個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

塾で教えている中学生が、
「部落差別についての勉強があった。僕はそんな事知らんかったし、知りたくもなかった。知らなければ差別する事もないのに、知ってしまったら、ついそんな目で見てしまう。僕はそんな差別とかしたくないのに。知らないほうが良かった」
と言いました。

私もそう思います。私は別の県から引っ越してきて、今住んでいる県の部落地域は知りません。あることすら想像しませんでした。
知らない人が増えれば、自然となくなったりはしないのでしょうか?私のように、外部から来た人間は部落地域を知らないし、この中学生のように10何年間この県で生きてきて、それでも知らないのです。やはり、「部落差別」教育は必要なのでしょうか?

見てそれと分かるハンデを持った人を差別してはいけない、と教育するのは分かります。しかし、部落は、ここから部落地域ですという看板も何もなく、知っている人だけが分かるものですよね。

未だに差別意識を持っている人はいるでしょう。しかし、一般的な「差別はいけない」という意識を持った今の子供たちは、その差別意識を持った人に「部落差別」を言われても、はねのける事ができるのではないでしょうか。

私は、前記の中学生の発言に、どう答えれば良かったのでしょうか?また、「部落差別」教育は、必要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

学年スローガン」に関するQ&A: 中2です。 学年のスローガンを決めることになりました ちょうど真ん中の学年ということで 学校の中心と

詐欺 助成金」に関するQ&A: 【籠池詐欺一家は安倍晋三記念小学校の入学予定者数を45人って行政に申告して助成金やら設立許可とか取り

日本 塾」に関するQ&A: 明治時代外国の植民地にならなかった日本、お寺の寺子屋とか下士の塾が日本を救ったのでは、ないでしょうか

武田塾」に関するQ&A: 浪人が確定しました。 これから1年間の勉強方法なのですが、武田塾の参考書ルートを利用(武田塾受験無料

インド 教育」に関するQ&A: インドのデリーで、面白い見学や体験できる場所はありますか? 教育、環境、伝統文化、企業、貧困に興味が

沖縄 インフルエンザ」に関するQ&A: 今週の日曜日から沖縄へ3泊4日の修学旅行なのですが… 昨日からインフルエンザです もし金曜日に熱が下

埼玉県 戸建て」に関するQ&A: 埼玉県 三郷市 の戸建て住宅に地デジアンテナを壁型の設置を検討しています。問題ないでしょうか? 八木

市役所 大分」に関するQ&A: 大分県日田市役所に勤務の方に質問です。 転勤はありますか。異動の場合、どこでの勤務になりますか。

不登校 芸能人」に関するQ&A: 芸能人になりたいです 私は今中学生で不登校です でも女優になってみたいです 顔はそんなに可愛いと言わ

教員 大阪」に関するQ&A: 大阪府の高校教員採用試験は どんなことをするのでしょうか? また対策はなにをしておけばいいんですか?

A 回答 (158件中101~110件)

もはや負の連鎖は断ち切りたいので教えないでほしいです。



私が住んでいる地域はいまだにその差別があります。
かれこれ20年は前になりますが高校の部活が郷土史だったので同和問題について調べ、地元で同和のかたがたが名乗る姓を知ってしまいました。

そしてその姓を名乗る同級生が居たのです。
知らなければよかった、と後悔してももはや後の祭りでそんな気もないのにどうしても意識してしまうのです。

今、私は子供には同和問題のことは話してません。
というのも子供の友達にやはりその姓の人が居るからです。

あんな思いを子供にはさせたくありません。
    • good
    • 0

沢山の方が意見を寄せていらっしゃいますね。


すごく難しい問題であり、私も‘自分以外の人はどう思っているのか’知りたいと思っていた事でもあります。
私自身は学校で同和教育は受けていません。
私の住んでいた所は部落でした。
部落は全国の市町村のほとんど全てにあるもので、例えば○○県△△市□□区◇◇というように地域をだんだん小さく分けていった住所の一部に過ぎないとずっと思っています。(歴史的な成り立ちはわかりませんが)
部落=差別地域というわけではなく、差別の対象とされていたりするのは全国に沢山ある部落の一部です。
私の住む地域で差別されていると言われているのは、昔その部落の人々が処刑の仕事をしていたというものです。
どこまで事実かわかりません。
情報が田舎の田舎の方まで届かなかった昔は、人の噂話が事実になってしまった事だって少なくないはずです。
過去の争いを現代まで引きずり出していろいろ言うのはどうなんでしょう?
昔あの人たちの先祖はこんな悪い事をしたんだ。だから今あそこに住んでいる人達も悪いに違いない
これはある意味、今の日韓関係と同じ事をしているようにも感じます。
そして私の結論ですが、同和教育は必要ないと思います。
どなたかおっしゃっていましたが、歴史の中の出来事の一つとして学校で教えればそれで良いんじゃないかと思います。
わざわざ教育と称して大々的に取り上げる大人がいけないと思います。
まだストレートに受け止めストレートに返してしまう小・中学の子供達に、わざわざ大人が持ち出して、見せて、差別するなと言うのは無茶な話かと思います。
    • good
    • 0

私は部落差別のことは、きっちり子供達に教えるべきだと思います。

日本の歴史の中で現実に起こっていることを、「誰も知らなければ部落という言葉や差別すら知らない」では問題解決にはならないと思います。
昔の~のようなことが部落差別であり、その中で部落差別というものを解り、そうゆうのは悪いのでやめていこうという人々の気持ち次第と思います。
 ここからは私の今の部落差別の考え方とらえ方です。
 私は部落ではありませんが、私の女友達が結婚時に親に反対にあい破談となりました。ここまでは「結婚は二人の問題なので、押し切ってでも結婚すればいいのに」と思いましたが、まぁ二人の問題だから、いいとしようという私の気持ちでした。問題はここからです。結婚する予定だった相手の男性ですが、夜中にドラム缶に灯油を入れて、それを車に乗せそれを彼女の家の周りに撒き散らしていたのです。もちろん放火する予定だったのですが、たまたま彼女の父親が仕事残業で晩遅くに帰ってきて、発覚し取り押さえられました。すぐに警察にと思い立ったようですが、ここで彼女も登場したみたいで、なんとか警察沙汰にはならなかったようです。運が悪ければ、母親彼女が死んでいたところの事件でした。これは第1談の話ですが、こういったたぐいの話がいくつか聞きます。俗にキレるといった行動でしょう。←私の周り未遂事件であり、実際起こってしまったものは他に3事件あります。
 ここで考えました。私のまこと勝手な推定ではありますが、部落の人たちですが、何百年と同じ地域で過ごし、結婚~子供も同じ地域でしていると、やはり血が濃い人間性になっているのではないでしょうか?他の話でも最終的には常識はずれの「すぐにキレる」といった話です。私自身は、子供はまだ小さいですが、その私の子供が結婚時に相手が部落であれば正直疑いますが、その時は人間性だけを見ようと思います。別に部落の人でなかったとしても、すぐキレて常識はずれを起こすような人であれば、反対及びすぐにでも離婚させようと思います。
 それと思うのですが、部落の本人達は自分自身が部落いう特定の人というのを、意識しすぎているのでは?と思います。もし自分の身に何か第2、3者から不具合を被った場合、別に理由は全く別のものでも、「自分はどうせ部落」だからというのを意識するといったかたちです。当の本人達もそれを考えないで行動すると、周りも意識しないでうまくやっていけるのでないでしょうか?
 ということで、少しみなさんの意見とは違うかもしれませんが、私の現在、部落差別という人々をどう思っているかすこし記載しました。みなさまの正直なご意見・ご感想お願いします。
 
    • good
    • 0

この問題に対し、如何に多くの方が関心を持っているか回答数の多さが物語っています。



確かに歴史上多くの方が差別の犠牲になってきたことは決して覆すことができない事実です。皆さんが回答されておられる通り、現にその名残が根強く残っている特定の地域や年齢層もあります。しかも広島の例を述べられた方がいるように人の生死に関わるような大きな問題となっています。覆せない歴史は中国においても日本大使館や民間企業を襲撃するまでに発展しています。

歴史を学ぶことは大切であると思います。
しかし、我々はなぜ考えることも嫌になるような歴史を学ぶ必要があるのか?
それは今現在、そして未来をどのようにかたち作っていくかを考え、判断するためではないでしょうか?教える側においても教わる側においても同じ方向、あるいは目的のために学ぶ必要があると思うのです。私達にとって今までの歴史が必ずしも素晴らしいものだけであったわけではありません。人生と同じように消し去りたい過去もあります。そのような過去のほうが多いのかもしれません。しかし人類は素晴らしい歴史も数多く築いてきました。結局、私達は現在にしか生きられず、未来に向かう道しか築くことはできません。過去は振り返ることはできても変えることはできません。

ならば、過去を変えたり消したり踏襲したりするのではなく、過去から学び新しい歴史を築いていくことが私達の役割なのではないでしょうか?
私が今お話していることは当事者の方々にとっては綺麗ごとに聞こえるのかもしれませんが、現に私の周囲にも差別問題を抱え苦しんできた方が数多くいました。そして差別が生んだ利権や金も存在していたのかもしれません。しかしやはりそういった歴史のうえに新しい歴史をつくっていくべきだと思います。
    • good
    • 0

私は東北在住の人間です。


18歳のときに東京に行くまで部落問題は知りませんでした。
よく考えたら、私らは蝦夷の末裔でしょうか?
部落問題の対象者の方々より、日本人からかけ離れていますか?
部落問題を語る方がはオーストラリアに丸ごとケンカ売ってるような気がします。
犯罪者やその関連者の子孫(昔ならそんな根拠もなく部落に押し込んだ事例も多いと思います。)

世界には海賊の国家もあったと聞きます。(ちなみに豪州ではありません。)

開放するどろか、もともと根拠の無い理由で差別をしていただけでは、若しくは差別を利用していただけではありませんか 。

教育?

母親は命を掛けて子どもを産んでくれます。
私も母親の産道を通ってこの世に生まれてきました。
この世に生きている皆さんに問います。
胎児の中には母親の産道を通れずに遺伝子の病気によって間引かれているどれだけの可能性があると思いますか?

皆、母親の胎内からこの世に生を受ける事を許された仲間でしょう。
この仲間の関係になんで、敢えて差をつけようとするんですか?

部落問題をどうのこうのと言う人間は、目の前にいる赤ん坊の血統が判らなければ、すぐに口を塞いで殺せるってことじゃないですか?

そんな、人間はこの世にいるのですか?

誰も親を選べません、でも愛してくれる、だから痛みの中で血を流して生んでくれる母親の子であることに変わりはありません。

こんな中で部落問題という議論に何の意味があるのですか?

もしかしたら、単に部落問題の予算担当者でキックバックとかのある公務員の利権確保じゃないのですか?
    • good
    • 0
    • good
    • 0

No50の方が言われているとおりですよ。



差別教育などもう今の時代必要ないと思います。

部落利権などに味をしめている人,つまり,自分は差別されているのだから市が色々な援助をしろという名のもとに「差別されている」を声高に言っている人にとっては,差別教育がなくなると困るのです。

差別がなくなると,自分たちが優遇される根拠がなくなるのですから。例えば,簡単な職務の公務員として高収入を得られたり,税制上優遇措置を受けたりという特権がなくなるのです。

だから,そういう人たちが,市の教育委員会などに働きかけて,差別教育を続けさせるのです。

この問題は,「差別問題という臭い物に蓋をしてはいけないから。」なんていう青いレベルの話じゃ,まったくありません。
    • good
    • 0

皆さんが歴史等について詳しく書き込まれているので、その話はナシにして、私は小学校のときに恩師し教えられた言葉を書き込みたいと思います。


それは「先生はみんなに何も知らない傍観者になって欲しくない。きちんと過去を知った上で、大人になって欲しい。」というものでした。
小学生だったせいか、当時は(恥ずかしながら)学内で差別用語が多少飛び交いましたが、大人になった今となっては先生の教育に非常に感謝しています。やはり無知は恥ずかしいことだと思います。
    • good
    • 0

同和問題がある地域(=部落地域を含む広い地域)というのは、地縁が強く、町内会活動が活発な場合が多いように思います。

その町内会同士に優劣(?)があったり、昔から仲が悪かったりするんです。つまり、差別のあるなし以前に、地域を単位とした仲間意識が強い。そして当事者の住人たちは、そういう地域性をなくしたいとは思っていないことが多いです。

地域の同和学習会、毎年開かれています。でも内実は「あの地域の歴史はこう」と勉強したり、「この地域の出身者の方に来ていただきましたのでお話を伺う」と、地域性をしっかり覚えるためとしか思えないものです。

不動産屋の広告にも、「ここに入居すると、町内会はどこになります」と断ってることがあります。

また、町内会より上のレベル(市政など)でも、地域の違いを考慮に入れていろいろとやっていると思います。実際、未だに道路が舗装されていない地域もあるんですよ。でも、住民はそれでいいと思っているんですから。No.50の方と違って、こういうの見ていると、こういう地域性っていうのは案外、なくならないかもなあと思います。

差別が悪いということを教育することは大切だと思いますが、それ以前に、せめて道路の舗装とか平等にやれよ!って思います。
    • good
    • 0

残念ながら差別で食っている人は大勢います。


同和問題で食っている人も大勢います。
同和問題で自分を「いい人」と見てもらいたがっている人も大勢います。
本当に差別がなくなったら一番困るのがこういう人達です。
だから差別・差別と騒ぐのです。
同和問題はあと少しでなくなると思います。
差別は心の問題ですから教育や議論ではなくなりません。あと1・2世代です。わざわざ教育するのは差別されている人のためではありません。差別を存在させて同和問題で食っている人のためなのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

←前の回答 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q女系天皇を立てよ、と言う者の中には、男系継承が出来なくなったらどうするのか?と言う者が居ます。 しか

女系天皇を立てよ、と言う者の中には、男系継承が出来なくなったらどうするのか?と言う者が居ます。

しかし、男系継承が途絶える事は有り得ません。つまるところ、男系継承とは、生物学的には、Y染色体の継承を意味します。従って、極端な事を言えば、仮に北朝鮮が核ミサイルを東京に撃ち込み、天皇家が全滅したとしても、日本国民の誰かが天皇と同じY染色体を持っているはずですから、そのような男子を探し出し、天皇を継がせれば良いのです。

そして、北朝鮮に、決して日本を滅ぼす事は出来ない事を教えてやるのです。

しかし、日本国民自らが、女系天皇を立て、男系継承を途絶えさせるならば、もはやどうしようもない事です。

最悪の場合、誰かが男系の天皇を名乗り出るか、あるいは、男系天皇を担ぎ出し、日本は内戦に突入するでしょう。いずれにせよ国家の分裂は避けられなくなるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

> 私は、歴代天皇と同じY染色体遺伝子を持つ者は、全て初代天皇神武の子孫であるという主張を否定する事は不可能である。と主張しています。
> それが可能であると言われるのなら、証明していただきたい。

では、貴方の意見の不整合を指摘しましょうか。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 初代天皇神武が神では無かったという証明は不可能だと言う事です。

No.17への「お礼」より
> 天皇は人間であって、神では有りません。

貴方の言によると・・・
初代天皇は「天皇」です。
「天皇は人間であって、神では有りません」。
よって、初代天皇は人間です。
・・・と貴方自身が言い切っていますね。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 従って、初代天皇神武が、実は、何万年も前から生きていて、自分のY染色体遺伝子を持つ子孫を残し続けていたという主張の否定も不可能なのです。

No.20への「お礼」より
> 天皇は、神道を信じる者だけの天皇では有りません。日本国民の天皇です。
> 従って、あなたの言うように、天皇は神の血筋を引くという主張を、断固として否定する者にとっても天皇である事を忘れてはいけません。
> あなたの言われるように、「天皇は神の末裔であるから尊敬せよ」と言ったって、神道を信じない大部分の日本人は、「そんな馬鹿みたいな話、誰が信じるか」と言うだけでしょう。

貴方の言によると・・・
天皇が神である、ということを前提とした話では、神道を信じるものだけの天皇になってしまいます。
天皇の権威の根拠として「神の末裔である」という話を持ち出してはいけません。
もし持ち出したら、「大部分の日本人」に「そんな馬鹿みたいな話、誰が信じるか」と言われてしまいます。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 生物学的違いが、僅かにあるとすれば、それは歴代天皇が、共通して、一種類のY染色体遺伝子を所有していたと言う事に尽きます。

No.37への「お礼」より
> そもそも、何千年も過去の事は、曖昧であり、現代科学の力をもってしても、明確に証明する事はできません。

貴方の言によると・・・
そもそも何千年も過去の事は明確に証明は出来ない。
ということは、歴代天皇が一貫して一種類のY染色体遺伝子を所有していたと言う事を証明することもまた、出来ないということになりますね。何千年も過去の事ですから。

---------------------------------------------------------------------

今までのご自身の書き込みを否定しますか?

> 私は、歴代天皇と同じY染色体遺伝子を持つ者は、全て初代天皇神武の子孫であるという主張を否定する事は不可能である。と主張しています。
> それが可能であると言われるのなら、証明していただきたい。

では、貴方の意見の不整合を指摘しましょうか。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 初代天皇神武が神では無かったという証明は不可能だと言う事です。

No.17への「お礼」より
> 天皇は人間であって、神では有りません。

貴方の言によると...続きを読む

Q部落出身ですが隠しておいた方がいい?

正確に言うと本籍地がそうなっているだけなんですが、このことは一般的に隠しておいた方がよいと思われますか?
まぁわざわざ自分から言う必要もないのですが、隠しているのはあまり気持ちがよくないので、友人に打ち明けるかどうかで迷っています。
(正確には友人が見ているブログに書こうかどうか。)

私は今20代前半で比較的差別が残っていると言われる関西の出身ですが、今までに部落差別の実例を見たことはありません。
自分がそうであると知ったこと自体が最近で、自分が差別を受けたこともないです。
私の母の頃は実際にそれで差別を受けることがあったようですが、今はほとんどないのではないかという気もします。

実際に部落であるという理由で差別されたり、そういう事例を見たり聞いたりしたことがあるという人がいたらお聞きしたいと思います。

Aベストアンサー

#5です。
顔を合わせないで知らない人同士でこのような話題について意見を述べ合うのは
難しいことだと思います。お返事いただいて誤解があったかもしれないと思っています。
逆に私が返事の内容の受け取り違いをしているかもしれないとも思いました。
質問文を見て初めに受けた印象と,他の回答者への返事をいくつか見た今の印象とは
変わっています。顔を合わせての会話ではない難しさですね。

生まれてから30数年間,全く差別を受けたことがないという人でも,親の立場になると,
いつか我が子が差別を受けるかもしれないという心配が出ます。
過去の事象をいくつか知り,その意識の根深さを知り,差別事象は目に見えにくい形で
存在し…と考えると,これまでに自分は被差別的な経験がなくても,同和問題が
解消したとは思えません。

また,我が子に,いつかは話をしなければならないということがずっと頭の中に
あります。それが「いつ」というのが難しく悩むところです。
在日韓国人の方からも同じ悩みを聞いたことがありますが,
在日韓国人の場合は親が黙っていてもいつかはわかってしまうことです。
でも部落差別については何の根拠も理由もない差別で,
差別を受けたことがない,身近な問題として聞いたことがないという人には
意識(心配や不安)だけの問題なので,また,実態がはっきりしていないこともあり,
子どもにどこまで話せばいいのか,また,いつ話せばいいのか,時期やタイミングが
難しいようです。
できれば知らないままでいってほしいという願いがあります。それは,我が子の問題
だけでなく,そういう世の中であってほしいという意味もあります。

もし,あなたがご両親に部落問題のことで悩んでいると話をすれば,あなたはそれほど
深刻なつもりで話したつもりではなかったのに…と,いう反応が返ってくるかもしれません。
親としては我が身には振りかかっても,子どもにはそのことで苦労させたくないという思いが
あります。それと,親の世代との時代の違いもあります。
同和対策審議会答申が正しく受け入れられてなかったこともあり,30年,40年前は,
同和問題については触れるな,関わるな,何も言うな…という風潮がありました。
当時に比べれば本音を言えるようになってきていると思います。

#5です。
顔を合わせないで知らない人同士でこのような話題について意見を述べ合うのは
難しいことだと思います。お返事いただいて誤解があったかもしれないと思っています。
逆に私が返事の内容の受け取り違いをしているかもしれないとも思いました。
質問文を見て初めに受けた印象と,他の回答者への返事をいくつか見た今の印象とは
変わっています。顔を合わせての会話ではない難しさですね。

生まれてから30数年間,全く差別を受けたことがないという人でも,親の立場になると,
いつか我が子が...続きを読む


人気Q&Aランキング