暖房時、冷房時すぐに運転しません。コンプレッサが運転し、しばらくして冷気や温風が出てきます。あれは具体的になにをしているのでしょうか。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

インバータータイプの場合は、以下のような感じで冷房しますので、時間がかかります。


 1.周波数をだんだんに上げる。
 2.ガスの圧力を上げる。
 3.圧力の上がったガスを液にする。(室外機でやってます)
 4.液を室内機に搬送する。
 5.液を蒸発させて気化熱を得る。
 6.部屋が冷える。
    • good
    • 0

室内のファンの起動が遅れるタイプですか?もしそれなら室内の熱交換器の温度が一定になるまでファンをまわさない仕組みがあるので正常です。

これは冷房時には熱気の噴出しを、暖房時には冷気の噴出しを防止するためのものです。起動と同時にファンを回してしまうと、熱気もしくは冷気が噴出してしまい、冬場の暖房時にはとくに不快なものです。

そのため、熱交換器の温度を送風したときに不快な温度の風が出ない程度まで冷却または予熱してから送風を開始するようになっています。夏はこれに加えて冷房時のファン起動時に異臭が発生するのを抑える効果もあります。
    • good
    • 0

(1)機種や運転モードの切り替えを行った直後などはコンプレッサー保護の為3分程コンプレッサーの運転待機になります。



(2)暖房運転の場合、配管の温度(熱交換器の温度)がある程度上昇しないと(暖房運転は室内側が暖かくなりますが最初は冷たい状態ですね)冷風が吹き出し不快感を覚えるので送風運転を始めるのに少し時間がかかります

以上の要因で時間がかかると感じます
冷房運転ではコンプレッサーが運転し始めても
吸い込む空気の温度が最初は高いので
吹き出す空気の温度もさほど下がりません
これも時間がかかると思われる由縁でしょう
    • good
    • 0

昔のエアコン(冷専)は止めたら、約3分位してから電源を入れないとブレイカーが落ちました


簡単に言うと、冷媒の状態によってコンプレッサーの負荷が大きくなり始動電流が増えブレイカーが落ちるという事になりました
その後、タイマーを付けて少し経ってからONする様になりました
メーカーによっては長時間停止(30分位かな)した状態からONさえれば直ぐにコンプレッサーが動く物も有ります
室内側ですが
暖房時は暖かい風が出る状態になってから室内ファンを回します(寒く感じる)
冷房時は直ぐに出るものも有ります
    • good
    • 0

仕組みは冷蔵庫と同じです。



コップレッサーでガスを圧縮して、熱を取り除き、液化させています。
この液化したガスが十分に用意出来るまで、冷房の運転が行われません。

液化した液体がガス化するときに気化熱を奪うので、冷房がおこなれます。
暖房は、室内と室外のサイクルが逆になります。

下記のページを参考にして下さい。

参考URL:http://www.daikin.co.jp/naze/index.html,http://w …
    • good
    • 0

冷媒をコンプレッサで圧縮して冷やして液体にしてから正常な運転が始まります。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインテグラル∫とdxについて

非常にわかりにくい質問だと思いますが、ご容赦ください。∫f(x)dxという式があったとします。これは、積分の成り立ちから考えて、dxという記号が必要なのかどうかずっと疑問なのです。
積分の成り立ちはhttp://izumi-math.jp/sanae/MathTopic/sekibun/sekibun.htmのサイトを見て理解しました。
dxだけなら意味を持たないというのなら理解できます。∫dxがひとつのセットで積分という行為をするという風に捉えられるからです。でもdx単体でも意味を持ちますよね。でもこの成り立ちから考えて勝手にdxに意味を持たせていいのでしょうか。f(x)dxが微小面積で∫を作用させることによって足し合わせるという図のイメージはできますが、数式の上でどうしてそういう風なイメージになるのか理解できません。数学の得意な方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」という操作を式の中に書くのは当然です.

ところが,微積分学の基本定理の発見によって,(1変数の場合は)わざわざ細切れを足さなくても「微分の逆」を使えばうまく積分を計算できるという「裏技」(←説明のために批判を恐れずあえてこう書きます)が編み出されたのです.
「積分は微分の逆」という標語は,「結果的に成り立つ事実」「計算のための便利な公式」という程度に認識すべきで,「積分とはそういうものである」と解釈すべきではありません.

高校数学カリキュラムで原始関数を使って積分を導入しているのは,「細切れを足すのを高校生にきちんと説明するのは困難だから」という消極的な理由による「方便」です.こういう高校数学の方便としての積分の見方は,大学で微積分学を学び始める段階でリセットすべきものです.

========
ところで,こうして積分の本来の意味とライプニッツの記法を見直してみると,∫ という記号はあくまで「足す」という意味で,「微分の逆をせよ」という意味は込められていないことに気づきます.その意味で,「∫ を微分の逆の作用素とみなして, dx を書かない」というのは,新たな記法の提案としても無理があるでしょう(∫ と dx のセットで「微分の逆」と説明するのなら,本来の意味とは異なるとはいえ,結果的につじつまが合うので,高校数学の方便として通用します).
1変数に限定して,たとえば I[f(x)] で f(x) の原始関数を表すとか,dx に相当する記号を使わない積分の記法を考案するのは自由ですし,そういう試みは過去にあったかもしれません.でも,そのような記法に,すでに定着したライプニッツの記法と比べて「dx を書く手間が省ける」以上のアドバンテージがあるとは思えず,提案してもたぶん流行らないでしょう.

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」...続きを読む

Q冷房と除湿の室外機から出る温風の違い

冷房と除湿の室外機から出る温風の違い

冷房と除湿の場合の、室外機から出る温風の違いについて教えて下さい。
エアコンをつけると、室外機から温風が出ますよね。
除湿を一日かけた場合と、冷房を27度で一日かけた場合、温風はどう違いが出ますでしょうか。

外を歩いている時にお店などの室外機の前を通ると、温風が暑くてたまりません。
外が暑いからといって、室内では冷房をがんがんつけては、まったく悪循環ですよね?
そう思い、冷房をつけている場合と、除湿の場合、どちらのほうが室外機から出る温風を抑えられるかと疑問を持ちました。
それとも変わらないものなのでしょうか。

除湿は一定の温風で、冷房だと設定温度が低いほど外に出る温風は暑くなるのかと考えています。
ただ、除湿のほうが出る温風が少なかったとしても、光熱費で考えると除湿の方が高いようですので(急速冷房・設定温度の低い冷房を除く)、結果的にはエコには繋がらないかもしれません。
家電を使用するのであれば、空気自体を冷やしてはくれませんが扇風機を使うのが電気代も安く、温風も出さず、一番地球に優しいのかなと考えますが・・・やっぱりエアコンも上手に使いたいので。

「冷房と除湿の違い」や「冷房と除湿の光熱費の違い」という質問はあったのですが、温風についてまでは書かれていなかったので質問してみました。
※『光熱費で考えると除湿の方が高い(急速冷房・設定温度の低い冷房を除く)』というのは、そちらの質問回答を読んだ受け売りです。

また、室外機からの温風(冬場は冷風)の出ないエアコンというものは可能なのでしょうか。
今現在そういった製品は検索ではヒットしなかったのですが、もし開発できるのであればヒートアイランド現象も多少軽減されるのではないかと思いました。
見解でも構いませんので、どうぞよろしくお願いします。

冷房と除湿の室外機から出る温風の違い

冷房と除湿の場合の、室外機から出る温風の違いについて教えて下さい。
エアコンをつけると、室外機から温風が出ますよね。
除湿を一日かけた場合と、冷房を27度で一日かけた場合、温風はどう違いが出ますでしょうか。

外を歩いている時にお店などの室外機の前を通ると、温風が暑くてたまりません。
外が暑いからといって、室内では冷房をがんがんつけては、まったく悪循環ですよね?
そう思い、冷房をつけている場合と、除湿の場合、どちらのほうが室外機から出る温風を...続きを読む

Aベストアンサー

まず「室外機と室内機の空気は、繋がっていない」って事を理解して下さい。

室外機と室内機は「冷媒」と言う物質が「循環」しています。

「冷媒」は「循環している」ので「外に漏れないように閉じ込めて」あります。

コンプレッサーで気化している冷媒をギュ~~っと圧縮して液化させると熱が出ます。この熱をファンで屋外に放出しているのが「室外機」です。

液化している冷媒を一気に気化させて気体にすると熱が奪われて冷えます。この冷気をファンで室内に放出しているのが「室内機」です。

室外機は「屋外の空気に熱を与えて屋外に戻す」のです。

室内機は「屋内の空気の熱を奪って屋内の戻す」のです。

なので、屋内と屋外の空気は「繋がっていない」のです。

で「除湿」の場合は、どういう仕掛けになっているかと言うと「冷房して空気を冷やすことにより空気中の水分を結露させて、空気中水分を取り除き、冷やした空気を温め直して、室内の気温を下げないようにする」のです。

冬の寒い日、冷たい窓ガラスに、口から「ハーッ」っと、暖かい空気を吹きかけると、湿った空気が窓ガラスで冷えて、窓ガラスが結露して曇りますね。

窓ガラスを雲らせている水滴は湿った空気に含まれてた水分です。

この時、水滴が出た分、空気が乾いたのです。

「除湿」の原理は、この「結露」と同じなのです。

で、この「冷やした空気を温め直す方法」には、2通りの方法があります。

・電熱ヒーターで冷やした空気を温める。室外機から出る熱の量は、冷房と同じか、冷房より多い。

・室外機で外に排出していた熱を室内機に戻し、戻した熱で冷やした空気を温める。室外機から出る熱の量は、冷房より少ない。

「除湿の方が光熱費が高い理由」は「せっかく冷やした空気を温め直す」からなのです。

>冷房をつけている場合と、除湿の場合、どちらのほうが室外機から出る温風を抑えられるかと疑問を持ちました。

上記のように「冷房と除湿で、室外機から出る空気は同じ」「冷房の方が、室外機から出る空気が熱い」「除湿の方が、室外機から出る空気が熱い」と言う、3種類の方式があります。

なので「除湿方式により異なるので、どちらが温風を抑えられるか判らない」が答え。

まず「室外機と室内機の空気は、繋がっていない」って事を理解して下さい。

室外機と室内機は「冷媒」と言う物質が「循環」しています。

「冷媒」は「循環している」ので「外に漏れないように閉じ込めて」あります。

コンプレッサーで気化している冷媒をギュ~~っと圧縮して液化させると熱が出ます。この熱をファンで屋外に放出しているのが「室外機」です。

液化している冷媒を一気に気化させて気体にすると熱が奪われて冷えます。この冷気をファンで室内に放出しているのが「室内機」です。

室外機は「屋...続きを読む

Q風翔ける国のシイちゃん・・・

漫画家 中田友貴(なかた ゆうき)さんの漫画で
『風翔ける国のシイちゃん』1.2巻は持っているのですが
その他にDX版が有るようなのですが、DX版の内容が分かる方又は持ってる方いますか?
1.2巻の総集編なのでしょうか?

Aベストアンサー

懐かしい…。
DX版は1巻に収録されている第一話「シイちゃんユーリーと会う」が再録で、全30話+特別番外編2話+あとがき漫画で構成されていて、1、2巻の総集編ではありません。

コミックス未収録作品から作者が選んだ傑作選です。
ちなみにまだたくさん(39話分!)未収録作品があるのですが。

ユーリーのストレス袋がイカス漫画でしたね。

Q毎回ではないけど、時々冷房から温風が出ます。修理を頼むか?様子を見るか?

エアコンに詳しい方、相談にのってください。
2年前にナショナルのエアコン(おそうじロボット)を購入し、去年6月に今の住居に移設しました。移設はエアコン引越し専門の業者に真空引き(?)でやってもらいました。
移設後初めての夏、冬は問題なく使用できたのですが、今年の夏になってから、時々冷房運転なのに温風が出ていることがあります。
本体は冷房運転中の青いランプがついています。(暖房の時は赤いランプがつきます)

色々ネットで調べてガス漏れの可能性を考えたのですが、もしガスがなかったら完全に冷風は出なくなりますよね?でもうちのエアコンはちゃんと冷風が出る時もあれば、温風の時もあるんです。
室外機の配管接続部を見ましたが、カバーをどうやってはずせばいいのかわからず・・・懐中電灯で照らして見ましたが霜のようなものは確認できませんでした。
昨日はちゃんと冷風が出ていて、室外機のファンからは温風がでていました。でも、エアコンから温風が出ているときに室外機のファンが回っているか、出ている風はどうかは確認していないのでわかりません。(その時点では室外機を確認することを知りませんでした。)
おそうじロボットの機種なので、フィルターは常にきれいだと思います。

温風が出たのが2日前で、その時点でメーカーに電話して修理の依頼をしました。3日後に修理の人が来る事になっています。
考えられるのは基盤の誤動作か四方弁の故障だと思うのですが、四方弁が故障していたら完全に冷風は出なくなるものですか?

その後症状が出ないし、修理の人が来た時に症状が出なければわからないのでは?と思っているのですが、夫は「異常無いならそれで安心するんだから、とりあえず見てもらえば。また週末に調子が悪くなると困るでしょ」と言っています。
でも、修理に立ち会うためにわざわざ私が有休をとらなければいけないし、異常無しでも出張料を取られるのはもったいないというのが本音です。

エアコンに詳しい方、相談にのってください。
2年前にナショナルのエアコン(おそうじロボット)を購入し、去年6月に今の住居に移設しました。移設はエアコン引越し専門の業者に真空引き(?)でやってもらいました。
移設後初めての夏、冬は問題なく使用できたのですが、今年の夏になってから、時々冷房運転なのに温風が出ていることがあります。
本体は冷房運転中の青いランプがついています。(暖房の時は赤いランプがつきます)

色々ネットで調べてガス漏れの可能性を考えたのですが、もしガスがなか...続きを読む

Aベストアンサー

no3のrunagaiaです。

補足説明ありがとうございました。

どうやら、温度の制御基盤が怪しいですね。
基盤も弁類も一度悪くなると、自然とは治らないので、冷風が出ないはずなのですが・・・
冷風→温風が繰り返えされるのは、基盤の接触不良かと・・・
やはりメーカーさんに見てもらうのが一番かと思います。

念のためですが・・・
室外機の周りは、空間がありますか? 
物や囲いや植木でふさがれていると効率が悪くなり、最悪故障します。

解決にならなくて申し訳ないです・・・。
メーカーのサービスマンガきたら、故障の原因を詳しく聞いて下さい。
今後の為に。

Q微分 (d^2)y/(dx^2)

微分で、(d^2)y/(dx^2)っていう表現よく出てきますよね? これについてそもそもなぜ2乗の位置が違うのかって言うのがわからなくなったのですが,,,


そもそもdというのはたとえばxで微分したら、微分したののあとにxで微分したことを示すためにdx、yで微分したのならそのあとにdyとかくのですよね?

そこから考えたのですが(数学的に正しいかどうかは一切わかりませんが個人的にはこれが一番筋が通りそうな気がしました)、たとえばy=x^3とかで

dy=3(x^2)dx
d(dy)=D[3(x^2)]dx
(d^2)y=6x(dx)dx=6x(dx^2)

とつまりdxのまえにxの文字式があればxで微分できるため新しいdxができるが、dyの前にyを含んだ文字がないのでyで微分できないため?といった風に考えました。。。(汗)

正確な解釈を教えてください。あとdxとかの扱い方がいまいちよくわかってないので、上ので間違ってるところの指摘お願いします。

Aベストアンサー

d dy
-- --
dx dx

を、カッコを使わずに書いて
d^2 y
-------
dx ^2
という書き方になったのではないかと、かってに推測しています。

Qエアコン(冷房)から温風が出る

冷房設定で16度にしてるのにもかかわらずエアコンから温風が出ます。
中のフィルターのようなものの埃もとってみたのですがやはり温風が出ます
故障の自己診断ができるのですがそれも問題なしと出ました。
室外機は屋根の上にあるのでいじれないですが、改善方法わかる方いらっしゃいましたら回答お願いします
ちなみにメーカーは MITSUBISHI 霧峰VSです

Aベストアンサー

こんばんわ。

我が家でも、購入一年目のエアコンがいくら温度を下げても
温風が出ていたので、修理を呼んだことがありました。
そのときは、ガスが漏れているとの事でした。

ちなみに、これは余談ですが、
半年後にまた、同じ症状で修理を呼んだら
新品と交換してくれました。

Qdy/dxについて

dy/dxはなぜ置換積分をする時(1)のように分数の計算みたいに計算できるんですか?高校の時も先生はそのことについてこれはこうなるという風にしか説明しませんでした。他の専門書とかにもとりあえずこうなるみたいな書き方をしてありました。そんなに難しい理論なんですか

(1)t=2x^2とすると dt/dx=4x⇒dt=4xdx

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236331
でほぼ同様な疑問に対してかなり突っ込んだ回答がなされています.

Q一般的なエアコン暖房とコンパクトタイプの温風ヒーター、電気代はどちらが得?

こんばんは。
一般的なエアコン暖房とコンパクトタイプのセラミックハニカム温風ヒーター、電気代はどちらが得でしょうか?
普段使っているのはセラミックハニカム温風ヒーターで400Wの弱にしています。

Aベストアンサー

● 部屋を全体的に暖め、同じ温度を上げるのであれば エアコン暖房はセラミックハニカム温風ヒーターの1/3~1/4 程度の電気代で暖房が可能です。

>セラミックハニカム温風ヒーターで400Wの弱にしています。
● 部屋全体を暖めるのには温風ヒーターで400Wでは難しいでしょう(これから厳冬には温まらないでしょう)

● エアコンで400wの電気を使えば相当温まりますよ

● セラミックハニカム温風ヒーターは電気のエネルギーを直接 熱に変換しているのに対し、エアコンは外気の熱をコンプレッサーで汲み上げる構造であり、3~4倍の効率です。

Qdy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には
どのような作業を指すのでしょうか?
疑問2.
以下は全て同じことを表現したいと意図している
のですが、誤解を招くことはないでしょうか?
2y・dy/dx・dx   
2y (dy/dx)・dx  
2y dy/dx dx
2ydy/dx dx
2y*dy/dx*dx
2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか
・と*と半角スペースどれが妥当か
dy/dxは()でくくるべきか
などなどです。

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及してる解説は
経験上そんなに多くはありません.
その解説を書いた人はまめというか,
きっちりした方なんでしょうね.
普通は,No.1さんのように
本当は初歩的な段階では「約分」ではないのにも関わらず
形式的に約分をしてしまう解説がほとんどです.
そもそも,dy/dx は定義してても,dyとかdxというものは
定義してないですよね?定義してないものに対して
計算を行うというのは変なんですよ

ただし,No.1さんのような「約分」というのは
実際は,上述のように「置換積分」によって正当化されるので
積分記号のもとではやってしまってかまわないのです.
そして,いちいち積分記号とか書いていると
まどろっこしいので,あとで積分で使うことを前提として
なんだかわかんないけども,dxやdyというものを使って,
さらに積分記号を省いてしまって,「普通に約分」とかして
計算してしまって,それを使うというのが現実的な解法です.

つまりは「表記の問題」にすぎません.
こういうふうに「省略して書く」というのが一般的で,
なおかつ,あまりにうまく機能するので逆にややこしい,
つまり,dxとかdyが普通の数に見えてしまうということです.

これには裏があって,じつは
もっと数学を勉強していくと,積分とかにまったく無関係に
関数 f に対して,df というものがでてきます.
微分形式というのですが,ここまでいくと
約分とか,そもそも``dx''ってなんだ?という問題は
すべて解決されます.
さらにこの微分形式ってものに対して「積分」という演算が
定義されるのですが,それは「普通の積分」とうまく
噛み合うように定義されます.

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及して...続きを読む

Qエアコンのドライ運転は、冷房運転より、エアコン内部にカビが生えやすい?

エアコンのドライ運転は、普通の冷房運転より、エアコン内部にカビが生えやすい、と、
どこかで聞いた事あるような気がするのですが、これは、非科学的な間違いですか?

Aベストアンサー

あえて言えば

冷房は、部屋の温度を下げます、温度を下げると空気中の水分が凝集して水になります、この水をドレン水と言ます、ドレン水は専用のパイプで排水します(通常は室外機の場所へ)

冷房はこれだけの動作ですが、除湿の場合はこれに加えて、部屋の温度をできるだけ下げないように、加熱します
この加熱はいろいろな方法があるようですが、
除湿のほうが冷房より部屋の温度が高い、室内機の温度が高いためカビが増殖し易い可能性があります

カビは、乾燥していればほとんど増殖はできませんから、除湿と冷房で見た目に判るほどの違いが出るとも思えません


人気Q&Aランキング