こんにちは。

歌人 村下孝蔵さんを偲んで・・・

あの素晴らしいシンガーソングライターの村下孝蔵さんを
もう見る事も出来なくなりましたね。

色んな名曲を残してくれています。
沢田聖子さんが歌っている「 親愛なる人へ 」は
村下孝蔵さんを思い作られた曲です。

この歌詞の中に「 受話器越しにギター 弾いて聞かせてくれた 」とあります。

村下孝蔵さんの曲の中で、忘れられない曲ってありませんか ?
回答をよろしくお願いいたします。
http://www.uta-net.com/artist/3147/
http://blogs.yahoo.co.jp/qetrrjrk/31516419.html
http://inmyheartconcerttour.cocolog-nifty.com/bl …

A 回答 (2件)

「初恋」です



中学校の時に音楽の授業で習いました。
五月雨という言葉を初めて知りました、自分の初恋の時期と重なり、とても思い出深い曲です。
20代中盤の私たちですが、今でも友達みんなハモって歌っています。それぞれ中学校の一番の思い出のうちのひとつとなっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
音楽の授業で ? それだけいい曲だということですよね。
歌詞の中に五月雨ってありますね、中学となると初恋という時期と重なるものがありますから、であれば確かに思い出の曲となりますね。
とても素晴らしい方を見れなくなり、映像の中でしか見れないという気持ちになると悲しくなるものですね。親愛なる人へも沢田聖子さんが歌っていて、とてもいい曲なんですよ !
回答下さってありがとうございました。

お礼日時:2011/06/08 10:36

「少女」ですかね。



2コーラス目の歌詞が身につまされてしまって。
甘い水を見つけることもできぬまま、紙風船を割りつづけ、
夕立どころか、晴れ間のない土砂降りつづきの人生を歩んでいるので(大汗)

「踊り子」も忘れられない曲のひとつです。
この曲が発売されたのと同じ年、高校の現代国語で森鷗外の「舞姫」を教わっていて、タイトルの語感から自分勝手にリンクさせてしまっていた思い出があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
少女も名曲ですよね、大好きな1曲です。
孝蔵さんの曲は切ない曲が多く、歌詞にしても身に染みてくる曲が多くて。
2コーラスを思うと、現在そのような気持ちなのですか・・・。
明日にはスカっと晴れますよ !
踊り子もいずれ劣らず本当の名曲ですね。いつもアコギではスリーフィンガーが多いのに、孝蔵さんは4フィンガーなんですよ。とても素人には無理ですね。
この曲聴くと切なさが増して来ますね。離愁も忘れられない曲です。
踊り子という曲に、色んな方が思いを馳せているのでは無いでしょうか !
回答下さってありがとうございました。

お礼日時:2011/06/08 15:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村下孝蔵さんの「陽だまり」

村下孝蔵さんの「陽だまり」の歌詞をフルコーラスで載せているサイトをご存知の方がいたら、教えて下さい。
著作権等に引っかかることなのかもしれないですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うたまっぷでみれますよ、どうぞ★

参考URL:http://www.utamap.com/show.php?surl=5/57750&title=%CD%DB%A4%C0%A4%DE%A4%EA&artist=%C2%BC%B2%BC+%B9%A7%C2%A2

Q村下孝蔵の全CDタイトル・・・

村下孝蔵さんが今までに発売したCDのタイトルを廃盤も含めてすべて教えてください。

但し今回、ベスト盤は省いてください。

Aベストアンサー

先日からCMで村下孝蔵氏の歌が流れていますね。

とりあえずアルバムでは
 Sony Music Artists Inc. : 村下 孝蔵 : Biography
 http://www.sma.co.jp/artist/kozo/bio.html
から引用です。

80.7.1 「汽笛がきこえる街」(SRCL1841)*
81.4.21 「何処へ」(SRCL1842)*
82.4.21 「夢の跡」(CSCL1276)*
83.8.25 「初恋~浅き夢みし~」(CSCL1277)*
84.11.21 「歌人」(SRCL2723)**
84.12.8 「花ざかり」(CSCL1278)*
86.7.2 「かざぐるま」(SRCL3065)*
87.10.21 「陽だまり」(SRCL3066)*
87.12.2 「歌人II」(SRCL3541)*
88.10.21 「恋文」(SRCL3542)*
89.11.1 「野菊よ 僕は...」(SRCL3543)*
90.7.21 「清涼愛聴盤」(SRCL3544)*
91.4.25 「新日本紀行」(廃盤)
92.11.21 「名もない星」(SRCL2536)
94.7.1 「愛されるために」(SRCL2866)
95.6.21 「林檎と檸檬」(SRCL3258)
99.9.8 「同窓會」(SRCL4589)
99.12.18 「しのびあるきのたそがれに」(SRCL4743)
*はCD選書(¥1500)**は(¥2000)として再発

ちょっと情報が古いので補足です。
「新日本紀行」は再版の運びとなって現在も入手可能です。
また、予定販売数を終了したためプレスされなくなったアルバムもあります。(店頭に並んでいる、または在庫限りってことですね)

興味があるのでしたら個人サイトですが
 村下孝蔵資料館
 http://homepage3.nifty.com/kozo/
なども参考になるかと思います。

先日からCMで村下孝蔵氏の歌が流れていますね。

とりあえずアルバムでは
 Sony Music Artists Inc. : 村下 孝蔵 : Biography
 http://www.sma.co.jp/artist/kozo/bio.html
から引用です。

80.7.1 「汽笛がきこえる街」(SRCL1841)*
81.4.21 「何処へ」(SRCL1842)*
82.4.21 「夢の跡」(CSCL1276)*
83.8.25 「初恋~浅き夢みし~」(CSCL1277)*
84.11.21 「歌人」(SRCL2723)**
84.12.8 「花ざかり」(CSCL1278)*
86.7.2 「かざぐるま」(SRCL3065)*
87.10.21 「陽だまり」(SRCL3066)*...続きを読む

Q村下孝蔵さんの曲について

昔から村下孝蔵さんの大ファンで、今でもよく聞いたりしています。村下さんご自身はギター奏者でらっしゃいましたが、中にはピアノやキーボードの曲っぽいのもいくつかあると思います。例えばヒット曲の『ゆうこ』の他に、アルバム“初恋”に収録されている『挽歌』とか。

村下さんの曲を編曲してらした水谷公生さんもギタリストのようですが、ピアノやキーボードの部分は別の人が手がけられたのでしょうか。或いはイントロから曲中のピアノやキーボードのメロディーも、全て村下さんや水谷さんが作られたのでしょうか。ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

父の出身地が彼と同じ熊本県水俣市であるので、彼の逸話は漏れ聞いています。
市内随一の映画館であった太陽映画館経営者夫婦の息子で、幼少時より音楽に夢中になっていたそうです。
下記のウィキにある通り、調律師をされていたほどの方ですから、ピアノ、キーボードのアレンジなどは朝飯前といったところでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8B%E5%AD%9D%E8%94%B5

https://www.youtube.com/watch?v=JJxmUWZ0Fvk

Q村下孝蔵の「踊り子」の謎!?

いやあ、たいした事じゃないんですけど、長年の疑問があるんです。

この歌に
「どこかへ行きたい、林檎の花の咲いてる暖かいところならどこへでも行く」
という歌詞があるんですけど。。。。ここで疑問が。

日本人だったら、林檎の花が咲いてるのは寒いところのイメージなのでは?
だって、名産地って東北とかだし。
暖かいところに咲くのは蜜柑の花とかじゃないのかなあ・・・。

と、いつも思ってしまうんです。

ただの間違いなのかなあ?
それとも、何か意味があって(主人公がリンゴも咲かないようなさむーーーい所の人間という設定が実はあるとか)こういう歌詞になってるのかなあ?

皆様はどう思われます?
何かご存知の事、あります?

Aベストアンサー

りんご園って東北だけじゃなくて愛媛や山口や佐賀や広島や
静岡や兵庫や長野や茨城や群馬や栃木などにもあります
村下さんは「松山行きフェリー」って曲があるように
そっちの方に住んでいたこともありますよ
りんごの花は春に咲くんだけど  愛媛や山口や広島や
佐賀だったら春は東北よりも暖かいのでいいのでは
ちなみにりんごの花はピンクっぽい白でかわいいですよ

Q歌手の村下孝蔵さんの知名度って低いのですか?『初恋』と『踊り子』は代表曲のハズなのに…

軽音部に入っている高1女子です。
老若男女、それも結構大人数の前でフォークギターを持って弾き語りをする機会があって
村下孝蔵さんの『初恋』と『踊り子』
原由子さんの『少女時代(斉藤由貴さんヴァージョン?)』
を歌ったんですけど
なぜか私のオリジナル曲だと思った人が結構いました。

 私はちゃんと
「村下孝蔵さんと原由子さんの曲です」
って説明したのですが
村下孝蔵さんの知名度って低いのですか?
『初恋』と『踊り子』は代表曲のハズなのに…。
私のオリジナルだと思った人には年配の人が多かったんです…。

Aベストアンサー

年配の人は知らないかな…。

村下さんは、実はそれほどまでに活動期間が長い人じゃないんですよ。
1980年、27歳の時に「ゆうこ」がヒットし、その後に「初恋」「踊り子」とヒットが続きます。
その後は1999年にコンサートのリハーサル中に倒れられて、そのまま帰らぬ人になってしまいましたが、世間の衆目を集めた期間はそうは長くは無く、また、その活動内容もどちらかというと地道なものだったので、幅広い年齢層までの知名度は無くて、主に20代からミドルエイジくらいまでが、ファンの主体層だと考えます。

また「叙情的要素にアップテンポの曲をかぶせる」という試みは、現在の高齢者の方の世代から言えば、少し時代的には早いかな?というところがあります。
いわゆる「ニューミュージック」を確立しようとしてきた先達である「さだまさし」さんの「精霊流し」のヒットが1974年のことで、それから6年後での「ゆうこ」のヒットですから、現在の80代の人からすると、馴染んだ音楽の層ではない、ということは言えるでしょう。
知名度が高くなっていく年齢層は、これからの高齢者予備軍の人たちになりますね。

最近は西野カナさんとか、miwaさんとか、どこか庶民的な雰囲気を持ったボーカリストをTVでも良く見かけますし、NHKの紅白歌合戦などでも、そのフレンドリーな雰囲気が良いのか、選出されることが多いように思います。
そういった影響が強いのかもしれないですね。

…しかし余談ですけど、村下さんの歌は難しいでしょ?。
カラオケで歌おうとするけれど、どうしてもサビが出せなかったり、ブレスがきつかったりね。

年配の人は知らないかな…。

村下さんは、実はそれほどまでに活動期間が長い人じゃないんですよ。
1980年、27歳の時に「ゆうこ」がヒットし、その後に「初恋」「踊り子」とヒットが続きます。
その後は1999年にコンサートのリハーサル中に倒れられて、そのまま帰らぬ人になってしまいましたが、世間の衆目を集めた期間はそうは長くは無く、また、その活動内容もどちらかというと地道なものだったので、幅広い年齢層までの知名度は無くて、主に20代からミドルエイジくらいまでが、ファンの主体層だと考えます。

ま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報