賃貸物件の仲介の不動産屋と客の関係って部屋の内覧から契約書の交付で契約成立して鍵を渡して終わりですか?その後は何もかかわりを持たないんでしょうか?管理会社ではないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原則、関わりは持ちません。



まあ、大家と管理会社がよほど悪質で違法な値上げをしようとした場合など
「この部屋を紹介したのはあなたのところでしょう。どうにかしてよ!」と言えば、
相談にのってくれるケースも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/26 22:29

元業者営業です



>管理会社ではないです。

なら「仲介専門」なのでカギを渡してお終いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回復ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/24 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【刑法】教唆犯の成立要件について・・?

1.教唆犯の成立要件について
教唆犯の成立を検討する場合、どのようにすれば良いのでしょうか?
以下のようなものと考えて良いのでしょうか?

教唆行為の存在→(×)→教唆犯不成立
↓○
正犯の犯罪実行→(×)→教唆犯不成立
(正犯者を基準に実行行為、結果、因果関係、構成要件的故意、違法性を検討)
↓○
教唆行為と正犯行為の因果関係、及び正犯行為と正犯結果の因果関係
(教唆犯を基準に検討)→(×)→未遂犯の教唆成立
↓○
教唆の故意→(×)→過失犯の教唆成立
↓○
教唆犯成立

2.教唆犯の成立を検討する際に、検討する罪名について
教唆犯の成立を検討する場合、その検討罪名は、正犯者について成立した犯罪と考えてよいのでしょうか?
この場合、正犯者の成立罪名(殺人既遂)>共犯者の成立罪名(殺人未遂)となることはあっても、その逆
つまり、正犯者の成立罪名(殺人未遂)<共犯者の成立罪名(殺人既遂)となることはないと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

1、について
そのような検討の仕方で問題ありません。

2、について
これは少し正確ではありません。
例えば、Aが傷害の教唆をしたのに行為者Bが殺人既遂犯となった場合、教唆者には、傷害致死罪の教唆犯が成立します。
しかし、「正犯者の成立罪名(殺人未遂)<共犯者の成立罪名(殺人既遂)となることはない」というのは正しいです。いわゆる共犯の従属性です。

Q賃貸物件で仲介の不動産屋が家賃をもることって

不動産屋が自分の利益の為に本当の家賃よりも高くする事ってあるんですか?

Aベストアンサー

 大家しています。

 質問者様のご質問の趣旨はわかるのですが、問題は『本当の家賃』と言うのが誰にもわからないということです。家賃に“標準”とか“相場”とかを入れてみても、物件それぞれで千差万別ですので意味がありません。一応大家が希望する家賃を『本当の家賃』と仮定します。

 大家(所有者)から『一括借り上げ』の物件ならばその会社がどのような家賃設定をしようと大家(所有者)の関われない部分です。この場合は『一括借り上げ』した会社の設定する家賃が『本当の家賃』となります。

 そうでなくとも、管理会社が家賃の集金をしているような物件ならば、大家が希望する家賃に管理会社が取る事務費?を上乗せした家賃を借主に提示しても大家は“文句”は言わないでしょう。それがなければその分(事務費?)を大家が負担することになるのですからそれを嫌う大家はどこにもおりません。まぁ、ネットでの買い物で送料をどっちが負担するかと言う問題と同じでしょう。勿論『送料無料』って商品には既に価格に『送料』分が含まれているのはご存知ですよね。この場合の『事務費?』って、管理会社が請求、集金、送金等に使う費用ですから、『送料』みたいなもんだとお考えください。

 また、大家との間で元受の不動産屋さん(大抵は管理会社)が取る契約の『礼金』を0にして、大家が希望する家賃に5%位上乗せした家賃でお客様(借主)を連れて来てくれれば大家は喜んで『礼金』分を自分の財布から元受の不動産屋さん(大抵は管理会社)に払うでしょう。ただ、この場合『自分の利益の為に本当の家賃よりも高く』したと言えるかどうかは微妙でしょう。2年以上いなければ(=更新しなければ)借主さんが得をして、大家が損をしますし、更新されればそれ以降は大家の“丸儲け”ってなります。

 大家しています。

 質問者様のご質問の趣旨はわかるのですが、問題は『本当の家賃』と言うのが誰にもわからないということです。家賃に“標準”とか“相場”とかを入れてみても、物件それぞれで千差万別ですので意味がありません。一応大家が希望する家賃を『本当の家賃』と仮定します。

 大家(所有者)から『一括借り上げ』の物件ならばその会社がどのような家賃設定をしようと大家(所有者)の関われない部分です。この場合は『一括借り上げ』した会社の設定する家賃が『本当の家賃』となります。

 そうで...続きを読む

Q数学帰納法でn=1, 2 の成立を示す場合の考え方

数学的帰納法では通常
(1) n=1の成立を示し,
(2) n=kの成立を仮定しそれを用いてn=k+1のときの成立を示す

となっていますが,
(1) n=1,2 の成立を示し
(2) n=k k+1 の成立を仮定し……
となる問題もときどき見かけます。

後者で証明する場合には問題にどのような特徴があるのでしょか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ほとんど自明だと思いますが。

n=kの成立を仮定しそれを用いてn=k+1のときの成立を示すのは難しいあるいは無理だが、n=k k+1 の成立を仮定しn=k+2のときの成立を示すのは易しい。

Q賃貸物件の場合、仲介の不動産屋が潰れた場合

賃貸物件の場合、仲介の不動産屋が潰れた場合、保証金の返還には問題は出ないものでしょうか???

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 保証金?

 例えば更新料でも、大家がもらう場合と、仲介業者がもらう場合とがあるようですが、お尋ねの保証金は、何のために、誰に預けるものですか?

 うちも、テナントが内部を大改装するような場合に、原状回復費用の一部として保証金を預かります。

 つまり、預かるのは我が家であったり、我が社であったりしますので、仲介業者が倒産しても「返還」にはまったく問題はおきません。

 このように、大家側が預かるのなら仲介業者の倒産は関係ありませんが、仲介業者が「この人(質問者さん)は大丈夫の人です」と大家に保証するために、仲介業者が預かるものを言っているならば、倒産したらアウトでしょう。

 あるいは、「大家に渡します」と業者が言うから預けたよという場合のことをお考えでも、大家に渡す前に倒産したらアウトです。

 一般債権と同様ですから、ほとんどもどってきませんね。

 これは保証金だろうが、敷金だろうが、前家賃だろうが同じです。

 (細かく言うと、業者が大家の"代理人"として受け取った場合は、受け取ったのは大家となりますので、倒産しても問題ありませんが)


 借り主さんの中には、「仲介業者とはいつまでも自分と大家の間にたって、利害を調整してくれる存在」と誤解していらっしゃるかたが多いですが、仲介業者というのは賃貸借契約が成立した後は(法律的には)赤の他人です。大家にとっても借り主にとっても。

 契約の成立になにか問題があった場合に再び引きずり出せるだけです。

 ゆえに、不動産業者に保証金や敷金などを預けるようなことはしないようにすべきであり、業者に預けなければ倒産してもまったく問題はありません。
 

 不動産賃貸業を営んでおります。

 保証金?

 例えば更新料でも、大家がもらう場合と、仲介業者がもらう場合とがあるようですが、お尋ねの保証金は、何のために、誰に預けるものですか?

 うちも、テナントが内部を大改装するような場合に、原状回復費用の一部として保証金を預かります。

 つまり、預かるのは我が家であったり、我が社であったりしますので、仲介業者が倒産しても「返還」にはまったく問題はおきません。

 このように、大家側が預かるのなら仲介業者の倒産は関係ありませんが、仲介業...続きを読む

Q法律成立はいつ?(1~3の三択です)

法律成立はいつ?(1~3の三択です)


1.法律の成立までの流れで国会で法案が可決して(ここまでは分かります)

2.それから首相が副署して天皇陛下が御名御璽して

3.官報に印刷されて交付施行される。

法律が国会で可決して成立とニュースの報道で言う成立って1~3のいつのことを指しているのでしょうか?

国会で可決したら、その日のうちに首相がサインして天皇陛下がサインして官報に印刷されて翌日には法律が成立したといえるのでしょうか?

3は施行であって、法律成立は1か2だと思っています。

1,2,3どれが法律成立日に当たるのでしょうか?

Aベストアンサー

法律の成立時期は、国会が可決したときです。

憲法59条 一項
「法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる」

首相や天皇の署名がないと成立しない、としたのでは
国会の立法権を侵害することになり、この59条に違反します。

だから、仮に署名がなされないでも、法律は成立
していることになります。

首相の署名は執行責任を明らかにするためで、
天皇の署名は、法律を権威づけるためです。
成立とは関係ありません。

尚、公布は天皇が行います。
(憲法7条 1号)
公布は奏上の日から30日以内に行い、官報によって
なされるを相当とし、一般の希望者が閲覧しようと
すれば出来た最初の時点が公布の時となる、というのが
最高裁判例です。

そして、その法律に特別の規定がなければ公布後20日を経て
施行されることになります(法令1条)。

Q物件内覧後の不動産屋の変更

A社から物件を内覧し気に入りましたが
売主と値段が折り合わず、話は流れました(物件は売れていません)。

物件はB社預かりの中古マンションで、内覧の際の鍵も、値段交渉も全てB社経由で行われています。
A社の担当さんに「直接B社のその物件の担当にお話したい」と申し出ましたが
「紹介した不動産屋が担当すると言う決まりになっていますのでそれは無理です」と言われました。
週末の広告にB社からその物件の広告が担当者名入りで新聞に入っていたので、わざわざ調べて云々ではないのですが。。。

A社に不満はありませんが売主に直接交渉できるのがB社であれば
B社が一番権限を持ってる事になるし
仲介手数料の件を考えればどこの会社も自社の顧客に売りたいのが本音と思うので
B社の顧客になった方が、B社も値段交渉をもう少し本腰入れてくれるのではないかと考えているのですが。。。
B社が自社顧客に販売したいからA社顧客の私の値段交渉にあまり力を入れてくれていないのでは。。と
思っています。

A社から内覧の場合、他社(物件の直接の担当者)へ変わる事はダメなのでしょうか?
そうであれば、法的な決まり事なのでしょうか?
売主から預っている不動産屋は 他社購入希望者の交渉など、きちんと本腰入れるものなのか
やはり自社顧客に売る為に「不成立」と言うだけで
実際売主に話しもしてないとか、そう言う事もありえるんでしょうか?

(朝に同様の質問をさせていただきましたが、少し質問内容が変わったので、
明日削除が出来るようになったら削除させていただきますm(_ _)m)

A社から物件を内覧し気に入りましたが
売主と値段が折り合わず、話は流れました(物件は売れていません)。

物件はB社預かりの中古マンションで、内覧の際の鍵も、値段交渉も全てB社経由で行われています。
A社の担当さんに「直接B社のその物件の担当にお話したい」と申し出ましたが
「紹介した不動産屋が担当すると言う決まりになっていますのでそれは無理です」と言われました。
週末の広告にB社からその物件の広告が担当者名入りで新聞に入っていたので、わざわざ調べて云々ではないのですが。。...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業界に従事する者です。

>A社から内覧の場合、他社(物件の直接の担当者)へ変
>わる事はダメなのでしょうか?
>そうであれば、法的な決まり事なのでしょうか?

媒介契約を交わしていなければ法的に問題ありません。
口約束だけだと、民法上成約しますが争う場合にそれを証明するものがほとんどないでしょう。
信義的に問題は残るかもしれませんが、その問題を気になさらないなら、何ら問題ないと思います。

>売主から預っている不動産屋は 他社購入希望者の交渉
>など、きちんと本腰入れるものなのか

それはきちんと頑張ります。
頑張らなければ、広義的に言えば宅建業法違反でしょうし、売主様に対しても買主様に対しても道義的な問題が発生します。

ただ、実際B社に行って直接交渉してもらったら値引きができた。と言う事実もあるでしょう。
しかし、自社顧客だからといって交渉する。他社だから交渉しないという業者を信用することができますか?

売買契約が成立して、何らかのトラブルが発生した場合、B社は責任を持ってそのトラブルを解消してくれるでしょうか?

私個人的に言えば甚だ疑問が残ります。

当該物件をかなりお気に召されているのなら、再度A社に交渉を依頼なされるか、逆にいくらなら売却していただけるのか、お聞きになられるのも一つの手段ではないでしょうか。

不動産業界に従事する者です。

>A社から内覧の場合、他社(物件の直接の担当者)へ変
>わる事はダメなのでしょうか?
>そうであれば、法的な決まり事なのでしょうか?

媒介契約を交わしていなければ法的に問題ありません。
口約束だけだと、民法上成約しますが争う場合にそれを証明するものがほとんどないでしょう。
信義的に問題は残るかもしれませんが、その問題を気になさらないなら、何ら問題ないと思います。

>売主から預っている不動産屋は 他社購入希望者の交渉
>など、きちんと本腰入れる...続きを読む

Q理事会不成立のときの議事録作成について

理事会不成立のときの議事録作成について
理事会が定員不足で不成立のとき(6人で成立、いつも5人)、不成立が多いため、議決を要しない事柄について、討議し、緊急の場合は、後日成立したときに決議するの事後承認として進めています。理事会の議事録として、不成立のときも 理事会不成立の旨を記載し、、他の討議内容について 記録し作っていますが、フロントマンが、理事会不成立のときは、書く必要がないと議事録原案の作成をしません。 理事会が不成立のときの、議事録の作成は必要ないのか または、どのようにしたらいいのか 教えていただけないでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

質問者さんのマンションでは、以前はきっちりと理事会の管理されていたようですね。

議決を要しない事柄の討議は行っている訳ですから、その旨の記録。及び、議決の事後承認の予約を何らかの方法で記録しておかないといけないですよね。

質問者さんのマンションでは、議事録にそういった事を記載していた訳ですから、ノートを分けるとしても、勝手にルールを変えれませんよね。

いつ、誰と誰がどこでどんな話をしたという記録が無ければ、独裁で決定したと誤解されかねません。

招集はしているのですから、分冊したとしても議事録には、最低限不成立の一行と理由だけでも必要でしょう。<書いていないと、記録欠落になりますよね。

議事録の書き方は、緊急を要しない事柄でしょうから、一般的には、理事会議決が通るまでは、旧方式維持だと思います。

Q自社物件に仲介手数料を取る不動産屋って?

土地を購入しようとしていて、希望の土地が見つかったので、不動産屋に連絡し、資料をもらいました。
資料一式の中には登記簿のコピーがあり、土地の権利者は売主の名義になっていました。
また、資金計画表の購入経費に仲介手数料が3%+6万円含まれていました。

ここまでなら普通なのですが、
念のため自分で登記簿を取ってみたら、権利者が不動産屋に移動していました。それも、私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。

不動産屋は自社物件であることを伏せて販売しようとしているのですが、このような事はよくあることなのでしょうか?
違法性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

土地の真の所有者を隠して偽の所有者を重要事項説明に記載するのは、違法です。また、自社物件で手数料を取るのもそうです。

>資料一式の中には登記簿のコピー
>私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。
自社物件にして登記したのならば、その新しい登記簿をつけるべきなのに、わざわざ古いのをつけている。明らかに悪意の行為ですね。
たいていの人は不動産屋を信頼して、自分で登記簿を取ることをしませんから、このような事が平然と行なわれるのです。もっとも、売買が履行され登記をする時にどうせバレるのですがね。

しかし、この場合は単に資金計画の段階ですから、一般的な資料として記載しているだけで「所有者」も資料を訂正する前だ、勿論正規の書類は事実どおりにするとして、逃げるでしょう。要するにバレてもともとという考えでしょう。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q不動産屋が嘘で、賃貸を分譲物件ということありますか? 今、物件を探しているのですが、元々分譲なので作

不動産屋が嘘で、賃貸を分譲物件ということありますか?
今、物件を探しているのですが、元々分譲なので作りはしっかりしていると言われました。
しかし、写真だとあまりそう見えません。
何か見分ける方法ありますでしょうか。

Aベストアンサー

元々、分譲だったのを「賃貸としていた」というのはあります。
写真より、実物を見ないと判りませんよ!
築年数
水回り
交通の便
ベランダの向き
何階建ての何階か
買い物関係
病院関係
学校等


人気Q&Aランキング