2軍の試合で成績が良くても、1軍でも良い成績が残せるとは限りませんよね?。
 何故でしょうか?。
 こういう意味で有名な選手といえば、元巨人軍の大森選手だと思います。彼は2軍では敵なしという程に打ちまくっていました。
 野球の質の違いでしょうか?。 
 それとも精神的なものでしょうか?。

A 回答 (7件)

一番の違いはやはりレベルです。


力もさることながら技術が違います。

それと、研究されるためです。
力だけでねじ伏せられる投手も一軍に上がればそれに緩急といったような技術を身に付けなければなかなか活躍できません。
たとえば一軍に抜擢された選手がはじめの数試合はものすごく活躍するが、そのうちめっきり打てなくなったりするのは相手の研究によって弱点を攻められるためです。

それを乗り越えたものだけが一軍に定着できるのです。
それは、はじめだけでなく、一生ついて回ります。

だから、一軍選手でも毎日毎日練習するのです。
No4.さんの二軍は草野球の硬式版とは厳しいご意見で、
彼らはアメリカほどではないですが、明日飯が食えなくなるかもしれないという状況でがんばっています。
決してそれほど下手ではないですよ。二軍といっても高校、大学、社会人では一級品のプレーヤーばかりなのです。
シチュエーションを変えれば(二軍戦も4,5万人入ったら)盛り上がります。実際入らないですが・・・
素人が見るだけならそれほど引けは取らないですよ。
    • good
    • 3

質の違い、精神的なもの、いろいろ考えられるでしょうが。


投手だと、二軍で群を抜く成績を残しても、一軍に上がるとローテーションに入れなず当番機会がないなどで、コンディションを維持する事が難しく、力を発揮できないケースもあるのではないでしょうか。
ある程度試合にコンスタントに出る事で、勘が研ぎ澄まされ、体がほぐれ、実力を出すタイプの選手は、一軍に上がって試合に出る機会が減ると、よい成績は残しにくいでしょう。
    • good
    • 0

1軍と2軍は全くの別物だからです。


1軍と2軍では選手の力量も変わってきます。故障選手が2軍戦に出場することも多いですが、この場合たいていの選手は1軍で活躍していた時期よりも力が落ちています。
したがって、2軍で活躍すれば1軍でも活躍できるという保障はありません。
    • good
    • 1

最後の精神的なものだと考えるところですね。



あがり症とでもいうのでしょうか?

ファームは、草野球の硬式版みたいなところもあるし…

1軍とはまるで別世界ですし…

エンターテーメント性の違いとでもいうのでしょうか?
    • good
    • 1

2軍の試合を見た事がありますが、結構草野球に近い物があります。

従って、そこで打てても1軍の良いボールは打てる訳がありません。例えばイチローでもよい投手が全然打てないように、ほんのちょっとの違いで天と地の差が出るのです。
    • good
    • 1

お笑い芸人でも、舞台より楽屋のほうが面白いという人がいます。


やはりメンタルな部分だと思います。
    • good
    • 1

所詮、二軍レベルの選手だからではないでしょうか。


相手が、一軍になったら力不足でかなわないのだと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q野球の2軍の選手の年俸はなぜあんな高額なの?

何故、プロ野球選手って2軍でもあんな高額の年俸なんでしょうか?

1軍の試合に出ていない選手でも1,000~1,500万とかザラ・・?ですよねえ・・。

このどん底の不景気時代だと普通のサラリーマンの2~3倍はあるということになりますよね。

よく現役時代が短いし先の保証が無いからから年俸が高くても~という意見が有りますが、

今となってはこの不景気ご時世、サラリーマンだっていつリストラになるか

会社が無くなるか分からないのだから立場は似たようなものだと思います。

しかもプロとしての練習がサラリーマンの日々の仕事よりも特別ツライとは全く思いませんし

何より彼らは好きなことを仕事に出来ているわけですから。

必ず大成する保証等何も無い、練習をしているだけの彼らに

多大な経費や報酬を支払ってまで雇うメリットは果たして有るのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんは、少し勘違いをされていないでしょうか。

>1軍の試合に出ていない選手でも1,000~1,500万とかザラ・・?ですよねえ・・。
そんなことはないと思います。
調べてみましたが、各球団70人前後の支配下登録選手がいる中で、大体45~50人くらいが1000万円以上、逆に言うと20~25人は1000万未満です。一番少ない球団は、半数が1000万未満でした。
1000万以上の選手は、過去に実績がある選手ばかりで、本当に一軍の試合にほとんど出てない選手で1000万以上もらってる選手は、ドラフト1位入団で1~2年以内という将来性のある選手ばかりだと思います。練習だけをしている選手で、1000万以上というのは「ザラ」ではないですね。
ほとんどの球団は経営も厳しいので、将来性も実績もない選手にはかなりシビアです。

二軍には練習を頑張り過ぎて体を壊す選手もいて、「明日の保障」は何もありません。また二軍は二軍で試合があるので、二軍の運営のためにも二軍レベルの選手って必要だったりもするんですよね。球団にとっては十分必要な経費で、特に払い過ぎだとは思いません。
その中からスター選手が出ることもありますが、一軍で活躍できずに、あるいは不調や故障から球界を去る選手は毎年100人以上。選手の側は相当なリスクを背負っています。

質問者さんは、少し勘違いをされていないでしょうか。

>1軍の試合に出ていない選手でも1,000~1,500万とかザラ・・?ですよねえ・・。
そんなことはないと思います。
調べてみましたが、各球団70人前後の支配下登録選手がいる中で、大体45~50人くらいが1000万円以上、逆に言うと20~25人は1000万未満です。一番少ない球団は、半数が1000万未満でした。
1000万以上の選手は、過去に実績がある選手ばかりで、本当に一軍の試合にほとんど出てない選手で1000万以上もらっ...続きを読む

Qなぜ他球団のファンは巨人が嫌い?

私は巨人ファンです。
なぜかというと好きな選手が多いからです。それ以外の好きな要素はユニフォームの色合いが好きだからとかジャビットが可愛いとかそんなんなんですけど。ファンっていっていいのかどうか・・・。

ずっと思っていたのですが、なぜ他球団のファンの方は巨人をあんなにも嫌うんですか??うちの父(阪神ファン)も毛嫌いしてるし、TVとかでも「ドラゴンズの最大の敵、巨人を・・・」とかいってますし。

まぁ実際自分は野球をやった事が無いので詳しいことはさっぱりわからないのですが、ちょっと気になったので質問してみました。

Aベストアンサー

だって、カネにモノを言わせて優秀な選手ばっかり集めてんねやもん。アレやったらワシが監督したかて勝てるがな。


とお父様も思っているハズ。

Q育成選手と2軍選手の違い

育成選手と2軍選手の違い


現在のプロ野球を見ていると、多くの(元)育成選手が活躍しており、新聞記事でも育成から上がってきた選手が非常に期待されて取り上げられているように思えます。

新人の育成以外にも2軍の役割はもちろん色々とあるのでしょうが、素人の私からすると「2軍の選手より育成の選手のほうがすごいんじゃないの?」って思えてしまいます。

実際のところ、2軍選手と育成選手では何が違うのでしょうか。

野球に詳しい方、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

まず、プロ野球の球団が、支配下選手として登録することができるのは、最大70人という風になっています。
毎年、ドラフトなどで新人選手が入ってくるわけですが、例えば、既に70人を支配下登録しているチームが、5人の新人選手と契約を結んだとした場合、それまで契約をしていた5人は解雇しなければならない、というわけです。
そして、1軍選手も、2軍選手も、どちらもこの支配下登録をされた選手、ということになります。

しかし、社会人野球の廃止などが相次いでいる中で、もっと1つのチームが抱えることが出来る選手を増やしても良いのではないか、ということで出来たのは育成選手、というシステムです。
育成選手も、「育成ドラフト」と呼ばれるドラフト会議によって指名され、どのチームに所属するのか、が決まります。ただ、指名され、契約したとしても、あくまでも「支配下登録」された選手ではないため、1軍の試合には出場できませんし、また、2軍の試合でも1試合に5人までしか出場できません。
育成選手は、2軍選手に混じって試合や練習などを行い、7月末までに支配下登録されるかどうか、というのが決まります。そのときまでに支配下登録されると、それは、普通のプロ野球選手と同じ扱いになります。支配下登録されなかった場合は、そのまま、育成選手としてその年は過ごすことになります。

育成選手の方がすごい、ということはないと思います。
巨人の山口選手とか、そこから上がってきて活躍する選手が殊更大きく取り上げられているだけで、普通に2軍から上がって活躍している選手はそういう風に取り上げられないので、目立ちにくいだけではないかと思います。
ただ、最初に制度が出来た経緯などを書きましたが、元が元なので、一部チームによる有力選手囲い込みのための方策とか、そういう方向での使われ方をしている部分がある、というのは言えると思います。

まず、プロ野球の球団が、支配下選手として登録することができるのは、最大70人という風になっています。
毎年、ドラフトなどで新人選手が入ってくるわけですが、例えば、既に70人を支配下登録しているチームが、5人の新人選手と契約を結んだとした場合、それまで契約をしていた5人は解雇しなければならない、というわけです。
そして、1軍選手も、2軍選手も、どちらもこの支配下登録をされた選手、ということになります。

しかし、社会人野球の廃止などが相次いでいる中で、もっと1つのチームが抱...続きを読む

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む

Qなぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

なぜ昨日投げた先発投手が次の日にベンチ入りしてるの?

よくプロ野球で、先日先発した投手が次の日にベンチ入りしていることがあるのですが、
これはどういう意味があるのですか?その日に試合で投げる可能性ほぼゼロじゃないですか。
普通に考えたらベンチからはずして他の戦力になる選手をベンチ入りさせたほうがいいと思いますが、
なにか意図があってやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベンチ入り選手は

投手:内海(先発投手)、久保、高木、越智、MICHEAL、クルーン、山口、上野、藤井
野手:坂本、松本、小笠原、ラミレス、阿部、高橋、古城、脇谷、寺内、谷、鈴木尚、エドガー、加藤、鶴岡、大道、矢野

の25人です。グライシンガー、ゴンザレス、朝井の3人がベンチ外ということになっています
ここで先発要員の藤井がベンチ入りしてるのがもったいないと仰りたいのですよね。


では今後のローテーションを予測すると、
22日 内海(今日)
23日 ゴンザレス(中4日)
25日 藤井(中5日)
26日 グライシンガー(中5日)
28日 朝井(中6日)
29日 内海(中6日)

ですかね?あくまで予想なんでわかりませんが。仮にそうだとします。

今日の試合に藤井が出場予定はありませんでした。なぜなら25日の先発に備えているからです。
枠がもったいないからという理由で、藤井を19日に投げた翌日に登録抹消して控え野手を登録してたとします。
一度登録を抹消してしまうと10日間は再登録できませんから、再登録可能日は30日になります。
そうすると25日に先発する投手がいなくなります。それでは困りますよね。

今日投げた内海を抹消して、野手を補充しても29日に投げる人がいません。
そうした理由で1人は先発投手をベンチ入りさせる必要が出てくるのです。


もしも仮に、19日の試合で藤井がグダグダな内容で2軍降格を言い渡されたとして(あくまで仮定の話ですよ)
25日に投げる投手は藤井じゃない別の人を2軍から昇格させる予定だとします。

そういう場合は19日の翌日から次の投手を登録する25日までの間、控え野手や中継ぎ投手を補充しておくときはあります。

No2です。説明不足でしたか。では実例を出してみてみましょう。
本日9月22日の読売ジャイアンツの布陣を例に出してみます。

投手
内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井
久保・高木・越智・MICHEAL・クルーン・山口・上野
捕手
阿部・加藤・鶴岡
内野手
寺内・小笠原・坂本・脇谷・ゴンザレス・大道・古城
外野手
ラミレス・谷・鈴木・高橋・松本・矢野

以上が一軍登録人数28人です。
このうち投手で、内海・グライシンガー・ゴンザレス・朝井・藤井の5人が先発ローテ要員です。

そして今日のベ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報