『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

去年の5月頃、庭に目隠し様のキンモクセイを8本、業者さんに庭に植えてもらいました。
ところが今年の4月頃から急に半分近くの葉っぱが先端だけ茶色に変色しだして元気がありません。
葉っぱが丸くちじこまる感じで虫に喰われた後もそこらじゅうで見られます。
できればキレイに大きくなってほしいし花も付いてほしいんですが、去年はキレイに咲きいい匂いがしていたんですが・・・このまま木がダメになってしまいそうで心配しています。
どなたかこの状況から原因が判る方がいましたらどんな害虫が付いていてどんな対処をしたらいいか教えてください。
去年に比べると15cm程、伸びており葉っぱの数も普通にある状態だと思います。
ちなみに花壇も最近、なめくじが多くキンモクセイの木にも付いているのを夜に見かけましたが関係あるんでしょうか?
花壇の花もすぐに枯れてしまいますが花に付いている小さめのアリが関係あるのでしょうか?土の上や花にいつも数匹います。
できれば自分で対処していきたいし、小さい子どもがいるので極力、安全な方法を教えてください。
まるで無知なので質問ばかりで申し訳ありませんがお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

植栽をした業者は、どのような業種の方でしょうか。

造園業、植木屋、
外溝業者、建設業等の中に当てはまる業者がありますか。

専門職である造園屋や植木屋なら、キンモクセイをどのように植えれば
支障なく生育するかは知っています。例え問題が生じる時でも、何とか
して支障なく生育するように改善方法を考えます。
例えばキンモクセイは通気性が悪いと病害虫が発生しやすいので、依頼
者から目隠し用にと言われても、将来性の事を考えて植栽する間隔を考
えて植栽します。専門職以外では依頼された事を忠実に守り、樹木の事
等は考えずに植栽します。何処に依頼したのかが最も重要なのです。

質問の内容から考えると、蟻やナメクジのような害虫の仕業ではなく、
明らかに病気である事が分かります。
病名としては先葉枯病、炭疽病、ペスタロチア病等が有力です。

先葉枯病とペスラロチア病は症状が若干違いますが、総して糸状菌病と
扱われます。糸状菌とはカビの一種で、発生して間近なら有効な薬剤は
あります。しかし日数が経過すると初期段階で効いた薬剤が効かなくな
り、最終的には地上部と地下部の全てを撤去し、密封して処分しないと
他の樹木まで感染してしまう厄介で恐ろしい病気です。
初期段階ならダニコール1000、トップジンMゾル、トップジンM水
和剤、マンネブダイセンM水和剤等を1週間間隔で2~3回ほど散布を
します。今は効くか効かないかの境目の時期だろうと思います。

炭疽病もやはり糸状菌が原因で発生します。

ほとんどの原因が風通しが悪い事です。一番悪かったのは目隠し用にと
キンモクセイを選ばれた事で、目隠しは葉が生い茂らないと目隠しには
なりませんから、多分剪定は行われなかったはずです。とにかく風通し
が悪いと発生は高くなるので、大掛かりな剪定は行わなくても、整枝は
行うべきだったと思います。

発生してしまった以上は、薬剤散布をしなければ何も解決しません。
薬剤散布以外に手段はなく、子供が居るからと毛嫌いされていては枯れ
てしまうのを待つだけになります。枯れても糸状菌は生きているので、
枯れた樹木を放置しても他の元気な樹木に感染してキンモクセイと同じ
ように枯れてしまう事になります。
薬剤が乾けば子供を外に出しても構いません。多少は異臭が残りますが
乾けば人体に影響する事はありません。

今回の事はあなたには出来ないですね。キンモクセイを植栽した業者で
はなく、専門家である造園屋か植木屋さんに依頼して下さい。

子供が居るからと薬剤散布をせず放置をして枯れたとします。地上部と
地下部を全て撤去して処分しても、植えられてあった場所には糸状菌が
数多く潜んでいます。土壌殺菌をしないと何も植えられませんから、今
のうちに何とかしないと後で困る事になります。
あなたが出来る事と出来ない事があります。今回は出来ない事になりま
すから、早々に何とかしないと手遅れになりますよ。考え中でも症状は
進行しています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

分かりやすくありがとうございます。
造園屋に植えてもらったのですが一度連絡をしてみてプロにお願いする方向で考えます。

お礼日時:2011/06/05 14:05

写真を添付してみてください。

そうすれば、誰かが回答できます。

ナメクジは夜行性です。ナメトリンという専用の薬があります。

付近の鉢にも影響があるとのことで、もしかしたら貝殻虫かも・・
http://www.afftis.or.jp/kaigara/sugata.htm

カイガラムシの場合は、木を枯らします。
これには、スプラサイドなどけっこうきつい薬の散布が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
器に塩を入れて駆除していましたが今日、お店で駆除剤を買ってきます。

お礼日時:2011/06/05 14:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生垣のキンモクセイに虫!

生垣のキンモクセイにアオムシのような幼虫
(2mm~10mmくらいの大きさ)が無数に付いて、
新芽がことごとく枯れてしまいました。
葉に黒い点々としたもの(糞?)もたくさんついています。
新芽ではない葉は、虫によって枯れたものはあまり無いようです。
この虫はいったい何でしょうか?

また、市販の害虫駆除剤で対処可能でしょうか?
枯れた葉のついた枝は切ってしまっても構いませんか?

駆除後の防虫はどのようにしたら良いでしょうか?
(マシン油をかけると良いと聞いたのですが、それで大丈夫でしょうか?)

夫が仕事が手につかないほど悩んでいます。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

まず、現時点での対処法ですが、
園芸用の殺虫剤(水で希釈するタイプ、スミチオンや
マラソンなど)を噴霧器で噴霧してください。

噴霧器がない場合は、霧吹きタイプの殺虫剤も
あるので、そちらが手軽ですが、割高になるかもしれません。

虫食いの葉は、そのままでもかまいません。
美観上気になるのでしたら、切ってもよいです。
垣根ということなので、通常どおり切りそろえれば
それでいいんじゃないかと思います。

今後、虫を防ぐには、浸透性の殺虫剤(オルトランや
モスピラン)を噴霧すれば、2週間ほど効果が持続するようです。
その際、展着剤(ダイン)を加えると、葉への薬剤のつきがよくなります。

基本的には、虫が出たら殺虫という手順で、完全に予防することは困難です。
また、あまり殺虫剤を撒くと、益虫まで殺してしまうという欠点があります。

一番よいのは、箸やピンセットなどで一匹づつつまんで排除する方法です(捕殺)。

Qキンモクセイの病気ですか?虫ですか?

キンモクセイについて教えてください。
玄関先の南西のところにキンモクセイの鉢植えがあります。(高さ150センチくらい)
4月から4ヶ月程家を空けていて、
帰ってきたらキンモクセイの葉の根元から枝に画像のような白いふわふわしたものが付いていて
酷いところは枝がびっしり白いのに覆われていました。
これは病気なんでしょうか?虫なんでしょうか?
調べてもよくわからないので
教えてください。
あと、対処方もお願いします。

Aベストアンサー

>キンモクセイの病気ですか?虫ですか?
白いふわふわしたものが付いていて
酷いところは枝がびっしり白いのに覆われていました。
これは病気なんでしょうか?虫なんでしょうか?

    ↓
基本は、鉢の中で根詰まり(鉢を大きな物にする)や根腐れ(土壌改良と水のやり過ぎに注意)を起こしていないかどうか、基本は病害虫に負けない丈夫な樹木の成育です。
万一、薬剤で対応する場合は、園芸店やホームセンターで被害状況の写真や現物をビンに入れて相談し、用途用法のアドバイスに従って対応します。

◇ヒイラギワタムシだと思います。
枝や幹に白い綿のようなものが発生。アブラムシの一種。
樹勢を弱らせるほどに酷くは成らないと思いますが、点検時に割り箸やピンセットで除去し、改善されない場合には、オルトラン剤等で駆除する。

◇うどん粉病
チッソ肥料が多いと株が弱弱しくなり、白い粉を被ったように成るうどん粉病に罹りやすく成ります。
被害葉や枝の切除・剪定で対応しますが、被害が拡大する場合はトップジンMやベンレートで駆除します。

~参考記事~
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/049.htm

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%8B%E0%96%D8%8D%D2&index=log

>キンモクセイの病気ですか?虫ですか?
白いふわふわしたものが付いていて
酷いところは枝がびっしり白いのに覆われていました。
これは病気なんでしょうか?虫なんでしょうか?

    ↓
基本は、鉢の中で根詰まり(鉢を大きな物にする)や根腐れ(土壌改良と水のやり過ぎに注意)を起こしていないかどうか、基本は病害虫に負けない丈夫な樹木の成育です。
万一、薬剤で対応する場合は、園芸店やホームセンターで被害状況の写真や現物をビンに入れて相談し、用途用法のアドバイスに従って対応します。

◇ヒ...続きを読む

Q金木犀の病気と対策について

我が家の金木犀です。ご覧のように葉の色が悪く、枯れている部分もかなりあります。
元の元気な状態に戻したいのでこうなった原因と対策を教えて下さい。
(早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

Aベストアンサー

写真を見る限りでは「瀕死の重傷」です
もしかしたら、既に根は大やけどを負って枯死しているかもしれません
脅しではありません、本当のことです

>早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

そもそも、何故こんな事を思いついてしまったのでしょうね?


気温の高い季節は肥料をやってはいけないのです
人間だって残暑が厳しいころは夏バテ気味で、こってりとしたスタミナ食は
うんざりするでしょう?

そんな時に無理して食べても余計に体を壊しかねませんよね?
植物だって同じですよ

それに肥料をやったからと言って成長が早まるわけでもありません
逆に多肥栽培は病害虫に対する抵抗力を減退させます

特に油粕は、使い方を誤ると一気に植物を枯らしてしまいます

この金木犀に与えた油粕は発酵処理がされてない生油粕だったのでは
無いでしょうか?

未発酵の油粕は土に触れて水分を吸収すると摂氏60度以上の高熱を発して
発酵を始めますから、そこにある植物の根はひとたまりもなく大やけどを負います

まして残暑の厳しい8月末頃ともなれば無傷で済むことの方が奇跡です

もう少し前の段階で、せめて葉の数枚が萎れだして時点で
手をかけてやれば救う手だてもあったと思いますが…

今は、ほんの少しでも生き残っている根があることを祈って、この木が持っている
自然治癒力に賭けるしかありません

取り敢えず残っている油粕を取り除いて、肥料分を洗い流すように水をたっぷりと撒いて
暫らくそのまま様子を見ているより仕方がないですね

写真を見る限りでは「瀕死の重傷」です
もしかしたら、既に根は大やけどを負って枯死しているかもしれません
脅しではありません、本当のことです

>早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

そもそも、何故こんな事を思いついてしまったのでしょうね?


気温の高い季節は肥料をやってはいけないのです
人間だって残暑が厳しいころは夏バテ気味で、こってりとしたスタミナ食は
うんざりするでしょう?

そんな時に無理して食べても余計に体を壊しかねませんよね?
植物だって同...続きを読む

Q金木犀の葉が枯れだした

4年前入籍届けを出したとき、役所で記念樹として金木犀をもらいました。アパートなのでベランダで植木鉢に入れて育てています。高さは50~60cmぐらいまで成長しましたが、去年あたりから下の方の葉先から徐々に枯れだして、今は去年出た葉のみが残っていて、その葉も葉先から徐々に枯れだしています。新芽についても先が茶色になっていて木そのものが枯れてしまうのではないかと心配です。何か対策はありますか?4月から一軒家に越す予定で、庭に植え替える予定です。

Aベストアンサー

原因としては次のことが考えられます。
1)鉢植えで4年も経過しているので鉢が小さくて酸欠状態になっている。もしくは乾燥しすぎた。
2)根元に芯喰い虫等が入っている。
3)冬の寒風でやられた。(弱っているとやられやすい)

対策
1)鉢から抜いてみて1)の状態でしたら大きめの鉢に植え替える。
2)虫が入っているようでしたら細い針金で中の虫を捕りだし孔を削った木などで塞ぐ。
3)枝の幹を削ってみて樹皮が赤茶けているようでしたらその部分から上を切り取り、生きている部分まで少しづつ切り取り剪定してします。

いずれにしろ、キンモクセイは、常緑樹なので新芽の出る季節には多少古い葉っぱが落葉します。新芽が新緑に変わる頃には大部分落ちることがありますので心配はいらないでしょう。
葉が幹に着いたまま枯れているようでしただいぶ木が弱っていることになりますので早急に対策を講じてください。(枯れている部分を剪定する)
キンモクセイは葉が大きいので鉢植えの場合いはすぐに乾燥しやすいので潅水はまめにする方がよいと思います。早く地植えしてあげてください。

原因としては次のことが考えられます。
1)鉢植えで4年も経過しているので鉢が小さくて酸欠状態になっている。もしくは乾燥しすぎた。
2)根元に芯喰い虫等が入っている。
3)冬の寒風でやられた。(弱っているとやられやすい)

対策
1)鉢から抜いてみて1)の状態でしたら大きめの鉢に植え替える。
2)虫が入っているようでしたら細い針金で中の虫を捕りだし孔を削った木などで塞ぐ。
3)枝の幹を削ってみて樹皮が赤茶けているようでしたらその部分から上を切り取り、生きている部分まで少しづ...続きを読む

Qヒイラギモクセイの防虫対策

生垣にヒイラギモクセイを植えて5年がたちますが、毎年今の時期に葉虫(?)に新芽を食われて、生垣になっていません(すかすか状態)。今年こそは防虫噴霧で虫対策したいのですが、どんな薬剤がよいか誰かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

害虫を特定して、適合する薬剤を散布すべきですがスミチオン乳剤マラソン等が多くの害虫防除に適合します。通常1000~2000倍に希釈して使用しますが10倍~50倍或いは500~800倍で使用する場合も有りますが、直接散布や薬剤耐性が有る場合以外は樹木に薬害が出ますので1000~2000倍で使用して様子を見てください。なお、大樹全体を散布するのでなければキンチョール園芸用または、一時しのぎにハエ、蚊用のスプレー、ゴキブリ用でも特に問題は有りません。一部の草花に近距離で大量に散布した場合低温障害を起こす物も有るかも知れませんが殆ど樹木には問題ありません。

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qヒイラギの害虫駆除

ヒイラギの生垣(長さ約8m、樹高140~150cm)に昨年のこの時期からヘリグロテントウノミハムシが大発生し、新芽のほとんどが被害を受けました。
今年もそろそろ成虫がちらほら出始めています。被害にあった新芽の摘み取りを考えると、気が遠くなります。もっと早い時期に予防策を講じれば良かったのでしょうが、これからで、最も効果的な予防・駆除対策はどんな方法でしょうか。株元への浸透移行性および、葉面散布タイプの2本立てが良いのでしょうか。どんな薬剤が良いでしょうか。どうぞよろしく。

Aベストアンサー

 わたしの経験上から薬剤散布での駆除は一時的で解決にはならないと思いますよ。
 あくまでも予防が大事です。 つまり健全な樹木を育てる努力をすることです。
そこで質問。
*肥料はやっていますか
*適度に剪定・枝すかしはしていますか
*下草の除草は適度にやっていますか
 害虫は健全な植物にはつきません。 風通しが悪く本来育っている環境とは異なる育て方をしていると木は弱くなります。
 その樹力が衰えたところを見つけて虫は寄ってきます。

<対策>
1.目隠しの為の生垣という発想を取り払ってヒイラギ本来の樹姿がみえるように枝透かし・剪定をしましょう。

2.下草の除草をしてのち完熟腐葉土を10cm程度、ヒイラギの根元に敷き詰めましょう。  ところどころに肥料もいれましょう。

3.以上完了後は竹酢液か木酢液を全体に規定倍率で散布します。
 この散布を定期的に行いましょう。  この作業を2.3年繰り返してください。 どんな植物も大事に手入れしているうちに被害は少なくなるはずです。(我が家はほとんどこの方法でチャドクガをはじめ一切の害虫が大量発生するのを防いでいます。多少の発生は自然ですので無視?します。)
 あなたはやはり薬剤ですか?
 

 わたしの経験上から薬剤散布での駆除は一時的で解決にはならないと思いますよ。
 あくまでも予防が大事です。 つまり健全な樹木を育てる努力をすることです。
そこで質問。
*肥料はやっていますか
*適度に剪定・枝すかしはしていますか
*下草の除草は適度にやっていますか
 害虫は健全な植物にはつきません。 風通しが悪く本来育っている環境とは異なる育て方をしていると木は弱くなります。
 その樹力が衰えたところを見つけて虫は寄ってきます。

<対策>
1.目隠しの為の生垣という発想を...続きを読む

Qキンモクセイにつく毛虫とチャヂクガ・イラガについて

毛虫のことで2つ質問があります。

ひとつめは
現在、玄関先のキンモクセイが毛虫にやられてしまってます・・・。
チャドクガやイラガの糞よりも大きめの毛虫の糞が地面に落ちているのですが、
木が高いため毛虫を目視で発見することができませんでした。
(直径3ミリぐらいの大きさの糞)
この時期にキンモクセイに発生する毛虫に心当がある方、
毛虫の種類と駆除に適した殺虫剤などご存知でしたら教えてください。

ふたつめは
庭の木にチャドクガとイラガ(ヒロヘリアオイラガ)が
それぞれ発生したのですが(今回はすでに駆除済み)、
チャドクガ・イラガ双方に効果のあるおすすめ殺虫剤はありますか?

Aベストアンサー

有機リン剤と合成ピレスロイド剤が良く効きます。最初に有機リン剤を散布して効かなければ合ピレ剤を散布してください。ただし有機リン剤は毒性が強いものが多いですから多少高価にはなりますが合ピレ剤のトレボン乳剤を散布した方がいいかと思います。植木の農薬散布は多量の農薬を浴びることがありますから充分防護して散布してください。
3月頃石灰硫黄合剤を散布すると発生が少なくなります。

Q金木犀なのですが、葉っぱを食べられて困っています。

庭の金木犀なのですが、気がついたら虫食いの葉っぱが多くなっていました。
自分で見た範囲では、毛虫なども付いている様に見えません。
ただ、少しずつ被害が大きくなっている気がしますので、早く何とかしたいと思っています。

どのような虫なのか、添付の写真でお分かりになりますでしょうか?
また、駆除をするための方法を教えていただけると、本当に助かります。

困っています。教えてください!!

Aベストアンサー

おそらく、カナブンだと思います。
今の暑い季節はあまり毛虫などはいません。
今の季節に硬い金木犀の葉を食べるのはカナブンだと思ってよいでしょう。

駆除方法としては、スミチオン、マラソン剤、ベニカS、などの一般的な殺虫剤を噴霧すれば葉を食べなくなりますし、葉についていたら死滅してしまいます。

我が家もカナブンに「梅もどき」と「ヒメシャラ」が毎年食われますので駆除しました。
我が家は葉っぱに何匹もついていたのでまちがいないです。

もしかしたらクワガタ虫かもしれませんが駆除方法は同じです。
殺虫剤の使い方がわからなかったら補足などでご質問ください。

Qキンモクセイを生き返らせるには

2か月くらい前から葉っぱが枯れてきたので、1週間前に80センチくらいキンモクセイの土を入れ替えました。

高さ50センチ直径45センチくらいの円のプランターで育てています。 今まではかなり粘土質の土で今回は野菜や花をそのまま植えれるという万能型の安い培養土25リットル400円くらいです。

そうしたら4日くらい前から、枝の先端の新芽のような若葉がこげ茶のようになりポロポロ枯れてしまっています。

植え替えてから1週間は東向きのベランダに置いていて、朝から11時くらいまでは日に当たっていました。

今日から家の中に入れています。
水は植え替えた時とあと2回くらいちょっとやりました。 

今後の私がとるべき行動はどのようなことでしょうか?

Aベストアンサー

一番初めに葉が枯れた原因は何だったのでしょうね。
病気だったのかもしれませんよ。

先葉枯病
http://www.jugemusha.com/byouki-b-sakihagarebyou.htm

炭疽病(キンモクセイの葉ではありませんが、キンモクセイもかかります)
http://www.k-tk.co.jp/navi/hanten/hisakaki_tanso.html

病気の枯れ方だったのなら、トップジンM水和剤やベンレート水和剤などの殺菌剤をご使用ください。

他に、日当たりが悪かったからかもしれません。
うちは日当たりが良い所に地植えなのですが、枝が込み合うとすぐにポロポロ落としていきます。

植え替えたのは根詰まりだと思ったからですよね。
根詰まりしていたのであればそれで良かったのと思うのですが、
根が不足すると枝先から順に水が行き届かなくなりますので、
根と地上部分のバランスが崩れてしまっている状態に思えます。

まだ植え替えてから1週間なのでしたら、根の回復には時間が掛かりますので、
もうしばらく耐えてもらってください。
葉を減らせばマシにはなりますから、剪定しても良いでしょうね。

焦ってすぐ行動に移すより、時間をかけてじっくり観察しながら
すべき事を考えてあげてくださいね。
キンモクセイはわがままな所もありますのでもろい様に感じますが、
結構強くて葉が全てなくなっても立ち直れますので。(翌年になりますけど)

一番初めに葉が枯れた原因は何だったのでしょうね。
病気だったのかもしれませんよ。

先葉枯病
http://www.jugemusha.com/byouki-b-sakihagarebyou.htm

炭疽病(キンモクセイの葉ではありませんが、キンモクセイもかかります)
http://www.k-tk.co.jp/navi/hanten/hisakaki_tanso.html

病気の枯れ方だったのなら、トップジンM水和剤やベンレート水和剤などの殺菌剤をご使用ください。

他に、日当たりが悪かったからかもしれません。
うちは日当たりが良い所に地植えなのですが、枝が込み合うとすぐにポロポロ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング