炭素循環とはどういったことなのでしょうか?
炭素循環にセメントはどういった関わりがありますか?わかる方がいましたら教えてください。

A 回答 (3件)

こんにちは。


「物質物質」循環と言い、地球では気象現象や生態系を通して様々な物質が循環しています。
炭素はもちろん、酸素、水素、窒素なども互いに絡み合い、形を変えながらそれぞれ循環のサイクルを持っています。

炭素は生物の身体を作る物質にはなくてはならない元素ですよね。生体由来の有機物には必ず炭素がくっ付いています。生態系は、まず植物の光合成により、大気や水の中から二酸化炭素としてこれを取り込みます。
植物はそれを自らのエネルギーや身体の材料に変え、主に夜には酸素を呼吸し、使い終わった炭素は二酸化炭素として排出しています。すぐにエネルギーに変わらず、その植物の身体の材料になることを二酸化炭素の、もしくは炭素の「固定」と言います。動物は空気や水から直接炭素を取り込むことはできませんから、植物が固定したものを食べます。もちろん、呼吸をしたとき、使い終わった炭素が出て行くのは二酸化炭素としてです。
植物や動物の死骸は微生物が分解します。ここで、生物層に固定されたいた炭素は全てが元と同じ量の二酸化炭素に戻ります。
このように、炭素は生物の営みを通して地球上をぐるぐると巡り歩いています。これが自然界に於ける「炭素循環」です。
現在では、それに人間の文明活動が加わっています。大昔に生物の死骸として地中に固定されたいた大量の炭素を掘り出して燃やしたり、二酸化炭素の吸収固定源である森林を伐採したりしていますよね。

セメントと炭素循環とは直接は関係ないと思います。セメントが二酸化炭素削減問題のキーワードになるのは、セメント工業業界のエネルギー消費量が多く、二酸化炭素排出による環境負荷が高いからではないでしょうか(URL参照)。

参考URL:http://www.jcassoc.or.jp/Jca/Japanese/Uj_03_010. …
    • good
    • 3

こんにちは。


#2です。
先の回答で、説明の不備から明らかに誤解を招く部分が見付かりました。
あたかも炭素が生物のエネルギー源になるような書き方をしてありますが、正確には、エネルギーを生み出すのは炭素そのものではなく、植物の光合成によって水と二酸化炭素を原料に作られる「炭化水素化合物」の水素と、呼吸で得られる酸素の方ですよね。
「炭素循環には水素循環、酸素循環などが絡み合いながら――」というのはそのようなことです。

それから、冒頭の「物質物質」循環は、単に「物質循環」の書き間違えです。

重ね重ね、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく説明いただきありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 22:30

ここは分かりやすいです。


http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss0253.htm
セメント工業との関わりは、
http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/1 …
をどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/10/13 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恥ずかしながらこの歳になって炭素循環という自然現象を知りました。

恥ずかしながらこの歳になって炭素循環という自然現象を知りました。

関連して三つの質問をさせてください。
1.人類活動から排出されれる二酸化酸素は炭素循環で大気中に放出される二酸化酸素と比べて多いのでしょうか?
2.それは炭素循環で大気中に放出される二酸化炭素の何パーセントぐらいになるのでしょうか?
3.13年使用したトヨタカローラをトヨタプリウスに変えて、生活スタイルは同じとした場合、炭素循環の何パーセントぐらいの二酸化炭素が減少するのでしょうか?

Aベストアンサー

1.2.  4%
3   あなた一人ではゼロに等しい。

また質問があればどうぞ。

Q二酸化炭素排出量がわかりません。

8.6km/リットル走る自動車と23km/リットル走る自動車、これらがそれぞれ一年間に10000km走るとき、それぞれの二酸化炭素排出量は何リットルになるのでしょうか?
 それはどうやって計算すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、1年間に使用するガソリンの量は
8.6km走る車は、1162.8リットル使用して、
23km走る車は、434.8リットル使用します。

あとは、ガソリンの組成式から1molあたりに排出される
二酸化炭素を求めて、重さにすれば良いです。

家庭で、簡単に求めるには二酸化炭素排出係数を使用します。

ガソリンの二酸化炭素排出係数は2.35なので、

1162.8リットル×2.35=2732.6kg
434.8リットル×2.35=1021.8kg

となります。

二酸化炭素排出係数と検索すれば、沢山ヒットすると思います。
ガソリンですと

2.3578は kg-CO2/l 1リットルあたりの二酸化炭素量
0.6433は kg-C/l   1リットルあたりの炭素量

他にも熱量あたりでは
0.7658は、kg-C/10^10kcal
2.8079は kg-CO2/10^4kcal

と言う排出係数もあると思います。

参考URL:http://www.erc.pref.fukui.jp/envdb/sg/

こんにちは。

まず、1年間に使用するガソリンの量は
8.6km走る車は、1162.8リットル使用して、
23km走る車は、434.8リットル使用します。

あとは、ガソリンの組成式から1molあたりに排出される
二酸化炭素を求めて、重さにすれば良いです。

家庭で、簡単に求めるには二酸化炭素排出係数を使用します。

ガソリンの二酸化炭素排出係数は2.35なので、

1162.8リットル×2.35=2732.6kg
434.8リットル×2.35=1021.8kg

となります。

二酸化...続きを読む

Q炭素循環について教えてください

炭素循環とはどういったことなのでしょうか?
炭素循環にセメントはどういった関わりがありますか?わかる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「物質物質」循環と言い、地球では気象現象や生態系を通して様々な物質が循環しています。
炭素はもちろん、酸素、水素、窒素なども互いに絡み合い、形を変えながらそれぞれ循環のサイクルを持っています。

炭素は生物の身体を作る物質にはなくてはならない元素ですよね。生体由来の有機物には必ず炭素がくっ付いています。生態系は、まず植物の光合成により、大気や水の中から二酸化炭素としてこれを取り込みます。
植物はそれを自らのエネルギーや身体の材料に変え、主に夜には酸素を呼吸し、使い終わった炭素は二酸化炭素として排出しています。すぐにエネルギーに変わらず、その植物の身体の材料になることを二酸化炭素の、もしくは炭素の「固定」と言います。動物は空気や水から直接炭素を取り込むことはできませんから、植物が固定したものを食べます。もちろん、呼吸をしたとき、使い終わった炭素が出て行くのは二酸化炭素としてです。
植物や動物の死骸は微生物が分解します。ここで、生物層に固定されたいた炭素は全てが元と同じ量の二酸化炭素に戻ります。
このように、炭素は生物の営みを通して地球上をぐるぐると巡り歩いています。これが自然界に於ける「炭素循環」です。
現在では、それに人間の文明活動が加わっています。大昔に生物の死骸として地中に固定されたいた大量の炭素を掘り出して燃やしたり、二酸化炭素の吸収固定源である森林を伐採したりしていますよね。

セメントと炭素循環とは直接は関係ないと思います。セメントが二酸化炭素削減問題のキーワードになるのは、セメント工業業界のエネルギー消費量が多く、二酸化炭素排出による環境負荷が高いからではないでしょうか(URL参照)。

参考URL:http://www.jcassoc.or.jp/Jca/Japanese/Uj_03_010.html

こんにちは。
「物質物質」循環と言い、地球では気象現象や生態系を通して様々な物質が循環しています。
炭素はもちろん、酸素、水素、窒素なども互いに絡み合い、形を変えながらそれぞれ循環のサイクルを持っています。

炭素は生物の身体を作る物質にはなくてはならない元素ですよね。生体由来の有機物には必ず炭素がくっ付いています。生態系は、まず植物の光合成により、大気や水の中から二酸化炭素としてこれを取り込みます。
植物はそれを自らのエネルギーや身体の材料に変え、主に夜には酸素を呼吸し...続きを読む

Q一般家庭の二酸化炭素排出量ってわかりますか?? グラフとかあればうれし

一般家庭の二酸化炭素排出量ってわかりますか?? グラフとかあればうれしいです!!

Aベストアンサー

東京電力のCO2家計簿
http://www.tepore.com/co2diet/kakeibo.htm
自宅はもちろん同程度の家庭との比較も出来ます

参考URL:http://www.tepore.com/co2diet/kakeibo.htm

Q堆積岩の風化の、炭素循環における役割

堆積岩は生物の死骸が長年積もって圧縮され岩になったもの(で合っているでしょうか?)ですが、
その堆積岩が風化することによって炭素循環において果たす役割って、
CH2O+O2→CO2+H2O
という反応によって大気中に二酸化炭素を供給し、炭素を循環させることだけなのでしょうか??
文章中に私の解釈違いがあればそれも教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>堆積岩は生物の死骸が長年積もって圧縮され岩になったもの(で合っているでしょうか?)

 合っていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%86%E7%A9%8D%E5%B2%A9

Qセメント焼成炉の規模について

セメント焼成炉に着いて詳しく知りたいのですが、詳しく知りたいとは、技術的な数値です。URLなどあればいいのですが、自分でGOOGLE検索では限界があります。お力をお貸しください。
そういったプラントが作られるまでの流れとか、納入業者とか、セメント焼成炉内のガス温度とか、ガスがどこでなぜ発生するのかとか。
お答えしていただければありがたいです。

管理者 御中:中カテゴリーとして「産業カテゴリー」を造ってください!!

Aベストアンサー

セメントメーカーのHPや窯業の学会,ハンドブックをまず調べてみてください。
セメントはロータリーキルンで作られます。炉の運転条件(操業条件)は基礎は一緒ですが各炉によって異なり、一般に各社のトップシークレットです。

操業条件が手に入るとすればエコセメントプラントの環境アセスメント報告書(各社が自治体に提出したもの)を閲覧すれば出ているかもしれません。

(エコセメントとは産業廃棄物をセメント炉で焼く処理設備ですのでアセスメントが行われることが多い。またアセエスメンとでは何を燃やすのか操業条件は同で危険性や環境への影響は何があるのかを明らかにしますから判る可能性があります。)
環境評価書はアセスの期間(数週間)だけ公開されるものですので、自治体の窓口(環境調整課など)へ情報公開請求しないと閲覧できないかもしれませんが、電力会社などでは営業所で見せてくれます。まずメーカーに直接聞いてみてはいかがでしょうか

参考URL:http://www.taiheiyo-cement.co.jp/rd/information/faq/faq30/

Q地球における炭素循環について教えてください

質問のタイトル通りなのですが。
炭素が二酸化炭素として大気中に0.03%含まれていることくらしかわかりません^^;よろしくお願いします

Aベストアンサー

 もう少し具体的に質問された方が回答が付き易いかと思いますが・・・。

 参考 URL の「炭素循環」の所を御覧になってみて下さい。

 ご参考まで。

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/ES_B.html

Q循環式の浄化槽について

下水処理設備などに関わった仕事をしているものです。
循環式の浄化槽があると最近知り、いくらか調べては見たのですが、
「放流水を洗浄水に循環して使う。だから良い!」
というくらいにしか書かれていません。

このような排水処理が出来れば大変素晴らしいと思うのですが、
どうも実績などがあまりないためよくわかりません。

循環式の浄化槽についてご存知の方、何でも結構ですので情報や参考サイトなどあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たしか
BOD100-200, N30-50, P5-10だったので.リンや窒素が蓄積して活性汚泥がおかしくなるのではありませんか。

リンと窒素の除去(固定化できれば廃泥で除去可能)が可能ならば実現可能であるが現実的には不可能と聞いています。

Q地球温暖化 炭素の循環について

 地球の温暖化の問題で、地球の炭素循環のことについて詳しく教えていただきたいですm(__)m。海底(海洋)や森林(陸域)、または人為起源からどのように循環しているのか? また、それらがどういう風に循環しているがために温暖化という現象が起こってきているのか? 乱文ですいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLに詳しく書いています。私が説明するより早いです。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/

Q循環型社会を模索するフォーラムなど

企業でも公的機関でも民間団体でも個人でも、なんでもよいのですが、
循環型社会のありかたについて、できるだけ大きな視点で研究・模索しているようなところのホームページやフォーラムをご存知ありませんか?

「なにがなんでもリサイクルすればいい」「文明を捨てて地球環境を守ることを最優先」というようなキメうちではなく、社会システム(消費・物流・教育・法律...)リサイクルにかかるコスト(回収の手間・加工費用/エネルギー効率)環境負荷など、地球全体からオフィス・家庭まで、マクロな視点で全体を考えながら、実際生活する上で企業や行政や個人はどのようにするべきかを意見交換できる場所を探しています。

www でなくても newsサーバーでもかまいません。

Aベストアンサー

建築家・地域計画プロデューサーの方のサイトですが、この人の考え方や実体験を踏まえた話は、とても参考になると思います。

http://koyama.alzoo.com/tobira_ronko.html

参考URL:http://www.yuji-koyama.jp/structure/html/3rdlevel_1.php?c=1&s=17


人気Q&Aランキング