相鉄線の車両の色の由来について教えてください。
なんであんな色なんですか? 
由来があると聞きました。
だれか教えてください。
お願いします。

A 回答 (1件)

由来があるときいたことはないですが


試験塗装をした後現行の塗装になりました。
時期的には昭和47年頃に試験が行われたと
記憶しています。全身黄色なんてテストカラー
もあったくらいです。

なおその前は白地に青の塗り分け、その前は
オレンジでした(今でもモニはその色だと思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/04/26 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東武野田線の車両火災について

ローカルな話題なのですが・・・。
昨日10月12日の朝、東武野田線において車両火災が発生しましたね。
通勤・通学等で利用されている方、とても困りましたよね。
その車両火災ですが、一体何が原因で起きたのでしょうか?
足止めをくらっている身としては、それが何であるのか知りたかったのですが
駅のアナウンスでは「車両火災」としか言わないのでイマイチすっきりしません。
原因をご存知の方、または車両火災のよくある原因をご存知の方、ご回答ください!

Aベストアンサー

朝日新聞によりますと、パンタグラフから出火、屋根など3m2が焼けたそうです。

あとは詳しい事情通の方か、鉄道に詳しい方に任せます。

Q小浜線の新型車両

私は福知山線の福知山-篠山口間の列車に乗っていると今年の3月から
小浜線に入る215系を見かけました。
なんか見覚えのない電車がいるな、と思ってよく見てみると215系でした。
まさかあんなところで215系が見られるとは思っていなかったので本当に驚きました。

ちなみに私が見かけた車両は3両編成で行き先表示は「回送」になっていて福知山方面に向かっていました。
なぜ福知山線に215系がいたのでしょうか。
理由をご存知の方は教えてください。
もちろん「わたしはこう思う」という推測でも結構です。

Aベストアンサー

まず、訂正(だと思う)をつっこみます。215系じゃなく、125系です。
(私の記憶では215系はJR東日本の2階建て電車。10両編成の別物です)
125系は小浜線用としてこの3月から運行を開始しますが、配属が福知山なので、ワンマン運転を実施している舞鶴線や山陰線の園部-綾部・福知山、福知山線の篠山口-福知山でも運用に入るのかも知れません。仮に定期運用がなかったとしても、全くの新車であるだけでなく、福知山地区で純粋なJR西日本型の車両(221系以降の新車。マスコンやブレーキの取り扱いが全然違う)が配属されるのは事実上初めてなので、運転士習熟の一環として入線したのではないかと推測されます。

Q東急田園都市線内での東武車両

3社直通運転が始まって、ダサイ(失礼!)東武車両が田園都市内をうろうろしていますが、東武車両の本数が多いような気がします。なぜでしょうか?やはり押上-南栗橋間の距離が長いからでしょうか?

Aベストアンサー

車両の乗り入れは、車両の貸し借りという扱いになります。ただし、相互の運転距離を同じにして貸し賃と借り賃を相殺するようにしています。
東急の車両は東武線の長い距離を走るため、東武の車両も同じだけ東急の路線を走るように調整することになります。そのため東急線を東武の車両が多く走っている形になります。
走行距離の調整のため、中央林間発押上行きで押上折り返しのような東武線に乗りれない東武車両もあったりします。

Q小田急線を走るJR車両

小田急線の車両を見ていると、たびたび、あきらかにJRだと分かる(というかJRと書いてある)車両が走っているのを見かけるのですが、こういうことは別に普通なことなんでしょうか・・・。
鉄道については全くの素人で、前から気になっているので是非教えてもらいたいです・・・。
ちなみに私は東海大学前駅周辺に住んでおります。その周辺をJR車両が走る理由などが分かる方、変な質問かもしれませんがお願いします・・。

Aベストアンサー

 ある鉄道会社の車両が他社に乗り入れするというのはお馴染みになっていますが、鉄道車両ならどこの路線でも走れるというわけではありません。鉄道会社間で各種設備の仕様などについて協定を結んだうえで、乗務員の訓練などを経て、乗り入れが実現されるわけです。
 例えば代々木上原で営団地下鉄千代田線のホームにJR常磐線の車両がいるのをご覧になったことがあるかもしれません。しかし同車両は代々木上原駅構内より先の小田急線には乗り入れていません。これは協定がないうえ、小田急線を走る上で必要な装備を欠いているからです。

 現在小田急線内を走るJR車両は、JR東海の「あさぎり号」371系だけです。「あさぎり号」は新宿と静岡県の沼津を結ぶ列車で、新松田の手前で小田急線から連絡線を経由してJR御殿場線(松田)に移り沼津へと向かいます。もちろんJRの車両とはいえ小田急線の保安装置などを備えています。ちなみに乗務員は松田駅で交代します。ダイヤについては参考URL上段をどうぞ。
 車両については共同運行の形になっています。つまり通常4往復のうちJRの車両で2往復、小田急の車両で2往復運転されています。ご覧になったのは、JR車で運転されていた「あさぎり号」かと思われます。
 どうして小田急がJR東海の御殿場線に乗り入れているのか、またJR東海の車両がどうして小田急線に乗り入れてくるのかということについては、あさぎり号の歴史をみていただく必要があります。参考URL下段をご覧ください。

参考URL:http://www.ekikara.jp/time.cgi?train36,http://www.ne.jp/asahi/mulberry/mt/kanto/odakyu2.html

 ある鉄道会社の車両が他社に乗り入れするというのはお馴染みになっていますが、鉄道車両ならどこの路線でも走れるというわけではありません。鉄道会社間で各種設備の仕様などについて協定を結んだうえで、乗務員の訓練などを経て、乗り入れが実現されるわけです。
 例えば代々木上原で営団地下鉄千代田線のホームにJR常磐線の車両がいるのをご覧になったことがあるかもしれません。しかし同車両は代々木上原駅構内より先の小田急線には乗り入れていません。これは協定がないうえ、小田急線を走る上で必要な装...続きを読む

Q京王線の車両の値段

京王線の車両の値段は、一両どれくらいの値段がするのでしょうか?

Aベストアンサー

車種によって値段が違いますが、8000系なら1両で1億2千万円ぐらいですね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/2520/nedan.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報