「うちの夫婦・家族っていいな」と思った瞬間大賞 キャンペーン

USB 接続の DAC を介して Apple iBook の iTunes を用いる環境に満足してしまったので、しばらくデジタル・オーディオの探求を怠っていたのですが (汗)・・・

AirMac Express Stereo Connection Kit with Monster Cables

http://store.apple.com/jp/product/M9573J/A

で Apple Mac PC が光デジタル信号を DAC に送り込める環境を未だに残しているのを見て Mac の光デジタル出力は USB 出力よりも有利なのかどうか興味を持ち始めました。

光ケーブルの使用は Marantz PM99SE の Motorola 社製 インターフェイス IC チップが酷すぎる (高音がキンキン、薄っぺらな音で聴くに耐えない) ことから Audio Acoustic 社の DTI (Digital Transmission Interface) で光信号を同軸信号に打ち直したり LD プレーヤーと DTI の間に AudioQuest 社の Quartz ケーブルを用いたりと苦労したトラウマがあるので敬遠していたのですが、デジタル・オーディオ信号よりも遙かに高速の伝送速度があることからバッファ・メモリに貯め込んで DAC クッロクに同期させてしまえば PC 内部での並列処理や USB プロトコル処理などで生じるジッターはもとよりキャリア信号の漏洩ノイズもからもフリーにできるノンリニア (アシンクロナス/非同期) の USB 接続よりもデジタル・オーディオ信号自体を伝送する規格であることからエラー時の再送要求などできないリニア (シンクロナス/同期) 接続の光デジタルに於けるメリットは何なのかという疑問も付きまといます。

実は 100 万円近いソフトウェアを用いて数百万円のプロ用映像編集機器を製作プロデュースしていた頃、Windows XP 下ではマウスをグリグリ動かしているだけで 2 時間に編集した筈のデータが 2 時間と 4 秒で再生されるといった事態が生じ、Windows XP ではマウス I/O の割り込み処理がクロック・カウントを遅らせるという欠点があることに気付かされたことがあります。(他にも 32bit アドレスから 64bit アドレスに切り替わる時にアドレス情報を全て書き換え始めるのでディスク・アクセスがままならず、高負荷映像処理がストップしてしまったり、低速のディスク内周から書き始めてなかなか外周を使わない Windows File System の仕様から RAID の組み方にまで気を遣うという苦労があったのですが(笑)・・・)

幸い Mac ではそのようなことが起きなかったのですが、タイム・スライス並列処理が多数発生すると GHz 級のクロックで動作している PC と言えども 32~192kHz 動作のデジタル・オーディオにもジッターの影響が出てくるのかな?という気もしますので、USB 絶対主義というわけでもないのが弱いところです(笑)。

USB 接続と光接続・・・現在の状況での両者のメリット・デメリット、問題点などを教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.3の回答者が指摘されている通りですが、それにも関わらず(あるいはそれも織り込み済みとして)、確実に比較できる部分を挙げるなら...



光デジタル出力のメリットは、簡単であることでしょう。Macの場合、光デジタルケーブルを挿せば自動的に光デジタル出力に切り替わるので、初心者でもソフトウェアの設定等で迷うところがありません。換言すれば、素人でもオーディオ機器と同様に扱えます。

デメリットとして、(1) デバイスが内蔵のものに限られます。(2) 従って88.2kHz、176.4kHzに対応していません(少なくともこの10年間に私が購入してきた7機種では)。(3) S/PDIFやAC3など民生用規格にしか対応していません。(4) ADATに転用できません。

USB接続のデメリットは、初心者にはやや敷居が高いことでしょう。Macの場合、Core Audioで動作するケースがほとんどですが、高性能なオーディオI/Fだとドライバのインストールが必須です。また、特に民生用は、USBデバイスコントローラが汎用品(PCM270x系やCM10x系)で虚仮威しの感のあるものが少なくありませんが、知識がないとそのことが分かりません。

メリットは、ここ2~3年の進展も含めれば、やりたいことはほぼ何でもできる、ということでしょう。RME、MOTU、Apogee、Avidなど業務用で定評のあるメーカーがUSBオーディオI/Fを出してきたので、ほぼあらゆる機能を手に入れられるようになりました。内蔵オーディオの裏返しですね。当然ながら、光デジタル出力を持ったオーディオI/Fも多く、場合によってADATにも転用できます。

>> タイム・スライス並列処理が多数発生すると //

それはオーディオデバイスの次元での問題なので、内蔵オーディオデバイスでも起こりえる問題かと。バスの種類によって影響を受ける度合いは違うと思いますが、いずれにせよ「光だから云々」とは次元の違う話です。

この回答への補足

皆様の御回答、本当に感謝感激です。

難解な質問に対して、余裕で理論を説ける方、本質を説く方、私の裏事情を見透かしてしまう方(笑)・・・本当に恐れ入る皆様です。

「暇なときに御回答ください」にしたものの 4 日で 9 件もの御回答をいただき、非常に勉強になりました。

御一人だけにベスト・アンサー登録して質問を閉じるのは本当にもったいなく、皆様にベスト・アンサーを差し上げたいところなのですが、取り敢えず御回答を寄せていただいた皆様には「回答を評価する」にポイントさせていただき、ベスト・アンサーは「RME、MOTU、Apogee、Avid なども勉強せえ~っ(笑)!」とハッパをかけてくださった Yorkminster さんに差し上げて質問を閉じさせていただきます。

Apogee、Avid は仕事の関係で知っていた名前だったのですが RME は畑違いで記憶になく、MOTU は関連業種から離れてから起業されたものなので全く知りませんでした・・・只今、勉強中(笑)。

どうやら、またオーディオの泥沼をもがき始めそうです (汗)。

補足日時:2011/05/27 23:11
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>デメリットとして、(1) デバイスが内蔵のものに限られます。

いや、それは「16bit 48kHz PCM フォーマット以上のものは要らない・・・と言うか、私には違いが判らない(笑)」と思っているので構わないのですが・・・今後とも BGM 用に iTunes Radio を Ripping した MP3 ソースと「購入しても iTunes に移したら Book Off に売りさばく(笑) Music CD」ソースしか使わないだろうと思います。

Philips (Marantz) CD80 から CD94 を経て DFA10000 (PM99SE) まで Philips TDA1541AS1 一辺倒であったことから、帰国した際にはやむなく PCM1704 の DENON DVD5000N を選択したのですが、夢はやはり TCXO クロック動作の CS8416 で受けてフィルム・キャパシタ抱かせた TDA1541A でアナログ変換させる NOS DAC ですね・・・そんなキット売り出さないかなあ。

「いじり易い真空管アナログ・アンプ段があるのだから DAC は PCM2704 でもいいや」と思ってはいるのですが、もしも DAC 部を変えるとなれば光デジタルのトラウマから「信頼できる光レシーバ・チップを用いたものを探さねば、まだ PCM2704 を USB レシーバにした DAC の方がマシかな?」とも思ってしまいます。

ふーむむむ、せっかく「我ながら、もはやオーディオ・マニアと呼べない(笑) ほどシンブルなシステム」になっているのをまたもや複雑怪奇な金属箱を積み上げるような真似はしたくないのですが、なんだか熱に浮かされそうな雰囲気が(汗)・・・

お礼日時:2011/05/26 04:37

HALTWOさん、いつもすばらしい回答を楽しく見させていただいてます。



難しい話のようなので、迷いましたが まあいいかの感覚で投稿しますのでよろしくお願いいたします。

正直言ってメリット、デメリットは使い勝手や耐久性、汎用性、価格から反映されると思います。

音質についてはすべてDACの性能次第と思いますので、優劣の判定は難しいとも思います。

微妙な判定についていけるだけのオーディオシステムをお持ちならばの話ですけど、割合妥協している人が多いような気がします。

オーディオは 奥が深いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>HALTWOさん、いつもすばらしい回答を楽しく見させていただいてます。

いえいえとんでもない、nokata さんこそ、貴重ないつも情報を有難うございます。
そう言えば Yorkminster さんに七休うどんスープ研究所御紹介の御礼を書くのを忘れてしまいました・・・もとスレでは書いたのですが・・・
オーディオ仲間の皆さんからはいつも貴重な情報をいただき、とても感謝しています(^_^)/


さて、
>正直言ってメリット、デメリットは使い勝手や耐久性、汎用性、価格から反映されると思います。

そうなんです。
iTunes に填り込んだのもその理由なのですが、近頃は Air Mac Express の魅力に魅せられて、もっと便利で良い音のシステムにできるのではないかと思い始めたわけです。

今のところ iTunes 用 iBook も Main Machine の MacBook も手元にあるのでわざわざネットワークに頼らずともフットワークの方(笑) が早くて確実だったりするのですが、やはり「だらしなくソファーに脚を投げ出して全ての操作をリモコンで行える怠惰な生活」には憧れてしまいますものね(汗)。

iTunes は曲毎にグライコの設定を変えて記憶させておくなんてことができるのですが、ネットワーク・オーディオの延長線上には曲毎に好きな回路 (例えば弦楽四重奏には Vishey/Dale NS2B 3W Non-Inductive Coil Resister に統一した回路、管楽ジャズには Allen Bradley AB 0.5W Solid Carbon Resister に統一した回路) を選ばせるとかいったことまで事前に設定できる環境が見えているので、嫌が負うにも夢が膨らんでしまいます(笑)。

お礼日時:2011/05/26 20:13

#3です。



そういうことなら、これは
Softon Model 6 のUSB-DDC部分 vs MacオンボードサウンドデバイスのDDC、という構図ですよね。
(ただ、Softon Model 6 にS/PDIF入力がないので、DDC部分を切り離して評価できないですが)

なら、後は、
1、お気に召すDACでも探してみる(DDCもかなぁ)。
2、Air Mac Expressをもう一台買ってみる。
って、ところでしょうか。

使ったことはないですが、Air Mac Expressを好まれるのは、ネットワーク再生は、PCに足を引っ張られる要素が少ないからじゃないかと思います。PCはデータの置き場所になるだけで、PCでは再生しませんからね。PS3もそうでしょうし、最近は安価なネットワークメディアプレーヤーもありますね。高価なオーディオ用ネットワークプレーヤーもありますがw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>Air Mac Expressを好まれるのは、ネットワーク再生は、PCに足を引っ張られる要素が少ないからじゃないかと思います。

アハハハ、見透かされてしまいました(笑)・・・その通りなんです。

しかも Air Mac Express だとその先に光デジタル入力 DAC を介してオーディオ機器に良質なアナログ音を導ける可能性がある・・・そのままでも Bose MWS に導くぐらいならば気にならないほど良質なのですけれど、ヘッドフォンで聴くとなると良質な DAC とアンプを通したいですものね。

おそらく MacBook の光出力と Air Mac Express の光出力はデコーダー・チップ周りの性能も殆ど同じではないかと思うのですが、御指摘の通り「MacオンボードサウンドデバイスのDDC」vs 「Softon Model 6 のUSB-DDC部分或いはお気に召す USB 入力 DDC を持つ DAC」という構図ですね(汗)。

「お気に召す USB 入力 DDC を持つ DAC または光入力 DAC」は Softon Model 6 の中に仕込めないか(笑) なんてことまで考えています・・・Model 6って、けっこう中身はスカスカでいろいろ足せそうなんです(笑)。

お礼日時:2011/05/26 19:49

>>(前略)私には違いが判らない(笑)」と思っているので構わない //



もし、一般論として「聞いてみて違いが分からないから、気にしない」ということだと、「USBか光か」という議論も、「聞いてみて良いと思うほうを選べば良い」という答えになります。「割り込み処理が~」「ジッタが~」といった技術的な話は、結論には関係ありません。「どう感じたか」が重要なのですから、小難しく考える必要はありません。むしろ、子どものように「素直に感じたまま」が良く、「小賢しい大人の知識」は邪魔とさえ言えます。

もっとも、それは議論には適しません。個人の感想に優劣は付けられないからです。

反対に、そういう技術的な話をするのであれば、感情論はいったん横に置くべきです。「クジラを捕っても生態系には影響しない」という話と、「可哀想だから止めるべき」という話は、全然噛み合いません。

もちろん、「技術的にはそうだが、私の価値観ではこうだ」という話は、大いにあり得ます。

技術的に言えば、ビット深度やサンプリング周波数が対応しているかどうか「だけ」が問題なのではありません。「割り込み処理が~」「ジッタが~」という話は、まさにそういう問題な訳で、その意味で内蔵デバイスとUSBデバイスでは差があり得ます(その差を音質の差として知覚できるかは、もちろん別問題ですが)。

その意味で、比較するべきは「USBデバイスと内蔵デバイス」「光と同軸」であって、No.3の回答者が書かれている通りです。「自分がどう感じるか」の次元での話題であれば、冒頭に述べた通り、「お気に召すまま」としか言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

そうなんですよ(笑)、ちょっと気に入らないことが生じると、その理由を考えれば考えるほど小賢しい大人の知識という迷路に填り込んでいくのが私のオーディオなんですよねえ(汗)・・・まったくもって「しょうもない性 (サガ) と言うか何と言うか(滝汗)・・・」

A No.2 iBook-2001 さんが御指摘された USB 出力での Ground Lift 問題 (USB のアースは PC 基盤と同一なので)・・・これは耳で聴いて判る問題であったことからハッとさせられました・・・この点に関しては電気的問題から切り離して伝送する光デジタルは有利ですね。

Mac の光デジタルを調べていたら

http://support.apple.com/kb/TS2315?viewlocale=ja …

というページを見つけたのですが、取り敢えず私には 88kHz サンプリングやサラウンドは不要なので、この問題はスルーできそうです。

「音を鳴らしていないと光出力信号を止めてしまうので、アンプが安定するまでにしばらく時間がかかる。」という真空管アンプ派にはドキッとする問題も「アナログ出力も流せるようにしておいて、アンプが安定したら光デジタルに切り替える」よう工夫すれば乗り切れそうですね。

あとは Mac の光出力デコーダー・チップ周りが Marantz PM99SE の光入力レシーバ・チップ周りみたいな問題を生じないものであれば良いのですが、未だに情報収集中です(汗)。

お礼日時:2011/05/26 19:37

PCのデジタルデータを外部のDACに送って再生するということでは、USBか光ケーブルか、同軸かということは関係ないという立場です。



接続方式がどうであれ、PCのデータが正しくDACに送られるかということが問題で、その点ではわずか数mのケーブルでデジタル信号が欠損するとは思いません。多少ノイズが乗ろうがどうであろうが 、デジタルデータが読み取れる程度にDACに届けば、そのデータに誤りはありません。これは伝送路の種類では変わりません。

それ以後の音の差は100%DACのアナログ変換以後の問題です。

ジッターも本当にそれを感知できるのかはかなり疑問です。どこにもそれが音質に与える影響の客観的データがないですね。言われるのは音質に悪影響があるという説だけで本当はどうなのかという測定結果がほとんどありません。

ということで私はUSBでも光でもDAC次第であるという意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>接続方式がどうであれ、PCのデータが正しくDACに送られるかということが問題で、その点ではわずか数mのケーブルでデジタル信号が欠損するとは思いません。

いや、それが、質問にも書きましたように Marantz PM99SE では 30cm 程の Quartz ケーブルと光レシーバ・チップを介して DAC に送り込まれる径路と 30cm ほどの同軸ケーブルを介して DAC に送り込まれる径路とで大きく音が異なり、前者は聴くに耐えないほどだったことからデジタルは光デジタル出力しかない LD プレーヤーの出力は Audio Acoustic DTI という製品で同軸に変換していたのです。・・・でまあ、頭の中でトラとウマが走りだしたというわけで(滝汗)・・・。

オーディオというものは正に測定結果では何も見出せない摩訶不思議な相違点が数多くあるもので、測定結果などというものはほんの一面・・・それも「本来考察しなければならない面は球面のように互いに密接に関わり合っているというのに測定は球面に平面を接触させたようなものでしか行えないことから球面の 1 点 (接触点) での結果しか得られず、その手法では球面上に測定ポイントが無限に生じてしまって、結局のところ殆ど何も得られない一面しか結果を出せない」みたいな感覚があります。

だから、測定上は極めて不正確ながらも感覚とは完全に一致する耳が一番頼りになったりもするのですが(笑)、それをまた測定結果とは相容れない摩訶不思議な理論を捻り出す脳味噌で判断してしまうところがオーディオの恐ろしいところ(笑) なんですよね。

まあ、あれこれと妄想を抱いては(笑) 実験を繰り返すことにより「誰が何と言おうとこれが一番なんだいっ!」という主観的価値観に浸れるものを追い求めるのが趣味の世界であり、オーディオの真髄なのでしょうが(汗)・・・。

お礼日時:2011/05/26 05:06

>様々な伝送方式が未だに残っている状況には 何処に一長一短の違いがあるのだろうか?と思ってしまいます(汗)。


この伝送方式が絶対有利だと信じて色々なところから開発される以上収束することは無いと思います。
何しろPCで音楽を聴く時代になってもオーディオは化学かオカルトか?と未だに言われるぐらいですから・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

確かにオーディオは科学では計り知れないオカルト的要素が強いですよね(笑)・・・と言うかいつまでも静的特性にこだわっていないで「PC を用いて動的特性を計測できないのか?」とも思うのですが・・・。

私の足下にもオカルト・グッズが 1 つあります・・・そろそろしまわないと (汗)

なんでも発熱制御ノブを 0 位置にしていても電源コンセントに繋いでおく限り「マイナス・イオンが!」出ているらしい広電社製の「電気あんか」・・・私としては安かったし (2 千 6 百円)、真冬でも 60W 出力のこれさえあれば足下はポッカポカ、窓を締め切って厚着していればエアコンなしで過ごせるので重宝しているのですが、マイナス・イオン発生器部に関しては「これって漏電って言わないか(笑)? まあ大気放電ではあるのだろうけれど・・・」です。

オーディオでは「スピーカー・ケーブルは単線が一番!」と単線に惚れ込んで、一時は極太の電力電送ケーブル (でも電力用ですから値段は安かったです(笑)) を使ったり、帰国してからは NORDOST 社の Flatline II というケーブルをバラして使っていたのですが、幸か不幸か今はスピーカー・ケーブルの要らない Bose MWS です(笑)。

・・・まあテフロン被膜の威力は 5C2V ケーブルでは不可能な「アナログ映像信号を 300m 先までノイズレスで送る」という課題の仕事で思い知らされて以来惚れ込んでしまったのですが、オーディオ用として意味があるのかまでは不明です(笑)。

ちなみに SONY MDR-CD900ST よりも MDR7506 の方が気に入ってしまったので CD900ST のケーブルは Flatline II に変えてしまいました・・・カリカリの超高解像音で、CD 1 枚聴かないうちに耳が疲れます(笑)。

お礼日時:2011/05/26 03:47

いつも楽しい回答拝見しています。



そんな細かいこと・・と言われるのは承知ですが、比較対象が違うのではないかと思います (^^;;
USB接続された機器はPCの周辺機器でまだPCの管轄下にありますが、光で繋がった機器はPCの周辺機器ではなくもはやPCの管轄下にないからです。
USB-DDCから光出力したらどうします(笑)。

以下のような構図になるかと思います。
USB vs IEEE1394 vs PCI-EX
または、
光 vs 同軸
または、
S/PDIF vs I2S vs その他

これに回答するような経験と見識はありませんが、せめてUSBとIEEE1394の比較ぐらいはしてみたいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>いつも楽しい回答拝見しています。
有難うございます。楽しい仲間に楽しい話題を振られるとついつい脱線してしまうもので(汗)・・・。

>比較対象が違うのでは・・・
そうなのですけれどねえ(滝汗)・・・

実は他のスレでも回答したのですが、Air Mac Express のアナログ出力って結構魅力的なのですよ(笑)。
Bose MWS の AUX に繋ぐのはもうこれでも良いかなと・・・

でも、そうなると「USB で送り込んでいる現在の Softon Model 6 はどうするのよ?」って(笑)・・・。

ヘッドフォン用 (ライン出力の方がオマケ(笑)?) に巻かれた専用出力トランスが魅力の「いじり易い」真空管アンプというところが気に入っているのですが、Air Mac Express を導入して Model 6 をヘッドフォン専用機にするとなると、やはり PCM2704 に USB IF も DAC も全てお任せというデジタル部が引っかかってくるのです (焦)。

独立 3 電源なんて言っているけれど、AC 電源を整流してレギュレータ通したところで電池電源には敵うまいと、この部分だけ 3.6V 充電池を入れて試してみたのですが敢えなく撃沈・・・つまらない音になっただけだったので元に戻しました (泣)。

私の技術では「デジタル部分はもう手の出しようがない」のですが、キットものを手に入れてこの部分を入れ替えるなり Line 入力に DAC を繋ぐなりするとなると、当然のことながら「Mac には光出力があるけれど、どうよ?」って方向に目が行きますよね(笑)。

ただ、質問にも書いたように私には光デジタルでは PM99SE で聴くに耐えない音のトラを引いたのみならず、Made In China のポータブル DVD プレーヤー FDV-P300 で「DENON DVD5000N の光入力に繋いでも音が出ない!」というウマが逢ってしまっているもので、不安この上ないのです(笑)・・・

お礼日時:2011/05/26 03:17

はじめまして♪



回答を文字数一杯までだらだら書いてみましたが、1時間ほど考えて、消しちゃいましたぁ~。
って、言う事で、
「オーディオは聴いて判断、もし微妙過ぎて迷った時は理論答に。」
(^o^)

ついでなので、、蛇足ですぅ。

私の寝室と縁側ではまだiBookが音源ですよ。 
2000年と2001年に購入した一番安いiBook(G3 500Mhz)
2台ともHDD入れ替え等を繰り返して、メモリも目一杯ですがOS-X10.3.9です。
AirMac搭載なので、他のiTunesともリンクしてま~す。


さて、USBのデメリットはCPU依存の通信と、機器間のアース接続、光の場合機器間のアースループ回避が出来ますが光へ変換し、光を受信し、と言う変換が多く成る点と光りケーブルが直線でない限り、芯を通る信号と壁面を反射して通る信号で時差が生じる(オーディオ的なジッターと言う程では無いでしょう)と言う点です。

あとは、上記の様に試してみて聞こえ方を確認し、自分の好きな方で良いのでしょうね。

追伸:たまに拝見しているHALTWO様のご回答、とても勉強になり感謝いたします。これからもご活躍くださいね♪

この回答への補足

「御回答有難うございました」を冒頭に入れるのを忘れてしまいました m(_ _)m。

私も iTunes は中古の iBook G4 933MHz/14"-OSX10.39 で、iTunes か Classic MacOS アプリ用のどちらか一方を選択する専用マシンにしています。

メモリは標準 128MB に 512MB を増設しただけですが、ビジュアライザを使うわけではないので音出しには充分と感じています。

ただ Classic 環境マシンが iBook だけでは心許ないのでそろそろ G4 時代の MacMini を手に入れて Team Viewer などで iBook と MacMini を MacBook から遠隔操作する環境にしようかななどと考え始めています。(まあ、MacBookAir を買って MacBook を iTunes 専用機にするという手も次点であるのですが、MacBook OSX10.5 環境でも未だに不満がないもので・・・)

補足日時:2011/05/24 23:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>回答を文字数一杯までだらだら書いてみましたが、1時間ほど考えて、消しちゃいましたぁ~。

アハハハ、私も「回答を文字数一杯までだらだら書いて投稿しようとしたら誤ってキャンセルをクリック」してしまい、 1 時間ほどボーゼンとして YouTube の「キーボード・クラッシャー」や「修羅のパンツ」で苦い記憶を脳内消去した経験があります(笑)。

>さて、USBのデメリットはCPU依存の通信と、機器間のアース接続・・・

そうだ、これを失念していました。
以前、MacBook を購入した Mac 仲間 (真空管愛好仲間で作曲家でもある人なのですが) が電源リフトみたいな圧迫感があって MIDI 作曲時にストレスを感じると言っていたのを思い出しました。

確かに光伝送ならば (御指摘の通りケーブル内反射問題はあるものの) アース問題はありませんね。
・・・だから S/PDIF がプロ標準だったのでしたっけね(汗)。

>たまに拝見しているHALTWO様のご回答、とても勉強になり感謝いたします。

とんでもない、私こそ iBook-2001 さんの御回答に共感することしきりで「いつか私の質問にも回答してくださらないかな」と思っておりましたので感謝感激です。
iBook-2001 さんも、御冥福を祈・・・じゃない(汗)・・・御活躍を期待しています(^_^)/

お礼日時:2011/05/24 22:49

>USB 接続と光接続・・・現在の状況での両者のメリット・デメリット、問題点などを教えていただければ幸いです。


優位性は無いと思います。
どちらでもお好みで・・・です。
中にはUSB DDCというUSBオーディオをアナログにすることなくデジタルで変換出力する装置もあります。

昔のWindowsの場合、音楽再生はWindowsのAPIがどうしても邪魔をしてしまいます。
MIDIで作りPCのサウンドをサンプラーとして使うような場合でもタイミングのずれが問題でした。
そのため、プロユースのサウンドカードではWindowsのAPIに左右されず、かつオケの演奏と完璧に同期させるため発音タイミングを調節できるようにとASIOが出来ました。

これにより、プロ音質のサウンドカードはASIOに対応している=ASIOが音がいいという風潮が広まりました。
しかし、本当はASIOを使おうともサウンドカードの能力を超えることは出来ません。
ASIO対応にするDLLを入れてもSN比が80dbのサウンドカードが100dbにも200dbになることもなる80dbのままなんですよね。

MACはOSとハードが完全に1メーカーで統一されているのでゲーム機と同じように安定した動作が特徴でした。
WindowsはmeまでDOSの環境下で動いていたのもWindowsが不安定な要因のひとつでした。
またWiodowsは1つのOSに多種多様なPCがあり携帯のように一長一短がありました。
そしてそれは今でも変わらずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

ASIO は Latency (遅延時間) が致命的な問題となる フィードバックやアフレコが当たり前の録音現場や放送現場或いは MIDI 曲作りなどでこそ要求されるものであって、アナログ・ディスク再生時代から音が出るまで多少待たされたところでどうということのないオーディオファイル再生マニアにとっては特に必要はないものと思っていたのですが「ASIO に対応している=ASIO が音がいいという風潮」が生まれているとは思いも寄りませんでした。

もう 20 年も前に SONY が「振り回しても大丈夫!」という、数秒分のバッファ・メモリを内蔵したポータブル CD プレイヤーを出した時には「この技術を是非、据置型 CD プレイヤーにも投入して欲しい・・・特に入力と出力を別クロックで制御できるデュアル・バス・メモリかデュアル・バス制御回路があれば DAC と完全同期できるではないか!」と思ったものですが、実際のところ DAC チップに極めて小さな容量ながら (と言うことはそれで充分なのかも知れませんが) バッファ・メモリが内蔵されるようになってからは、デジタル・オーディオ・インターフェイス・チップと共にクロック同期させておけば「DAC 前の伝送系で障害が起きない限りは」あまり問題はないのではないかとも思ってきました。

S/N 比 (或いは THD+N 値) はテープ録音をしていた時代からのマニアですので 80dB も取れていれば充分であり、THD+N 170dB 近いオペ・アンプ IC チップでも様々な (良いものから酷いものまで(笑)) 音色があることからも、静的な計測値である THD+N などでは計り知れない部分での音色を決定付ける要因がデジタルにもあるとすれば、それを理解して取り除く方が重要と思ってきただけに様々な伝送方式が未だに残っている状況には 何処に一長一短の違いがあるのだろうか?と思ってしまいます(汗)。

お礼日時:2011/05/24 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUSB入力の音質が悪いと言われるのは何故?

USB入力と光・同軸デジタル入力を両方備えているDACでも、一般にUSB入力は光・同軸デジタル入力よりも音質が劣ると言われているようですし、また各種オーディオ関連記事でも「USBオーディオなので限界が・・・」とか「USBオーディオのわりには・・・」とかいうように、「USB=音質はイマイチ」というのが一般的であるような記述をよく見ます。これは何故なのでしょうか?

USBでの通信にはエラー訂正があるのでUSBケーブルの質などは基本的に影響しないと思いますし、エラーが入り込む余地があるのはUSB信号のレシーバーからDACチップまでと物理的な距離も小さくて済み、音質的にはむしろ光・同軸デジタル入力よりも有利な要素の方が多いのではないかと思うのですが・・・

Aベストアンサー

根本的なラインで思い違いがあるような気もします、
USBオーディオ機器は基本アイソクロナス転送モードですので、
データの訂正・再送は行われません、S/PDIFとかと同じく投げっぱなしでデータは保障されません

その上で、WindowsVistaではUSBドライバがユーザーモードで動いているため、
処理が後回しにされやすく、データの欠損が起きやすくなったとも聞きます

専用のデバイスドライバを使い、
バルク転送でDAC側の要求に合わせて送信し、バッファに適時溜め込む仕様で作れば良いんですけど、
そうなるとオンボードUSBポートやらなんやらとの相性だの、
ユーザーの環境依存が高くなる等であんまりやりたがるメーカーは居ないようで…

他はUSBケーブル経由でPCとGNDがつながったり、5vラインのノイズを貰ったりするのも要因かと、
光なら電気的に絶縁されますし、同軸もまともなカードならパルストランスで絶縁されます

それと古いUSBレシーバだと48KHzしか受け付けなかった為、
カーネルミキサーでアップサンプリングされて音質が劣化するのが常だった時代を引きずっているのもあるかとは

根本的なラインで思い違いがあるような気もします、
USBオーディオ機器は基本アイソクロナス転送モードですので、
データの訂正・再送は行われません、S/PDIFとかと同じく投げっぱなしでデータは保障されません

その上で、WindowsVistaではUSBドライバがユーザーモードで動いているため、
処理が後回しにされやすく、データの欠損が起きやすくなったとも聞きます

専用のデバイスドライバを使い、
バルク転送でDAC側の要求に合わせて送信し、バッファに適時溜め込む仕様で作れば良いんですけど、
そうな...続きを読む

Q光デジタルケーブルの値段による音質の差はある?

光デジタルケーブルの値段による音質の差はありますか?
オーディオテクニカやプラネックス、エレコムなどメーカーによって値段が全然違いますが。
値段によって音質や耐久性に違いはありますか?

Aベストアンサー

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂正したり補正する)が登載されています。まあ、S/PDIFは送り専用なので、エラーの訂正は最小限となります。
S/PDIFでのエラー発生時の対応では、音声や映像のロストの場合、ミリ秒単位なら同じ音、映像を引き延ばし残すことで、対応します。

それに対して、持続的にエラーが生じる場合は、再生不能となります。要は、音声なら音飛び(または信号途絶が発生)します。
内部のファイバー線が断線したり、粗悪なケーブルや、接合部の処理が不完全(特に抜き差しが多いなら3番目は大きいかもしれません)はなものなら、この傾向があります。ただし、高安が必ず影響するわけではありません。初期不良によるケースが多いです。

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。

音質への影響については、基本的にはさほどないです。よほど粗悪なら別ですけど。
ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂...続きを読む

QPCとプリメインアンプどちらで音量調節?

PC-プリメインアンプ-スピーカーと接続しているのですが、PC音量(右下の)・再生ソフト(WMP)音量・プリメインアンプ音量の、どれを調整するのが、

(1)音質が良いでしょうか?

(2)ノイズが少ないでしょうか?

一応過去の質問も見たのですが、CDなどを聴くのは、PC音量MAX・再生ソフトMAXで、プリメインアンプで音量調節がイイみたいなのですが、私が聴くのは主にMP3です。

Aベストアンサー

再生するソースが何であろうと、一般的には「プリメインアンプへの入力レベルは固定」として、プリメインアンプの最終段で音量調整するのがいちばん良いでしょう。
(もちろん、プリメインアンプのクオリティにもよりますが・・・)

>PC音量MAX・再生ソフトMAXで、プリメインアンプで音量調節がイイみたい

PC音量MAX/再生ソフトMAXの場合、PCのオーディオ出力の方式によっては音が割れる可能性があります。
元々の音源(=プリメインアンプへの入力)が悪ければ、プリメインアンプの性能云々によらず音質等は悪くなります。

PCのからの音声出力のレベルを「音が破綻しないという条件でなるべく大きい音量」で出力し、最終段のプリメインアンプで音量を細かく調整するのが良いでしょう。

以上、ご参考まで。

QUSBから同軸デジタルへ変換したい!

現在ノートPCにUSB-DACを繋いで音楽を楽しんでいます。しかしUSB接続だと16bitまでしか対応していません。光もしくは、同軸だと24bit96khzまで対応します。そこでノートPCには無い光又は同軸デジタルにUSBを変換してDACに繋ぎたいのです。

アンプ機能などの余計な機能は無く単純に
DDC機能だけで24bit96khzに対応した安価な
アダプターのようなものご存知ある方教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アマゾンにこんなのがありました。

http://goo.gl/TAF9Dm

DDCはDAC以上にマニアックな機器なので、製品のバリエーションはDACよりもぜんぜん少ないです。ただ、探せば上記以外のものもまだまだあるはずなんで、これがベストだと言うつもりはないです。

QUSBケーブルで音は変わりますか?

今日、music streemerIIっというちょっと前のUSB-DACを購入しました。
パソコンの中に入れている音源(非圧縮)やインターネットラジオを聴くときの
ために購入しました。

予想以上に素晴らしい音で驚いています。
手持ちのCDをあっさりと超えてしまって戸惑っております。

ちなみに、中古で買ったせいかどうかわからないですが、
USBケーブルがついてませんでした。
なので外付けDVD-Driveのケーブルが形状が同じだったので、
一応これを使用していますが、外付けDVD-Driveも使用したいため、
ケーブルを購入しなければいけません。

USBケーブルで音は変わりますか?
それとも、パソコンとオーディオ機器とは別ものなのでしょうか。

スピーカーケーブルやRCAケーブル等で音が変わることは経験しています。
だとしたら、USBケーブルを変える意味はあるでしょうか。

Aベストアンサー

USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。
USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。
また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。
そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。
厳密にはUSBポートにも左右されます。
USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので
大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズが少ないUSBカードを入れたりシールドが高くノイズカットを謳うUSBケーブルを使ってノイズを低減させたことがあります。
それでも僅かなノイズはありました。

やがて限界を感じどうせならとUSB DDC+DACにしてUSB起因のノイズから開放されました。
今は専用のドライバーを使うUSB DDCに変更しさらに音質が向上しました。

また、ノイズが聞こえる聞こえないはアンプやスピーカーにも左右されます。
スピーカーの能率やアンプのSN比両方が高い組み合わせだと僅かなノイズでも音として聞こえてしまいます。

USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。
USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。
また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。
そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。
厳密にはUSBポートにも左右されます。
USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので
大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズ...続きを読む

Qスパイク受けの材質は何がよいでしょうか?

いまB&Wの804SDでクラシックを聞いています。先日、付属のスパイクを付けたら低音のみならず高音も分解能が上がってきてびっくりしました。スピーカーの下には、4cm圧の木材ボードをひいています。
 好きな音は、スタインウェイの高音が美しく響くような音質です。先日、zonotoneのRCAコードを購入したらその傾向になって現在メインで利用しています。

さて、スパイクの下には硬貨をひいています。硬貨でも、材質によってはっきり音が変わります。

1円玉:芯の無い音になりカスカスです。全体的に柔らかくなりましたが、あまりよいとは言えません。
10円玉:1円とは打って変わって艶のある音になります。でも全体的に少し曇った音になります。
100円玉:10円玉の傾向がありますが、少し締まった音になります。

ここで質問ですが、やはりメーカーのスパイク受けを購入したいと思います。材質は何がよいでしょうか?お勧めの製品はありますか? ピアノの木材からでる豊かな音とミュージックワイヤーから出る輝かしい音が好きです。雑誌を読むと固い木材がいいようにも思いますが、使った経験がないので購入に踏み切れません。そのほか金属ならどのような材質がよいのか全く分かりません。

なお、極端に高価な製品は予算上購入できません。ご経験のある方、使用感などを教えてください。

いまB&Wの804SDでクラシックを聞いています。先日、付属のスパイクを付けたら低音のみならず高音も分解能が上がってきてびっくりしました。スピーカーの下には、4cm圧の木材ボードをひいています。
 好きな音は、スタインウェイの高音が美しく響くような音質です。先日、zonotoneのRCAコードを購入したらその傾向になって現在メインで利用しています。

さて、スパイクの下には硬貨をひいています。硬貨でも、材質によってはっきり音が変わります。

1円玉:芯の無い音になりカスカスです。全体的に柔ら...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして♪

スピーカー工作が好きで、あまり高価な物は使わない主義(うそ、、、予算が無いだけ、、汗)

さて、スパイクに対しては、個人的にはあまり実験例がないので、具体的とか実用的な直接のアドバイスが出来ませんが、、、、、

スパイク利用では有りませんが、コインは私も色々試した事が有ります。そして、御質問者様の感想、私もおおむね同じ傾向だと思っていて、いろんなスピーカーでチョット味付けを、という場合に手軽に応用しています。

アルミは一円玉に限らず、他の形状でも、個人的にあまり良かった印象は有りませんねぇ。
私個人の印象に過ぎませんが、ステンレス、鉄、黄銅(ブラス)、銅という具合に、徐々に音が柔らかくなる傾向が得られました。

また、コインの場合は重ね合わせ、はいぶりっど?? 例えば500円玉の間に5円玉を挟む、とかもちょっと面白い。
しかし、コインの重ね合わせはガタツキが出てしまう可能性とか、地震等の揺れでズレたり、などの安定性は一工夫必用でしょう。

まぁ、こういう金属系等の素材を組み合わせる場合にも、中間に柔らかい素材を挟み込む事で、また違った印象に聴こえる事が多く有ります。

木質素材の場合は、木目の方向、縦にするのと、横にするのでも、微妙に違いますね。

まぁ、あまり細かい部分をあれこれ言い出すと、音楽を楽しまずに、何時間でも「音の実験」となってきます。
(まぁ、オーディオファンやオーディオマニアにとっては、この「音楽を聞かなくとも、音を聴いている」とうのも至福の時間なんですけれどねぇ。苦笑)

おそらく、4cm厚の木材ボードを土台とされているので、木質系や柔らかい素材系は、あまりマッチしない様な気がします。
木質ボード、さらに本来の床、という構造が適度な柔軟性をすでに構築していると思いますので、ハード系素材のほうが、ゆるゆる柔らか過ぎず、かと言ってガチガチに固過ぎない、という適度なバランス傾向に抑えられそうな気がします。

大きなホームセンターなどでは、金属素材のいろんな物が入手出来ますね。(残念ながら、田舎在住の私の周辺では良く売れる物、ソレ以外は売り場に無くなったので、入手が難しく成りましたが、、、)
5円玉はアナが有るのでスパイクの受けには実験出来にくいでしょうが、黄銅(ブラス)も、純粋な銅とはまた違った感じの音が得られると思いますので、キューブタイプとか円盤形などで入手可能なら、一度試してみても良いと思います。

私の実験例では、「コロ支持」という方式を真似てみて、なかなか良い結果を得た事が有りますが、重量級のトールボーイスピーカーでは、アブナくて採用出来ない方法ですね。
(比較的小型の2ウエイ機でしたが、震度4の地震で、見事にスタンドから落ちてしまった、、、ユニットのマグゥネット部に重りを付けていたのでフレーム変形、ユニット交換は、、、代替ユニットで済ましちゃってます、だって、もう売っていないユニットでしたから。)


あ、余談を書き込みながら、ふと思いついたんですが、スピーカーの足に、アルミを使うと、なんとなくですが、面白く無い音に鳴りがちに感じているんですけれど、スピーカーユニットのフレーム等にはアルミ大キャストなどが高級機ではよく使われていますねぇ。薄い鉄板をプレスした物よりは良いのでしょかねぇ?(笑)
 
もしかすると、1円玉という構造とかにも問題点が有るじゃないかなぁ?
(アルミのキューブとか円柱と言う物を手にした事が無いので、ちょっと気になって来ましたぁ。私の試した範囲は、御質問者様と同じ1円玉と、アルミサッシの部材を切った物(コの字)でしたから、、、)

あと、コレも憶測に過ぎませんが、「固いもの」であっても瀬戸物(セラミック類)や、石類やガラス類はおそらくダメでしょう。
(小型スピーカーなら、音質的にはダメかもしれないけれども、一度は試してみたい所ですが、大きくて重量もあるので、危険だと思います。)

はじめまして♪

スピーカー工作が好きで、あまり高価な物は使わない主義(うそ、、、予算が無いだけ、、汗)

さて、スパイクに対しては、個人的にはあまり実験例がないので、具体的とか実用的な直接のアドバイスが出来ませんが、、、、、

スパイク利用では有りませんが、コインは私も色々試した事が有ります。そして、御質問者様の感想、私もおおむね同じ傾向だと思っていて、いろんなスピーカーでチョット味付けを、という場合に手軽に応用しています。

アルミは一円玉に限らず、他の形状でも、個人的にあまり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報