オークションで英会話の教材を探しています。
適度な価格のものがあったので購入しようかと思っていましたが
気になることがありましたので教えて下さい。
下記2つの会社のものがありどちらがいいものか判りませんのでもし持って
いらっしゃった方がいましたら是非感想をお聞かせ下さい。
また、気になることですが下記の点です。
インターナショナルホライズンとTBSブリタニカという会社の教材があります。
どちらも悪徳商法?のサイトに名前が挙がっていました。
また、TBSブリタニカのHPも調べてみましたが、本等の出版物を主に扱い、語学教材は扱っていないようです。(名前を無断で借りちゃってるんですかね?)
どちらもそうであれば、、、非常に高額で買われたものでしょう。
中身に問題がなければその売主の方も少しでもお金になればとお考えなのでしょう経緯はどうであれ購入してもいいと思っています。
実際見た経験がある方。是非、感想をお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

話題に出ているタイムライフ社のカセットを持っています。

押し入れに保管してあったので、新品同様です。処分に困っていたところです。送料+α程度をご負担頂ければお送りいたします。
    • good
    • 0

10年以上前になりますが売ってました(悪徳商法に分類されるやり方で)。



英会話の自己学習教材は色々と種類があり、高額商品としては
・タイムライフ(30~50万、レーザーディスクは30~80万)
・ブリタニカ(30~50万)
・学研教育システム(30~50万)
・インターナショナルホライズン(30~50万)
・etc...
色々あります。

各社の教材は「耳で聞き、目で見、発音する。それを繰り返して理解する」を基本としておりネイティブスピーカーの発音を収めたメディア(主にカセットテープ、今はCDが主流かも)とテキストから成り立ちます。
つまり例外(タイムライフのレーザーディスク教材)を除けばほぼ同じです。
もちろん教材としては立派なものですが高額教材の常として「無料スクーリング」や「電話による外国人講師との対話」などを前提としており、転売の場合はそれらの付加サービスが無い状況になることを覚悟する必要があります。

結局は「追跡」や「家出のドリッピー」と同じようなことになってしまうのでそれらとの価格比較の上で購入される事をオススメします。

ちなみに教材の作成会社と販売会社は別法人(全く関係無い会社への販売委託である事の方が多い)なので作成会社では販売していませんし、多くの場合宣伝はおろか教材を作っている事自体発表していなかったりします。
直系子会社でも販売しているタイムライフは例外です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報