GTK+ではじめる Xプログラミング  という本以外で
GTK+プログラミングの書物をご存知の方いらっしゃいませんか?
もしご存知であれば、
出版社等お聞きしたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もう1年近くたってますが、参考までに。



#1の方があげている3番目の
「GTK+入門」 田中 ひろゆき著 ソフトバンクパブリッシング
ですが、分かりやすくてお勧めです。

この本、いざ手にいれようと思っても本屋に
在庫がなかったり..
と思ったら、最近第2版が発売されたようです。

(「Linuxによる画像処理プログラミング」も
参考になるけど、GTKをというのなら3番目かな)
    • good
    • 0

たとえばオンライン書店のbk1で「GTK+」をキーワードに検索したところ、



Linuxによる画像処理プログラミング 飯尾 淳著 オーム社
GTK+とGladeで作るLinuxプログラミング超入門(Compu books) 鈴木 哲哉著 すばる舎
GTK+入門 田中 ひろゆき著 ソフトバンクパブリッシング

という本がヒットしました。
新しい本をお探しのときは、amazonやbk1などのようなオンライン書店で検索をかけてみるのも一つの方法だと思います。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、絶版・出版社品切れの本について

みなさま、こんにちは。
今どうしても手に入れたい本があります!
それは、「鎌倉史跡事典」(新人物王来社)という事典で、できれば「コンパクト版」を入手したいと思っております。

ですが、絶版の上、出版社でも品切れ、神保町神田の古本屋さんもしらみつぶしに回ってもおいてなく、ある店主さんにも「なかなか私たちでも手に入れにくい」と言われました。
大学の図書館にも置いているのですが、館内閲覧のみで借りて帰ることできず、大変もどかしいです。鎌倉時代に興味があり、「吾妻鏡」を読み解く上でも手元に一冊置いておきたい本なのです。

このように品切れ・絶版の本を入手するにはどうすればいいでしょうか?何かいい方法はありますでしょうか?
・鎌倉時代に強い古本屋さんを回る
・「歴史読本」に「譲ってください!」と投稿するかぐらいしか考え付きません。

みなさまのお力をぜひお願いします!!

Aベストアンサー

ヤフーなどのオークションサイトで探してみる
amazonのマーケットプレイスで探してみる
楽天フリマで探してみる

Q現在、絶版・出版社品切れの本について

みなさま、こんにちは。
今どうしても手に入れたい本があります!
それは、「鎌倉史跡事典」(新人物往来社)という事典で、できれば「コンパクト版」を入手したいと思っております。

ですが、絶版の上、出版社でも品切れ、神保町神田の古本屋さんもしらみつぶしに回ってもおいてなく、ある店主さんにも「なかなか私たちでも手に入れにくい」と言われました。
大学の図書館にも置いているのですが、館内閲覧のみで借りて帰ることできず、大変もどかしいです。鎌倉時代に興味があり、「吾妻鏡」を読み解く上でも手元に一冊置いておきたい本なのです。

このように品切れ・絶版の本を入手するにはどうすればいいでしょうか?何かいい方法はありますでしょうか?
・鎌倉時代に強い古本屋さんを回る
・「歴史読本」に「譲ってください!」と投稿するかぐらいしか考え付きません。

みなさまのお力をぜひお願いします!!

Aベストアンサー

古書検索で引っかかりましたよ。
コンパクト版も通常版もあるようです。

参考URL:http://www.kosho.or.jp/

Q『鏡の国のアリス』の出版社と訳者

『鏡の国のアリス』を昔読んだ装丁の本でまた読みたくなったのですが、
出版社・翻訳者の名前を忘れてしまいました。
色々なサイトで調べたのですが、イメージが載っているものが少なく
これだ!という物が見つかりませんでした。

15センチほどの大きさのハードカバー本で、挿絵がジョン・テニエルでした。
最初の2,3ページにはカラーの挿絵が入っていました。
本の厚みは1センチだったと思います。
活字が小さく、漢字も多用されていたので小学校高学年以上が対象だと思います。

これだけの情報ですみませんが、どなたか御存知の方、教えてください!

また、原語版でも読んでみたいので「この出版社がいいぞ」というのがあれば
あわせて教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

参考になるテニエルの挿絵の画像がありませんね。
とりあえず分かる部分だけ挙げておきます。
…もう出会えたかな?

●『鏡の国のアリス』北村太郎訳(王国社) 204P 20cm
  二人の男の子?が上着の裾を持ち上げ、並んで正面を向いているいる表紙

●『カラー版 鏡の国のアリス』高山宏訳(東京図書)197P 19cm
  横顔のちょっと大人びたアリスの表紙 カラー挿絵が16点と豊富

参考図書:『不思議の国のアリス』求龍堂グラフィックス

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/

Q中村元氏が20年かけて書いた仏教大辞典の原稿を、出版社が事故で無くしてしまったのは有名ですが、その出

中村元氏が20年かけて書いた仏教大辞典の原稿を、出版社が事故で無くしてしまったのは有名ですが、その出版社の名前と事故の詳細を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

初耳の出来事ですが、グーグル検索で直ぐに見つかりましたよ。
こちらのサイトをお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/inemotoyama/e/26c1a9ad74f5d64d134dfa1e86b9c746

ではでは。

Q新風舎という出版社で共同出版された方

新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか?

友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。
近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。

自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。
内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
騙されているのではないかと心配しています。
新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。
経験者の方のご意見を拝聴したいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)置いてもらえること。
それから流通コードをもらえることです。自費出版は出版社が印刷した、ただの印刷物ですが、流通コードがあれば出版物と認められ、全国の書店から注文できます。おまけに、国会図書館は全ての出版物を保存しているそうですから、お友達の本も国会図書館におさめられますね。これはちょっとうらやましい。
ですから、サービスがいいぶん共同出版のほうが高めのこともよくあります。もちろん安いこともありえます。

で、値段なんですけどこれはピンからキリまで。20年前の自費出版と今の共同出版では比べ様がないですね。
詩集の相場にはくわしくないけど、小説でしたら300ページぐらいで150~300万円と聞きます。
ただ、詩集はまったく売れません。商業出版でも新人の小説の初版は5000部ぐらいに対し、詩集で300部ほどという差がすでにあります。

120万で詩集ということなので、印刷数は100冊ぐらいでしょうか。たぶんもっと少ない気もしますが。
ためしにこれで計算してみましょう。
120万で100冊ということは一冊の原価が1200円となりますね。(この価格で素人の詩集を購入する人はまずいないでしょうが)

印税は新人だと5%ぐらいです。共同だともっと低いかもしれません。
1200円の5%=60円

自費(共同)出版で10冊売れればベストセラーと言われています。詩集ですから、3冊ほど売れれば奇跡の大ベストセラーと言えるでしょう。
その奇跡をおこしたとして、入ってくる印税は180円。120万払って儲かるのは180円。悲しいけどこれが現実です。
書店から返品された本を自分で友人知人、ご近所親戚に売りつければもう少し売上があがるでしょうが、皆に嫌われます。

お友達が費用を回収できるのは2万冊以上売らなければいけません。現実にプロの詩人でもこんなに売り上げがある人はいません。

もっと印刷冊数が多ければ原価も下がり、当然印税もさがってさらに費用回収は困難でしょう。かといって原価を上げればますます買う人は減るでしょう。

共同出版の現状からすれば120万は法外に高すぎる値段ではないと思います。(それが現実問題として妥当な値段かどうかは別として)
新風舎は自費出版系として有名ですし、なによりきちんと契約どおり出版されれば詐欺とはいえません。
ですが思ったように本が売れず、借金だけが残って騙されたと感じる人も多数いることでしょう。
そのことを考慮して決めるよう、友人に話してみてあげてください。

ちなみに
>内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
これは作品の内容というより、本の品質で変わるようです。
出版社は本の売上で利益を得ようとしているのではなく、本の出版費用で利益を稼いでいますから。よほど内容が良ければありえるかもしれませんが。
先に書いたように詩集はまったく売れませんから、いかに今まで見たこともないようなすばらしく感動的で、まさしく天才の作品であっても、詩である限り内容で割引されるとは考えにくいですね。そこまですごい作品なら、話題になって商業出版の話が持ち上がるかもしれません。
ただ、値引きはわりしてくれるとも聞きます。
それから、120万は印刷代だけ、あと編集代としていくら、表紙のデザイン代でいくら、宣伝費(書店に本を置く代金)がいくらかかると後で金額を追加されないよう、最初の話し合いはきっちりとしてください。

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報