東京電力の社名は、何故東京電力でしょうか?
他の電力会社は、地域の名前が付いています。
東北は東北電力。中部は中部電力。関西は関西電力。中国・四国・九州も…。
何故関東だけ「関東電力」ではなく「東京電力」なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前にも、同じ質問をされた方が居られたのですね。
有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:32

まぁ知名度の問題でしょうね。


北海道電力は北海道にしか供給をしていないので他の名称を付けようが無いでしょうね。

ちなみに銀座を東京にしかないと思っている田舎者もいるみたいですけど、銀座の地名は元々は銀を扱う商人の集まり(座と言うね。織田信長の楽市楽座の座だね)があった場所のことだから別に江戸(東京)にしか無いものじゃないから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
知名度の問題ですね。
大阪はあかんなぁ。
有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:48

蛇足。



北海道電力も、東京電力と同じように、地方名じゃなく都道府県名が付いてるんだけどね。

どの質問も回答も、北海道を無視しやがって…。(と道産子が怒っております)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに!
座布団3枚!
有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:45

関東地方では東京が一番知名度が高いからだと思いますし、東京と冠しても不平は出ないと考えたのでしょう。

他の地域ではそうはいかないから、東北や中部といった大きなくくりの名前にしたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:42

ご参考。


http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-264.html

上記ページから引用。

----------
関東配電内部では

「東京電力」



「関東電力」

がほとんど伯仲していたそうです。


木川田も決定には迷ったそうですが、
ふと気づいて準備室の幹部連中に、

「関東と東京と、どっちが大きいと思うか」

と妙な質問を出してみたのだそうです。


すると、岡氏(のちに常務)が



「東京」という名は世界中に知られているが、
「関東」という名を知っている人はまずないだろう



と発言したそうです。
----------
引用終わり。

と言う事で「東京の方が知名度が高かったから」のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どっちが知られてるかじゃなく、どっちが大きいかと訊いたのがいいですね。
やはり、「東京」というブランド力ですね。
有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:41

東京ディズニーランド、東京国際空港とおなじようなものだと思う。


田舎の○○銀座とも同じようなもの(最近はないか)だと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに「東京」という名前はブランド力がありますね。
反対に、「大阪」はブランド力が無いのでしょうか?
「関西国際空港」ですから。
有難うございました。

お礼日時:2011/06/01 15:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の各地域(東北、関東、関西、etc)に入る都道府県

日本を地域別に分ける場合、北海道、東北、関東、中部、北陸、、、という形で分けると思いますが、

国が発表している正式?なベースで
・正式な地域の分け方
・各地域に入る都道府県名
が分かる資料、URLをご存知でしょうか?

色々調べたのですが裏づけがとれませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

既出回答と重複する部分もありますが、国内の公的な機関でも色々な分け方があります。
私の住んでる大阪は誰が見ても近畿地方だと分かると思うのですが
近畿にどの都道府県が含まれるかというと

☆国交省(運輸局)、旧大蔵省(財務局)、農水省 等
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
☆地理の国定教科書(1903年)・広辞苑
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山プラス三重
☆国交省(地方整備局)、旧建設省、旧運輸省(海運局) 等
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山プラス福井

以上のように分かれています。
他に「近畿圏整備法」という法律があってその中には
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山にプラスして福井と三重が入っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%A5%BF

他の地域についても下記サイトの中段あたりの
「地域・広域行政区画」のところを見れば
どの地方にどの都道府県が入るか分かると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC


 

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%A5%BF,http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC

こんにちは。

既出回答と重複する部分もありますが、国内の公的な機関でも色々な分け方があります。
私の住んでる大阪は誰が見ても近畿地方だと分かると思うのですが
近畿にどの都道府県が含まれるかというと

☆国交省(運輸局)、旧大蔵省(財務局)、農水省 等
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
☆地理の国定教科書(1903年)・広辞苑
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山プラス三重
☆国交省(地方整備局)、旧建設省、旧運輸省(海運局) 等
 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山プラス福井...続きを読む

Q福岡県・長崎県が東京を含む関東に遠く及ばないのは何故でしょうか?

なんでも、東京に例えるのは変な話ですが、九州も東京を含む関東地区のように、仕事や商売の拠点が出来て、小田原やら那須高原のように地方がもっとお金持ちが観光してくれるようになって欲しいのです。雰囲気でいうと、東京は福岡県、長崎県は横浜市、佐賀県は栃木県という感じで、別に関東まで行かなくても同じような自然環境は揃っているのに、お金持ちは全然来てくれなくて、豪華な施設や上品な景色は少しもないのが南九州です。関東との違いは地下鉄や高速道路だと思うけれど、那須高原や軽井沢は不便な山奥で長期滞在しないと日帰りは疲れるだけです。
南九州がお金持ちで溢れて、豪華なパ-ティーをしたいなら空き地も山もたくさんあるのに、全然、整備されていなくて、地元民でも、遠方客の来訪理由が見当たらず怖いだけです。関東と九州では人口がまるで違いますが、どうして福岡県は南九州を観光してくれないのだと思いますか?南仏やイタリアのように、同じような農業と漁業が盛んなのに、どうして画家は絵に描いてはくれないのでしょうか。きっと、じみで不便で取り柄がかいからとは思いますが、地元の金持ちだけでは少しも潤わないので、県外のお金持ちにドンドン移り住んで欲しいです。まるでヨ-ロッパのお城のように、ポツンとランドマークが出来て欲しいです。どうして南九州におお金持ちは来てくれないのでしょうか?貧乏過ぎて自分で行動を起こせないので、何が足りないから、お金持ちが来てくれないのか、教えて欲しいです。素朴が良くても、丸腰で、何の準備もない南九州は、ただ人が集まるだけでは、潤う前に荒れ果てケンカやいがみ合いが始まるだけのようで、心配です。

なんでも、東京に例えるのは変な話ですが、九州も東京を含む関東地区のように、仕事や商売の拠点が出来て、小田原やら那須高原のように地方がもっとお金持ちが観光してくれるようになって欲しいのです。雰囲気でいうと、東京は福岡県、長崎県は横浜市、佐賀県は栃木県という感じで、別に関東まで行かなくても同じような自然環境は揃っているのに、お金持ちは全然来てくれなくて、豪華な施設や上品な景色は少しもないのが南九州です。関東との違いは地下鉄や高速道路だと思うけれど、那須高原や軽井沢は不便な山奥...続きを読む

Aベストアンサー

噴火しっぱなしだからだと思います。

Q関東地方に民間空港が何故少ない?

地方空港の開港ラッシュで喜ばしいことと思います。鉄道と比較すると人間の長距離輸送には効率が良いと思っています。
関東地方は人口が4000万人程いるというのに羽田があるのみです。(一部成田からも出ていますが)
横田、厚木、百里、入間等々既存の飛行場があるので民間との共用プランが国レベルで検討されることは無いのでしょうか?
神奈川、埼玉、千葉などは人口が600万~800万オーバーで地方の政令市を抱える県の数倍規模です。商業的にも充分ペイできるはずなのに横田以外に民間空港化の話は聞きません。巨費を投じて羽田を拡張していますが既存の軍用空港の共用化の方がはるかに経費節減と考えます。
米軍や自衛隊の代替空港を探したり、JRの経営を慮っているのでしょうか?それとも新たな開港は面倒なので考えてもいないのでしょうか?国民経済的に考えれば首都圏に限って共用化はメリットが大と思います。
あえてその問題に触れたくないのか、効果が期待できないのかご存知の方がいらっしゃったらご教示願います。

Aベストアンサー

私の印象では、航空業界および空港利用権(どの方面へどの航空会社が飛ぶか)は、自由化にはまだ程遠いという感じを受けますし、業界も相手の出方に慎重であるがゆえに、自ら声を上げないという印象を受けます。

JASがJALと一緒になったあと、国際線のいくつかがダブり統廃合がありましたが、ANAはそれら余剰路線が出るのがわかっていても、積極的に参入を表明したかというと、しなかったそうです。
その背景として、昔両社が競合始めた当初、国際線は日航、国内線は全日空という住み分けを勝ち取り、国内需要を見込んで積極投資を行ったANA側の、既存のマーケットを奪われたくないという思惑があったそうです(航空業界の本より)。

それから長距離と比べ、近距離での路線利用のニーズですが、どうでしょうか。

関東圏の飛行場からどの地域へ飛ぶかですが、スカイマークやエアドゥのように、ビジネスユーズを見込める首都圏と比較的長距離を飛ぶ路線でも経営はかなり厳しい現状ですが、仮に羽田以外の空港を利用して本数を増やせるとして、プロペラ機ではなく、やはりある程度大型機で本数を増やす必要があるとおもいます。
そうなると調布飛行場では滑走路が小さすぎ、また百里は首都圏から遠過ぎてビジネスニーズにはあまり合致しません。いくら神奈川や埼玉の人口全体を見ていても、アクセスの不便(地元民の空港へのアクセスと、地方ビジネスマンの東京へのアクセスの両方)もあり百里利用につながるとは、わたしは思えません。

空港規模で首都圏で望まれるのは、やはり横田基地だと思います。
しかし現時点でも横田の民間利用はあるものの、やはり本数は制限されています。
沖縄の那覇空港などは、自衛隊といっしょに滑走路を利用して、自衛衛隊機がくると飛行機は待たされるときもありますが、それでも昼間は民間主体のためか、年間の国内線利用客は1,200万人を越えています。
このくらいだとビジネスが見込めるのかもしれません。
ビジネスを見込める民間フライトの本数と、米軍が自分たちで利用する頻度を考えたとき、米軍は当面はゆずらないでしょう。


あと、関東から近距離圏へ飛ぶニーズがどれだけあるかも、航空会社がなかなか手が出ないところではないでしょうか。


新幹線と顧客を競っている大阪以外でも、今後利用客が増やしていく必要があるとおもいます。
例えば近年オープンした中部国際空港は、成田との便はありますが羽田に全く乗り入れていません
羽田がいっぱいだとしても、新しい関東の空港に乗り入れて、大阪以上に新幹線と競争して行かなくてはならなくなるでしょう。
実際、近距離圏は駅から乗り継げる新幹線のほうがいい、という人がここでのアンケートでもけっこう多かったと思います。
また、北の近距離の大きいところで仙台空港ももありますが仙台空港の国内線のうち、名古屋23.4%、広島52.3%とやはりある程度長距離からの利用は見込めるようです。
ここも新幹線が仙台の中心地へ乗り入れているので、関東圏からの利用はやはり新幹線との競争になります。


各地方空港の国内線利用者数をみると、意外と規模が大きくないことがわかります。
地方空港の規模や空港までのアクセスを考えると、大手航空会社ではない航空会社がもっとできれば、利用客は増える可能性はあると思います。
ただ、航空ビジネスをはじめるための資本と認可のバリヤーはかなり高いようです。
また仮に横田が民間メインの時代が来たとして、東京以外からの鉄道アクセスも見直さないといけなくなるでしょう。
これは民間主体にならないと投資もままなりませんし、国際線も飛ぶくらいの民間空港になればもっと鉄道は求められると思います(シンガポールや香港の空港も道路のみから鉄路を備えたように)

バスですが、神奈川県からから羽田行きのバスが合計100便近くとありますが、バスは半分も埋まらずがらがらではないでしょうか。
逆に空港から各地へ戻るバスは、かなり混んでいると思います(調べたわけではなく、空港へ出入りするバスの印象だけですが)。

個人的には横田が国際空港だったらとてもうれしいです。


http://www.mlit.go.jp/tokyo_cab/normal/
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/kiti/minkan/minkan.htm

私の印象では、航空業界および空港利用権(どの方面へどの航空会社が飛ぶか)は、自由化にはまだ程遠いという感じを受けますし、業界も相手の出方に慎重であるがゆえに、自ら声を上げないという印象を受けます。

JASがJALと一緒になったあと、国際線のいくつかがダブり統廃合がありましたが、ANAはそれら余剰路線が出るのがわかっていても、積極的に参入を表明したかというと、しなかったそうです。
その背景として、昔両社が競合始めた当初、国際線は日航、国内線は全日空という住み分けを勝ち取り、国内需要...続きを読む

Q国民健康保険、地域によって扱いや金額が違うのは何故?

現在、 マネー>保険>健康保険のNo.1019946で質問させて頂いています。
質問中に疑問がでたので、このカテゴリでいいのか分かりませんが、質問させていただきます。

勉強不足で大変恥ずかしい話ですが、
質問中の回答から、国民健康保険は、市町村によって税率や支払い方が違う事を知りました。

同じ収入でも、住んでいる市町村によって支出が変わってくるようですね。
税として集める所や、保険料として集める所など、扱いもずいぶん違うようですね。
このように、市町村ごとに違うようになったのは何故なのですか?

市町村をまたいで引越しするたびに、ガラリと変わってしまうようで…、予想していたものよりずいぶん高い金額の請求が来て、正直戸惑いを感じています。
役所の請求が適切なのか知りたかったのですが、役所以外に相談できる所も見つかりませんし…、
相談した相手が他市の住人だと、結局分かりませんでした。
何だか不透明な気がしてなりません。


「国民」健康保険と言うくらいですから、消費税などのように、国単位で一律なのだと思っていました。
今のやり方で、混乱や不公平は生じないのでしょうか?



・・・もしかして、国民年金もそうなのでしょうか?

現在、 マネー>保険>健康保険のNo.1019946で質問させて頂いています。
質問中に疑問がでたので、このカテゴリでいいのか分かりませんが、質問させていただきます。

勉強不足で大変恥ずかしい話ですが、
質問中の回答から、国民健康保険は、市町村によって税率や支払い方が違う事を知りました。

同じ収入でも、住んでいる市町村によって支出が変わってくるようですね。
税として集める所や、保険料として集める所など、扱いもずいぶん違うようですね。
このように、市町村ごとに違うようになったのは何故...続きを読む

Aベストアンサー

>市町村ごとに違うようになったのは何故なのですか?
。。。。難しいご質問ですね。制度が出来た経緯はわかりません。
ただ国が直接徴収するとなると、出先機関が必要なので、という理由が会ったのかもしれません、、、が、ならば社会保険事務所にやらせれば良さそうなものですが、これは所得に応じて変わるという仕組みの為に現在は無理ですね。社会保険事務所では国民の所得を把握するすべがありませんので。
所得を把握しているのは税務署(所得税)と地方自治体(地方税)だけです。
ところが税務署(財務省)が保険制度(厚生労働省管轄)を実行するわけはないので(縦割り行政だから)、残るは自治体ということになったと思われます。
実のところ個人所得という意味では税務署よりも地方自治体の方が正確に把握しています。なので徴収するのは自治体が行うのが一番やりやすいと言うこともありますね。

>今のやり方で、混乱や不公平は生じないのでしょうか?
今となってはひどい不公平がありますね。国の制度にすべきという意見もありますが、赤字財政の国民健康保険を国が引き受けるかというと、財務省は難色を示すでしょうね。
でも、最近も国の制度にしてしまうと言う議論はされていますよ。ただ今度は社会保険庁も所得の情報を税務署や地方自治体からもらう仕組みを作らないといけなくなります。
ただ今度は国民の所得に関する個人情報が厚生労働省にも判明すると言うことで、どんどん個人情報を扱う部署が増えるというのはあまり気持ちの良いものではありませんが。

>もしかして、国民年金もそうなのでしょうか?
いえ、こちらは社会保険庁(厚生労働省の下部機関)が管轄で、出先機関として社会保険事務所があり、地方自治体の役所内にある部署は業務委託機関に過ぎませんので、全国共通です。

>市町村ごとに違うようになったのは何故なのですか?
。。。。難しいご質問ですね。制度が出来た経緯はわかりません。
ただ国が直接徴収するとなると、出先機関が必要なので、という理由が会ったのかもしれません、、、が、ならば社会保険事務所にやらせれば良さそうなものですが、これは所得に応じて変わるという仕組みの為に現在は無理ですね。社会保険事務所では国民の所得を把握するすべがありませんので。
所得を把握しているのは税務署(所得税)と地方自治体(地方税)だけです。
ところが税務署(財務...続きを読む

Q区画整理地域や道路建設予定地などがすぐ着工せずに空地として放っておかれるのは何故?

 街を歩いてるとミョーに広い空地があったりして、区画整理したい地域や道路建設予定地などで立ち退きがある程度進んでいても、グリーンのフェンスなどで囲われた土地が塩漬けになってるのをよく見かけます。

 将来、道路ができるとか拡張してどーのと理想的な計画が看板に書かれていたりもしますが、用地買収がある程度進んでるなら看板に夢を描く前にまず現実的にできることとして、そこだけでも着工して欲しいと思います。
 なぜそういった土地は全ての買収が終わるまで(?)放置されているのでしょう?
 建物を建てるとかなら全ての土地の買収が必要だと思いますが、道路を造ったり拡張するならその場所だけ対応してくれても良い気がします。
 逆に、対応されてても意味不明なポールやガードレールが設置されていて、クルマが通れなかったりして、何のための拡張かよく分からないよーな場所もあったりします。

 近所の住人が我がもの顔に植木を植えたり、フェンスがなければ、そして短いながらも道路として整備されていれば、チャリンコや徒歩で小さくショートカットができるのに、それもできずに少し憤りを感じたりもします。

 何か政治的な理由でもあるのでしょうか?

 街を歩いてるとミョーに広い空地があったりして、区画整理したい地域や道路建設予定地などで立ち退きがある程度進んでいても、グリーンのフェンスなどで囲われた土地が塩漬けになってるのをよく見かけます。

 将来、道路ができるとか拡張してどーのと理想的な計画が看板に書かれていたりもしますが、用地買収がある程度進んでるなら看板に夢を描く前にまず現実的にできることとして、そこだけでも着工して欲しいと思います。
 なぜそういった土地は全ての買収が終わるまで(?)放置されているのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

 お答えします。
 買収できたところを順次工事していくことは一見合理的に見えますが、計画された全区間が完成したときのトータルの工事費はむしろあがると考えられます(物価や人件費等の変動要因を除く)。
 なぜなら、工事箇所の区間距離が10分の1であっても工事費が10分の1にはならないからです(例えば、工事に携わる人数が100人のところ10人になるわけではありません)。
 このため、ある程度の区間の供用が可能と判断されてはじめて着工(=業者に発注)するわけです。
むしろ供用できないにもかかわらず小規模工事を行った場合のほうが不経済として責任を問われることになるでしょう。

 買収地を近所の人が使っているのはよくあることですが、本来公有地の無許可使用なので、やってはいけないことです。ご質問の場合、植木は伐採処分されるべきものですが、管理者の怠慢と思われます。
 また、仮にけものみち的に利用を許可した場合、法的に道路でないため単なる公有地扱いとなり、事故等があったときの管理者責任が問われます。道路を作る時点で地元要望等の計画がない限り、暫定的な利用はないと考えてよいでしょう。

 お答えします。
 買収できたところを順次工事していくことは一見合理的に見えますが、計画された全区間が完成したときのトータルの工事費はむしろあがると考えられます(物価や人件費等の変動要因を除く)。
 なぜなら、工事箇所の区間距離が10分の1であっても工事費が10分の1にはならないからです(例えば、工事に携わる人数が100人のところ10人になるわけではありません)。
 このため、ある程度の区間の供用が可能と判断されてはじめて着工(=業者に発注)するわけです。
むしろ供用でき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報