最新閲覧日:

出会いのサイトみたいなものではなく、彼と知り合いました。彼の情熱に押されて
2ヶ月くらいメール交換してます。最近では、私のほうが彼に夢中のような気がしてきました。
でも、メールでしか知らない彼は、本当のこと話してくれてるんでしょうか?
会いたいていわれてますが、やっぱり遊びじゃないかと疑う自分がいやになります。どうすれば本心がわかるものでしょうか?

A 回答 (8件)

私ももぅ半年ほど続いてるメル友がいるけど、会いたいけど会いたくない状態ですね。

メル友としてはいい感じなんだけど、実際会って本当にそうなのかイマイチ自信が持てないから、会おうとはしないんです。まぁ根拠の無い自信は捨てて客観的に見た方が自分の身のためだと思います。
ちなみに、私は1年前くらいに、1度だけメル友に会ったことがあるんですが、外見重視の私としては、つらかったです(^^;)いくらタイプじゃないからって、会ってすぐにって帰れないでしょう・・。絶望の方が大きくて、話がはずまなかったってゆー記憶が・・・(苦笑)
でもまぁ、私も下のshonanboyの意見に賛成ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、どうしてもどんな人かって自分の想像の中である程度、作り上げてるかもしれませんね。そうすると、会うとがっかりて言う確確率も高いですね。
でも、真実に目をそらさないでおこうと考え始めました。
勇気をもって現実を見ようと思ってます。

お礼日時:2001/04/29 06:24

信じる信じないは貴女次第ですよ


メールでのやりとりの内容を知りませんから
大丈夫ですとも駄目ですとも判断付きませんけど
疑いがあるなら止めておいた方が良いのではないですか?
無理して会っても良いこと無いですよ
本心なんかそうそう簡単に判るものではないですからね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪て寝込んでいて御礼遅くなりました。ありがとうございます。
勇気をもって一度あって自分の目で真実を確かめてみようと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/29 06:19

tiroさんの考え方で、1箇所だけ不可解な点があるので、そこを最初に指摘してから回答したいと思います。



「なぜ、出会い系サイトに足を踏み入れたのですか?」

そこで出会う人を信じてみたいから、足を踏み入れたのではないですか?
そうでないとしても、足を踏み入れた以上、出会う人を信じようと思っている自分がどこかにあるのではないですか?
それならば、tiroさんは彼のことを信用する態度を貫くべきではないでしょうか。

しかし、彼が本当のプロフィールを出しているか、というのは考えなくてはならないところですよね。
その確認の仕方は簡単です。やはり、会えば一目瞭然です。
もちろん、それが怖いのはわかります。そこで、その前段階というのがあると思います。
1.顔写真を送る
2.電話で話す
3.手紙を書く(手書き)
これで、顔・声がわかれば、少し安心できるんではないでしょうか。
そうやって徐々に近づくのも、また出会う楽しみでもあると思いますが。
ぜひ頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪て寝込んでいて御礼遅くなりました。ありがとうございます。
「なぜ、出会い系サイトに足を踏み入れたのですか?」 とありましたが、
くわしくはかけませんが、出会いサイトじゃないんです。とあるホームページの
書き込みて知り合ったんです。
だから最初は驚きました。それで、相手をお探しならほかでどうぞと何回も言ったんですが、相手の情熱についつい押されてここまで来てしまいました。
勇気をもって会って自分の気持ちを正直にぶつけてみようと思います。

お礼日時:2001/04/29 06:18

メル友って、会ってみないとわからない部分って、多いと思うんですね。


私は、何人か出会い系で知り合ったメル友と会いました。
メールで良い人だなって思ってても、会ってみると、思ってたイメージと全然違う事ってあります。
メールだけじゃ伝わらない部分、会って話してみてからわかることもあります。
「会いたい」って言われているんだったら、一度会ってみてはいかがですか?
それから判断しても良いんじゃないかな。
皆さんおっしゃってますけれど、会う=付き合うって言うわけじゃないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪で寝込んでて御礼遅くなりました。
「会う=付き合うって言うわけじゃないですから」
そのとおりだと思いました。
自分に正直になって、考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/29 06:12

そりゃ、メールで盛り上がれば盛り上がるほど


本当はどうなのかなって誰だって気になるよね

でも、本当ってなんだろう?
本心て何だとおもう? じゃ、遊びとは?
逢った日にHを求められると遊びとかそういう事かな?
それが例えば自分の方も逢った日に
この人に抱かれたいって思えば遊びになんないのかな

メールでも彼は彼のごく一部
でもそれは確かに彼そのものなのね

あなたの本心はどう?彼とお付き合いしたいの?
お付き合いするなら抱かれてもいいの?

ならばあなたの本心を彼に見てもらってはどう?
それで響けばあなたにとって
思ったとおりの人だったって事さぁ
何もアプローチすんのは男の人の方ばかりとは
限らないよん あなたが相手の心を読もうとしてる間は
向こうも同じかもよん

今は恋の入り口さぁ 嘘じゃないけど
全てじゃないことは忘れずに飛び込んでみるかな?

参考URL:http://musashi7.hoops.ne.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪で寝込んでて御礼遅くなりました。
ありがとうございます。
私、自分の本心彼に打ち明けてないと思います。もしだまされてたら思う壺だろうとか、余計なことばかり考えちゃって。身構えてたんですね。自然と・・・。
でも、私の本心見てもらうことにします。自分をされけ出さないと、相手もわかりませんね。

お礼日時:2001/04/29 06:10

こんばんは、erikawaです。

私はメル友2人と会った経験者です。

tiroさんと同じく2ヶ月くらいずつメール交換をしてから会いました。
初めて会う前は相手を“いい人だから会う”と思っている反面、やっぱり色々と
考えました。
疑う心も皆無だったとは言い切れません。そりゃ、今までそういう経験がなくて
たまにネット犯罪の記事を目にすると、不安や疑いもちょっとは出てきますよね。
下の方もおっしゃってるように「メル友と会う=恋人」じゃないと思います。

2ヶ月メールを続けて、tiroさんの心に響いた相手なら会ってみてはいかがですか?

「会う前に疑う心をなくせ」なんて言いません。
会ってみて、tiroさんの持っていたイメージと違うことだってあります。
とりあえず一度会ってみてから、判断してもいいんじゃないかな。

ちなみに私が会ったメル友。
1人は性別を気にしない友人で、1人は大切なパートナーとなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪で寝込んでて御礼遅くなりました。「心に響いた相手なら会ってみてはいかがですか? 」て書いていただきましたが、そのとおりなんです。
でもその反面、そんないい人簡単に知り合う分けないじゃないか?とも思うんです。
でも、一度会ってみてから判断しょうかな?
自分の目で確かめて見ます。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/29 06:05

場合によりけりですね。



最近新聞で見た事例では、
遠く離れたメル友が、命の危険を救ったとか、
自殺を阻止したとかいう、所謂「美談」も
あります。

逆に、詐欺まがいの事例もあるわけですから、
慎重になるに越したことはないと思いますが、
どんな形にしても、「出会い」は「出会い」です。

大切にしてみるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪で寝込んでて御礼遅くなりました。確かに、何がおこるか解らない恐怖感はあります。テレビでメル友に会いに行って殺されたとか聞くと、自分もだまされてるのでは?と考えたりします。
でも、メールではとてもいい人に思えて、今までこんな人にであったことない気がして・・・。心の中でドウドウ巡りです。

お礼日時:2001/04/29 06:01

気にしない方が良いと思いますよ。


メル友だから、信じられないって事は無いですよ。
自分の本心だって、メールだけで相手に伝わっているとは思ってないでしょ。
本心を確かめ合う事が出来るのは、メール?、会っている時?、
そういうこだわりよりも、素直な自分でいる方が、良いと思うけど。
メル友の利点もあるんですよ。
普段なら言わないような部分も、自然に相手に伝えている。
それから、メル友と会う=恋人関係って訳じゃないんだしさぁ。
もっと気楽に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪で寝込んでて御礼遅くなりました。「素直な自分でいる方が、良いと思うけど。 メル友の利点もあるんですよ。 普段なら言わないような部分も、自然に相手に伝えている。 」っておっしゃるとおりだと思いました。
自然体で行ってみようと思います。

お礼日時:2001/04/29 05:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ