外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ちょっと基本的な質問かもしれませんが、すみません。
ある銀行に、円と外貨(USD)の口座を持っていますが、オンラインバンキングで円→ドルまたはドル→円に換算して資産運用することは可能ですか?
例えば、今1ドル約80円なので、持っている円を全てドルに換えて貯金しておいて、1ドル120円位になった時にまた円に換えて貯金すると、単純にお金がものすごく増えると思うのですが、そういった資産運用の仕方は可能なのでしょうか?
まず、インターネット内だけで円からドルに自由に換金できるのか、よくわかりません。
また、換金する際の手数料(往復で2回分)がどのくらいなのかわからないので、どこまで円安になれば資金が増えるのか計算できません。
詳しい方がいましたら、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者様の場合は、あまり為替に詳しくないようなので説明しておきますが、まずは長期の為替レートを予想する簡単な方法から・・・


現在の日本国債10年利回り年1.160%、米国国債10年年2.999%なので、現在の為替レートを1$=80円とすると、10年後の期待値は1$=66.81円となります。
要は、長期的にはドルが下落する可能性が高いからドル金利の方が高いまま放置されているのです。
為替の基本常識は「高金利通貨は低金利通貨に対して長期的に下落する」って事です。
つまり、ドル金利が円金利よりも高い状態が長く続けば、1$=120円に戻る可能性はどんどん低くなっていきます。
実際、1$=360円時代の円がスミソニアン体制で1$=308円に切りあげられて、2年後に変動相場制に移行してからは長期トレンドでは円高に動いて行きました。
ですから、1$=120円に必ず戻るとは考えてはいけません。

>まず、インターネット内だけで円からドルに自由に換金できるのか、よくわかりません。
ネット証券ならば自由にできますが、取引時間があるので必ず前もってお金を入金し取引を事前にやっておく必要があります。
でも、実はとても簡単です、心配をしなくても大丈夫です、それよりもインターネット証券の機能を使いこなせるように自分でお金の入金方法1つから目論見書を読むまでの過程はできるようにしておきましょう。

外貨を買うのならば外貨MMFを使うか、BSTを使うかですね。
BSTは野村証券が誇る外貨節税貯蓄商品でして、これは2013年12月31日が信託終了なので、これよりも前に他の外貨商品に乗り換えれば為替差益と金利部分は非課税になります(ただし、インターネット取引ができません)。
満期まで持つと金利部分は20%課税されます。
面倒ならば外貨MMFを使えば良いでしょう(金利部分は20%課税、為替差益は非課税)。
大抵は為替手数料は片道0.25円~0.50円に設定されています(往復で0.50円~1.00円と考えておけば良いでしょう)。
米ドル金利は短期では0に近いので、大雑把には為替部分の計算だけでも十分でしょう。
BSTの説明と商品概要と現在の金利情報(2つあるので、必ず両方に目を通してください)↓
http://finalrich.com/fund/fund-high-kind-bst.html
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/bst/in …

SBI証券の外貨MMFの概要↓
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLE …

2011/06/07現在でBSTのU.S.ドル・ファンドの利回りは年0.168%となっています。
現在のドル安の原因の1つに他の通貨に比べてドル金利が安い事が原因の1つと考えられます。
もうひとつ重要な事はどの通貨を選ぼうが期待リターンは円金利並みと考えられます、しかし、実際には税金や手数料がかかるので、そこまで考えると円金利を下回ると考えた方が良いでしょう。
だからこそ、円安で為替差益を得たならば必ず利益確定をする事が重要なのです。

外貨運用するのならばSBI証券の方が銘柄数が多いので、こちらならば米ドルMMF3銘柄から最も利回りの高い外貨MMFを選んで運用ができます。
節税貯蓄ならば野村證券、インターネットが使える外貨MMFならばSBI証券を検討してみては?

ここに書かれた情報は必ず質問者様の方でも間違えが無いかを確認をして、納得の上で投資をしてください。
もっと良い外貨投資の方法やもっと良い運用商品を扱っているインターネット証券があるかも知れないからです。

最終的な判断は自己責任になります、だから慎重な判断でお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明ありがとうございました。
これ以上円高になるなんて考えたこともありませんでしたが、実際はその可能性も考慮した方がよさそうですね。
(私が海外旅行を始めた頃は1ドル=90円位でしたが、その後1ドル=125円位になったことがあったので、なんとなくまた120円位に戻るのではないかと思いこんでいました)
証券や国債で資産運用することは前に少し検討したことがありましたが、結局面倒くさくてやりませんでした。
今日本に住んでいないので、ネットでできる資産運用についてちょっとまた検討してみたいと思います。

お礼日時:2011/06/08 23:19

現在、国内銀行、外資系銀行の両方に円、米ドル口座を持っています。



先ず、円でドル購入、ドルの売却は、ネットで全て出来ます。

国内銀行は、ネットでは1ドル50銭(窓口の半額)で、円→米ドル(片方向で50銭)、外資系銀行は
ネットでも片方向1ドル1円です。

資産運用と考えると、短期に運用は難しいと思えます。
なぜなら、ネットでの購入・売却時間が制限されており、ニューヨークの市場が開いている時間帯に、
取引が出来ないため、円/ドル レートがドンドン変動していても、眺めているだけになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は1つの銀行(CITI)に円と米ドルの両方で預金しています。
というのも、元々持っていたお金が日本円で、その後稼いだお金が外国だったからです。
今も外国(アメリカ)に住んでいて、日本で換金ができないので、オンラインで単純に円からドルへ、またはドルから円へ換金できるのか疑問に思い、質問させていただきました。
オンラインだけで円からドルへ変動するのは可能なのでしょうか。
長期でもいいのですが、時期を見てオンラインだけで換金できるのであれば、円高の時期または円安の時期に換金して資産運用したいと思っています。

お礼日時:2011/06/08 11:31

はじめまして、よろしくお願い致します。



インターネットだとわかりません。

しかし、銀行ではやったことがあります。

往復で約2円(100円で2円という意味です)

通常、新聞などで表示されているのは中値といいます。

買うとき(円→ドル)は1円高く買います。
売るとき(ドル→円)は1円安く売ります。・・・中値より

わたしは、1ドル135円の時に買いましたので、今は80円で投資金額に
対して、半分の資産になりました。

うまくいく?・・・かなり難しいです。

なぜか、リアルタイムに売り買えができないからです。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
単純に現金を換金するのは簡単ですが、実は今アメリカに住んでいて、日本の銀行に預けている円をドルに換算する方法はインターネットしかありません。
でもインタ-ネットだけで円とドルの売買をできるのか疑問でここに質問させていただきました。
実際のところ、所持資産は外貨預金の方が多いので、円高の現状では資産運用は難しいように思います。
円安になるのを待った方がいいのかもしれません。
1ドル120円位になるのを待ってみようかと思います。

お礼日時:2011/06/08 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング