クマノミはどのようにしてカチカチという威嚇音を出すのか教えてください。

A 回答 (1件)

何方かが,大変良い下記参考URLを挙げておられましたが,なぜ削除されたのでしょう。

理由が知りたいのであえて同じURLを挙げます。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/jis/g_gakko/talk/20/20_talk …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「かくれクマノミはダジャレが得意」って、どいうゆうこと?

「ファインディングニモ」を見ました。物語の設定で
「かくれクマノミはダジャレが得意」とありましたが、その設定がどうもひっかかっています。(物語の流れに関係なく、突然出てくるので、いらない設定だな…と思いました)もしかしたら、
英語では「かくれクマノミはダジャレが得意」という言い回しがあるのでしょうか?アメリカ人には理解できる何かがあるのでしょうか?教えて下さい!

Aベストアンサー

ファインディングニモはあまり覚えていませんが。
カクレクマノミは英名で「clown fish」です。
「clown」とは日本語で言えば道化師(ピエロ)という意味なので、カクレクマノミは「ダジャレが得意」という風に設定したのではないですか?

Q光源をだす生物を自由研究でまとめたいと思っています。光源を出す生物とな

光源をだす生物を自由研究でまとめたいと思っています。光源を出す生物となんで光るのかをおしえてください。中学一年生です

Aベストアンサー

お住まいの近くにある図書館に行きますと[光る生物]に関連した書籍
が蔵書されていると思います。
また、図書館のホームページより[発光生物]の用語で検索することが
できます。

横浜市立図書館のホームページにて[発光生物]で検索しましたら10冊、
[光る生物]では5冊ありました。
それぞれ書籍名のタイトルをクリックしますと、目次や概要も表示
されます。
更に、図書館に行かれて、窓口で相談することもできます。

図書館の所在地を調べて、適切な書籍を貸し出ししてもらうと良い
でしょう。

Qうちでクマノミを飼っていて、二日前くらいにミドリイ

うちでクマノミを飼っていて、二日前くらいにミドリイソギンチャクをいれました。そうすると、かなり水質が汚れた気がするのですが、イソギンチャクは水質汚したりするんですか?

Aベストアンサー

水槽の設備、立ち上げ期間、イソギンチャクの大きさがわからないので正確なことはわかりませんが、
イソギンチャクも生物ですので排泄物は出します。

イソギンチャク用に餌を与えていないのでしたら気にするほど汚染されることはありません。

本当に水質が悪化しているのでしたら他に問題がありますので、試験紙などでチェックすることをおすすめします。

水質が悪くなると、海水魚より無脊椎の方が先に体調を崩し死に至ります。
それによりさらに悪化し海水魚までもが死んでしまいます。

Q熊が鮭をどのように食すのでしょう。

すみません。Web上でかなり探したのですがお手上げなので質問させて頂きます。
北海道に生息するヒグマが鮭を捕らえて食べるのは良く知られています。鮭を加えた熊の木彫り置物は全国どこでも目にする事が出来るでしょう。熊が川に入って鮭を捕らえる。そして得意げな顔で鮭を咥えて川から出る。そこまでは写真も動画も解説も見つける事が出来ました。

が、どの様に食べるのかが私の今の疑問なのです。どの様にとは前足で挟んで食べると言う既知の話では無く、頭から骨ごと丸々食べるのか、肉だけ食べて頭と骨は残すのかと言う類の疑問なのです。

詳しい方がいらっしゃいましたら是非ともご回答願います。

Aベストアンサー

何年も前の記憶ですが、NHKの地球大自然(今の生き物地球紀行の前にやっていた、柳生博がナレータの頃)で、カナダのヒグマの特集の回とき、クマによって好みがあり、頭から全部食べる者(でも背骨は残してました)、ハラワタだけ食べる者、赤みの背中だけ食べる者と、固体ごとに違うという事を言っていたと思います。
映像付でしたので、信頼度は高いと思いますが、北海道のクマがカナダのそれのように、たくさん鮭を獲れるかは別問題かもしれません。
たくさん捕れないと、仕方ないから全部バリバリ食べるのではないでしょうか。

Qイソギンチャクとクマノミ

題名どおり、イソギンチャクとクマノミについてです。
この二種の生きものについて面白い話を知りたいのですが、何か知っている方がいたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こことか。

http://www.jakartashimbun.com/pages/sango08.html

Q草が土から芽を出すことを表す言葉は?

春に樹木が葉を開き始めることを芽吹きといいますが、草などが土から顔を出す事を表す言葉を教えてください。

Aベストアンサー

このご質問は、生物用語(専門用語)のご質問ではなく一般用語のご質問と思います。それならば「芽吹き」と対の語は「芽生え」です。今まさに春の芽吹きと芽生えの時期です。冬を越す芽を越冬芽と言いますが、地上部の越冬芽が芽を出し開くことを「芽吹き」、地下の越冬芽が芽を出し開くことを「芽生え」と言います。

(1)「萌芽」とは「ひこばえ」のことです。木を切りますと切り株から新しく芽が出てきます。この芽を「萌芽」「ひこばえ」といいます。クヌギ林などは薪や炭で利用するために伐採しますが、その後植林をしなくとも切り株から林が再生します。このような現象を「萌芽再生」といいます。

(2)「出芽」はわき芽が出ることです。難しく言いますと、生物の体軸から新たな体軸が形成されることです。つまり分岐することです。

(3)「発芽」は種子等から芽を出すことを言います。

春の芽生えのかなりのものは発芽と思いますが、大きな芽生えは発芽ではなく宿根からの芽生えです。

Q凶暴化したクマノミ

60センチ水槽、クマノミ飼育約1年です。

最近水槽に
「タマイタダキイソギンチャク」を入れました。

今まで水換えなどで、水槽の中に手を入れても、
まったく興味を示したことの無いニモちゃんでしたが・・・

最近イソギンと共生し始めてから
水換えで手を入れると
その手にむかって攻撃してくるようになりました。

あやうく、かまれそうになることもしばしば・・・

これは、やはりイソギンの影響なのでしょうか

みなさまでこのようなニモちゃんの凶暴化を体験した方は
みえますか?
また、実際噛まれた方、痛かったですか?

ぜひ、教えて下さい。

Aベストアンサー

海水魚の飼育歴(過去)3年です。参考レベルとして読んで下さい。

クマノミは、自分の縄張りとなるイソギンチャクの敵を追い払う習性があります。クマノミは食べきれない餌をイソギンチャクの触手の間に隠しますが、この行動がイソギンチャクに餌を与えるように見えます。実際、イソギンチャクの餌になる場合が多いのですが・・・。

つまり、質問者様の飼っているクマノミも、イソギンチャクが入ることで自分の縄張り意識が高まり、水換えで入れた手をイソギンチャク及び自分自身の敵と判断して攻撃してくると考えられます。凶暴化というよりも、正常なクマノミの行動をとるようになったので、喜ばしいことだと思います。

今後は、水換えの方法を変えて、直接手を入れない・クマノミをあまり刺激しない等の工夫をしましょう。ちなみに水換えは、一気に大量にせず上部タンクと下部タンクを用意して、上部タンクよりシリコンパイプなどで水槽に海水を流し込み、同時に水槽からは下部タンクにシリコンパイプで海水を吸い出す(サイフォンの原理を利用)のがいいかも。
下部タンクにつながったシリコンパイプは、水槽の底につく長さの棒をつけて、水槽の底にあるフンやゴミを吸い取るようにすれば良いでしょう。時間はかかりますが、それも趣味の範囲で楽しいですよ。

海水魚の飼育歴(過去)3年です。参考レベルとして読んで下さい。

クマノミは、自分の縄張りとなるイソギンチャクの敵を追い払う習性があります。クマノミは食べきれない餌をイソギンチャクの触手の間に隠しますが、この行動がイソギンチャクに餌を与えるように見えます。実際、イソギンチャクの餌になる場合が多いのですが・・・。

つまり、質問者様の飼っているクマノミも、イソギンチャクが入ることで自分の縄張り意識が高まり、水換えで入れた手をイソギンチャク及び自分自身の敵と判断して攻撃してく...続きを読む

Q蛍はどのようにして光る?

蛍って光りますが、あれって熱くないの?という疑問から、蛍が光る仕組みが知りたくなりました。とあるページで熱を伴わない生化学反応で「発光器にある種のたんぱく質があり、酵素が酸素、金属マグネシウムイオンと作用して酸化するときに光のエネルギーが作られ、その発光器に分布する神経系の調節で光の点滅が起こる」と説明されていました。ですがあまりよく理解出来ませんでした。

詳しいことをご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ルシフェリンという蛋白質の一種である発光物質を、
ルシフェラーゼという酵素のはたらきで酸化させる反応ですね(原理的には「燃焼」しているですが、その燃焼効率の90%以上を光エネルギーとして使い、熱としては放出しないんですね)、
以下のサイトが参考になるかと。

http://member.nifty.ne.jp/yukio-sato/rika/lusi.htm

http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/news/text/2001/c010523.html

http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/seibutu/se1/hotaru/hotaru.htm

Q【30cm水槽でイソギンチャクとクマノミ飼育】

 
カクレ2匹、イソギン1個体、あと苔取り貝を数匹入れる予定です。
 
……
…やっぱりかなり難しいですかね?
 
もし飼育のコツなどがあれば教えて下さい。(カクレは1匹でも大丈夫です)
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼育できると思いますが)
また店舗内はエアコンつけっぱなしなので、温度変化は少ないです。

やってみたいなら私のアドバイスとしては以下の3点。
1.立ち上げはちゃんと調べて、時間をかけて(最低一カ月)行うこと。
2.夏場は水温が上がらないように水槽用クーラーか部屋のエアコン24時間つけっぱなしなどの対応が必要
3.イソギンチャクは失敗すると溶けて水質悪化に繋がるので、最初は魚だけで飼育した方がいい

カクレはペアになるので2匹でも大丈夫です。それ以上の数は縄張り争いになる可能性があります。

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼...続きを読む

Qノミってそんなに跳ぶの

さっき【深イイ】でとうぶつの能力比較dvd「アニマルなんとか」でのみが人間の大きさになったらどのくらい跳ぶのかやってました。ヒマラヤを越えることができると言ってました
しかし、ノミは人間の大きさになると30cmも跳べないと見たことがあるんですが、
どうなんですか。
さすがにヒマラヤを越えられるってのは嘘でしょうけど。

Aベストアンサー

>ノミは人間の大きさになると30cmも跳べない

体が大きくなる場合、体積は体長の2乗、体重は3乗で増えます。

ですから、体長2mmのノミがその体の構造のまま、ヒト並のサイズ(160cm、800倍と仮定)に成った場合、体積は640,000倍、体重は512,000,000倍になります。これは、どういうことかというと、人間大になったノミは小さな時の800倍の体重を背負っていると言うことです。つまり、小さなノミ一匹で800匹を背負って跳ぶ状況です。おそらく、この状態ではいくらノミが力持ちでも無理でしょう。
人間が自分を800人載せたら立ち上がることすら不可能でしょ。

計算すると、200マイクログラムのノミでも、人間大になると約100Kgです(ノミは大変軽い構造なので)。もし、人間が800倍になると、60キロの人間は、30,720,000,000Kg(3072万トン)というとんでもない重量になります。
また、外骨格は大きな重量を支えるのにはむいかおらず、人間大のそもノミはそもそも立ちあがれないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報