ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私は日本の皇室制度尊敬しています。
最初に私の考え申し上げます。男系男子でいままで1000年以上続いてきたことを尊敬します。
1000年ではないですね。もっとです。
とてもすごいこと。
考えられないくらいすごい。

ですから私の立場はこれからも男系男子で続いていけばすごいなと考えます。

その立場と関係なく私が生物学がわからないので少し疑問があるのです。
この教えてgooのなかに他の質問でこのようなことが書いてありました。

今まで日本に女性の天皇はいたが、すべて皇室史上にはたしかに 8人 10代の女性天皇が存在しますが、すべて父を天皇に持つ「男系女性天皇」であり、父が凡人の「女系女性天皇」は存在しません。といいます。ここまで理解しました。

そのあとに、書いてあったことが、その女性天皇の生んだ子供が「普通の家の子供」と結婚して、その子供が天皇になれば、その天皇の先祖は天照大神ではなく普通の家の人の先祖になってしまうのです。

私がどうしてもそこがわかりません。
例えば愛子様が、普通の家の子供と結婚します。
そうして子供が生まれます。そしてその子供が天皇になりますとします。

しかし、その子供には愛子様の血が入っていて、その愛子様には皇太子様の血が入っていて、その皇太子様には天皇陛下の血が入っていますよ。

そしてさらにさきほどの、普通の子供と愛子様の間にうまれた天皇が、生んだ子供、その子供がまた天皇になったとします。そうすると、その子供には、やはり愛子様の血が入っていて、さかのぼれば全ての天皇陛下の血が入っています。よくわからない。

血が薄くなっていくのだろうか?
どうにも男性の血が重要なところの科学的根拠よくわからないのです。Y遺伝子説というのも研究したことがあります。そのとき納得した気持ちになりましたが、やはりわからない。
どなか、優しくこのことを私におしえてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Y遺伝子などと言うのは後付けの根拠です。


そりゃそうです。江戸時代以前でY遺伝子など誰が認識していたというのでしょうか?
男系とう概念は明治以降にできたものだそうです。
シナの影響を受けて、家は男子が継ぐものだ、という固定観念から男子が当然のように天皇になっていたが、シナほど男子絶対というわけでもなく、女性天皇も存在したわけです。2600年たってみれば、父親をたどっていけば神武天皇にたどり着くと言うことに結果的になっていただけです。
女系容認、男系固執、どちらの立場をとるにしても、是非一度、小林よしのりの天皇論三部作を読んでみてください。

http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entr …
    • good
    • 0

簡単。


当時遺伝の法則はない。
武士もいない。
あーだコーダの理屈もなかった時代です。

あったのは農民、農業です。

畑に種をまけば作物ができる。
畑は同じでもまく種によって作物は変わる。
種が同じならどんな畑でもできるものは同じ作物。

当然畑とは女で種は男。

これが根本的考え。

もちろん遺伝の法則でも女-女-女で行くと
その家系のDNAはなくなってしまいますが
そんなのはついこの間の話。

神世の昔にはこの考え方だったんでしょう。

現在はそれを科学的に理屈付けただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は納得ができてひとつ皇室にくわしくなりましたね。ありがとうござます。
そこのところ良く理解できていませんでした。
こういう話説明していただいて私は沢山研究できました。
こういう話で聞きますと、もっと神秘的に考えてます。
神の国日本ですね。悠仁さまうまれたことすごいこと。

お礼日時:2011/05/30 08:47

質問者さん、妙なことに納得したらだめですよ。



X遺伝子だの Y遺伝子だのというのは、メンデルが優性の法則を発表した 1860年代以降に初めて人口に膾炙された話です。
たかだか 150年ほど前に過ぎません。
500年前、1000年前の日本人が、X遺伝子だの Y遺伝子だのにこだわって、天皇の男系を守り伝えてきたなんてことはないですよ。

跡継ぎを男子に限るのは天皇家に限らず武家でも同じだったわけですが、小和田哲夫著『戦国三姉妹・茶々・初・江の数奇な生涯』にこんなことが書かれていました。
-----------------------------------
男子にとって女性の腹は借り物であるという考え方が一般的だった。要するに、男の精子と女の卵子の出会いである受精によって新しい生命が誕生するという現代の常識的科学知識ではなく、その頃は、子供のもとになるのは父親だけが持っていて、それを胎内に入れ、そこで出産まで育てるという考え方である。
つまり、こうした考え方によって、血統は男に伝えられるという概念になり・・・・・。
-----------------------------------

>例えば愛子様が、普通の家の子供と結婚します…

はい、愛子さまは、凡人男性が持っている子供のもとになるものをもらって、自らの胎内で育てるだけですから、皇太子さま以前の血統を受け継ぐわけではないのです。

したがって、仮に愛子さまが即位されたとしたら、これは歴史に前例があります。
しかし、前述の理由で愛子さまの子供に皇位継承資格はないとするのが、古来からの日本人の考え方なのであり、たしかにその例はありません。

>どうにも男性の血が重要なところの科学的根拠よくわからないのです…

500年、1000年前の日本人の心を、科学で解明しようとする発想に無理があるのです。
例えばあなたは、「この子はきれい、あの子はブスだ」と心に感じたところでら、それはなぜかと科学的根拠を探らないと気がすまないのですか。

世界に誇れる日本皇室の伝統は、科学だけで解明できるものではないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

男の精子と女の卵子の出会いである受精によって新しい生命が誕生するという現代の常識的科学知識ではなく、その頃は、子供のもとになるのは父親だけが持っていて、それを胎内に入れ、そこで出産まで育てるという考え方である。

とてもよくわかりました。今までにきたどの話よりとても納得してすっかり疑問がなくなりました。
そうですね。科学的には考えるのは違います。私はいまとても把握できた気持ちです。
ああ!なるほど。そうですね。

ですから男系男子大切です。
とても把握しました。その後、少しだけあるのは、皇室の伝統のこととても尊重いたしますので、皇室のかたがたの伝統このまま続くことを願います。
悠仁さまにたいへんのプレッシャーですね。少し心配ですね。

お礼日時:2011/05/30 08:37

男ならYは確実に受け継がれる。


愛子様と一般人の子には天皇家のY遺伝子が無いが、秋篠宮の悠仁親王には天皇家のY遺伝子がある。

この回答への補足

沢山答えてくださってありがとうございます!

補足日時:2011/05/30 08:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紀子様すばらしいですね。あの時奇跡のようだった。
神様の気持ち感じましたよ。日本はすごいと思った。
それでもっと皇室に興味持ちましたよ。悠仁さまとてもかわいい。
とてもとてもすばらしい家族。悠仁様天皇陛下になる日まで私は生きていたいですね。

愛子様には楽しく女性の幸せを欲しいですね。愛子様とてもいま美しく育ちます。

お礼日時:2011/05/30 08:41

Y遺伝子が男にしか存在しない。


愛子様(XX)と他の男性(XY)との子には、天皇家のY遺伝子は受け継がれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早く回答くださってありがとうございます。
そこのところがわからないのです。愛子様XXと他の男性XYでは確かに、天皇陛下のYが受け継がれない…しかしYが受け継がれなくとも、Xが受け継がれる…?
ああ!今解った気がしました。
Xだと、もしかすると雅子様のXかもしれないからかしら?
遺伝子そういう風にできてますか?
愛子様はXXですから、皇太子SamaのXと雅子様のXがくっついているから、かならずしも皇太子様のXあること確実で、血が引き継いでいる。
しかしながらもし、愛子様が、普通の男性と結婚して、その子供が男子でXYであっても、Yは普通の男性のものだし、Xは愛子様の中の雅子様側のXか皇太子様のXかわからない。それでは、正確性にかける。そのうちには受け継がれなくなることもあるだろうが、Yで行けば、確実に天皇陛下の血が受け継がれていくことの照明になる、
そういうことかと今わかったのきがしますが、これはあたってるでしょうか。
とても納得します。

早く回答ありがとうございます。
できれば私の考えあっているかどうか、どなたかもう少しおしえてくださればありがたい。

お礼日時:2011/05/30 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング