本州からおいでになる方にとってはそれほど興味深いところはないかもしれません。北海道に住む者にとっては非常に珍しい竹林(北海道には他にはほとんどないんです)や由緒あるお寺などがありますが。

また、江差は昔のニシン漁が盛んだった頃の屋敷跡などがありますし、鴎島など見所もありますが、これもやはり歴史やソーラン節などに興味がおありの方でしたら行く価値のある街でしょう。

函館の街の観光については一言では語り尽くせませんので、私の過去の回答などをご覧頂きたいと思いますが、もし函館市内の観光をも含めてこの日程でしたら、再考なさった方がよろしいかと思います。函館だけでも見るところがたくさんありますから。

29号という道、これはかなり山深い道で、私も通ったことがありませんからどの程度の路か分かりませんが、よほど時間に余裕のあるとき以外はやめておいた方がいいかと思います。

尚、今の気温は朝はもちろん10度以下、先日は5度台まで下がりましたので寒いですが、日中は17度くらいですかね。10日は19度まで上がるようです。ということで、朝晩は東京の冬の感覚と思った方がいいかと思います。

この回答への補足

ちなみに、函館は大好きで今までに5~6回ほど行きました。
そのようなものに、旅のアドバイスがおありでしたら、そちらも是非よろしくおねがいします。

補足日時:2003/10/10 12:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。大変参考になります。
2泊3日で、この日は江差と松前を回る予定で、函館観光は入れておりません。
同行するものが、歴史に興味があり(幕末など)、楽しみにしています。
朝9時には函館を出発して、19時くらいには戻りたいと思ってますが、
時間的には、どのような計画がベストでしょうか・・?
もしよろしければ、教えてください。

お礼日時:2003/10/10 12:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング