位置情報で子どもの居場所をお知らせ

57歳の兄が結婚相談所の紹介で37歳の中国人の女性と結婚し、入籍しました。いままで、女性にご縁がなかった兄が 素敵な女性と結婚でき よかったといえばよかったのですが、私には なにか騙されているような気がして、素直に喜べないのです。
そして さらに 13歳(男)の連れ子と 養子縁組をすると言ってます。私は 兄とその女性の間に子供ができてから にしてほしいのですが、聞く耳を持ちません。
養子縁組が成立させる場合も手続きがかなり煩雑らしいのですが、解消するときは もっと大変だという話を聞いたことがあります。やはり一度縁組してしまうと、たとえば兄とその女性が離婚することになった場合など その養子との養子縁組を解消するのは かなり大変煩雑な手続きをふまないといけないのでしょうか?離婚の手続きをしたくても 相手の居所がわからなくて離婚さえできないという話も聞いたことがありますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。




私は、家庭事情で「養子縁組」しております。

Kano20の回答者様のご意見通り、手続き前には必ず「財産分与」だけは明確に済ませて頂くことをお勧めします。

私自身、養子縁組から10年以上経過しますが「小さなトラブル」にはいまだにあいます。

具体的に言うと「おカネ」です。

幸い「公的手続きが完了済」だっため、「親族間の骨肉戦争」には至らずに済んでおります。

どんなトラブルも根源は「金銭」です。

そこさえ「堅固」にしておけば、後日談は何とかなるものです。


◎今回の「中国人女性との結婚」ですが、他の回答者様同様、中国人女性側の「金銭目当て」の可能性は高いと思います。

私の知人(日本人男性)が昨年、「ロシア人女性」と結婚しました。

外国人街のロシアン・パブで働く女性でした。

そんな彼女は、日本語はカタコト。英語が初心者レベル。恐らく、IDも持たずに日本滞在していた可能性がありました。

彼とは「英語」でコミュニケーションを取っていた様です。

彼と入籍直後から、彼女はロシアに帰国したまま、一度も日本には戻っていないそうです。

Skypeやメール等では、連絡を取り合っているそうです。

彼曰く「彼女は、今後は堂々と日本で働ける。」「自分が死んでも、彼女はロシアで生活に困っても、日本で暮らすなり働くなり出来るから。」とのことでした。

「特異」な事例だとは思いますが、参考の一つにして頂ければ…と思いました。

◎日本人同士の結婚でも、大概の女性には多少なりとも「男性への金銭依存」が「動機」として存在するものです。

外国人女性だから、その点が「クローズアップ」され易いのかも知れません。


◎幸せな「家族」が生まれるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。10年たっても トラブルに巻き込まれるんですね・・・・ 大変ですね・・・。ロシア女性と結婚されて知人の方は ほんとうにその女性を愛していらっしゃるんですね。
ありがとうございます。ほんとに 兄との間に 子供が産まれる事を望んでいます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 07:26

こういうとその人が本当にどう考えているかわからなくなっていしまいます、とだけお断りします。



非常に高い可能性
1)お金のための結婚。生活は非常に苦しく、そのために高齢の方との結婚が日常茶飯事です。道徳などというのは存在せず、家庭がどうなろうとどうでもいいという考えです。
2)一過性の認識。高い頻度で言ったことを忘れます。約束などまったくないに等しいです。踏み倒す、平然と嘘をつく、手のひらを返すなど、とても同じ人間とは思えません。

高い可能性
3)中国にいる両親の面倒を見させられる。中国には保険という概念がなかったり生活を安定させる概念が希薄です。そのため相手がどの程度安定して生活を送ろうとしているかを(受け入れ先である)日本側もお金に換算してそれらを推し量る必要があります。中国にいる両親は間違いなく保険に入っていませんので、治療費の捻出のリスク回避(生存のためのリスク回避)に結婚したという可能性もあります。
4)念書は無視される。証書で有効となっていても、ありえない逃亡という方法が残されています。国外に出ることで追跡はほぼできなくなります。あらゆる監視が必要になります。


まとめ:中国人は日本人と同じ概念を持つ人間ではありません。「同じ人間だからわかってくれる」という先入観は痛い目にあうことでしょう。養子縁組には何か必ず重大なリスクを回避する行動があります。出身地で判断するのはなんともしがたいですが、旧満州国周辺の中国人なら(少しだけ日本人に対する感情が落ち着いているので)ある程度リスクは低くなるでしょうが、それを考えても有り余るリスクが存在します。日本籍だけをほしがる中国人は多いです。リスクの塊が嫁に来たと考えれば妥当です。3年持てばいいほうだという考えの下(死ぬまで添い遂げることはない)再三再四、それでいてさらに十分考えた上で且つ証拠を完璧に残した上で決定なさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。結婚入籍より 養子縁組のほうが 私にとっては 重大なことのように感じます。兄は お嫁さんを 幸せにしてあげたくてしょうがないんだと思います。疑う気持ちなんて 持っていません。日本人って ほんと人がいいですね。すべて自己責任だとは思いますが、なんともしがたいです・・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 07:18

結婚相手のいない男に(特に農村・漁村)ではこういう人に中国人の女性を紹介するビジネスが有ります。

大抵は、吉林省や黒龍江省などのバツイチ女性が多いです。中には、ビジネスのために離婚して、お金儲けに来る人もいます。日本にきてから、好きな人が出来て、行方不明になる人もいます。貴方のお兄さんが、結婚紹介所の紹介ですが、どんな経緯で中国人のお嫁さんを貰ったのか判りませんが、年齢から考えて、自分の子供を作ることは難しいのではないでしょうか。80近くまで成人しない子供を面倒見れますか。それより、もう少し年取ったら、サヨナラではないでしょうか。37歳の女性が何を好き好んで57歳の男と再婚しますか?お金の為であることは間違いないです。
 私の会社にも、数人そういう中国人がいましたが、そのうちの一人は、他に男が出来て、行方不明になりました。今は聞く耳を持たないでしょうから、もう少し時間をおいて話し合うしかないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。外見的には とてもかわいい女性で 信じてあげたいと思うものの 一般的に中国人女性との結婚のいい話は聞きませんね・・・・。やはり 時間をおくしかないのでしょうね。それまで親・兄が健在に暮らしてくれればいいのですが。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 07:01

一部の女性には貴方が心配するような現実があるのは事実です。



日本人と結婚して「日本人国籍」を持ち、働いて国の家族に送金したり家族を呼び寄せる手段にする方もいますから。
養子縁組は反対です。
13歳の子の「継父」になっても、13歳の子の実父がもしも外国人で、息子を頼りにやって来ても「実の息子」は一生変わらないのですから「二人の父」の関係は同等です。

養子となった13歳が「養子を解消したくない」と言ったらそれまでですし、彼が未成年である以上は様々な責任が「養父」としても生まれます。

女性は日本語が堪能なのでしょうか?
最悪な場合、お兄さんが亡くなって跡取り長男として女性と息子がそのまま暮らし、彼の実父が再再婚の相手としてやってきてお兄さんの名字に婿入りすることが出来ます。
極端な例ですが「山田さんの夫が亡くなり、山田未亡人が国から外国人夫を呼び寄せ再婚して外国人夫婦でありながら山田夫婦となることも可能」です。

養子縁組するなら財産分けはきちんとしてから、妻子に全部残してあげて再婚も認めてあげる夫にならないと無理だとお兄さんにお伝え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。言葉があまり通じないので ほんとにやっかいです。将来 兄が合法的に相続するであろう財産は 兄のものなので それがどうなろうと私には関係ないと思いながらも、いままでご先祖様が一生懸命耕してきた田畑が 外国の人のものになってしまうのは とても残念です。そして 兄の結婚 養子縁組によって 私たちも 何かのトラブルに巻き込まれるんじゃないかと 心配になります。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/28 06:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング