屋外機器で、バッテリーの助けを借りてバックアップを行ないたいのですが、
一般的にニッカドバッテリーを利用した場合の電池の寿命を知りたい。

電池はバックアップ用のため、放電等は滅多にしない。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

まずカテゴリーが異なるようですので、WebMasterにメールして変更して頂くことをお勧めします。



直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67093

この回答への補足

当方の説明が少し不足しておりました。申し訳ありません。

一般的に屋外で電池を箱に収納して利用する場合に、箱内の温度が夏には
60度程度、冬には-5度程度になることが考えられます。このような条件化で
利用した場合に、バッテリーの寿命がどの程度持つかを知りたい。
バッテリーの寿命は一般的に納入時の容量を100として80程度になった場合をいいます。
この80になるのに何年かかるのかを知りたい。個々のバッテリーにより少しはバラツキ
があると考えられるが。一般的な年数が知りたい。

申し訳ありません。

米澤
 

補足日時:2001/04/26 14:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリチウムイオン電池の放電

リチウムイオン電池を放電したいです。0Vにです。電池を捨てたいと思っています。
お金をかけたくありません。抵抗を付けて放電を考えています。危険等ありますか?
それとポイントなどありますか?専用の安い機械有りますか?充放電装置などの高額の機械は使いたく有りません。

Aベストアンサー

早く放電させるなら沢山電球を点ければよろし。
一時的に照明代わりにもなりますな。
書かれないので分かりませんが、リチウムという事は3vですかね?
3Vで負荷の高いものを探せば良いのでは?
でも、まだ使えそうならヤフオクで売れると思いますけど。
もったいないですし、エネルギーの無駄使いなのでリユースが一番かと。

QISO9001の7.6の「監視機器及び測定機器~」

ISO9001の7.6の「監視機器及び測定機器の管理」で

「定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために、組織は、実施すべき監視及び測定を明確にすること。また、そのために必要な監視機器及び測定機器を明確にすること。」

という内容がありますが

(1)「定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために、組織は、実施すべき監視及び測定を明確にすること。~」
検査成績書に「○○を測るときは××を使う」となっていますがそれでよいですか?ただ「ノギス」と書いてあるだけで会社に同じノギスが5本あるのですがそのうちのどれを使うとは定めてはいません。また測定した記録にもどの「ノギス」を使ったかなんて記録していません。

(2)「~また、そのために必要な監視機器及び測定機器を明確にすること。」
会社が保有している測定器すべてを一覧化した台帳にしようと思うのですがそれでいいですか?

Aベストアンサー

 回答(1)の追記ですが…。

 「製品検査成績書」の中に「測定項目」(測定箇所、チェックポイント)と「測定方法」(測定具、抜取方式)が定めてあれば、とりあえずそれで十分です。その根拠がどうであるかは審査員が審査の中で実際に確かめることだけの話です。たとえば回答(1)に私が書いた例のように。必ずしも根拠まで明記する必要はありません。
 でも問われれば答えられないのはおかしいわけです。根拠が曖昧だと「定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために…」に疑問の余地が出てくるので、適合性の実証能力について確証を得るために、さらにいろいろと聞かれたり調べられたりする可能性があります。

 「会社が保有する測定機器」の一覧表(台帳といったほうがよい)は規格要求事項ではありませんので、なくても指摘にはなりません。ですがもし測定器の数が多いと、そういうものがなければ管理(「測定機器に管理No.を付与」、「校正結果の記録」、「校正結果の判定」、「校正周期(有効期限)」など)が大変になりかねません。ですから審査員からは管理の不行き届き・手落ち・ミス・その他の不具合が存在していないか、という目で調べられる可能性があります。
 台帳などによって自ら管理がしっかりと出来ていれば、何も不安に思うことはありませんし、審査員も安心するでしょう。

 回答(1)の追記ですが…。

 「製品検査成績書」の中に「測定項目」(測定箇所、チェックポイント)と「測定方法」(測定具、抜取方式)が定めてあれば、とりあえずそれで十分です。その根拠がどうであるかは審査員が審査の中で実際に確かめることだけの話です。たとえば回答(1)に私が書いた例のように。必ずしも根拠まで明記する必要はありません。
 でも問われれば答えられないのはおかしいわけです。根拠が曖昧だと「定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために…」に疑問の余地が出てくるので、...続きを読む

Qフライス盤加工、ワイヤ放電加工、マニシングセンター加工などというものはどういった仕事なんでしょうか。

いわゆる「手に職」といった部類のものでしょうか、これらの仕事の現状・将来性などについて教えていただければ幸いです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビデオで銃器工場の様子を見たことがあるのですが、そこではマシニングセンターやNCフライス盤が使われていました。いずれも加工自体は、ロボット的に行なわれていて、作業員は材料を加工台に取り付けたり、はずしたりの単純作業のように見えました。
驚くほど効率的に機械は働いていましたね。

でも、最終工程の組み立て、仕上げとなると、熟練工の技って感じで、手作業でヤスリがけしたり、銃身をフレームにねじ込んだりして、シリンダーの回転具合とか、銃身との透き間などの調整を行なっていました。

作業員っていう意味では、こちらのほうが給与は高そうな気もしますが、前者も「単純そうだけど、意外と大変な作業」ってことかもしれませんね。

TVを見ていると、日本の輸出は車など消費財が、がんばっているように見えますが、実際には、こういった生産財輸出額が大きいそうですので、そういった機械を作っている工場なら将来性はあると思います。

でも、それらの機械を扱う作業員としてみたときの将来性は、ちょっと疑問に感じます。

Q屋外看板の設置方法

よく街中にある、『マルフク』とか『キャッシング』のブリキの看板。
あれはどういった経緯で取り付けてあるのでしょうか?

民間の倉庫やフェンスにも取り付けられているようですが。
自分でも作成する場合には、直接『付けさせていただけませんか?』と頼みに行けば可能でしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私も以前に仕事の関係で同様のことを考え、また実際に行動に移したうちの1人です。

業者の場合、2通りでしょう。黙って勝手につけていく方法。
もうひとつは菓子折り持参でお願いする方法。

あと、角地の民家の壁等に上半分が広告で下半分に交通標語、防犯用語等が書かれた板もあります。

どういった業種か存じませんが、永続的に広告をうちたいのであれば、交通標識タイプがモアベターでしょう。
ちなみに私が自分でやっていたときは洗濯石鹸を提供し設置をお願いしてました。

Q6.6kv 高圧ケーブル 屋外配線方法について

屋外での高圧ケーブルの配線方法について教えて下さい。
屋外の同一敷地内で受電場所から離れた場所に、機械設備があります。受電場所からその設備へ高圧ケーブルで配線を行いますが、配線経路には配線を固定できる構築物はなく、また数年後に撤去する予定である事から、ケーブルは保護の為にFEP菅に入れ、地上を転がし配線しようと計画しています。内線規定を調べると、鉄筋コンクリート製の堅牢な開きょ又は、トラフにおさめ・・・とありますが、上記の様な配線方法は規定違反になるのでしょうか。

Aベストアンサー

電技156条で地上に施設する低圧又は高圧電線路は・・・・・
電線がケーブルである場合は、鉄筋コンクリート製の堅牢な開きょ又はコンクリート製のトラフに収め、かつ、開きょ又はトラフには取扱者以外の者が容易にあけることのできないような構造を有する鉄製又は鉄筋コンクリート製その他の堅牢なふたをもうけること。
と、記載されています。
FEP管は電工ナイフなどでも簡単に切断することが出来、とてもじゃないが堅牢な構造とは言えません。まして中に高圧ケーブルが入っているなら危険極まりないです。

FEP管を使用するなら、地中配電線路工事、いわゆる地中埋設になります。
あとは、電柱を建てて架空ケーブル工事。
当該電力会社か電気工事店か電気主任技術者に聞いた方が早いですね。


また、内線規程は民間規格で、電技設備基準の解釈をさらに具体化し補完したものです。
電技とは、通商産業省令の電気設備に関する技術基準を定める省令です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報