賃貸の更新料の事で教えていただきたい事があります。


私が今住んでいるハイツ(大阪府)が更新の時期になったのですが、
法律では更新料を請求するのは違法だと聞きました。
ですが入居する際に契約書にサインしたのですが、サインをしたらやはり更新料を支払わなければならないんですよね?

お恥ずかしながら法律に詳しくないので、教えていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

すべての更新料が違法というわけではありません。


更新料の定めがないのに請求する場合は違法となります。

契約書または重要事項説明書に記載されている更新料は支払わなければなりません。
それが約束(契約)というものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

やはり、最初の契約書にサインをしたら支払わなければならないですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/09 10:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸契約物件の更新料(法律的意義について)

2年契約で契約していた家が、今月更新を迎えました。
不動産屋さんに確認しましたが、特に更新手続き(更新料の支払いや契約書の再度提出)は必要なく、ちょうど満期を迎える火災保険の次の保険料だけ支払ってください、と言われました。

この対応には大変感謝してるのですが、そこで疑問を感じました。
更新料っていったい、なんなんでしょう?

先日テレビで、新規契約するときに払う手数料は通常家賃の1ヶ月分を借り主は払っているが、本来法律的には借り主は家賃の半月分しか払う義務がないことを特集していました。
今1ヶ月分を支払うことが、慣例化しているのは契約書の中に手数料として○○○○円支払う、ということが明記されていて、それに同意してハンコを押しているから、というテレビでの説明でした。

更新料はどうなんでしょう?

Aベストアンサー

 既に回答のなされているとおり,賃貸借契約の特約に基づき発生する契約更新の対価です。通常,借り主が貸し主に支払うもので1ケ月分が相場とされています。
 参考URLが法的性質等も含め詳細な説明がなされているのでご覧ください。
 なお,似ているものに更新手数料というものがありますが,これは仲介業者に支払うものとなります。負担者の定めを予め決めておいた方がベターになります。
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/s_sodan/jirei/s_chintai03.html

参考URL:http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/kousinnryou.htm

Q【法律・私道の通行について質問です】私道は私道料を払っている人しか通ったら法律違反になるんですか?

【法律・私道の通行について質問です】私道は私道料を払っている人しか通ったら法律違反になるんですか?

生活道路で生活に関係する例えば、新築に資材を運ぶのに他人の私道を通って建築現場の前に行くことは法律違反になるのか生活のために通るので私道であっても通って良いと思ってるんですが間違えていますか?

私道を勝手に走るとどういう法律違反で罰則は罰金はどうなるか教えてください。

建設業に法律は無縁なので無視して他人の私道を走ったらブチ切れた地主が出てきてここは私道だ!入るんじゃない!!と言うので、逆ギレしてこっちは仕事なんだよ!!!くそジジイ!!

と言って揉めた場合、負けますかね?

新築に住む人は済んだ途端に近隣と犬猿の仲になっているでしょうがそこは無視出来るものとします。

Aベストアンサー

あなたの捕まります!
仕事だからとか法律には何の関係もありません…

腹減ったからお供えの饅頭食って何が悪い!

ハイっ!窃盗ですw

ここでお供えの前で手を合わせ、お腹が空いてるので1つご馳走になりますとお願いする、この心構えが必要かなと思います^ ^

Q賃貸借更新契約書!?更新料!?

都内で賃貸マンションを借りています。賃貸借更新契約書なるものが管理会社から来ました。
私は賃貸は今回が初めてなので、寝耳に水でした。
2年契約なので、更新料を支払ってください!という内容ですが、
これはごく普通の「常識的」なものなのでしょうか?あるいは珍しいものなのでしょうか?
ちなみに、契約時の「重要事項説明書」なるものをみたところ、2年間の契約と書いてありますが、更新料がかかるとは一言も書いていません。
また、送られてきた資料には、
※敷金追=新敷金-旧敷金
と書いてありますが、これはどういう意味なのでしょうか?更新料はいずれ帰ってくるという意味合いなのでしょうか??

ずぶな素人の質問ですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

更新料は2年に1回が最も一般的です。
その金額も家賃1ヶ月分が最も一般的な額です。
これはほぼ「常識的」なものといえるのではないかと思います。決して珍しくはありません。

>※敷金追=新敷金-旧敷金
この意味は定かではないですが、賃料が上がっていませんか?
たとえば、仮に敷金を家賃2ヶ月分として、当初5万の賃料なら10万円の敷金を納めているはずです。これが家賃6万円に上がっているとすると、12万円になりますから、12万ー10万の2万円を追加で支払えということではないかと思います。

更新料は戻ってきません。礼金と似た性質のものです。ちなみに敷金は退去時に全額返済されるのが原則ですが、未払い賃料や壊したものの修理費などは差し引かれます。

Q賃貸マンション「法定更新」になった場合更新料は発生する?

現在、借りている賃貸マンションが「法定更新」になっています。

この場合、更新料は発生するのでしょうか?

それほど大きい金額ではないので、後でもめる位なら支払ってしまいたいと思うのです。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

不動産業者です。

法定更新時に更新料は発生するかどうかは裁判の判例でも分かれています。
これは契約書の書き方や法定更新になった(=更新契約をしなかった)理由によってまちまちです。
また、最近の話題としては京都周辺の契約事情(1年更新・更新料2ヶ月)では法定更新で更新料の支払義務はないという判例もあったそうです。

まずは大家さんあるいは契約を結んだ不動産屋へ問い合わせてみるのが良いでしょう。
契約書の更新についての記述を確認してみるのもひとつです。

参考になればよいのですが。

Q賃貸契約更新時に払った更新料の返還請求について

賃貸契約更新時に不動産屋に支払った更新料の返還請求が可能かどうかについての相談です。今、賃貸マンションに住んでいます。過去2回更新しており、その際に更新料を支払っています。
住んでいるマンションは当初、特別優良賃貸(以下特優賃といます)として建てられ、契約者を集めようとしましたがあまり入居者が集まらず、経営が行き詰りました。そこで、当マンションのオーナーやその他の特優賃を経営する方々、管理する不動産屋が後援者である県のほうへ相談に行かれたそうです。結果、5年間は特優賃としてではなく、通常の賃貸として募集してもよいという許しを頂けたそうです。そして私は通常の賃貸契約(2年更新)で入居しこれまでに2回契約更新し、今年10月に契約が切れますので、3回目の更新をするつもりです。
その後、特優賃の管理が県から市に移管されることになり、現在の経営状況について話し合いをした際に、認識のずれがあることが分かりました。オーナーや不動産会社は5年間は通常契約してもよいと認識していましたが、県の方は、期間が5年契約で通常契約をしてもよい、としたつもりだったのです。
そこで、その当時契約した方(みなさん2年契約)に5年での再契約をし直すため、各契約者に管理会社が説明に回り、私のところにもきた次第です。
条件は2年が5年になるだけで家賃などの増減はないのですが、保証人に署名捺印をいただき再度提出しなければなりません。
説明に来た時に向こう(管理会社)のミスを認め、迷惑をかけることを謝りました。そして、過去の事(2回の契約更新)は済んだこととして処理をすると話しました。
私も突然のことで整理して考えることができず、そうですかと返答をしたのですが、後になって、「これってどうなんだろう?」という思いが出てきましたので、今回ご相談させていただくことにしました。
不動産会社は2年契約を提示しましたので、それに従い契約を交わし、その後2回更新しました。
しかし、当初から5年契約をしていれば更新回数は1回だけで、1回は不必要になります。それなら返してもらえないの?と思いますが、契約を交わしているので請求することはできないのかなとも思います。そもそも向こうのミスが原因なのに、請求は不可能なのでしょうか?
子供のこともあり、契約更新を拒否されれば困りますのでなかなか強くも言えません。
長文ではありますが、どうかご意見いただきたく思いますので宜しくお願い致します。

賃貸契約更新時に不動産屋に支払った更新料の返還請求が可能かどうかについての相談です。今、賃貸マンションに住んでいます。過去2回更新しており、その際に更新料を支払っています。
住んでいるマンションは当初、特別優良賃貸(以下特優賃といます)として建てられ、契約者を集めようとしましたがあまり入居者が集まらず、経営が行き詰りました。そこで、当マンションのオーナーやその他の特優賃を経営する方々、管理する不動産屋が後援者である県のほうへ相談に行かれたそうです。結果、5年間は特優賃として...続きを読む

Aベストアンサー

 質問文をある程度の事実は分かりますが、なお実際のところ曖昧なところがありますね。

 まず、「5年での再契約」についてですが、管理会社は現在及び将来の賃貸借契約だけでなく、過去の部分についても5年契約であったものとする、と言っているのでしょうか。もし過去は2年契約のままで「済んだこととして処理」するというのであれば、契約の更新はされていますから、返還を請求することは難しいでしょう。

 次に、当初特優賃として建てられたが、県から通常契約の許しを得たということに関してですが、特優賃は家賃の一部を地方公共団体が補助金として交付することにより、賃借人が実際に支払う家賃を減額する等のメリットがある反面、その入居に際して一定の資格を要する制度であります。そこで、この県の通常契約の許可が具体的にどういった内容なのかがよく分りません。仮に補助金を交付するが、入居資格による制限を免除するという意味であるとして、補助金交付の条件として、5年契約にする必要があるという場合に、過去の補助金取得を正当化するために過去の部分についても5年だったことにするというのであれば、更新料を多く取るのは、いわば二重取りとなり許されない、返還を請求できる、と考えられるかもしれません。

 このような過去の補助金取得の有無や、過去の部分の取扱の詳しいところを、補助金交付の条件等と共に、所管する市に聞いてみてはどうでしょうか。そして過去の更新料についての取得が不当であると市が判断すれば、更新料の返還を促してくれるかもしれません。また、弁護士に一度相談だけしてみてもいいかもしれません。

 なお、他の回答にある昨年の更新料返還請求等に関する判決とは、事案が全く異なる。

 質問文をある程度の事実は分かりますが、なお実際のところ曖昧なところがありますね。

 まず、「5年での再契約」についてですが、管理会社は現在及び将来の賃貸借契約だけでなく、過去の部分についても5年契約であったものとする、と言っているのでしょうか。もし過去は2年契約のままで「済んだこととして処理」するというのであれば、契約の更新はされていますから、返還を請求することは難しいでしょう。

 次に、当初特優賃として建てられたが、県から通常契約の許しを得たということに関してですが、特優...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報