子供たちが病んでる。それは学校が病んでるせいだ。学校の病が、子供達を、突発的な暴力に、あるいは自閉症的な内向においやっているのだ。ほとんど毎日のようにこの種の紋切り型ほどいらだたしいものはないです。それとともに語られる「学校のあるべき姿」というのも、ほとんど時代遅れのステレオタイプの反復にすぎず、

そもそも、「あるべき姿の学校」などというものは歴史上いつどこに存在したというのだろうか。私達の考えるような学校というものは最初から大変な無理をかかえこんだものではなかったのか?今この時代が経験しつつあるのは、学校の病である以上に、学校という病のひきおこした末期症状なのではあるまいか?

学校は大変な無理をかかえこんでいました。現在その無理をささえることが、できない状態です。学級崩壊を、先生、生徒のせいなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

崩壊している学級というのは例外なく問題教師のいた学級でした。


特に「悪いことは悪い」「ダメなことはダメ」ということをきっちり言えない、
言ってもけじめをつけさせることが出来ない、人間として自分を確立出来てない
教師のクラスが荒れていました。昔は体罰があまり問題になってなかったので、
してはいけない事をした生徒には尻を叩いたり頬をつねるぐらいのことはして
いました。それが加減のわからないバカ教師が出てきたり、目的を履き違えたり
(教育と自分の欲求不満とを)したりして社会問題化し、体罰を受けた本人も親御
も納得しているのに教師が処分されてしまったりと、指導力のある教師も変に抑圧
されてしまい、悪循環です。

ですから先生、生徒とで言うと、先生が悪いという言い方になるでしょう。しかし、
先ほどの体罰の例にもあるとおり問題教師がまともな教師の足を引っ張ったという
結果もありますので、教師全体を一まとめにして悪いという言い方は出来ません。

生徒のほうですが、人間というのは昔から勝手なもんですから、そもそもそれを
躾るのが教育というものでしょう。まあ、教師ばかりが躾るわけではありませんが。

ちゃんと自己を確立した上で教育の技術を身に付けた教師、
とりあえず学級崩壊はこれですね。

しかし制度にも無理があるのはいえてます。その一つとして6334制はもともと
アメリカが日本の国力を割くために押し付けた制度ですから、戦前みたいに(内容
までとは言ってませんよ)6533制にすれば成人前に「何をしたいかわからない」
と言う今のフリーターみたいなのはぐっと減るでしょうし、信念のある者が教育者
の道を選んでくれるでしょう。
    • good
    • 0

近代に成立した公教育制度がここにきてどうもおかしいぞと認識され始めたのは事実でしょう.たぶん古くなったんだと思います.「時代遅れのステレオタイプの反復」という表現は当たっていると思います.



公教育制度はもともと制度上の無理を抱えたシステムだったようです.制度上の無理というのは単に偏差値とか管理教育というのではなく,もっと根本的に,多様な人間を集団にまとめて「ひとつ」と見るということです.それは戦後,日本が復興から高度成長を歩むみちのりではとても有効なシステムだったのでしょうが,成熟社会と言われる今日,果たしてそれは必要なものなのだろうか?という疑問の声が内外からたくさん挙がっています(公教育制度への疑問は日本だけの問題ではないようです).たとえばイヴァン・イリイチの「脱学校化」の話は有名です.イリイチは,近代の公教育制度が人間の制度依存の姿勢(学校化)を作っているとしてこれを批判しました.他に論者としてはアルセチュール(国家とイデオロギー)やフーコー(監獄の誕生)もいます.

これは近代学校制度の矛盾が現れているというひとつの見方です.それはあるいは他の御三方がおっしゃるようなことも十分に考えうることであり,制度だけに原因を帰することは出来ないでしょう.就学前教育や社会全体を覆うニヒリスティックな空気,また人間のコミュニケーションの問題…これは私はいずれも極めて現代的な問題であり現代という文脈において解釈されるのは正しいことのように思えます.

ちなみにchoko73さんの高校では学級崩壊はありえないという言葉に少しだけ疑問の声を挙げさせてください.まず,高校は少なくとも現在においては学びたい人が集ってると言うのは誤認です.「なんとなく」というのが大半の進学理由です(これは大学でもいえることですが).ついでに言うと実は数年前まで高校生だった者としては,「ありえない」というより,現在の高校で授業が成り立っているのかさえ疑問です.寝てたり,受験勉強してたり,話していたり…崩壊の前に不成立しているというのが正しいと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度の教育のスローガンは、ゆとりと自主性です。多様な人間を集団にまとめて「ひとつ」と見るということで成り立つ近代教育の中で、ゆとり、自主性は近代教育と共存できるのか。非常に興味深いです。それとも、近代教育を突き破り新しい形の教育のありかたが出てくるのか楽しみです。

神戸大震災の時、大人が学校に避難して、それでも学校が運営されてたのをみて、先生は独りよがりになれなくて、生徒は居心地が悪い。先生と生徒の閉じた純粋な空間でなく、なにか雑多な路地を想像させる空間だと思います。その中から、新しい可能性が出てくると思いましたが、そうではありませんでした。

お礼日時:2001/04/25 23:07

私の学生時代は、先生が生徒を殴ったりするのはあたりまえでした。

生徒も悪い事をしているので、(殴られる理由がわかっているので)反抗する人間なんていませんでした。ある意味、今の日本は、国民全て中流階級で、生まれてから苦労する事が無い(特に金銭面で)事が、影響していると思います。そして、小さい頃から怒られない、(例えば昔でいえば、ご飯粒1つ残しただけでも怒られましたからね)で育ってきている為、我慢するといった事に欠けている性格のまま大きくなってしまう。といった事もあると思います。「三つ子の魂百まで」のとおり、学校へ行き始めてからでは治らない性格が形成されてしまっていると思います。 暴走族にしても我々の代は確かに暴走はしていたし、族同士の争いはありましたが、一般人に危害を加えるなんて事はありませんでしたし、ある年代になるとまっとうな人間になりましたからね。 ストレスがある子供が多いそうですが、私は我慢するという事ができない子供が多いと解釈しています。 時代を超えて考えると、今の子供達は大半が私から見れば金持ちの子供です。で、金持ちの子供はどうだったかというと、昔は買いたい放題・やりたい放題でした。貧乏だった日本に戻って欲しいとは思いませんが、たぶんワガママな子供は決して減ることなく増えつづけると思います。せめて人に対する思いやりだけは忘れないで欲しいし、これから親になる方も、子供に不自由させないのは悪い事ではありませんが、他人に対する思いやりはちゃんと教えて欲しいものです。
    • good
    • 0

こう言う問題はさも現代の社会問題のように思われ勝ちですが、何も今に始まった事ではありません。



マスコミはよく名前をつけてidentifyしてさも現在に始まった問題のように取り上げます。
その例が「セクハラ」「援助交際」「ひきこもり」「いじめ」「不登校」「切れる」…。

でもそんな事は何十年も前から当たり前のように起こっていた事なんです。
ここに気付いていない人が実に多い事に驚かされますね。
まずは「学級崩壊」という言葉に振り回されない事ですね。

いつの時代にも教育と言う問題には難しい問題がいっぱい詰まっています。
それを時代の性にして問題のすり替えをするのはどうかと思います。

簡単に答えは出ないでしょう。難しい問題なのですから。
ただ言えるのは生徒も先生も人間です。「心のつながり」、それがヒントでしょう。
    • good
    • 0

私の中での結論から言うと、原因は学校、生徒、親、生徒をとりまく社会的環境すべてに何らかの原因があると言わざるを得ません。


学校のあるべき姿とは、時代によって変わるものではないでしょうか?最低限言える事は、学級崩壊は基本的に中学校くらいまでしか起こらないものなのです。
高校以上は学びたい人が集ってるわけですから、崩壊など起こらないはずなのです。(学校の方針に合わない生徒は、退学させることも可能なので)
質問の答えにならなかったかもしれませんね。意見のひとつと思ってください。
一言では言えないのが現状だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教師と保護者の恋愛(共に独身)

私の先輩の女性教員が,バツイチの保護者とどうも恋愛関係になるかもしれない雰囲気です。(つき合ってはいない模様です。)
女性教員は30代独身,一度も結婚したことはないそうです。飾り気がない実直な優しいキャラで,恋愛には非常に奥手そうなのですが・・
保護者はバツイチで男手一人で娘さんを養育しています。

で,私が心配しているのは
・例え独身同士でも,保護者と教師の恋愛は許されるのか
・女性教員が処分されるようなことはあり得るのか
 あり得るしたら,どこからが×でどこまではセーフか
(・つき合っていなくても,「好きらしい」と噂になった→×?
 ・つき合っていることがばれた →×?)

先輩はまじめで優しい,良い先生なので,首になったりそこまではいかなくても,処分されて不名誉をかぶったりすることが心配なんです。

ちなみに,本校は過疎地域の小規模校です。つき合っていることを隠すのはほぼ不可能ですし,もしかすると恋心を抱いていることもばれるかもと思います。
客観的なご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

似たような状況の友達がいました。
男性教員(友達・独身)と自分の担任している子の保護者(バツ1)です。友達が他校に転任したあと、前の学校の行事に呼ばれた際に顔を合わせ連絡先を交換するようになり、付き合いました。

結果、別れました。
本人はあまり恋愛経験もなく、なんと言うかのめりこむ感じで結婚するつもりのようでしたが、親の反対(父親が元教師)などに合い、いろいろもめた結果あきらめたようです。

どちらも独身なら法的に問題はないし、処罰の対象にはならないとおもいます。が、同じ学校にいる間は「付き合う」ことはやめたほうがいいでしょう。職務上、いかに健全なお付き合いでも周囲は首をかしげるでしょうし、何より相手のお子さんへの影響が大きいです。子どもに自分の親と教師が付き合っているなどと噂になればどうなるかは想像できますよね。
本人たち同士が熱くなりすぎると周りがどういってもなかなか聞き入れるものではありません。冷静に付き合った後の影響を諭し、最低限、他校へ移ってからお付き合いをすすめたほうがいいと思います。それでも世間は狭いので、1度付き合ってしまえば、どこにいっても「保護者と関係をもった人」というレッテルはずっと貼られますのでその覚悟が必要かと。

似たような状況の友達がいました。
男性教員(友達・独身)と自分の担任している子の保護者(バツ1)です。友達が他校に転任したあと、前の学校の行事に呼ばれた際に顔を合わせ連絡先を交換するようになり、付き合いました。

結果、別れました。
本人はあまり恋愛経験もなく、なんと言うかのめりこむ感じで結婚するつもりのようでしたが、親の反対(父親が元教師)などに合い、いろいろもめた結果あきらめたようです。

どちらも独身なら法的に問題はないし、処罰の対象にはならないとおもいます。が、同...続きを読む

Q現代において科学、宗教のあるべきすがたって?

何度も同じような質問をしてしまい大変恐縮です。以前の質問についてのお答えはみな大変勉強になりました。もう少し推し進めて、現代において、広い意味での宗教(哲学的な意味での)と科学のあるべき姿はどのようなかたちであるとお考えでしょうか?(この二つが接する部分で)←うまく言えないんですが。。。
ご貢献を賜れば幸いです。以前、ご回答してくださった皆様本当に有難うございました。

Aベストアンサー

「現代において、広い意味での宗教(哲学的な意味での)と科学のあるべき姿はどのようなかたちであるとお考えでしょうか?(この二つが接する部分で)」

ここで言う宗教は特定の宗教などではなく精神的な倫理観や価値観、道徳などであると考えて、読んでいただけると幸いです^^

科学と宗教の関係は、宗教が科学の始まりであり、人間が科学を推し進める原動力である。
そしてどこまでも推し進めていく科学にブレーキをかけるのもまた宗教である。

というのが理想な関係なんではないでしょうか?

ここでいう宗教は権力者による統治の道具である宗教ではなく、未知なる物への畏怖、または人間の想像力、
未知なる世界への安心を得るための一つの作り出された答え。
そういったものをより確かなものにしたいがために科学が進歩した、と言えるのではないでしょうか?
それは宗教を信じてその世界を確かめたいがために進歩したものもあれば、宗教という不確かなものへの反発が反証するという目的を持ち科学を進歩させる。

しかしそのうち目的と手段が入れ替わり、進歩させること自体が目的と変わり、進歩の結果がなにを我々に与えようが、お構いなしに進歩させつづける。これを止めることが出来るのが、宗教ではないでしょうか。

原動力とブレーキ、これが私の出した答えです^^

「現代において、広い意味での宗教(哲学的な意味での)と科学のあるべき姿はどのようなかたちであるとお考えでしょうか?(この二つが接する部分で)」

ここで言う宗教は特定の宗教などではなく精神的な倫理観や価値観、道徳などであると考えて、読んでいただけると幸いです^^

科学と宗教の関係は、宗教が科学の始まりであり、人間が科学を推し進める原動力である。
そしてどこまでも推し進めていく科学にブレーキをかけるのもまた宗教である。

というのが理想な関係なんではないでしょうか?

ここで...続きを読む

Q教師と生徒の恋愛って...

『教師と生徒の恋愛』は色々問題になるみたいですが、
『教師と元生徒の恋愛』はどうなんでしょうか。

私は先日中学校を卒業した高校1年生で、
中学に通っていた頃から同じ学年の先生に想いを寄せています。
在学中は自分の気持ちを押さえて、気軽に話せる仲までにしました。

そして先日卒業して、これから先生にアタックしていこうと思うのですが、
やはり『教師と元生徒の恋愛』も色々と問題になるのでしょうか。

Aベストアンサー

4です。

でも、私の出身中学の先生は奥さんは生徒でしたよ。
好きな生徒には点を高くして、気持ちを引いたと言ってましたから。
両思いなら、全く否定は出来ないと思います。

16歳だからと、性犯罪というわけではないでしょう。
普通の独身男性であれば、罪には問われないでしょう。

ですが、こんなに思いを寄せている女性がいるというのは羨ましいですね。

Q「女の浅知恵」という言葉の哲学的解釈は如何にあるべきか?

「女の浅知恵」という言葉の慣用的用法は、正しいのでしょうか?
そして、
この言葉の指し示す真の意味は何でしょうか?

知恵や叡智をあらわすソフィア(英語:sophia、ギリシア語:Σοφια)は女性名詞であり、神学的にはこれは女神として表現されます。
そして、
般若のサンスクリット、prajñā(ぷらじゅにゃー)も女性名詞であり、仏典で般若は覚母(かくも)と呼ばれ、チベットなどの男女交合像では女神の姿で表現されております。

であるとするならば、
智恵は女性に属するものではないか?

にもかかわらず、
本来、智慧深い女性が、その深い智慧に似つかわしくない行動をするから、
「女の浅知恵」と呼ばれるのであろうか?

⑨ネコに、分かりやすく、教えてケロ!!

これは、フィロソフィーという名が示すとおり、哲学の根幹にかかわる深い問題だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ZuRjSaFP7lU

Aベストアンサー

これを言っちゃおしまいよという回答を寄せます。


 かつて身分制が《はなやかりし》頃には しばしば男尊女卑の風潮を伴なっていたと思います。したがって 浅知恵と言えば その知恵の浅いのは 男よりは女のほうにあてがわれた。ということだと思います。


 知恵が女性的なものではないか?
 これは ですから 男としての存在か女としての存在か どちらに知恵はあてがわれるのか? という問いではないと思うのです。

 男としても女としても それぞれの精神の内の《女性的なるもの》にかかわって知恵が引き出され得て 実践的なチカラを発揮する。ということに尽きると思うのです。

Q教師・生徒間の恋愛について

教師と生徒が恋愛をするのはいわゆる「禁断の愛」と言えるのでしょうが、その理由の核心的な部分は一体何なのでしょうか?
・年上に憧れる年代として生徒が教師を好きになることはある。
・人間対人間として教師が生徒に恋をすることだってありえる。
・教師としての立場を考えるのならば、卒業してからの交際にすればいいという意見もある。

ということを考えると、教師⇔生徒の恋愛が禁断だというイメージは、肉体関係が前提となっているからではないでしょうか…?
仮に生徒が卒業してから交際をスタートし、ただし18歳までエッチはなし、という関係は、健全な恋愛と言えるのでしょうか??

すみません、無理な仮定があるのかもしれません。
塾の講師をしている友人がそんな関係を持っていて、どうなのだろうと思ったのです。よければ思いついたことを投稿してくださると幸いです。

Aベストアンサー

生徒が卒業してから交際をスタートし、20歳までエッチなし、この春結婚しますが、いまだに健全であると思っておりません。
それが理由と言うわけではありませんが教師と言う職務から外れ、現在学校勤務ではありますが教師としてではありません。
ですが4月より教師復活を望まれております。正直複雑です。

と言う感覚であるにもかかわらず正論を並べるのも辛い所ですが、
生徒が教師を好きになるのは経験上『一過性のもの』というのがほとんどです。
教師と生徒、医師や看護婦と患者、恩師と愛弟子、上司と部下…
『尊敬を含む好き』や『都合が良いから付き合う』は恋愛ではないですが時に恋愛に発展してしまうわけです。
そして、『教師と生徒』という恋愛は『すべきではない』という世間の目があるでしょう。
ですが、そういった『禁止を破る事』による快楽が相まってより強い快楽を得られてしまう。
丁度それは不倫のように燃えるのと同様ですね。どんどん大きくなってしまう。
『不倫など汚らわしい!』と声を荒げる方には、道交法を出します。
速度超過となる速度を少々超える速度で走行すると快楽を得られる。コレは誰しも経験する事でしょう…ドキドキ感と言いますか…

ただ、先に述べたように一過性であるのがほとんどですからいつの間にか薄れてなくなるのが世の常です。
時にロリオヤヂが稀にのぼせて大変な事になったりもしますが…

『信頼関係第一』それを考えたら恋愛などすべきではないと解っているはずなのに、
情がなければどうにもならない関係…ゆえに禁断なのかもしれません。

生徒が卒業してから交際をスタートし、20歳までエッチなし、この春結婚しますが、いまだに健全であると思っておりません。
それが理由と言うわけではありませんが教師と言う職務から外れ、現在学校勤務ではありますが教師としてではありません。
ですが4月より教師復活を望まれております。正直複雑です。

と言う感覚であるにもかかわらず正論を並べるのも辛い所ですが、
生徒が教師を好きになるのは経験上『一過性のもの』というのがほとんどです。
教師と生徒、医師や看護婦と患者、恩師と愛弟子、上...続きを読む

Q==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋

==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋ねします==
哲学は 人間を始め森羅万象のあらゆることを考察あるいは研究し、人間に役立つ成果(考え)を提供するものと思っています。その成果が 多くの人間に役立つためには その成果が多くの人間が説得され易い構成になっている必要があると思います。それは論理構成になっていることが有力手段です。つまり研究成果の哲学が論理構成であるべきではないかと言うことです。当然この論理構成は論理の限界のなかの展開となり 対象が異なるだけで 数学とか科学とかと同じ構成となります。
そこで、納税者の一人として お聞きしますが、国立系の哲学研究者の方は 研究成果を国民に説明し 納得してもらわないといけない という立場があると思いますが、哲学は論理構成であるべき とお考えでしょうか。いやそうではない 論理構成の元にあたる公理(原則)の成り立つ条件であるとか 公理の存在理由であるとか 別公理であるとか の議論の方が重要であり、 非論理展開もあって 納税者への説得は難しいが 言葉で説得する。
いずれにしても 税金で研究を続ける以上 納税者としては 研究者の研究に絡まるこれらの考え方を研究者から聞きたい と思います。

==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋ねします==
哲学は 人間を始め森羅万象のあらゆることを考察あるいは研究し、人間に役立つ成果(考え)を提供するものと思っています。その成果が 多くの人間に役立つためには その成果が多くの人間が説得され易い構成になっている必要があると思います。それは論理構成になっていることが有力手段です。つまり研究成果の哲学が論理構成であるべきではないかと言うことです。当然この論理構成は論理の限界のなかの展開となり 対象が異な...続きを読む

Aベストアンサー

毎年の科研費の申請書において、論理構成にもとづいて、前年の成果と翌年の研究課題をそれぞれの項目に分けて論述しています。哲学がそうあるべき姿がこのようにあるのではなく、哲学がそうあるべき持続的営為を維持する管理とシステムの姿がこのようにあるのです。つまり、研究費を与える役職担当者に読解され、共感される文章を作成せねばなりません。そして担当者の裁量は納税者を代表しているにほかなりません。回答者の条件に適合しておりませんが投稿は自由なので回答させていただきました。他の適合者による回答をお待ちください。

Q教師は生徒を少しでも恋愛対象と見ますか?

教師は生徒を少しでも恋愛対象と見ますか?
教えてください。
こっそりでも恋愛感情を抱くことはありますか?

Aベストアンサー

大部分は恋愛対象外でしょうが、恋愛対象として見る生徒がいないわけではないと思います。

教え子と結婚した教師の話なんて、珍しくもないですから。

ただ、在学中の生徒に恋愛感情を気づかれるようでは教師失格でしょう。

Q宗教統一は無理か? 何時の日にか無理か?

宗教はほっといても多様化しますが

事心理真実をを掲げるのだから、言ってる事がバラバラではどれも間違ってるかも知れない

同じ宇宙の地球に住むのだから宗教が一つに纏まる 或いはお互い繋がっていれば

世界平和は近いです。

統一教会がキリスト教の統一に失敗しましたが(まだ分からないと頑張ってますが)

宗教というのは今もお大きな力を持っています(特に外国では)

その宗教を哲学によって統一する、或いは繋げることは無理でしょうか?

何時か出来ると思うのですが、どうにかしないと宗教の反目は大きな亀裂を生んでいます

真実・真理は一つの筈です。世界の人々が分断されない様に出来ないものでしょうか?

どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

○ 信仰の《梵我一如》類型

A. ブラフマニズム:梵我一如
  梵:ブラフマン・・・マクロコスモス。神なる霊
  我:アートマン・・・ミクロコスモス。霊我

B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
  無梵:シューニャター(空)
  無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
  仏:アミターバ・ブッダ / マハーワイローチャナ(大日如来)
  仏:ブッダター(仏性)

D. クリスチアニズム:霊霊一如
  霊:神
  霊:われ

E. (プラトン?):霊霊一如
  霊:プシュケー・コスムー (宇宙霊魂)/ アニマ・ムンディ(世界霊魂)
  霊:われ

F. 《もののあはれを知る》
  霊:かみ(超自然および分身たる神々)
  霊:われ(自然本性)

G. ユダヤイズム:霊霊一如
  霊:ヤハヱ―
  霊:われ

H. イスラーム:霊霊一如
  霊:アッラーフ
  霊:われ

☆ つまり 神は 普遍神のひとはしらしかあり得ない。名前が 違って
いるだけ。

Q教師と保護者の親睦会(お別れ会)って有りですか?

今年、卒業式を迎える、子供が通ってる小学校の事なのですが、お世話になった担任教師と生徒と保護者で、「お別れ会」が企画されています。「お別れ会」自体は大変良い事だと思うのですが、その夜に「飲み会」も企画されています。生徒は参加せず、担任と(30歳の男性教師)保護者(殆どが母親)だけでの「飲み会」なのですが、最近ではこのような「飲み会」(親睦会?呼び名はどうでも良いのですが・・・)とか、どこでも行なってるのかな?って思い質問してみました。尚、私の子供の時代にはその様な会をやってた記憶が無く、「飲み会」についても可も無く不可も無くです。、

Aベストアンサー

うちの子の小学校卒業時にもありましたよ。
(10年前くらいです)

やったクラスとやらないクラスがありました。
ただ単に、その時のPTA役員の方の判断で決まったようです。
好みの(若い)男性教諭が担任だったり、、
「飲み会」が好きな方が多く集まっていたか、、
その程度のことですよね。

私もお別れ会は良いことだと思いますが、「飲み会」については必要ないと思います。
もちろん参加しませんでした。
自分が飲めないせいでしょうけれど。

Q科学はいかにあるべきか?に関する書籍は?

科学の方のカテゴリにも同じ質問をしてしまいましたが、こちらのカテゴリの方がいいと思い、書かせていただきます。

倫理の課題で、好きなレポートを書く課題がでました。比較的自由なテーマでいいようです。
私は、科学はいかにあるべきか?というテーマで書こうと思います。
具体的には、科学者は、知的好奇心のみで研究するべきか?社会の利益となるべきか?や科学の発達と共に豊かになったが、逆に戦争の道具となることもあるが、どうあるべきか?
こういったコトをテーマに書きたいのですが、どの本を読めば知識がつくのかわかりません。お勧めの本や、ホームページなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

その本です。是非、お手許に置いてください。
真下信一さんの本も読んでみてください。
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/469843/s
いつか、時間ができたら、ヒルベルトの伝記が岩波書店からでていますので、読んでみてください。岩波新書「無限のなかの数学」に、集合論を始めたカントールの話がでてきますが、ユダヤ人だったのですね。知らなかった。19世紀から、20世紀のはじめに、理論物理学、数学を発展させた人々のなかに、ユダヤ人が大勢いました。
ユダヤ人への差別と偏見、殺戮も、大きなテーマになると思いますが。
福岡正信さんの「自然に還る」という本も図書館でさがして、読んでみてください。http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-74146-7/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報