火垂るの墓で、清太さんと静子は飢え死にしてしまいましたが、後に宮崎駿が、

「戦時下に海軍士官の息子が餓死するなどということはありえない。上官同僚部下、海軍共同体が草の根分けてでも探し出して保護する。海軍とはそういうものだった。そして、海軍共同体に縁故なき平民の子が餓死した。」

という趣旨のことを語っていたみたいですが、実際にこのような体験を見聞きした方がいらっしゃれば、教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

原作は未読ですが


実は私、ジブリの火垂るの墓をはじめてみたときに「なんだこれ?」って感想だったんです
いまだにどうして評価が高いのかが、わかりません

理由は漫画「はだしのゲン」(実話)何度もを見ていたから

ゲンは親戚で辛いめにあっても、その後の浮浪者まがいの生活を強いられても
我慢して我慢して我慢したあげく
母親や、弟にうり二つの孤児のために懸命に耐えては生活していました
親戚では最終的にとびだしてしまうけれど、うけた嫌がらせのレベルはハンパないです
読めば納得、よくあそこまで耐えたもんだと感心します

でも火垂るの墓だと、あの兄貴くん親戚の家で
まったく手伝いすらしません。あの時代、子供とはいえ家の手伝いをすることは当たり前です

さらには、あの程度の小言で妹連れ出したあげく
栄養失調で死なせてしまってます


たしかに可愛そうなんですけど
たとえば東日本大震災の被災者のみなさんだって、悲しんでいる場合じゃないって
驚くほど、直後から頑張っていたじゃないですか

戦時下の場合もそうなんですよ
はだしのゲン読む限りだと、みんな守るべき家族のために子供だって逞しく生きている

でも火垂るの墓の兄ちゃんときたら…

創作話だから、リアリティにかけるんだと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

確かにはだしのゲンはとても強いです。
お父さんたちは目の前で死んでしまうし、けどその後被爆者のウジをとったりしてお金を稼いでいたのを覚えています。

お坊ちゃんと庶民の違いでしょうか!

ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/27 17:45

>火垂るの墓で、清太さんと静子は飢え死にしてしまいましたが



これは、終戦後の食糧難時代の「戦争孤児」の場合ですね。

>戦時下に海軍士官の息子が餓死するなどということはありえない

当然です。戦時下では、将校クラスの軍人遺族は食料・金困る事はありません。
清太さんと静子の場合は「おばさんが、ネコババ」している描写ですよね。

>上官同僚部下、海軍共同体が草の根分けてでも探し出して保護する。

これは、「眉+唾」です。
草の根を分けて捜す事は、ありません。確かに、探す事は探すでしようがね。
あくまで、上官・下士官間の「親睦会」です。
海軍特別攻撃隊に出撃命令を下した本部は、パイロット遺族の生活の面倒は見ていません。
海軍特別攻撃隊に出撃命令を下した本部は、「人間魚雷・回天」乗組員遺族の生活の面倒は見ていません。
他の海軍特別攻撃隊(ベニア板の船に爆弾を積んで体当たり。人間の体に爆弾を巻いて、人間が体当たり)も同様です。
(陸軍では、蛸壺作戦があったとか? 爆弾を持った兵隊が穴に入り、戦車が上を通過する時に自爆)
何も、終戦末期だからではありません。近所に住んでいた駆逐艦乗組員から聞いた話です。
終戦後、海軍は「戦争責任逃れ」を画策しています。(NHKでも、特番を組みましたね)
海軍は、戦争に反対していた。海軍は、紳士的な集団だ・・・。
全ては「陸軍が悪い」とね。筋書き通り、極東軍事裁判でも陸軍・陸軍大臣・首相の責任となりました。
どうも、海軍は「美化」されているように思いますね。

戦争の小説・漫画は、ノンフィクションはありません。
「火垂るの墓」「はだしのゲン」「少年H」なども、色々と脚色しています。
昭和が遠くになるに連れて、色々と明らかになるでしよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

おっしゃる通り、昭和が遠くなるにつれて、いろいろ明らかになることもあれば、美化されること、逆に必要以上に悪く言われることが増えてくるんでしょうね。

戦前までの日本に興味があるので、本当のことが知りたいです。

お礼日時:2011/05/30 09:47

本当かどうかわかりませんが、軍神 山本五十六の奥さんが、戦後食うや食わずの生活をしていて、発見した黒島亀人(真珠湾奇襲作戦計画立案)が泣いて詫びたという話を読んだことがあります。



まして戦時中は、目が届かないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

わたしも、戦後黒島亀人が職種は忘れましたが、山本五十六の奥さんを自分の経営か主催する会社の理事みたいなものに雇い入れたと言うのをみたことがあります。

お礼日時:2011/05/27 19:04

作者も言ってますが、この内容は事実を元にしたものではなく、創作なのだそうです。


実際どうだったか ではなく、物語 人の心をゆさぶる芸術作品として 作られたものだそうです。

それを知らない頃は、現実このようなことが起こったと思っていました。

「清太は馬鹿だ、親戚の指示通りに動いていればよかったのに。妹を殺したのは清太だ」と憤慨していたのですが、事実を基にしていないとわかり、 騙された気に・・・


で、戦争を生き抜いた人の話を聞いたことがあります。
戦争中ではなく戦争後。
焼け野原の状態で、親戚とか縁故のいない人たちを、養っていた人たちがいたそうです。
仕事を探してきて与えたりして、血縁関係に無い無縁の人たちを助けている人たちがいた。
無縁同士の共同体。

他の人がその人の仕事を邪魔しようとしたら、文句いいにいって邪魔させないようにするって世話役 の人が出現したそうです。

それが ヤクザの原型なのだそうです。


警察も機能せず、自警団みたいなのができあがり、守られない人たちを守る人が出現し、政府の役人からの仕事を請け負い、囲った人たちに仕事として与え、日本がだんだん復興し 高度成長していき、仕事の奪い合いで、ヤクザ同士がケンカして、、、ってなったので、建設会社の成り立ちはもともと。。。。 。


だから阪神大震災のとき、ヤクザが助けにいったってわけです。
共同体から助けてもらえる人は、共同体が助けるが、無縁の一人暮らしで誰のつてもない人を救済するってのが、救世軍みたいな役割を戦後してきたヤクザ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに昔のヤクザは、情があるイメージです。

戦争で孤児になった方もたくさんいて、亡くなられた方も、強く生きた方もいたんですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/27 17:37

食糧不足が深刻になったのは「戦争中」ではなく、「戦争直後」です。

あの映画でも清太さんが死んだのは「戦争後」の表現になっていた筈です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、太平洋戦争前後のことに興味があって、調べていたら、戦中より戦後の方が食べ物に苦労したということを知りました。で、戦時中末期軍人や特権階級の人たちはどうだったのか気になっています。
ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/27 17:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『水虫魂』という野坂昭如の作のタイトルは何と読みますか。

『水虫魂』という野坂昭如の作のタイトルは何と読みますか。どなたかに教えていただけないでしょうか。ありがとうございます。

Aベストアンサー

そのまま、「みずむしだましい」です。

Q映画「火垂の墓」と本当の終戦直後

好きな映画の一つに「火垂の墓」があります。
といっても、見るたびにぐしょぐしょに涙が出るので、見るのには結構気合いが必要で、なかなか見ないんですが。。

で、この映画の最初に、主人公の少年が駅の構内らしきところで息絶える場面がありますが、そこにはそのように息絶えている子どもたちがたくさん描かれています。
通り行く人は、異臭に鼻を押さえながらも黙々と通り過ぎていくようです。

もしどなたか、本当の終戦直後(映画ではGHQがくる前?)の様子をご存知でしたら、あの映画のように子どもたちが駅の構内や地下道で息絶えて屍をさらさざるを得なかったのかどうか、教えてもらえないでしょうか。

もう70年以上も前の事ですから、あの状況をご存知の方がたくさんいらっしゃるかどうかわかりませんが。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

町外れに死体置き場があったと聞きました。
ゴミはゴミ箱へ。
それに、戦争のために子どもを政府が子沢山命令をしていたので子どもの死体はありふれたものだったとか。
今のように食料保存なんてありません。衛生面も劣悪です。
大家族物語は戦争の名残だとか。
子沢山がお国の為で、子どもを産まない家族は非国民扱いが常識でした。
女を産む道具。という発言もここから来ていますね。
溢れる子供を養うほど日本は豊かではありませんでした。
戦争で物資も不足してましたからね。
753のように、この年齢の死亡はありふれたものだったと思います。

Q野坂昭如さんは今

最近、野坂昭如さんを見かけません。

友人は アル中で、廃人の様になってしまったなんて
言っていましたが、本当でしょうか。

ご存知の方が
在りましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

http://nosakaakiyuki.com/

公式HPです
現在リハビリ中とか・・・

参考URL:http://nosakaakiyuki.com/

Q個人墓が爆発的に拡大しているそうです。 昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自分の実家のお墓に入れてくれと言うのも言いづらいので自分の好きなようにデザインしたお墓に維持管理費を先払いで支払っていく人が多いらしい。

子供はお父さんの実家のお墓参りとお母さんの個人墓の2つに参りしてるけど、お父さんが一族の本家のお墓参りをしなくなったように、子供の子供はおじいちゃんのお墓参りを止めるのか、おばあちゃんの個人墓のお墓参りを止めるのか両方とも行かなくなるのかわからないらしい。

孫が東京でまた自分たちのお墓を作ったら、完全に本家のお墓とお父さんの実家のお墓とお母さんの個人墓のお参りには行かなくなると思われる。

お墓が負債というか無縁化していって墓地だと無縁墓は引っこ抜かれて墓石は供養されて山住みされて、印字面を削って再利用される。

骨壺はどうするのかは分からない。

お墓が分散化されて個人1人に一個のお墓の世界になってきているのは間違いない。

これって個人墓の時代のお墓の概念はいまと変わりそう。

創価学会はお墓を複数持ちましょうって言った責任は感じているのだろうか?

個人墓の普及で無縁墓が増加して墓石がゴミ化しているのだが。

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自...続きを読む

Aベストアンサー

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の問題は、そう遠くないうちに転換を余儀なくされるでしょう。
高齢化と少子化は変わることはありませんので、無縁墓は爆発的に増え続け、寺も今までと同じ対応は出来なくなりますから、墓地そのものを減らす方向に傾くと思います。
もしくは、全く「別の場所」に共同墓や樹木墓を集めた「墓地公園」を建設し、読経なども省く方向での経営になると思います。

人間関係が希薄になってきたわけですから、当然、法要の回数などもミニマム化し、寺の存続が窮地に陥るのは目に見えています。
今は過渡期といったところです。

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の...続きを読む

Q火垂るの墓

今日放送金曜ロードショー火垂るの墓をどこでギブアップしましたか?
もうそろそろギブアップしそうです。

あのおばさんがどうしても嫌いなので…
節子の死まで持ちそうもありません。

Aベストアンサー

 ついつい毎回見てしまいます。朦朧とした節子がおはじきをドロップと思い口入れてしまうシーンまでは・・・。
 それより原作者が、あの大島渚を壇上で殴り、昔のTVタックルに軍服で登場したことのある野坂昭如であることは今でも結びつきません。
 

Q戦時下の兵隊さんについて

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例としては若干古いのかもしれませんが、スギちゃん風に「ワイルドだぜぇ!」といった青年時代を過ごしていました。

そこまでは、まぁ誰にでもある武勇伝にすぎないのでしょうが、僕が疑問なのは、現在、押しも押されぬ老人となり、日々デイサービスなどを利用しながら、余生を楽しく過ごしているのですが、そのデイサービスで、どうやら利用者数人で麻雀を打っているそうです。

てか、あの人、麻雀なんていつ覚えたんでしょうか?デイサービスでもどうやら強いらしく、祖父自体も半分ボケてますが、半分以上ボケておられる老人相手に「イカサマ麻雀」も打っているらしく、なんやら普通に麻雀を覚えたイメージがないんです。

(※デイサービスの職員の方の話だと、かなり大胆なイカサマで、自分の手前の山に良い手の牌をあらかじめ作って乗せ、配牌が終わって、みんなが自分の配牌を整理している瞬間、ヨイッショ…といった慣れた感じで、山の上に乗せた良い牌と自分の配牌をそっくり変えてしまうそうな…そんな姿を他人様に見られて…最悪です…)

そして、祖父は自営で仕事をしており、またその業態は接待麻雀のようなことが無い業態でしょうから、戦後に覚えたとは考えにくいんです。祖母に聞いたら「戦争中に麻雀ばっかやってたから…」といっていましたが、戦争中ですからね…内地にいた祖母は祖父が公費で海外に出かけ遊んでいるイメージしかないのかもしれませんが(そんな感じの祖母なんです<m(__)m>)戦争中って…

ただ、祖父が麻雀を覚えるチャンスって、祖母が言うように戦争中しか思い当たらないんですね…

そこで質問です。戦争中の兵隊さんは麻雀を打ち、覚えるといった事は可能なのでしょうか?
正直、祖父にも聞きましたが「自然とね…覚えた…」と証言しており、「子供のころから3・3ロッポウは見ずに引けってね…アンタの曾祖父に教えてもらったさ…」と言ってましたが「3・3ロッポウ」は花札ですよね(-_-メ)
モウロクしており、正確な情報を得る事が困難なため、こちらでご教授賜りたく、お願いいたします。

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例...続きを読む

Aベストアンサー

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上海と北方で上がりの手がちがったりとかしたそうです。山本五十六も海軍きっての麻雀好きで、ルールしらない部下に一回(局)だけプレイさせて

「長官、わたし牌にぎるのは生まれて初めてです」
「やればおぼえるから」

という按配だったといいます。

艦隊が青島、香港などにはいると、象牙の麻雀牌を日本にもちこむ(当時は禁止ではないですが、関税がかかります)のに四苦八苦で、神戸・横浜ではないところに入港させ、税関の人を軍艦挙げて大歓迎し飲ませ酔わせ、そこで「気の利いた」古参の経理下士官が、ハンコを借りて通関済みのハンを押してしまう、というのを、聞いたことがあります

当然陸軍でも大はやりです。紙の麻雀牌などは手作りもメーカー製もありました。
捕虜になってもマージャンはプレイされており、シベリアで使われた木で作られた手作りの麻雀牌が、舞鶴の抑留、引き上げ記念館に展示されています。

家庭でも文藝春秋の麻雀牌は普及していたので、戦前の方が一般の人も遊ぶ機会が多かったと思います。
家庭マージャンですね。

お祖父様のやり方は、積み込みという初級のイカサマであります。
お金かけているのなら、お止めした方がいいと思いますが、そうでないのなら、むしろそれをおぼえた時の「武勇伝」をシッカリと聞いてさしあげるのが、いいとおもいます。

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上...続きを読む

Q火垂るの墓のスペイン語版

火垂るの墓のスペイン語版を探しています。存在することは確かなようですが、どこでどのように手に入れることができるのかがどうしてもわかりません。販売元や入手方法など、ご存知の方がいらしたら、教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

本(野坂昭如)、ビデオ、DVD、
発売されているようですが、ビデオDVD共に日本の機械では見られないようですね。

http://www.nausicaa.net/miyazaki/video/grave/#s_dvd

http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/8495359065/qid=1120494265/sr=1-1/ref=sr_1_1/102-8527397-0146557?v=glance&s=books

Q戦時中の金属回収のその後の工程

戦時中の金属回収のことです。集めた鉄の製品などはその後どんな作業の工程をしてあたらしい品になったのでしょうか。鉄の成分などひとつひとつ異なるでしょうが、簡単な設備で再製ができるものなのでしょうか。たとえばお寺の梵鐘をつかって砲弾を作るとなれば、どんな工程になりますか。

Aベストアンサー

金属製品はそれぞれの用途に合わせて配合を決められている事が多く種々雑多です。
戦時中の金属回収は金属資源の不足を補う為の窮余の策で、あらゆるものをかき集めました。

陶器製の手榴弾や地雷を真剣に量産するほど鉄は不足でした。
その為供出を受けても使用できない品種が多数あったと聞きます。

お寺の梵鐘は大抵青銅が多く熔解しても砲弾の材料にはなりません。
純鉄に近い鉄瓶や火鉢などは溶鉱炉で熔解して鉄の原料にしたと思います。
金や銀などの貴金属は溶解して金地金、銀地かねに変え財宝として使用しました。
従ってどうにも使用できなかった金属製品は放置され戦後に文化的記念品は持ち主に変換されました。

Q“火垂るの墓”の考証設定

TVで“火垂るの墓”を観て思ったんですが、
清太と節子は巡洋艦の艦長クラスの海軍士官の子息、
母親は昭和19年当時で7,000円の貯金を残しているとありました。

そう考えると、それなりの遺族年金がもらえる上、
当時の7,000円の価値を考えると、
住処と当面の食い扶持の確保には十分と考えられますが、
それは無理だったのでしょうか?
ちなみに零式艦上戦闘機一機のレートが、
正式採用当時で5万5,000円程度と記憶しています。

Aベストアンサー

>No4 様へ

 火垂るの墓の監督・脚本は「高畑勲」ですよ…。
 (宮崎駿氏の先輩)

 宮崎駿氏は、同時上映された「となりのトトロ」の製作にかかりきりで関与していないのですが…。
 (経験豊富なスタッフをどちらが使うかで相当の綱引きがあった様です…。)

 ちなみに、宮崎駿氏は火垂るの墓の強烈な批判者で曰く

 巡洋艦の艦長の息子は絶対に飢え死にしない。 それは戦争の本質をごまかしている。
 それは野坂昭如が飢え死にしなかったように、絶対飢え死にしない。
 海軍の士官というのは、確実に救済し合います、仲間同士だけで。
 しかも巡洋艦の艦長になるというのは、日本の海軍士官のなかでもトップクラスのエリートですから、その村社会の団結の強さは強烈なものです。
 神戸が空襲を受けたというだけで、そばの軍管区にいる士官たちが必ず、自分じゃなかったら部下を遣わしてでも、そのこどもを探したはずです。

 海軍では、もし戦死したらその遺児達の面倒は、海軍兵学校の同期生たちが必ず責任を持って面倒を見るという伝統が有りました。
 (海軍将校の親睦会である水交社への活動は陸軍とは異なり準公務として扱われた程。)

 個人的な推測ですが、火垂るの墓の原作者の野坂昭如は、自身と妹(実際に栄養失調で亡くなっている)をモデルにしながらも、あえて普通なら絶対に餓死しない立場の少年を主人公にする事で、社会からの隔絶という兄妹の悲しく儚い二人だけの世界を描こうとしたのだと思います。


 あと、主人公の少年ですが年齢的にいって本来であれば海軍飛行予科練習生や海軍兵学校予科への入試対策をやっていないと世間体的に非常に拙い立場なんですよね…。
 (父が高級海軍軍人で相応の役得も受けているのですし…。)

 まあ、作中でも確か叔母が学校や工場へ行かない事を責めているシーンって有ったと思いますし…。

 あと、貯金を使うシーンは幾つか有った訳で、作中最後の時点でいくら残っていたかは…。
 (七輪とかを買ってきた事に、叔母が「当て付け」などと言う場面が有った。)
 海軍大佐の妻の葬式ならかなりの額を使いそうですし…。

>No4 様へ

 火垂るの墓の監督・脚本は「高畑勲」ですよ…。
 (宮崎駿氏の先輩)

 宮崎駿氏は、同時上映された「となりのトトロ」の製作にかかりきりで関与していないのですが…。
 (経験豊富なスタッフをどちらが使うかで相当の綱引きがあった様です…。)

 ちなみに、宮崎駿氏は火垂るの墓の強烈な批判者で曰く

 巡洋艦の艦長の息子は絶対に飢え死にしない。 それは戦争の本質をごまかしている。
 それは野坂昭如が飢え死にしなかったように、絶対飢え死にしない。
 海軍の士官というのは、確実に救済...続きを読む

Q特攻隊や戦時中の軍人さんの手記を読みたい。

 近年、靖国問題から何故か愛国心が高まりだし、日本人として戦時中の特攻隊の方や軍人さんの手記を拝見したいと思いはじめました。
 靖国神社にそういうものがあるらしいのですが、それ以外にはありませんか?。
 あと、靖国神社の見学には料金がかかったり予約が必要だったりするのでしょうか?。

Aベストアンサー

靖国神社への参拝は自由です。普通の神社と同じように
参拝できます。
本殿に昇殿参拝する場合は、当日祭儀所に申し込めば
大丈夫なようです。
その際に初穂料(玉串料)を納めると思いますが、志で
良いそうです。

また敷地内に併設されている遊就館に資料がたくさん
あります。
遊就館の中の売店にも関係書籍が豊富に揃っていますので、
まず靖国神社と遊就館を訪れてみてはいかがでしょうか。

遊就館の拝観料は大人800円、大学・高校生500円、
中・小学生300円です。

詳細は靖国神社HPをご覧下さい。

参考URL:http://www.yasukuni.or.jp/index2.html


人気Q&Aランキング