英語が苦手で本当にわかりません。よろしくお願いします。翻訳機は日本語の文章が理解できないんです。
MARDIRID, Spain-Leopoldo Fernandez was earning. $150,000 a year as an executive in Spain with Johnson & Johnson when he decided to open a pizzeria on the side.

"Keep in mind, I knew nothing about pizza. My job was about selling heart valves, heart monitors, surgical instruments." said the 47-year-old Cuban-American, a former marketing director for the U.S. medical supply company.

six years later, Fernandez is the president of TelePizza, a multinational with projected sales of $120 million this year. By year's end, the Madrid-based pizza businessman's name will adorn more then 200 outlets in 10 countries. The company, one of the first to answer a need for convenience goods in modernizing Spain, may even be the world's fastest growing pizza chain, according to a recent issue of the trade magazine Pizza Today and research by TelePizza.

"I thought I'd just open five little stores and keep my job at Johnson & Johnson," recalles Fernandez in an interview as he puffed a $5 Cuban cigar. Two small Cuban flags are placed on his desk top.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

MARDIRID, Spain-Leopoldo Fernandez was earning. $150,000 a year as an executive in Spain with Johnson & Johnson when he decided to open a pizzeria on the side.



レオポルド・フェルナンデス(マドリッド・スペイン)がピッツア専門店を副業として始めようと決心した当時彼はジョンソン&ジョンソン・スペイン支社の重役として年収15万ドル(現在の約1250万円)を稼いでいました。

"Keep in mind, I knew nothing about pizza. My job was about selling heart valves, heart monitors, surgical instruments." said the 47-year-old Cuban-American, a former marketing director for the U.S. medical supply company.

「言っておきますが私はピッツアの事などまったく知りませんでした。私の仕事は心臓の人工弁や心モニター、外科手術用器具などの販売でした。」元米系の医療用器具の販売会社でマーケティング担当役員を務めた47歳のキューバ系アメリカ人はこう言いました。

six years later, Fernandez is the president of TelePizza, a multinational with projected sales of $120 million this year. By year's end, the Madrid-based pizza businessman's name will adorn more then 200 outlets in 10 countries. The company, one of the first to answer a need for convenience goods in modernizing Spain, may even be the world's fastest growing pizza chain, according to a recent issue of the trade magazine Pizza Today and research by TelePizza.

6年後、フェルナンデスは数カ国で合計推定年商120ミリオンドル(現在の約97億円)を売り上げるテレピッツアの代表取締役となりました。年末までにはこのマドリッドが本拠のピッツアビジネスマンの名前が10数カ国で合計200以上の直営店を飾ります。業界誌ピッツアTodayの最新版とテレピッツアの調査によると同社は近代化のスペインでの便利商品への要求にいち早く応え、世界でも最も急速に成長したピッツアチェーンでもある、と。

"I thought I'd just open five little stores and keep my job at Johnson & Johnson," recalles Fernandez in an interview as he puffed a $5 Cuban cigar. Two small Cuban flags are placed on his desk top.

インタビュー中フェルナンデスは一本5ドルのキューバ葉巻をふかしながらこう回想しました。「わたしはただジョンソン&ジョンソンでの仕事をしながらたった5店舗の小さなお店を開業しただけですよ。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とてもわかり易かったです。

お礼日時:2011/05/29 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む

Q『 in the second part of the year 』の意味について

『We don't decide his next year schedule yet.
But we are thinking of making him do boxing fights in the second part of the year. 』

上記の文章で、『in the second part of the year.』の意味がわかりません。

詳しい方がいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

「(来年の)第2期に/の」という意味です。
「(来年の)後半に/の」という意味に使われることが多いです。
しかし、それ以外を表す場合もあるようです。(第3期や第4期もある場合など)
ですから、ボクシングの世界における the second part of the year が年の後半のことを意味するか否かは保証しかねます。

以上、ご参考に。

Qこのshading、in、the、grainの意味は?:a shading we didn't notice, but was in the grain.

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we didn't notice, but was in the grain.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

解釈はこれで良いのでしょうか?

写真の向こう側に僕達が気が付かない「わずかな変化(shading)」が現れた、だげどそれは「徹底した(in the grain=in grain?)」ものだった。

in the grainを、慣用句in grainと同義と解釈して良いのでしょうか?もし同じなら、何のためのtheでしょうか?

また、shadingは、shadeが「暗がり」だとか、「陰」といういみだけど、英和辞書では、shadingになると、「わずかな変化」の意味があるし、ここではこの意味かな?っと思ったのですが。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we d...続きを読む

Aベストアンサー

grainと同様、shading も写真用語として存在します。
レンズを透してフィルムに焼きつけるのですが、その際に撮像素子やレンズ収差の影響を受けて、実際の写真に現像した時にムラができてしまうことがあります。このムラをシェーディングと呼び、それを補正する技術もあります。

「写真を横切って(写真上には)、私たちは気付かなかったムラが表れている。しかしそれは(確かに)撮像素子には存在したのだ」

ということでしょう。
おそらく「以前に取った写真に出ていたムラが二人の間の別れを暗示していた」というような背景があるのだろうと推察します。

Q「3年間連続して」は、For the third year in a row かFor three years in a rowのどちらでもよいのか?

すごく急ぎの質問です。
「3年間連続して」は、For the third year in a row かFor three years in a rowのどちらでもよいのでしょうか?
(私は、前者のパターンは初めて見たのですがよく使う表現ですか?)

ではよろしくお願いします。正誤に関わらずインプレッションだけでもOKです。

Aベストアンサー

#9です。
#9の書きこみの末尾が
>客観的で正確な情報が手に入るような気もしますが。
と横柄な調子になっています。
投稿時に多少ともひっかかりを感じたはずなのですが、
そのまま押し切って貼りつけてしまったようです。
お気持ちを害ったのではないかと危惧しております。
すみませんでした。
上を
「客観的で正確な情報が手に入るような気もするのですが……。」
のようにあらためさせてください。
ご無礼の段、ご容赦いただけるとありがたく思います。

------------------------------------

*During the third year in a row
について質問なさっていることから、
質問者さんにとっては、
forの語法・意味の確定が関心事のひとつになっているのではないか
と推測しました。

以下、その推測のもとでのsuggestionです。見当外れのときはご容赦ください。

(1)前提
用例がたまたまrunningのほうに多く見つかり、
手を加えずそのまま引用したいので、
runningとin a rowはほぼ同義で十分に互換性がある、
つまりrunningの用例によって説明することはin a rowにもそのまま妥当する
ということを前提に説明します。
(ふたつの同義・互換性は英英辞書の説明、用例などによって明らかだと思います)

参照
Longman
http://pewebdic2.cw.idm.fr/
running 副詞
three years/five times etc running:
for three years etc without a change or interruption [= in a row]:
3年/5回etc変更や中断なしに続いて〔同義in a row〕

She won the prize for the fourth year running.
4年続けて優勝した

#たとえばこの用例中の
for the fourth year runningを
for the fourth year in a rowとしても
文の意味は変わらない、ということです。


(2)for three years runningとfor the third year running

#9のくりかえしになりますが、両者つまり
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>は基本的に無差別であると思います。

参照1
Longman http://pewebdic2.cw.idm.fr/
では
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>は基本的に無差別に扱われていると言えます。

runningの連語としての基本のかたちの説明には
three years/five times etc running
のように<普通の数詞+複数名詞>を用いながら、

具体的用例では、なんのことわりもなしに
She won the prize for the fourth year running.
4年連続で優勝した
と<序数詞+単数名詞>を用いているからです。

参照2
また、上と同じ、…年連続で優勝した、という内容の文が、
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
running(形容詞に分類されています)では

She's won the championship three years running.

と、<普通の数詞+複数名詞>のかたちであげられています。

参照3
#9であげた用例
<普通の数詞+複数名詞>
Lomgman
She's been out four nights in a row.
4晩続けて家にいない
I've beaten her three times in a row.
3回続けて負かした

<序数詞+単数名詞>
Oxford Advanced Learner's Dictionary
Inflation has fallen for the third month in a row.
インフレは3ヶ月連続して減速傾向にある


これらの他一般的な用例を見るかぎり、
in a rowまたはrunningの連語表現の
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>の間に
ニュアンスや意味の違いが基本的に内在する
と考えるのはむずかしい、と私は判断します。

たとえば
Inflation has fallen for the third month in a row.

Inflation has fallen for three months in a row.
とも表せるはずですが、
この2文の通常の意味内容として、たとえば、
上はthird(3番目であること)に重きがあるが、下はそうではない
と読むことは不必要また不条理な〔意味がとおらない〕ことのように思われます。

for the third month in a row / for three months in a row
ともにconsecutively(切れ目なく連続して)を意味する連語表現であり、
かつ
どちらも、その連続した回数が2でも4でもなく3であるということを強調しているのであって、
この2つの間になんらかの意味内容の差をつけて読む・説明解釈する・和訳するetc.のは
ほとんど不可能ではないでしょうか。


(3)for three years runningのforとfor the third year runningのfor

しかし2つのforの間には、あえて言えば、文法面での違いはあるのかもしれません。

参照
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
for
15 used to show a length of time:
かかる時間の長さを表す

I’m going away for a few days.
2、3日留守にします。

17 used to show the occasion when sth happens:
ものごとが生じる機会・時間的な場を表す

I’m warning you for the last time, stop talking!
直訳:最後の機会として警告する。黙れ!



つまり
for three years runningでは
forは上の15:かかる時間の長さ

for the third year runningでは
forは上の17:ものごとが生じる機会・時間的な場
(直訳:連続3年めの機会としてetc.)

というようなことは言えるのかもしれません。

であるとしても、それはおそらく文法の感覚レベルにとどまる問題で、
意味解釈に差をもたらすような性質のものではないように
私には感じられます。
たとえば、ただの比喩ですが、
日本語の「3年連続して」と「3年連続で」について、
「3年連続して」の「して」:サ変動詞「する」の連用形「し」+ 単純接続の接続助詞「て」
「3年連続で」の「で」: 動作・作用の行われる時を表す格助詞「で」 
と文法的な違いを説明することは可能かもしれませんが、
意味解釈に著しい差をつけて説明するのは困難である
というのと似ているのではないか、
というようなことをふと想像しました。


(4)ちなみにどちらのforもduringでは置き換えられないように思います。

参照
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
during
1 all through a period of time:
ある期間の始めから終りまでとおして

during the 1990s
1990年代の始めから終りまで、1990年代全般

2 at some point in a period of time:
ある期間のある時点に

He was taken to the hospital during the night.
夜間(のある時点)に搬送された。


During is used to say when something happens; for answers the question‘how long?’:
duringはwhen?いつ?に対する答えに、
forはhow long?どのくらい長く?に対する答えに使う

I stayed in London during a week.
(いつだったか)とある週、私はロンドンにいた。
I stayed in London for a week.
1週間ロンドンにいた。

(5)どちらのforも省略することができます
(省略すると副詞的目的格:前置詞なしに名詞だけで、前置詞があるときとまったく同じように副詞の働きをする)。
Lomgman
She's been out four nights in a row.
I've beaten her three times in a row.

Oxford Advanced Learner's Dictionary
She's won the championship three years running.
It was the third day running that the train had been late.
No party has won an election four times running.


以上、長々失礼いたしました。

#9です。
#9の書きこみの末尾が
>客観的で正確な情報が手に入るような気もしますが。
と横柄な調子になっています。
投稿時に多少ともひっかかりを感じたはずなのですが、
そのまま押し切って貼りつけてしまったようです。
お気持ちを害ったのではないかと危惧しております。
すみませんでした。
上を
「客観的で正確な情報が手に入るような気もするのですが……。」
のようにあらためさせてください。
ご無礼の段、ご容赦いただけるとありがたく思います。

------------------------------------

...続きを読む

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

また、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることが多いように思うのですが。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East Germany ceased to exist in 1990, becoming a part of the Federal Republic of Germany.

John had to pay Mary $10 million as part of the divorce settlement.

などはいかがでしょう?

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報