ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

勤務先の役員の任期について、解釈に困っています。勤務先の規定によれば、「役員の任期は4年とし、再任を妨げない。ただし再任の場合の任期は2年とし、原則として2任期を限度とする」とあります。この場合、役員は最初の4年と、再任された2年の合計6年間で2任期とすると考えるのでしょうか。それとも、再任される2年を2任期(合計8年)と考えるのでしょうか?
こうした規定に詳しい方の判断をお聞かせください。

A 回答 (5件)

補足します。


日本語の読み方の問題ですが、「ただし再任の場合の任期は2年とし、原則として2任期を限度とする」
「任期は」がどこに掛かっているかで解釈が分かれているのだと思います。再選4年を主張される方は「任期は、2任期を限度とする」との修飾関係を主張されているのですが、無理やりです。無理を通す方には何を言っても無駄ですが、こういう場合は通例を持ち出して攻めるべきでしょう。他の例を持ち出してみれば、同じものがいっぱいあります。で、そういう解釈はどこもしていないはずです。
しかしながら、この規定には重大な欠点があります。それは「原則」という文字が入っていることで原則と入ると例外を認めることが可能になります。それで結局は4年だろうが10年だろうが、役員を続けることは実質可能です。
もし変えれるのであれば、誰しもの解釈に齟齬が出ないように、明確なものにされたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに「原則」が曲者になっています。ご示唆をいただいた方向で、将来、改正されるとよいのですが・・・

お礼日時:2003/10/15 17:31

「ただし再任の場合の任期は2年とし」と有りますから、再任の任期は2年間です。



一度目の任期が4年間で、2度目の任期が2年間です、その上「2任期を限度とする」となっていますから、これ以上の再任は有りませんので、6年間が最高です。

規約を「役員の任期は4年とし、再任を妨げない。ただし再任の場合の任期は2年とし、任期は最大で6年間を限度とする」のように改訂されるとすっきりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。誰もがスッキリする方向に改正すべきですね。

お礼日時:2003/10/15 17:34

努力義務です。


○○に努めなければならない。
という意味です。

無限に更新できます。
    • good
    • 0

再任された場合、最初の任期4年間+再任の任期2年間のトータル6年間が最大の任期となります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。
簡潔にして明快な結論で、よく理解できました。
職場では、私の質問の後半部分、すなわち、「再任期間が2期(合計8年)と解釈できる」といった主張をする人もいます。
そうした人へ説明する場合、どのようなものを典拠として説明すればよろしいのでしょうか?
あつかましいお願いですが、もしご存知でしたらお教えください。

お礼日時:2003/10/14 17:36

文章の解釈ということでよろしいでしょうか?


で、あればこの文書は、1任期目4年+ニ任期目2年=6年が限度と書いてありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。
職場では、私の質問の後半部分、すなわち、「再任期間が2期(合計8年)と解釈できる」といった主張をする人もいます。
そうした人へ説明する場合、どのようなものを典拠として説明すればよろしいのでしょうか?
あつかましいお願いですが、もしご存知でしたらお教えください。

お礼日時:2003/10/14 17:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人の役員任期、「再任を妨げない」がないとどうなる?

法人の役員任期、「再任を妨げない」がないとどうなる?

 法人の役員の任期について、定款等で「任期○年とし、再任を妨げない」という規定がよくありますよね。これが「任期○年とする」だけだと──「再任を妨げない」がないと──どういう扱いになるのでしょうか。再任不可とみなされるのでしょうか。

 回答に加えて、関連法令や判例があったら、なるべく細かく具体的に教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

法律上に、定款に再任可の定めがなければ再任を禁じる旨の規定があれば、「再任を妨げない」などといった定款の定めがない場合には再任はできないことになります。

・・・が、(すべての法律を調べたわけではないですが)そのような規定のある法律はおそらく存在しないと思いますので、定款に再任可の定めがなくとも、再任可能です。

少なくとも、株式会社と一般社団法人と特定非営利活動法人は、「再任を妨げない」を定款に記載していなくても、再任OKです。

> 関連法令や判例

原則再任不可の法規定が存在しないことが根拠となります。

Q法人役員の重任、再任、就任の違い

ご教示お願いします。
役員任期登記で、重任、再任、就任の違いに
ついてお教え下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

重任:今現在役員の人が再選され任期が更新された時
就任:今現在役員ではない人が選任された時
再任:これを登記で使うことはないでしょう。見たこと有りません。

参考URL:http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

Qマンション管理規約 役員の任期について

マンションの管理規約についてご教授願います。
「役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし2期以内とする。」という規定があります。

再任ですから役員として2年の任期を務めたら、1年以上の間をおいてまた2年の任期を
務めることができ、その任期は2期(4年)を限度とする、と私は認識していました。
他の方は4年連続(2年+2年)で役員を務めることができる、と解釈されています。
つまりその気になれば4年務め1年休み、4年務め1年休みをずっと続けることができると
いうこととお考えです。

2年の任期満了後に継続してその任に就くのは重任だと私は理解しています。
会社の登記では再任という言葉はないと思いますが、マンションの管理規約では一般的
なのでしょうか?
マンション管理規約における任期の正しい解釈を教えて頂きたくお願い致します。

Aベストアンサー

>役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし2期以内とする。

任期は2年ですから、平成25年1月1日から平成26年12月31日までが1期となります。

再任を妨げないということですから、平成27年1月1日から平成28年12月31日まで2期目の役員になることが出来ます。

但し2期以内とするということですから、平成29年には役員にはなれないということです。


再任と重任の意味に違いはありません。


同じ人物が選ばれる事を再任と言い、登記上は重任になります。

同様に新たに選ばれた役員を新任と言いますが、登記上は就任になります。
また、役員を辞める事を辞任と言いますが、登記上は退任です。


人気Q&Aランキング