単積層板試験とは何ですか?簡単に教えて下さい。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

強度ではないでしょうか。

内輪ごとですが論文あるはずですよ
さがしてみてはどうでしょうか。
(材料も必要だと思うが・・・結局、これって過去の研究で何が分かったかを見ないと、次の機会で、参考として使えないジャン・・・。)
    • good
    • 0

その単積層板に用いられている材料は、何なのでしょうか?


それによって試験方法は変わると思いますが…。
それとも、もっと別のことを聞きたかったのでしょうか。
もう少し、知りたいことを明確に書いてください。
(答えられる自信はありませんが…)

この回答への補足

材料は何でもいいのです。
何を調べる物なのかがしりたいのです。

補足日時:2001/05/21 07:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分析法について、以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。

分析法について、以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。
以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。
固形物未知試料の定性および定量に、最も有効な分析手法は次のどれか?
(1)常磁性共鳴吸収法 (2)原子吸光法 (3)蛍光X線法 (4)熱重量測定法 (5)酸化還元滴定法

Aベストアンサー

常識的には(3)でしょう。
(1)は磁性がないと何にも見えない。
(2)非常に良いがまず固形物を硝酸溶液に変えなくてはいけない。
(3)装置に放り込んでRETURNを押せば勝手に元素分布を書いてくれる。
(4)相変化があるか熱分解(パイロリシス)が起きないと何も見えない。
(5)これもまず溶液化しないといけない、元素分布は分からない。

Q高分子の課題です。分かる方よろしくお願いします。

極限粘度とポリマー濃度のグラフにおいて、その傾きとポリマーの構造との関連性について述べよ。
という課題です。よろそくお願いします

Aベストアンサー

残念ながら模範解答のようなものは有りません。それが良い課題と言う理由です。

ポリマーの世界では50年60年前頃に見つけられた色々な関係を、説明する試みが
盛んだった時期が有りました。それが30年ほど前には一段落し、話題にならなくなりました。
その頃はポリマーとしては線状の屈曲性の分子が対象でした。

その後、分岐ポリマーや生体高分子に線状ポリマーの実験手法や解析法を適用すると
色々と面白い事が見出されました。
[η]=KM^a で a は0.5~1.0とされていたものが、0.5以下の場合も1.0以上の
場合も有ると言うのはその一例です。
そう言う観察を報告した研究者は、、それを実験に使った分子の構造や分子内または
分子間相互作用の観点から解釈し出しました。
どの程度一般化されているかは、非現役の私には判りかねます。

課題を出された先生の報文にヒントが有るかもしれません。
Hugginsの式との組合せは、そのヒントを得る単に一つの試案です。
以下はそんな議論の一例です。
http://www3.scej.org/meeting/kck2009/abst/E120.pdf

前回の答えでずぼらをしていたので、この機会に直しておきます。
相対粘度 relative viscosity ηr=η/ηo、
比粘度 specific viscosity ηsp=(η-ηo)/ηo、
です。spと2つ付けるのが嫌だっただけでした。
それからHugginsでした。

残念ながら模範解答のようなものは有りません。それが良い課題と言う理由です。

ポリマーの世界では50年60年前頃に見つけられた色々な関係を、説明する試みが
盛んだった時期が有りました。それが30年ほど前には一段落し、話題にならなくなりました。
その頃はポリマーとしては線状の屈曲性の分子が対象でした。

その後、分岐ポリマーや生体高分子に線状ポリマーの実験手法や解析法を適用すると
色々と面白い事が見出されました。
[η]=KM^a で a は0.5~1.0とされていたものが、0.5以下の場合も1.0以上の
場合も...続きを読む

Q化学にお詳しい方よろしくお願い致します。

化学工学に詳しい方よろしくです。全くの初心者で、いろいろやってみたのですが、解りませんでした。
(問)25%苛性ソーダ水溶液をmol%の換算せよ。
(問)10mol%の苛性ソーダ水溶液をwt%に換算せよ。
なんですが、換算の仕方がよく分かりません。わかりやすい方法ってあるんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。まずはヒントだけ。

「25%苛性ソーダ水溶液」とは、全体の質量の25%の質量の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの75%分の質量の水が含まれています。

「10mol%の苛性ソーダ水溶液」とは、全体のモル数の10%のモル数の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの90mol%は水です。

あとは質量とモル数の換算ですが、これは
 モル数[mol]=質量[g]÷分子量
の関係にあります。

ちなみに25%という場合は通常は重量パーセント濃度、すなわち、溶質の質量÷全体の質量をパーセント表示で表しています。

さらに貴方の混乱を防ぐためにあえて言うと、No.2の回答は考え方の根本から間違っています。答えも間違っています。

Q理科の問題の添削をよろしくお願いします。

理科の問題の添削をよろしくお願いします。

1mm=[1000]μm
1μm=[1000]nm
1km=[100000]cm
1nm=[10^-9]m
1kg=[1000]g
1g=[1000]mg
1mg=[1000]μg
1ng=[0.000001]g
1pg=[10-12]g
1b=[1000]mb (圧力)
1KB=[1000]B
1GB¬=[1000000000]B
1TB=[1000000000000]B

Aベストアンサー

日本や中国の単位は万、億、兆、京、垓...というように、4桁ずつ
で違う単位になりますが、西洋の単位は3桁ずつで変わります。

科学的な分野で使われる度量衡をSI単位といい、長さ[m]、
質量[kg]、力[N]などのkほんたいとそれを組み合わせた単位
体積[m^3]、圧力[Pa]=[N/m^2]からできています。
それらの値をわかりやすくするために接頭語を使います。

<SI単位の接頭語>
G(ギガ)=10^9
M(メガ)=10^6
k(キロ)=10^3
h(ヘクト)=100
c(センチ)=0.01
m(ミリ)=10^-3
μ(マイクロ)=10^-6
n(ナノ)=10^-9

解答の単位変換は全て正しいと思います。
ただし、B(バイト)は主に二進数で計算することが多いので、
1kB=2^8=1024 とすることもあります。
おなじように、1MB=2^16とすることも、10^6
とすることもありますが、どちらも正しい値です。
電子工学の世界では前者を使うことが多く、それ以外では後者を使う
ことが多いです。
また、HDDなどの表示容量は低い方の値になっていることが多く、
ソフトウェアなどの必要メモリ量などは多い方というように、都合良く
使われているようです。

日本や中国の単位は万、億、兆、京、垓...というように、4桁ずつ
で違う単位になりますが、西洋の単位は3桁ずつで変わります。

科学的な分野で使われる度量衡をSI単位といい、長さ[m]、
質量[kg]、力[N]などのkほんたいとそれを組み合わせた単位
体積[m^3]、圧力[Pa]=[N/m^2]からできています。
それらの値をわかりやすくするために接頭語を使います。

<SI単位の接頭語>
G(ギガ)=10^9
M(メガ)=10^6
k(キロ)=10^3
h(ヘクト)=100
c(セン...続きを読む

Q理科の問題の添削をよろしくお願いします。

理科の問題の添削をよろしくお願いします。

(1)H原子一個の質量が1.7×10-24gの時,H原子6.0×1023個の質量は何gか?
 式)1.7×10-24×6.0×1023           答1.02g
(2)O原子一個の質量が2.7×10-23gの時,O原子6.0×1023個の質量は何gか?
 式)2.7×10-23×6.0×1023           答16.2g

Aベストアンサー

添削を要しないくらい良い解答と思います。
添削が必要なのは問題の方です。
原子1個の質量を計ることはかなり難しく無意味です。
それよりも、水素分子を2.0mol集めると4.0gに
なり、6.0×10^24個で4.0gになる事の方が
重要です。
問題のための問題であるような気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報