いつもお世話になってます。
大学の講義で“グローバリゼーションと国際経済”について調べることになりました。グローバリゼーションと国際経済と言えば多国籍企業が挙げられると思うのですが、まずはじめに多国籍企業が国際経済に与える影響について調べようかと考えています。そこでみなさんにお聞きしたいのですが、多国籍企業が国際経済について与える影響について調べる時にいい資料となるサイトをご存じないでしょうか?また多国籍企業と国際経済の問題を考える上でのアドバイスや知識等ありましたらお願いします。
自分勝手な質問で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多国籍企業に勤務した経験者です。

大学生の研究課題として有意義な課題だと思います。
残念ながら、すぐに良い資料は思いつきませんが、問題を考える場合のアドバイスとして下記しました。

1:多国籍企業を製造業、サービス業、金融業に分けて問題をとらえること。
2:多国籍企業が多国籍で企業活動をする目的別で分類し夫々の問題を捉えること。

多国籍企業といっても、低労働賃金、市場成長力、資源確保、優遇税制(TAXヘーブン)、高率関税回避等色々異なった動機で経済活動を行っていますので、多国籍企業と単純にまとめて問題を列記すると相反する状況が生じ、論旨がまとまらなくなると思います。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださりありがとうございます。
多国籍企業に関する知識が不十分なため、多国籍企業をひとまとめにして調べようかと思ってましたが、rekishikaさんに問題の考え方を教えていただいて非常に参考になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGATTはどのような経緯で成立したか?

WTOについてはたくさんの記事があるのですが…
調べてもよくわからないのです。
流れを教えてください。

Aベストアンサー

1930年代の世界的な不況に際して、多数の国が、それぞれ関税の引き上げや貿易数量制限などをして、自国の産業の保護を図ったので、世界の貿易秩序が混乱し、経済情勢が不安定になりました。
その後、世界経済を安定化するために、改善策が必要だとの考えから、自由で円滑な貿易の発展を実現するための方策を検討し、1948年に、GATT(関税と貿易に関する一般協定)を締結したのです。
これとは別に、1945年には国際復興開発銀行(世界銀行)が、1947年には国際通貨基金(IMF)が誕生し、金融面から国際経済を支える枠組みが発足しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報