横峯さくらが今シーズンの不調の原因は何故でしょうか?

震災の影響でしょうか?
年齢的な衰え? まさか・・・

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

先日のヨネックスレデイースの中継を観ていて感じたのですが、久々に上位に来た割にはショートアイアンや40~50y位のアプローチの距離感が全くあっていませんでしたね。



プロゴルファーがショートアイアンの距離感が合わないのは致命的で、特に飛距離のアドバンテージを生かして他の選手よりも短いクラブでバーデイーチャンスを作り出す彼女にとって痛いところでしょう。ドライバーやパターは良かったのでショートアイアンなどがよかったらブッチギリで勝っていたかもしれません。

技術的にはいい頃に比べ、体が止まり左サイドが詰まってしまい、クラブが上から入りすぎているように感じました。長いクラブはいい感じに振れていましたので、ひょっとしたらラインを出す意識が強すぎるのかもしれません。
振り抜く事で距離と方向性を出している選手ですが、小田孔明や園田俊輔のような「止め打ち」でショートアイアンを打とうとしている様に感じました。その原因として考えられるものは
(1)止め打ちの名手を模倣した。
(2)精神的なもの。
(3)技術的なもの。

(1)であれば直ぐに止めないといけません。横峰は石川遼プロなど同じ「抜き打ち」タイプです。間違っても青木功プロに代表される「止め打ち」をしてはいけません。


(2)の件ですが、今年は日本ツアーに専念し、賞金女王を狙うとの事。しかし、韓国勢を中心にライバルも多いので、大事に行き過ぎているのかもしれません。特にフェアウエーなどのライにいいところからのミスが目立つのは、精神的に「バーデーチャンスに付けなくちゃ」というマイナス思考に陥っているのかもしれません。勝ちまくっていた頃は「必ずバーデイーを獲る」くらいに思っていたのでしょうが、今はそうでないのかも。
練習ラウンドで問題のない様ならば、不調の原因は精神的なものかもしれません。
練習でも同じなのであれば(3)の理由でしょうから、彼女独特な椅子に腰掛けての連続打ちでそのうち修正してくるのではないでしょうか。

個人的には彼女は嫌いですが、左手の「引き」と右手の「押し」の技術は、日本人では男子も含めてずば抜けていると思いますので、上位に顔を出しで頻繁に映ってもらいたいスイングです。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。

今週の金曜日、『リゾートトラストレディス』を観戦に行きます。
その感想と合わせて『お礼』をさせい頂きます。

補足日時:2011/06/01 11:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
本日、リゾートトラストレディスの初日観戦してきました。
結果は・・・

1H ー  10H ー
2H ー  11H ◎
3H ー  12H ー
4H △  13H △
5H ー  14H ー
6H ー  15H ○
7H ー  16H ー
8H ー  17H ○
9H ー  18H ー
首位とは2打差、-2、10位タイ発進でした。
まずまずのスタートのような数字ですが、
内容は深刻でした。(笑)

13番ホールのボギーは、
ティーショットを右に曲げクリークに入って1ペナのボギー。
11番、ロングホールのイーグルは、
ツーオン狙いのショットが大きく左に曲がり、
土手に当たったボールが運良く、ピン横1mに止まったもので、
お世辞にもナイスイーグルとは言えないものでした。

今日、さくらプロを救ったのは意外にもパッティングでした。
バーディー逃しの楽々パーというわけではなく、
ボギーのピンチで2~3mのパットをことごとく沈めていました。
特に17番ホールの7~8mのロングパットは、
フォロースルーも決まり、伸び伸びとした見事なパットでした。

御指摘の『アイアンの止め打ち』
やってました・・・
1番のミドルホールでは、絶好のティーショットだったのに、
セカンドのショートアイアンでバーディーチャンスには付かず、
逆にボギーのピンチを招く始末。

内容的にも、同じ組で回った茂木プロの方が圧倒的に良かったのですが、
成績上は、さくらプロの方が上。
悪ければ悪いなりに、スコアをまとめる。
トッププロとしての自覚とでも申しましょうか、
一昨年の賞金女王の時も然り、
強運に恵まれているんだなと思わされた一日でした。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/03 23:00

別に不調、って事は無いと思いますよ・・・


去年だって最初の優勝は10試合目になる5月のフンドーキンレディースですから・・・

今年は震災の影響で3月の1試合の後にかなり期間が空いてしまい先週の試合でまだ7試合目ですからね・・・
いくら百戦錬磨の一流プロとは言えこれだけ序盤に試合が空けば感覚も違ってくるんじゃないでしょうか・・・ましてまだうら若き乙女ですからね・・・
震災の事も影響(精神的に)してるのでは?と思います。

ようやく試合のスケジュールも安定してきたようなので活躍はこれからだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元々スロースターターですからね。
一昨年、賞金女王になった時だけは、
春先から飛ばしていましたが、
高額賞金の多い、秋ごろにピークをと目論んでいるのでは?
・・・と思います。

それにしても7戦中5戦でトップ10入りしても、
不調だと言われるのは、
さすがトッププロの証ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 13:31

今年、5年目か6年目ですよね。

そろそろスタイルというかスイングを修正する時期に来ているのではないですかね。本人も悩んでいるとは思いますが好きなゴルファーですから元気を取り戻して欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もち球がフェードボールなのに、
フェードがかからずにいたとか・・・

スタンスを変えて色々修正しているみたいですが、
結果が伴いませんね。

一昨年、LPGAを大いに湧かせた、
横峯、有村、諸見里の三人娘に、
元気がないのは淋しい限りです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 13:25

親父のドタバタ。


或いは
単に男か…。
なにしろ精神的問題で集中できていない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり精神的なものなのでしょうか・・・

男ですか?
これは横峯さくらファンとしては聞き捨てなりませんね(笑)

お父さんの事、震災の影響、色々ありますが、
一日も早く、プレーに集中できる環境になって欲しいものです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 13:06

今年はエンジンのかかり方が遅れているようですね


ファンとしてやきもきしています
先週は4位まで上がってきましたので
(上位に名前が出てきましたので)
ホッとしている所です

昨年から口紅の色が濃くなり
良い人でも出来たかなと
でも、元々根性のあるプロですから
そのうちに上がってきますよ
じっと待っていたいと思います

私見まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく毎試合、初日の出足が悪いですね。
それでも今季7戦中、トップ10入り5回はさすがです。

これは有村プロにも言えることですけど、
少し自分を追い込み過ぎているのではないでしょうか。

私が観戦に行く、リゾートトラストレディースあたりで、
優勝して欲しいですね。

ゴルフが正式競技となるリオ五輪でも、
日の丸を背負って出場して欲しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/24 13:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q横峯さくらのキャディー

お父さんに代わって新しく横峯さくらさんのいキャディーになったあの若い方。なんて名前ですか?学生?

Aベストアンサー

プロゴルファーを目指している横峰さくら選手の友人、本仮屋沙織さん(20)だそうです。
月給は15万円だそうですが、先日のダイキンオーキッドレディスの成績が悪く、14万円に減給されてしまいまったそうですよ(最終日のスコア1オーバーにつき減給1万円という約束があったそうです・笑)。

Q横峯さくらのキャップ

こんにちは。

プロゴルファーの横峯さくらさんが、最近よくトーナメントでかぶっている帽子は市販されていないものなのでしょうか?
正面に花(さくら?)がついてるものです。

ご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

横峯さくらは特定のメーカと契約していないようなので恐らく特注でしょう。

私はアメリカで購入した梟刺繍のキャップを使用しています。気長に探せば桜も存在するかも知れません。

参考URL:http://www.l-m.co.jp/goods/cap.htm

Q横峯さくらの魅力とは?

 ゴルフは全くの素人です。
 以前、友達に連れられてゴルフ観戦に行った時のことなのですが、
 ほかの選手に比べて、
 圧倒的に横峯プロへの声援が大きかったです。

 ご本人には申し訳ないのですが、
 ルックスだけなら横峯さんより可愛い選手もたくさんいましたし、
 ルックスだけで人気があるとは思えません。

 横峯さくらの魅力は、どういったところにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

賞金女王争いは、迷うことなくさくらちゃんを応援しました。コーチについてきれいなスウィングをするプロとは違って、個性的なスウィング、感性のよさそうなプレイ、ときどき見られる「らしからぬミス」。面白いですよね。今回も競争から脱落かと思いきや、最後で優勝するとは、予想外でした。

プロなので気は強いと思うのですが、上田桃子のようにプレイオフで負けたからと言って不機嫌な顔をしたりしないし、何と言っても人前で泣かないところが好きです。

それから成績が上がってここぞと言うときに、必ずお父さんのことが週刊誌ネタにされて。でもめげることなく頑張っていますよね。

ルックスは垢抜けしないけれど、上位にいるゴルファーとしてはかわいい方ではないでしょうか?

魅力はいろいろあります。

Q横峯さくらのパター

教えてください。
「2009 京セラミタ フェニックスチャレンジ」で横峯さくらが使っていたマレット型のパターはどこのものでしょうか?

わかる方がいたら是非教えてください。

Aベストアンサー

横峯プロはネバーコンプロマイズのミルドシリーズを使用していますね。
京セラミタの放映は見ていませんが賞金女王を獲得したものと同じモデル
だと思います。
公式のブログには#9と書いてありますね。
http://blog.clevelandgolf.co.jp/archives/51320740.html

ご存知だと思いますが、ネバコンはクリーブランド系列ブランドです。
そしてそのクリーブランドは現在では住友傘下ですので、横峯プロだけで
なく、古閑プロや青山プロもウェッジはクリーブランドを使用しています。

このような時代だから仕方ないのでしょうが、名門のクリーブランドや
コブラやフォーティーンやクールデザイン(これは傘下だったのか?)
が大手に飲み込まれるカタチになって、その良さが埋もれてしまわない
ことを願うばかりです(^人^)
まぁクリーブランドは創始者の動向からそのような運命だったのかも
しれませんが…

Q横峯さくらの黄金時代か? それとも群雄割拠の時代に突入か?

横峯さくらの黄金時代か? それとも群雄割拠の時代に突入か?

昨年、見事に賞金女王に輝いた横峯さくら。
怪我や体調不良などで2試合欠場(1試合は途中棄権)し、
去年ほどの勢いはないものの、今年も現在、賞金女王レースのトップに立っています。
実力者、不動に衰えが見えはじめ、
宮里藍、上田桃子などのライバルが海外を主戦場にしている今、
対抗馬の一番手の有村智恵は、今年1回は優勝したものの、
ここ数試合は予選落ちをするなど低迷しています。
諸見里しのぶにいたっては、今年になっていまだ未勝利。

このまま横峯さくらの黄金時代に突入して行くのでしょうか?

しかし、今年の女子ツアーは13戦を消化しても全試合違う人が優勝しています。
混戦模様の群雄割拠の時代に突入していくのでしょうか?

Aベストアンサー

このカテではあまり拝見しない質問ですが私も一言。
横峯さくらの活躍(黄金時代?)にも興味がありますが今年の「台風の目」はやはり韓国勢ではないでしょうか?
ご存知開幕から韓国勢が2連勝した事もありますがUSLPGAの試合減の影響で今年はかなりの実力者が日本ツアーに参戦を表明しております。
移動距離も少なく時差もない事に加え何と言っても日本での試合は大半が3日間競技です、無理して遠い米国に渡り4日間試合するよりも色んな面で優遇(特に食事らしいですね)されている日本ツアーに参加した方がと考えるのは当然の結果でしょうね。

でも日本勢も手をこまねいている訳では無いと思います、あの諸見里プロなどは「簡単にやられてたまるか」と言ってるように他の選手も虎視眈々とその機会を伺っているはずです。
ただ彼女を含む優勝経験のある一流の選手(有村プロや古閑プロなど)はシーズンインからある程度の年間スケジュールを立てて行動している事も事実です、海外参戦予定のメジャー競技等もありますし当然スポンサーサイドや協会の意向などもあり色んな要素(例えば体調の事)などを考えながらペースの配分をしていると考えられます。
特に秋口(9月)からは日本プロや日本オープンの国内メジャー、それともう一つは高額賞金(1億円規模)が多くなる事も要因ではないかと推測されます。
同じ競技なら1円でも高い(多い?)賞金が欲しいと思うのはプロとして当然でしょうしね・・・

他に韓国勢以外では実力を備えてきた新人プロ(先週の甲田プロはややラッキーかも?)や復調してきた不動プロなど中堅選手の活躍もあると思います、特に今年はあの「岡本綾子プロ」が指導している服部真夕プロや青山加織プロなども期待できる逸材かも知れません。
あの事件を起こした三塚優子プロなんかは今年ブレークしそうな感じがしてたんで少々残念ですが・・・・

あくまで私個人の意見ながら今年は昨年の「諸見里」×「横峯」が「日本」×「韓国」のような混戦になるのでは、と言う気がしております。

このカテではあまり拝見しない質問ですが私も一言。
横峯さくらの活躍(黄金時代?)にも興味がありますが今年の「台風の目」はやはり韓国勢ではないでしょうか?
ご存知開幕から韓国勢が2連勝した事もありますがUSLPGAの試合減の影響で今年はかなりの実力者が日本ツアーに参戦を表明しております。
移動距離も少なく時差もない事に加え何と言っても日本での試合は大半が3日間競技です、無理して遠い米国に渡り4日間試合するよりも色んな面で優遇(特に食事らしいですね)されている日本ツアーに参加した...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報