小論文の参考書の解説の中に出てきたのですが、彼はいったいどういう人で何を主張しているのですか?
文脈からすると、右翼の人みたいなんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

漫画家です。



ある日突然「メインカルチャーを担う知識人や文化人が余りにふがいないので、サブカルチャー(マンガ)を担う私がゴーマンをぶちかましてやる!」と言い出しゴーマニズム宣言という思想マンガ(?)を書き出しました。
途中、出版社と色々あったため掲載誌をを小学館のSAPIO誌に変え現在に至ります(この辺のいきさつも新ゴーマニズム宣言に書かれています)。
自分自身が編集長となり「わしズム」という不定期刊行本も出版しています。
彼の思想を知る一番確かな方法は、ゴーマニズム宣言(1~10?)・新ゴーマニズム宣言(1~14?)・戦争論1~3を読破することでしょうね。彼の思想の変遷が見て取れます。
ひとつはっきりしているのは「突然右寄りになった」という認識が間違いだということです。これはゴーマニズム宣言を通して読むとわかります。徐々に考えが変わっていっています。彼が太平洋戦争(彼は「大東亜戦争」という呼称を好みこれを使用しています:これも彼を「右翼」と思わせる一材料になってしまっていますが)に興味を持ち出したのは、従軍慰安婦問題に関して取り組みだした頃からだと思われます。
これも、小林氏自身の調査などに基づいて史料を分析したり知識人と交流を交わして得られた知見に基づいたもので、妄信的な思想家とは一線を画しています。
小林氏の一番の特徴は、#3さんもおっしゃっておられるとおり「自分の思想を変えることに抵抗を持たない」というところに集約されるでしょう。

個人的には、彼の思想が正しいか間違っているかは別として、私は彼の考え方に好感を持っています。それは、彼の思想の根幹にあるのが「よき日本を将来の子孫に残す」というものだと信じるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/13 16:14

たしか薬害エイズ原告団に賛同して、エイズ訴訟を応援していたのですが、


ある時突然変節して、今のような右翼的思想になってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 16:10

No1の方のいうとおり、「戦争論」を読むとわかりやすいかなと…個人的意見としては結構面白いですよ。

あと、上杉聡の「脱ゴーマニズム宣言」というバッシング本も出ているので、「新ゴーマニズム宣言3,4」と見比べてみるのもいいかもしれません。またまた、個人的意見ですが、「脱ゴーマニズム宣言」はくだらんなぁ…と。でも、見比べるのは面白いです!
読んでから、彼に対して判断してください。それは、「小林よしのり」自身もそう言っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 15:56

最初は右寄りでもなかったですよ。


めずらしく意見を曲げられる人で、いろいろな事を知ることによって、意見が変わることをいとわない人です。
最近では図書館にもゴーマニズム宣言が置いてあったりしますし、文庫も出て安く手に入りますから、1度読んでみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 15:55

ただの漫画家です。

数年前はすごい人気でした。
主張に関しては色々あるんで、新ゴーマニズム宣言や戦争論という本を見てください。
新しい歴史教科書を作る会にも入ってたと思います。
オウムの人らに殺されかけたこともあります。
「お坊ちゃまくん」や「東大一直線」などの代表作があります。
敵は多いですが、共感する人も多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 15:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報