出産前後の痔にはご注意!

 私は40歳代前半、家族は妻と子供2人の4人、アパート暮らしです。今回車を購入したいと思っているのですが、購入費用について、定期預金を取り崩すか、社会人になって間もない頃から積み立ててきた個人年金を解約するか、迷いに迷っています。
 個人年金は毎年30万円くらい積み立ててきました。確定給付型ではなく、保険会社が運用して利息付で年金が支払われるというものです。
 これから先の世の中、そんなに高い運用益があるとは思えず、積み立てた金額がそのまま年金としてかえってくるだけなら、解約して現在の必要経費に充てたほうがいいのではないかと思うのですが…。
 10年位前までは、年金支払いシミュレーションが毎年提示され、ずいぶん景気のいい予想がなされていましたが、今となってはそのシミュレーションすら提示されません。営業の人も以前はしきりに増口を勧めてきましたが、最近は全然です。
 こういう状況なのですが、個人年金を解約するのは得策でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

個人年金を受給している還暦過ぎのおじさんです。


      
そもそも自分の将来のために積み立てたお金を、たかだか車程度に使う方がどうかしていると思います。
そんな事したら将来必ず後悔します。
今の不安定な社会で、自分の将来を保証するための個人年金は、たとえ今お金がなくても取り崩しては駄目です。
     
それしかないのであれば、車の購入などを諦めたほうが間違いないです。
車など10年乗れば価値は「0」です。
そんなものと自分の将来を担保してくれる物を比較する方が無理。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。
 20年先における、ある金額のお金の持つ価値は今より下がると思うんです。だから、積み立てた額に何の色も付かずに返ってくるだけだったら、今必要な経費に使ったほうがいいかな、と思ったんです。
 <そんな事したら将来必ず後悔します。
今の不安定な社会で、自分の将来を保証するための個人年金は、たとえ今お金がなくても取り崩しては駄目です。
 重みのあるご忠告です。取り崩さず、退職までがんばって積み立てを続けようと思います。
 でも、世の中私と同じような境遇の人で、けっこういい車に乗っている人いますよね。みんな何かと引き換えにしているのですかね。

お礼日時:2011/06/02 21:10

今から20年ほど前の個人年金保険(共済)ですよね。



年金契約額(保険証券・共済証書に記載されている金額)と、年金支払期間を確認してみてください。

年額120万円、60歳から終身払いなどという現在では夢のような内容ではないでしょうか。

契約当時のような高金利ではありませんから、当時のシュミレーションのように運用益がさらに運用益を生んで雪だるま式に年金額が増えるということは考えられませんが、当時の年金保険・共済では契約時の予定利率が契約が消滅するまでずっと変わらないタイプですから、5%以上の予定利率が保障されているのです。
個人年金は、年金支払保障期間のないものであっても、被保険者が死亡した時点までの年金受領額が、支払った年金積立額とその利息相当額の合計額より少ない場合は、差額が死亡保険金受取人・法定相続人に支払われますから、公的年金のように早く死んだら掛け損なんてことはありません。

この超低金利時代に高金利時代の年金契約は、保険会社にとって頭の痛い負の遺産です。それを解約するのは愚の骨頂。保険会社が喜ぶだけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
<この超低金利時代に高金利時代の年金契約は、保険会社にとって頭の痛い負の遺産です
 そういえば、6~7年ほど前でしょうか、年金ではないのですが、生命保険で各社こぞって巧に契約内容の変更を契約者にしつこく勧めてきたことがありました。
きっと景気のいい頃の契約が保険会社にとって不利だったからなのでしょうね。
 それにしても私はずいぶん愚かなことをしようとしていたのですね。ああ、質問してよかった!!

お礼日時:2011/06/04 17:58

素人の爺です。

参考程度にしてください。


(1)保険会社の個人年金…予定どおりの予定利率は保証されます。

(2)勤務会社が生命保険会社と契約して従業員の福利厚生のために行う…確定拠出型個人年金(予定利率は毎年見直されますが)予定利率は保証されます。
…多分ご相談者はこのタイプかと思います。
個人年金の控除の分、所得税がお得と思いますが?

(3)曲者(くせもの)…職業組合形式…生命保険の控除も個人年金の控除にも利用できない。…いわゆる「仲良しクラブの年金」…運用がうまくいかず、「元金を割っている可能性があります」…今解約すると「いくらになるか?」一度確認してみてください。…「ハヤク逃げるが勝ち」の場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
 おっしゃるとおり、(2)のパターンです。お恥ずかしい話、社会人になって間もない頃、勧められるままに周りの人も入っているということであまりよく考えもせず、加入したのです。所得税とか、控除とかというのはてんで苦手という典型的なおバカなのでして…。勉強してもうちょっと賢く生きようと思います。とにかく、年金は解約しないことにします。

お礼日時:2011/06/04 17:49

個人年金に加入している40代です。



私もその疑問について考えたことがあります。確かに、10年程度の運用で利回りを考えるならば、たいした運用ができるとは
思えず、必要経費にあてたほうがいいかも知れません。(本当にぎりぎりの生活ならば・・・)
しかし、個人年金は、60歳または65歳からの年金として受取るものであり、その後15年及び20年で受取るときにも
その受取り期間の運用益も付きます。なので、払い込み満了期までにできるだけ多く積み立てていれば、その後の受取額は大きなものになります。また、この後の数十年の運用は誰にも判りません。
私は、折角の積み立てなので、そのままとして更に増額もしました。

他の人の意見にありましたが、私も、車が「現在の必要経費」にあたるとは思えません。

明日の100円より今日の50円という言葉もあります。もう一度再考されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
<(本当にぎりぎりの生活ならば・・・)
<車が「現在の必要経費」にあたるとは思えません
生活費等に充てるため最後の手段としてならともかく、車の購入費はあり得ない、ということですよね。
 No.1のかたのお答えとあいまって、自分がずいぶん愚かなことを考えていることにようやくわかってきました。

お礼日時:2011/06/02 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全税共年金は国民年金基金と比べてどうでしょうか。

全税共年金は国民年金基金と比べてどうでしょうか。

職場の紹介でどうかと聞かれたのですが、情報が少なくて困っています。
手元にある給付試算例を一部抜き出すと、

男性、月払掛金10,000円、一括払掛金1,000,000円の場合として、
払込年数3年で、10年保証期間付終身年金で、月額5710円
払込年数5年で、10年保証期間付終身年金で、月額6820円

というような感じで、金額は変動だと書いてあります。

私自身は国民年金基金に加入しており、増口を考えていたので、
それと比較して全税共年金のほうがよければ、増口をやめてその分をこちらに、
とも思ったのですが全税共ホームページを見ても今一つ具体的にわかりません。

所得税の控除なども含めて国民年金基金のほうがやっぱりいいのではないか、と
周りからは言われています。

ですが、入っている方がいる以上何かメリットがあると思うので、
それを知りたいと思って質問させて頂きました。

国民年金基金と比べて、全税共年金のほうが良い点はなんでしょうか。

Aベストアンサー

全国税理士共栄会のHPを見てみました。http://www.zenzeikyo.com/nenkin.html
ここでの共済年金[全税共年金]は、『民間生保による個人年金(団体扱い)』であり、公的年金によるモノでは無いですね。
つまり、個人年金の大口版です。
○考えられるメリットは
・個人で加入するよりも掛け金が安くなると思われる
 ⇒リターン率が個人での加入よりも良い
・多数の加入者(加入口数)が存在する程、掛け金の運用資金が大きくなるので、大口での資産運用が可能となる。
・上記運用の結果、上手く行けば予定より高額の年金が支給される。
 多少の失敗でも、予定運用率に基づく年金が支給される。
○考えられるデメリット
・国年基金は国民年金法に基づく公的団体であるが、こちらは母体が任意団体(と思われる)であり、運用受託会社も民間なので、破産のリスクが国年基金よりも高いと考えられる。


説明が下手なので分かり難いかも知れませんが、公的年金のような『確定給付型』を希望するのであれば、全税共年金は希望に添いません。

Q全労済の共済年金について(解約などについて)

こんど全労済の共済年金に加入しようかと悩んでいるのですが、何点か確認しておきたい
事がありまして質問します。(全労済側に聞くのが筋ですが、保険ですので第三者に尋ねた方が良いと思いここで質問します)

私は自営業なので、収入が不安定です。今は月3万円~4万円程度は十分払えますが、払えなく
なった時口数を減らす事は可能なのでしょうか?その場合何か損する事があるのでしょうか?


二点目の質問はもし途中解約する場合、何年目までは払込分の何割か取られるなどペナルティはあるのでしょうか?払込分は全て返してもらえるのでしょうか?全労済のウェブページでは詳しい部分が発見できませんでした。


以上二点ですがご回答お願いします。

Aベストアンサー

>払えなくなった時口数を減らす事は可能なのでしょうか?
 ・最低契約数(2口:年金で24万)までなら減らすことは可能・・4口→2口とか
 ・当初予定口数より年金額が減るだけです
 ・また追加契約で契約口数を増やすことも可能です
>途中解約する場合、何年目までは払込分の何割か取られるなどペナルティはあるのでしょうか?払込分は全て返してもらえるのでしょうか?
 ・事務手数料等諸経費分が引かれるので、ある程度の年数が経たないと元本割れになります
 ・期間が経っていないと、殆ど戻って来ない様です

下記は「ねんきん共済」の説明です
http://www.zenrosai.coop/tebiki/pdf/shiori_nenkin.pdf
 ・契約内容の変更については、24(pdfの14p)
 ・解約については、27(pdfの17p)
を参照して下さい

Q個人年金、解約したほうがいいですか?

平成4年に入った個人年金、退職する時に前納した保険料がなくなり、この四月から又月17000円払わなければいけません。後20年払い続けて年間100万円の年金がでます。専業主婦の今、月にそれだけの保険料を払うことができないので、解約するか、払い済みにするか悩んでいます。
レディさんは「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいないが、転換ならお得」といいます。
払い済みにすると年金額は52万円になり、解約すると返戻金が170万円になるそうです。
今まで払った額を考えると170万円は少ないような気がしますが、20年後の52万円もどれだけ助けになる額か疑問です。どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測して5年確定年金と思われます。そうしますと52万円を5年間で260万円と、もし配当金があればプラスされることになり払込み累計額以上になります。
 「予定利率が良かったときの保険だから、解約するのはもったいない・・」というのはレディさんの言うとおりだと思いますが「・・転換ならお得」には、転換する商品が何かにも拠りますが通常転換する場合、今まで以上の保険料にするという規程がありますから現在のkumiko160156さんのご事情にはそぐわないのではないかと思われます。
 yorozuyaのご指摘の通り減税の解約返還金170万円が払込み累計額より少ないと拘られるか、20年後とはいえ170万円が260万円程度に増え52万円を5年間に亘って受け取る資産を持ったと割り切るか、運用について冷静に判断されるといいと思います。

 平成4年から現在まで継続されて約1年余。月々17000円ですから払込み累計額は225万円程になりますから現在の解約返還金170万円は少なく思われるかもしれませんね。
 保険は預貯金などと違って満期まで継続していただくことを前提にしていますから貯蓄型商品といえども途中の解約は払込み累計額より通常少なくなっています。
 kumiko160156さんの価値判断に拠りますが現在の170万円が重要でしたら解約も一つの選択肢です。払済みにした場合の年金額が52万円ということですが、金額から推測...続きを読む

Q解約返戻金っていつ振込みされる?

生命保険解約しました。
朝日生命、終身保険。かなりいいときの保険で迷ったのですが、朝日生命に光が見えず・・・まあそれはいいのですが。
解約返戻金が結構ありました。
外交員さんは、1週間程度で振込みされます、といっていたのにもかかわらず、まだ振込みされていません。1週間たちました。
大体、どれくらいで振込みってされるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。ご無沙汰です、やはり解約されたんですね。

知り合いに朝○生命出身の代理店経営者がいてるのですが、以前その人が言ってた事は 各種請求に対して事務方が規定通りの日数で処理しない(出来ない)ような事を言ってました。部内的にも結構大変(むちゃくちゃ)らしいです。

おそらく担当者が一週間ぐらいと言ったのは取り扱い規定上は間違いないと思います。担当者に言っても結局はらちがあかないので、一週間(5営業日)が経過したらお客様相談窓口に『どうなってるの?』と問いただしましょう。今風評を最も恐れていますので強い口調で申し立てればすぐに振り込まれるみたいです。

QJA共済の解約返戻金について

JA共済の解約返戻金についてお伺いいたします。

H18年に終身共済契約に全入院特約等をつけて契約しています。夫が同じ終身共済契約に全入院特約等をつけてH20年に契約した際の証書には解約返戻金が明記されていますが、私のH18年に契約した証書には解約返戻金について明記されておりません。担当者に確認したところ、H18年契約の私の共済についても解約返戻金があるとのこと。この度、医療保険を終身型(現在は80歳まで)に変更したいため、見直しをしているところですが、入院歴があるため新規の保険がむずかしいようです。そのため、アフラックのWAYSにて60歳以降に終身の医療保険に移行する保険を検討中です。そこで以下についてご存じの方ご指導ください。

(1)H18年契約の共済を満期(80歳 終身共済200万)までもたず、WAYSの以降時に解約したいと考えておりますが、担当者さんが「解約返戻金については今後変わるので提出できない。」ということで教えていただくませんでした。私としては解約返戻金がMAX時に解約したいのですが、今の時点ではわからないものなのでしょうか。また、もしわかるとしたら担当者以外に問い合わせする機関(又は相談窓口等)はどこになるのでしょうか。

(2)解約返戻金の考え方について、担当者さんが言うには、満期を迎えると終身共済200万円のみになるとのことでしたが、全入院特約等の掛け捨てでない部分(返戻金がある部分)については満期になくなってしまうのでしょうか?(だとしたら、終身共済分だけ貯金があれば満期を待たず解約をしたほうが得かと思うのですが・・・)

(3)解約返戻金のMAX時について、夫の証書をみると、契約後30年が最高額のようですが、他の契約についても契約後30年がMAXなのでしょうか。(ちなみに私と夫は同じJAの終身共済を契約しています。

以上、よろしくお願いいたします。

JA共済の解約返戻金についてお伺いいたします。

H18年に終身共済契約に全入院特約等をつけて契約しています。夫が同じ終身共済契約に全入院特約等をつけてH20年に契約した際の証書には解約返戻金が明記されていますが、私のH18年に契約した証書には解約返戻金について明記されておりません。担当者に確認したところ、H18年契約の私の共済についても解約返戻金があるとのこと。この度、医療保険を終身型(現在は80歳まで)に変更したいため、見直しをしているところですが、入院歴があるため新規の...続きを読む

Aベストアンサー

単刀直入に言います

契約者にとっては JA共済はかなり有利です

アフラック等はごく一部の契約者と保険会社に有利です

詳細まで良く検討することです 約款の、素人では意味が理解できないところが非常に重要です

Q解約払戻金が振り込まれるまでの日数

保険を解約したら解約払戻金は、どのくらいの日数で口座に振り込まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

書類が到着して、5営業日というところが多いようですね。
保険会社のお客様商談室に問い合わせると教えてくれますよ。
ただ、この書類が到着してというのが難しいとろろで、
直接、本社(営業所ではありません)にもっていけば、規定の日数ですが、
営業→営業所→支社などの手順で書類を出したなら、それ相応の日数がかかってしまいます。

QJA年金の借り入れについて

JA年金の借り入れについての質問です。7年ほど積みたてをしています。
今回始めての借り入れをしました。山梨県某支店長はJA(農協独自の融資)をすすめました。1)融資利息3%だと話しました。私は年金証書を担保に借り入れをする事にしました。借り入れ当日、何の説明もなく、2)約束手形1年間と言われ手形約束に合意し印をつきました。又、何の説明もなく3)解約証書を出され印をつかされました。(返済に逃げられた時の為にと言われました。借り入れ時に当たり前の話しだ)と言われビックリしました。結局、契約時に融資利息は4.5%である。後に約束手形は半年間有効。と変更されていました。4)少しずつ返済している借入金の受取書もありません。返しているお金の記載書類がないのです。こんないい加減なものなのですか?もしかして詐欺にあっているのでしょうか?

Aベストアンサー

これは年金担保貸付ですね。利息については、後の判断で決まるので
最初に3くらいになるかなぁ。とでも話したのではと思います。
なぜ手形返済なのかは不明ですが、短期間で小額の融資だったのですか?
期間が短いのは書き換えが必要だからです。

ちなみに預金を担保にするときも証書を預かり、裏に解約のために印鑑と
名前を入れてもらいます。これは当然の行為です。どこの銀行でも
預金担保ならいたしかたないことです。

ちなみに、融資金に対しての受取証はありません。
月々元利金等および元金均等返済の場合は、打ち出しをもらえますが、
UMEBOAI96さんは、どういった返済方法をなさっているのですか?

Qこくみん共済は解約した方が良いのでしょうか?

現在、家内が「こくみん共済 医療タイプ(¥1600)」に加入しています(他社の保険は未加入)。

先日、保険の見直しをしてもらったところ、
「こくみん共済は解約した方がいい」と断言されてしまいました。

その理由として…

・手術についての保障が一切無い事
・万が一破綻した場合、国による補填が無い事

を挙げられていました。

月々の家計への負担(保険料)を考えると、最低限の保障は「こくみん共済」で補い、
万が一の大きな病気(手術)の場合は、月々の貯蓄から支払うと言う考えになりました。

やはり大きな病気(手術)の事も考えて、もう少し大きな保障に乗り換えた方がよいのでしょうか。

今の時点での選択肢では…

1.保険料を増やして貯蓄を減らす
2.保険料を押さえて貯蓄を増やす

となっております。

Aベストアンサー

いざというときの経済的負担に備える事は非常に大切な事です。その方法のひとつとして、保険や共済があります。もちろん方法はそれだけではないですし、特に準備をしなくても大丈夫な場合も考えられます。
保険や共済で備えようと考えるのであれば、確かに今のものとは別に契約する必要があります。その場合の方法として考えられるのは、1.現契約を解約し、新たに(自分のニーズに合う商品を)契約する。2.現契約の足りない部分を補う形で、新たに契約する。 このどちらかだと思います。

貯蓄と保険を比較されているようですが、貯蓄は使い道の変更が自由です。病気等に備えて貯蓄していたとしても、それを教育資金に当てたり住宅取得のために使うなど、臨機応変に対応できます。これらは保険では難しい事です。解約返戻金のある保険では借り入れもできるので、資金転用の機能を果たす場合もありますが、基本的に難しいです。また保険の場合は1回分の保険料を負担するだけで、大きな補償を一瞬のうちに手に入れることができます。反対に貯蓄の場合、一度にまとまった金額をためるというのは(積立型の場合は)難しくなります。どちらがいいとかではなく、この辺りのバランスが非常に大切になります。

また契約者保護についてですが、損害保険や生命保険は、それぞれに「契約者保護機構」があり、その点は安心できると思います。
一方各共済はそういったものがありません。また「国民共済」や「都道府県共済」というと、いかにも公的なものであると思いがちですが、全く公的組織とは関係がありません。

いざというときの経済的負担に備える事は非常に大切な事です。その方法のひとつとして、保険や共済があります。もちろん方法はそれだけではないですし、特に準備をしなくても大丈夫な場合も考えられます。
保険や共済で備えようと考えるのであれば、確かに今のものとは別に契約する必要があります。その場合の方法として考えられるのは、1.現契約を解約し、新たに(自分のニーズに合う商品を)契約する。2.現契約の足りない部分を補う形で、新たに契約する。 このどちらかだと思います。

貯蓄と保険を比...続きを読む

Q代理人による解約手続きについて

契約人が主人名義の子どもの学資保険を解約したいと思います。
妻である私が解約手続きをしたいということをコールセンターへ問い合わせたところ、
委任状、証券、私の認め印、夫の実印、印鑑証明が必要だと言われました。
こちらのサイトで調べたところ、契約時の印鑑は必要ですが、実印や印鑑証明まで必要とはなかったのですが、コールセンターの案内通り印鑑証明まで本当に必要なのでしょうか?
ちなみに第一生命です。

Aベストアンサー

今時、そんなに必要だというのもおかしな話しですが、法令通りで言うと、どこでもそうなるようです。
実際には、契約印で契約者が解約手続きを本状を持参する者に委任する旨を書き、代理人が本人確認書類を提示する、という運びで大丈夫なはずです。本人確認書類(免許書)の住所が契約者と同じであるかは確認しますので、ご注意下さい。
店頭に伺う際に、店舗に確認しておくと良いと思います(来店手続きは結構簡略されています。コールセンターの人はもしかして郵送での手続きを案内したのかも知れません)。

Q個人年金を続けるべきか解約するべきか。

今、主人が結婚前から入っている個人年金を解約しようか悩んでいます。
某保険会社の個人年金で主人が20歳頃から入っています。(現在25歳)
内容は60歳から10年間毎年72万(月6万円)支給されるというもので今毎月1万1000円ほど払っています。

私の母がこの保険会社の営業ということもあり母は「絶対かけておいた方がいい!貯金だと思って」と言います。
(主人が入った理由は職場で勧められてなので私の母が勧めたわけではありません)
私も国の年金には不安があって満額貰っても生活していけないだろうと思っているので、毎月1万円の出費は大きいけど払えるまで払っていこう!と思っていました。

しかし最近個人年金はそんなに得じゃないとか、20代ならこれからの妊娠・出産・子育てや家の購入などの為にお金を蓄えて使っていった方がいい、個人年金に加入するのは後でもいいといった意見を聞いて迷いはじめました。
お金の運用や利子や保険の知識などは全く分からない素人なので分からないことだらけです。

正直、毎月個人年金と生命保険(夫婦2人分)で2万8000円払っていてキツイという思いもあります。
家賃を引いた手取りが17万円ほどなので1割以上が保険代です。
元々少なかった貯金も最近は出費が続いて底をついてきたので解約金の70万円に手を出しそうになっているといった状況です。
(何か大きな出費があるわけではないんですが手元に置いておきたいお金として…)

でも今解約して30代40代になって月1万円また払い出せるかというとあまり自信がありません…。


主人25歳サラリーマン
私25歳 専業主婦
結婚8ヶ月 子供はいません


ご意見下さると助かります。

今、主人が結婚前から入っている個人年金を解約しようか悩んでいます。
某保険会社の個人年金で主人が20歳頃から入っています。(現在25歳)
内容は60歳から10年間毎年72万(月6万円)支給されるというもので今毎月1万1000円ほど払っています。

私の母がこの保険会社の営業ということもあり母は「絶対かけておいた方がいい!貯金だと思って」と言います。
(主人が入った理由は職場で勧められてなので私の母が勧めたわけではありません)
私も国の年金には不安があって満額貰っても生活していけないだろう...続きを読む

Aベストアンサー

60歳で払込の場合
11,000X12X(60-20)=5,280,000
720,000X10÷5,280,000=1.36363636363636
7,200,000-5,280,000=1,920,000
利率から得ではありますが、飽くまで60歳払込の場合です。
保険料払込年齢と、年金支給開始年齢が同じ60歳なら良いですが、もう一度証券をお確かめになって計算して下さい。
簡単な四則計算ですので、電卓でも出来ます。


人気Q&Aランキング