5,6年前のクリスマスの時期に立ち読みしたのであまり覚えていないのですが…。絵本の主人公の男の子がサンタクロースを見たくって、眠い目をこすりながら布団の中で待っていたところ、なんとそこにはお父さんが…。ふつうなら、ここで現実の世界を思い知るのですが、この絵本ではその子供は興奮しながら、「すごい!パパがサンタクロースだったんだ。じゃあ、将来僕もサンタクロースになるんだ!」…という解釈をする絵本だったのです。ここ4・5年
どうしても見つかりません。もちろん表参道の「くれよんはうす」にも何度も行きました。知っている方がいたらぜひ情報を!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

図書館で確認しました。

間違い有りません。

お近くの図書館で...
    • good
    • 0

「ボクは知っている I KNOW」



書 名:ボクは知っている
出版社:講談社
著 者:神山ますみ
価 格:1,262
発 行:1993.10
判 型:A5
頁 数:30p
ISBN :4062066920
クリスマスイブの夜に、ふと目を覚ますと、「ぼく」の枕もとにいたサンタクロースは、パパとおんなじめがねをかけていた。エッチング独特のか細くあたたかい絵と文字でおくる、クリスマスのためのユニークな絵本。
【著者紹介】
1961年東京都生まれ。玄光社主催第10回チョイス1992年度賞受賞。93年JACA日本ビジュアルア ート展入選。銅版画を中心に制作活動を続けている。


http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=93036 …
http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=311102

参考URL:http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=93036917,http://www.jbook.co.jp/product.asp?product=311102
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。まだ表紙もみてないので、何ともいえませんが、これだけの情報があれば、本屋に行くことも、インターネットで探すのも、容易な気がします。本当にありがとうございました。
これで、何年間も胸に支えていたものがとれそうです。本当にありがとう。
感謝します。

お礼日時:2001/04/27 21:36

たぶんその本は「ボクは知っている」(神山ますみ著 講談社)だと思います。

1993年に出た本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これでなんとか手に入りそうです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 21:37

下記の二つは、児童文学の紹介やデータベースのあるサイトなので、そこで探してみてはいかがでしょうか。



http://homepage1.nifty.com/hobbit/child/

あと、銀座の教文館の児童書フロア「ナルニア国」は、クリスマスシーズンは独立した小部屋でクリスマスブックスを集めてて、かなり色々ありました、でも先が長いですね、すみません…クレヨンハウスでないものがよそにあるか(ポリティカルコレクトネスが疑われる商品でもないと…)わかりませんが。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/book/1/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんのおかげで何とか見つかりそうです。ありがとうございました。
また、くれよんはうす以外の児童書のことなども教えてくださってありがとう。「お気に入り」に加えさせてもらいます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンタクロース(クリスマスさん)の絵本

20年ぐらい前に読んだサンタクロースの絵本を探しています。
内容は、ストーリーを追うというよりは、サンタクロースの生活やクリスマスの日について淡々と書かれたものです。海外の絵本だったと思います。

断片的に憶えているのは、下記のような内容です。
・寒い日の朝、サンタクロースがココアを飲む時に、浮いているココアの粉を指先でつついて遊ぶシーンがある
・クリスマスの夜、プレゼントを配るサンタクロースのために、ミートパイと赤ワインの差し入れを置いておく
・良い子にはサンタクロースがプレゼントを持ってきて、悪い子にはブラックピーターがやってきて袋の中に入れてどこかに連れて行ってしまう
・ブラックピーターの吐く息は唐辛子を食べた後のように熱い、という描写がある

下記の内容もあったかと思うのですが、違う本と混同しているかもしれません。
・この絵本ではサンタクロースのことを「クリスマスさん」と呼んでいる
・クリスマスの日のろうそくを消す時は家族の中で一番年下の子供が指先でつまんで消す
・クリスマスの日、宿り木の下にいる女の子にはキスをしても良い、という風習の紹介があり、天井一面に宿り木の枝をつるしたイラストがある

図書館で何度も借りて読んだお気に入りの絵本でした。見つかれば嬉しいです。

20年ぐらい前に読んだサンタクロースの絵本を探しています。
内容は、ストーリーを追うというよりは、サンタクロースの生活やクリスマスの日について淡々と書かれたものです。海外の絵本だったと思います。

断片的に憶えているのは、下記のような内容です。
・寒い日の朝、サンタクロースがココアを飲む時に、浮いているココアの粉を指先でつついて遊ぶシーンがある
・クリスマスの夜、プレゼントを配るサンタクロースのために、ミートパイと赤ワインの差し入れを置いておく
・良い子にはサンタクロースがプレゼ...続きを読む

Aベストアンサー

サンタの絵本はたくさんあるので特定しにくいのですが、
サンタクロースを「クリスマスさん」と訳しているものでは、
「クリスマスさんとゆかいな仲間」クリストファ-・メイナ-ド文 コリン・ホ-キンズ絵 田村隆一訳評論社 1981年
下記URLに表紙と内容紹介があります。

参考URL:http://www.pikot.com/ehon/2000/12.htm

Qサンタクロースの絵本を探しています

 こどもにサンタクロースの由来を絵本で教えたいです。
貧しい家に金貨が煙突から入って赤い靴下に入った、といった内容だったと思います。
実際にサンタクロースはいないけれど、この話に大人が共感してサンタを演じてプレゼントをあげている、大人になったら自分のこどもにサンタを信じさせてほしい、世界中の大人がこどもに夢を与えるために続いている といったことを絵本を使って話してあげたいです。
昔に比べたらサンタのことに気付く年齢が早くなった気がします。
単純にサンタは親だった、ではなく夢と希望のある話であることを子供たちに伝えていきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.ehonnavi.net/ehon00_opinion.asp?NVKB=E00&no=8665

聖ニコラスのお話が絵本になっているようです。

他にはあまりクリスマスクリスマスしていませんが、
http://www.ehonnavi.net/ehon/5377/%E3%81%97%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8/
「しあわせなモミの木」という本が大好きでした。

Qサンタクロースの絵本

10年ぐらい前に図書館で見かけたサンタクロースの絵本のタイトルが知りたいです。
手がかりは、
CDケースよりひとまわり大きいぐらいの大きさ。
見開きの片方に文、片方に絵。
「サンタクロースは自分の職業が正しかったのか、わからない」とういうような内容があったと思います。
内容はつながってなく、1ページごとに違っていたと思います。
心当たりのある方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もしかしたらこの本ではないでしょうか?
大きさは16センチ×16センチで結構厚みが有ります(3センチ位)
書名は 「サンタクロースの辞典」
著者  グレゴアール・ソロタレフ
出版社 朝日新聞社
出版年 1995年
ISBN  4-02-256916-6
アルファベット順に絵と短い文が見開きに描かれています。ただ内容は子供向けと言うより少し皮肉っぽい感じで、どちらかと言えば大人向けかも知れません。
いかがでしょう。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/book/763374/

Qサンタクロースが出てくる絵本を教えて下さい。

こんにちは。大変季節外れな質問で申し訳ないのですが、サンタさんが出てくる絵本を探しています。具体的には、
○5歳の女の子が読めるくらいの内容
○ここ5年くらいに出版された比較的新しいもの
で、サンタクロースが出てくれば、クリスマスの本でなくても大丈夫です。
ご存知の方、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

急行「北極号」クリス・ヴァン・オールズバーグ、 あすなろ書房
映画のポーラーエクスプレス(トムハンクス主演)のもとになった絵本です。

サンタを信じている?というのがテーマーです。

Q絵本を探しています。1、ワニの絵本 2、オレンジの灯りの絵本

二冊の絵本を探しています。
一冊目はワニの絵本です。
ワニは鮮やかな緑色で書かれており、ディフォルメされています。
内容は雪を食べてみたいワニが北国に行き、念願の雪を食べようと雪の降る中、口をあけて目を閉じていたら凍ってしまい流氷になって海を漂っていたら、友達のバナナみたいなくちばしをした南国の鳥に助けられるストーリーだったと思います。

二冊目は多分日本の作品で、絵本だったか児童書だったか定かではありません。
海の底のほうに、灯り亭、みたいなお店があって、貝殻の中に青い灯りや赤い灯りなど色とりどりの灯りがあって、その中にひとつだけオレンジ色の灯りをともす貝殻があり、それは主人公のための灯りだからもっておいき、と手渡してもらえるお話です。

どちらも1980年代に読んだ本です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信がないので書店で確認をしてみてくださいm(_ _)m
「わにのアリゲーきたのしまへ」カズコ・G・ストーン作


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報