発足して間もないNMB48ですが、リーダーで一番人気の山本彩さんのライバルはAKB48前田敦子さんだそうです。AKB48のトップだから、それに追いつき追い越したい一心でレッスンなど励んでいるそうですが、前田敦子さんをライバルにする理由は何があるのでしょうか?
できれば詳細な解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

nagoya_tomato さんこんにちは。

彩ちゃんのことですが、僕は自然な心理だと思っていますヨ。

 例えば、オスカープロモーションの若手タレント/女優さんに目標とする人の名前を挙げてもらうと、同じ事務所の先輩の名前が良く出てきます。米倉涼子さんとか、上戸彩さんとか。ホリプロしかり、スターダストしかり。
お芝居専門とも歌メインとも方向がはっきり定まっていない出始めの頃に、いきなり他のプロダクションのベテランさんを持ち出す子ってあんまりいないんです。
(例えばシンガーソングライターなど、方向性がはっきり見えている人の場合は、この限りではありません)
僕は、こういうのは"視野が狭い"のではなくて人間の心理として普通だと思っているんです。
やっぱり、業界の先輩の中でも身近な人、身内みたいな人っていうのは、自分自身がその人のことをある程度よく知っているから名前を持ち出しやすい。それにある意味"身内"ですから駆け出しの者が名前を挙げる際に遠慮しなくていいと言いましょうか、気兼ねしなくていいと思うんですね。

 で、翻って彩ちゃんの件ですが、必ずしも彼女の目標とするタイプが今のあっちゃんと被るというわけではないと思うんです。必ずしもあっちゃんと同じタイプの芸能人になりたいというわけじゃないんだね。
彩ちゃんはまだ出たてだから、具体的にこんなタイプの芸能人になりたい、こういう活動をしたいという確固たる方向性は見えてないと思うんです。
なんたって、NMB48はまさにスタートしたばかりのグループだから、当面はこれを軌道に乗せて大阪・なんばを賑わせていかないといけないわけよね。
そうなると、AKBグループの”新参者"であるNMBのキャプテンとしては、大先輩のAKBのオリメンでありメイン看板のあっちゃんの名前を”当面の目標”として出すというのは、とても分かりやすいし、自然なことだと思うのです。(^^

 これがね、AKBグループとは関係ない、もっと外の世界の人の名前が目標として出てくるようになったら、その時は彩ちゃんが一段成長したということです。ハイ。(^^v
あるいは、彩ちゃんの目指す路がもっと具体的に定まってきた時、その道の先にあっちゃんが走っていてね、本当にあっちゃんが目標となる可能性もありますけどね。(^^v

 以上まとめますと、女優志望のあっちゃんが彩ちゃんの目標とする芸能人のタイプであるのではなくて、
NMBを発進・加速させていくためにどうしてもお手本としたい人、意識せざるを得ない人、それがあちゃんなんでしょう。
たかみなじゃなくて、絶対的エースのあっちゃんだというところがいいですね。

 ☆余談ですが、AKBの主力メンバー達は系列内に目標とする背中がありません。したがって、おのずと外の世界にそれを求めるようになるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答ありがとうございます。NMBのキャプテンで一番人気の彩ちゃんにとって、AKB一番のあっちゃんをライバルにするのは自然なことだと思います。彩ちゃんの特性とあっちゃんの特性は違うかもしれませんが、まずはあっちゃんを目標にして頑張ってほしいと思います。

お礼日時:2011/06/06 00:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKB48大島優子はなぜ前田敦子よに人気があるの?

AKB48総選挙で大島優子が1位で前田敦子が2位になっています。AKB48のメインは前田敦子だと思いますが、大島優子が人気があります。一般的に、総選挙はCDを100枚以上買って投票権を大量確保する男性ファンが多いと上位に行く傾向があるので、女性ファン主体の板野友美が不利になるのは分かります。前田敦子が上位なのは理解できますが、大島優子が1位なのがいまいち理解できません。
どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

 もうすぐ50歳の男性です。AKBのメンバーはよくテレビでお見かけする人たちしかし知りませんが、私個人の意見としまして、大島優子さんはよくバラエティ番組に出てるイメージがあって万人に受ける感じがします。一方前田敦子さんはドラマや映画に出演されていて、女優さんのイメージが強い気がします。たまにバラエティ番組にも出てますが、あんまり面白いコメントも言わず、前へ出るタイプじゃないですね。万人に受ける大島優子さんか、マニアに受ける前田敦子さんかの違いだと思います。将来は大島優子さんはマルチタレント、前田敦子さんは女優で行くんじゃないでしょうか。まあ両方とも素敵な女性ですけど・・・

QAKB48の前田敦子はAV女優になるのですか?

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

ならないと思います。
このまま廃れて忘れられた頃、嫁に行くんじゃないでしょうか?
その頃じゃ元AKBセンターと言っても売れないでしょうしw

QAKB48の前田敦子について

AKB48の前田敦子について


あっちゃんってなんであんなに人気なのでしょう?
まわりの友達もあっちゃんファンがたくさんいるのですが
実際なんで人気があるのかわかりません。

確かに可愛いと思うけど、ダンスもそこまでうまくないし
演技もまだまだだと思うんです。
それにAKBのなかでは地味っていうか目立たなそうだな…
ッて思うんです。

なんで彼女がAKBのメインなんでしょうか?

注:あっちゃんの中傷などではありません。
  ただ単に、もっと可愛い子がいるのにな。と思っただけです…。

Aベストアンサー

 AKBファンの間で、好きなメンバーのことを「推し」あるいは「推しメン」と呼んでいますが、それは、かなりバラついています。
 職場の同僚の間でも、AKBは人気が上昇してきましたが、「推しメン」となると、私の親しい同僚のAさんは篠田麻里子さん、私は北原里英さんと、違っています。
 また、AKBの公式携帯サイト(有料で、315円/月の使用料金がかかりますが)の「モバイルBBS」への、ファンの方々の書き込みを読んでも、それぞれの「推しメン」は、さまざまです。
 雑誌グラビアなどでは、どうしても特定のメンバーが大きく取り上げられることが多いため、そのメンバーが人気が高いように思われますが、実際には違うようです。
 私も、6月に開催された「握手会」に行きましたが、このときは、前田敦子さんは参加されていませんでした。参加メンバーの中で、人気が高かったのは、総選挙で1位となった大島優子さん、女性ファンも多いと言われている板野友美さんでした。
 質問者の方が「もっと可愛い子がいるのにな」と思われるのは、私も、他のファンの方も同感と思います。
 なお、私の職場の同僚の間では、AKB人気は、私(50歳)と年齢の近い40代後半以上に人気が高く、30代には意外と不人気です。なお、現在のところ20代の同僚はいません。

 AKBファンの間で、好きなメンバーのことを「推し」あるいは「推しメン」と呼んでいますが、それは、かなりバラついています。
 職場の同僚の間でも、AKBは人気が上昇してきましたが、「推しメン」となると、私の親しい同僚のAさんは篠田麻里子さん、私は北原里英さんと、違っています。
 また、AKBの公式携帯サイト(有料で、315円/月の使用料金がかかりますが)の「モバイルBBS」への、ファンの方々の書き込みを読んでも、それぞれの「推しメン」は、さまざまです。
 雑誌グラビアなどでは...続きを読む

QAKB48前田敦子さんの髪形

こんにちは。
宜しくお願いします。

Q10を見てから、あっちゃんカワイイなぁ♪と思い、
ブログをチェックするようになりました。

この前のブログ↓に、ヘアスタイルの話しが出てて疑問です
http://ameblo.jp/atsuko-maeda/entry-10743601665.html#main

あっちゃんは、エクステを付けたからセミロングになったのですか?

Q10の撮影終了後の髪から、ここまですぐには伸びないと思うので・・・

どなたかご存知の方、教えて下さい

Aベストアンサー

今回がどうかはわかりませんが

以前、テレビ番組で行きつけのエクステの店でのロケがあり
エクステつけた直後、ポニーテールすると痛い(ポニーテールとシュシュのころ)
という話など、、日常的にエクステを使っているような話があったので
今回もそうだろうと思います

QAKB48前田敦子もしどらについて

前田敦子が映画初主演って言ってるんですが、前田敦子が人気あるから、映画をやるんでしょうか。
それともドラマをやって、演技がうまかったから、やるんでしょうか。ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、略して”もしドラ”は原作者が元AKB48アシスタントプロデューサーの岩崎夏海さんです。
秋元康さんのいわばお弟子さんのようなポジションからスタートし、後には有力なビジネスパートナーとなられた方です。AKBの立ち上げから二年間、秋元さんの片腕となって頑張っていらっしゃいました。
また、この作品の主人公はみぃちゃんこと峯岸みなみさんがモチーフになっていると言われています。
これらのことにより、”もしドラ”を実写映像化するにあたっては、まずAKBのメンバーを起用するというのはデフォルト、初期値なんです。

 で、誰を中心に持ってくるかということになると、やっぱり経験値の高さと知名度であっちゃん以外には考えられないんでしょうね。
あっちゃんは民放ドラマでの主演に加え、NHK大河ドラマにもレギュラー出演しましたから知名度は抜群です。
演技力は、必ずしも正規メンバー全体の中で秀でているとは思いませんが、やっぱり場数を踏んでいるだけあってとっぴな設定でなければまあ無難にこなしていると感じます。
彼女以外のメンバーとなると、誰にしてもドラマ出演の経験が浅いです。だから冒険の度合いが強くなってしまいます。
年齢を考えると、彼女よりも上のメンバーを指名するわけにもいかず(役と実際の年齢がかけ離れてしまう)、かと言って現役高校生メンバーとなると今度は集客力の点で大いに不安です。

 そうですね、素人の無責任な発言ですが、僕は渡辺麻友さんでやってもおもしろかったような気がします。
ただ、ビジネスとして成功するかというと・・・。興行収入のことを考えると、やっぱりコアなファン以外の人にも劇場に足を運んでいただきたいですからね。

 ぶっちゃけ、原作者がAKBの関係者(元関係者)でなかったら、主演もAKBとは無関係な女優さんになったことでしょう。
志田未来さんとか、夏帆さんとか、林海荷さんとか、相応な年齢の人材はいろいろいますから。

 こんばんは。

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、略して”もしドラ”は原作者が元AKB48アシスタントプロデューサーの岩崎夏海さんです。
秋元康さんのいわばお弟子さんのようなポジションからスタートし、後には有力なビジネスパートナーとなられた方です。AKBの立ち上げから二年間、秋元さんの片腕となって頑張っていらっしゃいました。
また、この作品の主人公はみぃちゃんこと峯岸みなみさんがモチーフになっていると言われています。
これらのことによ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報