シリカゲルとガラスビーズを同じ大きさのサンプル管に入れ水をはったデシケーターに入れ1週間放置し、水分吸着実験を行いました。シリカゲルの比表面積を算出するために次の計算を行いました。

 ガラスビーズ1個あたりの表面積をSbとすると
  Sb=4πr^2
 (rはガラスビーズの半径)
 ガラスビーズ1個あたりの重さ
  W1=4πdr^3/3
 (dはガラスビーズの密度)
 実験に用いたガラスビーズの個数
  n=Wt/W1
  (Wtは実験に用いたガラスビーズの重さ)
 用いたガラスビーズの表面積
  St=nSb
 ガラスビーズおよびシリカゲルの表面全てに水が単分子吸着し、単位面積あたりの吸着量は同じと仮定すると、吸着量はその表面積のみに依存する。ガラスビーズに吸着した水の重さEt、シリカゲルに吸着した水の重さEsとすると、この関係より、シリカゲルの総表面積Ssは
  Ss=Es×St/Et
 と見積もることができる。
 この総表面積をシリカゲルの重量Wsで割ると比表面 積Rsがもとまる。
  Rs=Ss/Ws
 
この方法で求めた比表面積は文献値と大きく異なります。計算過程に問題があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

計算過程は特に間違いがないと思います。

ただ、実験で各物理量を測定されたというのであれば
>ガラスビーズおよびシリカゲルの表面全てに水が単分子
>吸着し、単位面積あたりの吸着量は同じと仮定すると
という仮定の妥当性はあるのでしょうか。特にシリカゲルの全表面に水が単分子吸着するという仮定はそれなりの実験条件でないと実現しないと思いますが。結果的に文献見値より大きな比表面積となったのではないでしょうか?
以上、的外れなことを言っているのであればごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答どうもありがとうございました!!この計算方法はテキストに載っており、計算過程には問題はないと思ったのですが、「この方法で求めた比表面積は文献値とずれる。この理由は?」という問いがあったので、計算過程に問題があるのかと思い質問しました。計算過程というよりも、書いてした条件なのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/14 17:36

吸着剤は低い濃度では有用であるが、高濃度ではあまり有用でない。


実験が溶液中で行われたため、溶液とシリカゲルの間に相互作用が働き吸着が理想的におこらなかった。
シラノール基が水素結合することにより、3種類の吸着の性質の違いを示す。(シラノール基とは、Si―OHの結合) こんな感じと思います。ちなみにdoradoracakeさんはOIT3回生ですか?私もOIT生です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!!

お礼日時:2003/10/15 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型シリカゲルを何に入れるか

とある物を横幅45cm、縦幅62cm、奥行30cmのガラスケース16個に小分けして保管し、湿度を調整してくれるB型シリカゲルを中に置こうと思うのですが、設置するグラムに対して70%の水分を吸収するB型シリカゲルの特性から60グラム程度の楽器用の湿度調整剤ではちょっと小さいようで、数を入れると費用も高くなるため、缶入りの「B型シリカゲル ドライヤーン」といものを1kg購入しましたが、これはどのような物に入れて使用すればいいのでしょうか、むき出しで小皿に入れるより何かしら袋状のものに入れたいと思ってます。
水溶性ではないので溶け出したりはしないと思うのですが、茶葉を小分けするような網状の袋に入れてケースの4角に配置できればと思いますが、それでも大丈夫でしょうか。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%B3-B%E5%9E%8B%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%AB-500%EF%BD%87%EF%BC%88%E7%BC%B6%E5%85%A5%EF%BC%89-%EF%BC%88%E7%99%BD%E8%89%B2%E7%90%83%E7%8A%B65%EF%BD%9E10mesh%EF%BC%89/dp/B006VKN1Z4

とある物を横幅45cm、縦幅62cm、奥行30cmのガラスケース16個に小分けして保管し、湿度を調整してくれるB型シリカゲルを中に置こうと思うのですが、設置するグラムに対して70%の水分を吸収するB型シリカゲルの特性から60グラム程度の楽器用の湿度調整剤ではちょっと小さいようで、数を入れると費用も高くなるため、缶入りの「B型シリカゲル ドライヤーン」といものを1kg購入しましたが、これはどのような物に入れて使用すればいいのでしょうか、むき出しで小皿に入れるより何かしら袋状のものに...続きを読む

Aベストアンサー

シリカゲルには化学的な反応性は全くありません。
ですから、どのような入れ物にいれても構いません。

ただし、袋に入れるとそれだけ通気性が悪くなるので、湿気の吸収速度が落ちます。
その辺りを考慮したふくろと分量にしてください。
また、シリカゲルはそもそもが化学的吸着(強い)ではなく物理的吸着(弱い)です。
ですから、扉の開け閉めが多いようだと吸着が追いつきません。

シリカゲルは物理的吸着なので、加熱すれば湿気を放出して再生することができます。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/yumetairiku/howto/sio2-saisei-howto.html

Q有機化合物を吸着しないシリカゲル

私は、実験で森林ガスを活性炭に吸着して回収し、ガス成分の分析を行っているものなのですが、回収の際、湿気のおい森林などでは、吸着させる活性炭に水分が吸着してしまい、吸着量が減少してしまいます。

そこで、回収の際、シリカゲルを通して活性炭にガスを採取する方法をとっているのですが、これでは、シリカゲルにガスに含まれる揮発性有機化合物(特に森林ではフィトンチッドと呼ばれているもの)も吸着してしまい、正しく定量できません・・・。

そこで、有機化合物を吸着せずできれば水分だけ吸着してくれるシリカゲル、又はそれに変わるものはないのでしょうか??

何か情報がありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シリカゲルを塩化カルシウムに替えてみてはどうでしょう。
極微量の分析を行われているようですので、どの様に影響がでるのか?
分かりませんが、吸湿効果が望めるのと活性炭の吸着には悪影響を及ぼさないと思います。

ふと思ったので逆に質問させて頂きたいのですが、
フィットンチッドなどの臭気は、活性炭の飽和吸着まで吸着するのでしょうか?
どの様な試験法なのか分からないので何とも言えませんが、
活性炭への有機物吸着には、もちろん湿度もそうですが、
温度、濃度の影響などもあるので、その辺りの影響も考えて見た方が
良いように思います。

Q通販番組でシリカゲル入りのベットマットを見ました。さらさらしていて気持ちがいいと聞きましたが、洗濯す

通販番組でシリカゲル入りのベットマットを見ました。さらさらしていて気持ちがいいと聞きましたが、洗濯すると効能は落ちるのではないでしょうか?買おうか迷います。シリカゲルはB型シリカゲルです

Aベストアンサー

洗濯すると効果は蘇ります

Qシリカゲルの吸着力について

シリカゲルについての質問ですが。
-20℃~-10℃の低温でも除湿吸着能力は発揮しますか。
お教えください。

Aベストアンサー

No3を書いたものです。投稿してしまってから書いた内容は低温である要素が入っておらず、あらゆる温度に適用すべき話と気付きました。要するに主張したことは実は、大雑把に
q+ΔH≒0
であるならば、飽和蒸気圧下でのθ(被覆率)は温度により変化しない、ということでした。もしデシケーターの中のような場合、q/RTにしたがって温度が下がれば吸着量が増えP(気相圧)は下がります。失礼いたしました。

Qシリカゲルの吸水量

シリカゲルの吸水量(単位質量あたりの吸水重量)を教えて下さい。

密閉したデシケータに、「とある水溶液」とシリカゲルを入れて
水を蒸発させて溶解物を析出させようとしています。
析出中に振動させたくないので、シリカゲルは、最初から十分
な量を入れたいと思っています。100ccの水を十分に吸水させる
にはシリカゲルの量はいかほどいれたら良いでしょうか?

---
検索では含水率とかだったり、吸水量に単位がなかったりで
見つけられませんでした。

Aベストアンサー

No1の者です.「お礼」に対してのコメントです.
だいたい,お考えの通りだと思います.
例えば,参考URLの商品だと,相対湿度20%での吸水率は12%と出ていますので,
1000gのシリカゲルがあれば,120gの水を吸収して相対湿度20%ぐらいに
下げられそうですね.
ただ,一般的に言って,シリカゲルで相対湿度を20%以下に下げるのは
かなり大変だと思います.平衡に近くなると,吸湿速度はうんと遅くなりますからね.

実験をオススメしたのは,「積分が必要」なのと,製品によって性能がかなり
違うからです.

リン系は,確かに反応が心配ですね.シリカゲルはその点,安全です.
青いシリカゲルをご存知ですよね?青いものを混ぜておけば,吸湿レベルを
ある程度把握できるので便利ですね.
真空ポンプで吸引できるといいんですけどね.
お急ぎでなければ,他の方の意見も参考にされた方がいいと思います.
ぼくは,化学関係の仕事をしてますが,乾燥剤が専門ではないので(^^;).

参考URL:http://www.adachi.ne.jp/users/chuo/sub2.html

No1の者です.「お礼」に対してのコメントです.
だいたい,お考えの通りだと思います.
例えば,参考URLの商品だと,相対湿度20%での吸水率は12%と出ていますので,
1000gのシリカゲルがあれば,120gの水を吸収して相対湿度20%ぐらいに
下げられそうですね.
ただ,一般的に言って,シリカゲルで相対湿度を20%以下に下げるのは
かなり大変だと思います.平衡に近くなると,吸湿速度はうんと遅くなりますからね.

実験をオススメしたのは,「積分が必要」なのと,製品によって性能がかなり
違うからです...続きを読む

Q水ガラス → シリカゲル への変化について質問です。

簡単な化学書籍で見かけたのですが、水ガラスを乾燥するとケイ酸となり、ケイ酸を完全に脱水するとシリカゲルになるとありました。
乾燥・脱水を繰り返しての変化ですので、当然H2Oが放出されると思います。
具体的にシリカゲルに至るまでに放出されるH2O量はどのくらいなのでしょうか?

また、水ガラスとはどのような状態なのでしょうか?
実は私が通った中学では理科の授業で1度も実験を行わないところだったので、見たことがないのです。

Aベストアンサー

> 水ガラスの組成はどのようになっているのでしょうか?
> 水で薄めるので強アルカリは示さないのでは?

水ガラスの組成は Na2O.nSiO2 (n=2~4) で液性はアルカリ性,水で希釈すると NaOH が生じるので強アルカリ性になる。

> 普通に乾燥させることが可能ではないかと思いました。

水ガラスを空気中で放置すると CO2 を吸収して Na2CO3 を生じるため,ケイ酸がゲルとして遊離する。

これでよろしいですか?

Qシリカゲルについて

猫の砂でシリカゲルのものがあるのですが、
シリカゲルはケイ素なので、土に埋めると還元されると書いてあります。
しかし、水に溶けないので水洗トイレで流すと詰まると書いてあります。
では、シリカゲルを川に流した場合はどうなりますか?
土に埋めた場合は1ヶ月ほどで土に還ると書いてあるのですが、川に流した場合は1ヶ月ほどで土になって川底に沈むのでしょうか?
それとも、水に溶けないので、シリカゲルの形を保ったまま、水の中を流れて海まで行ったり、砕けて川底の砂に混ざったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

 シリカゲルは成分的には砂の中に含まれているものと同じです。
 ですので、砂と同じように考えて良いかと思います。

 ただ、環境という側面からは、使用後の「猫の砂」は排泄物等で汚染されていますので、河川を汚染する原因となります。また、砂と同じ成分といっても河川の規模によっては流れに影響を与えるなど好ましくない影響を与える恐れがあります。

Qシリカゲルを分解して、シリカと塗料と混ぜたい

けど、混ざるかな?
シリカゲルを分解するのに炭素と混ぜて加熱するの?
難しいですか?

Aベストアンサー

普通にシリカゲルを粉にしてしまったら?
坩堝などで加熱して水分を飛ばした後に、すりつぶして細かい粉末にした後に油性の塗料に混ぜれば、そのまま普通に混ざります。

Qシリカゲルの変化・反応について

こんにちは。
化学について分からないことがあり質問させていただきます。
“シリカゲル青(乾燥剤)”の酢酸・エタノール・水に対する色の変化には何か違いが出るのでしょうか。反応式も分かれば教えていただきたいです。又、シリカゲルとシリカゲル青とは一体何が違うのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シリカゲル青には,塩化コバルトが極少量含まれています。
塩化コバルトは乾燥している時は青色,水分を含むと淡い赤色に変化します。
塩化コバルト紙というものを習ったことがあるかと思いますが,それと同じです。
乾燥剤として使える状態(青)か,もう水分を吸ってしまっている(淡い赤)か,判断するために使われています。

酢酸・エタノール・水のうち水分を含んでいるものは・・・と考えればわかりますね。

Qシリカゾルをシリカゲルにする方法。。。

シリカゾルからシリカゲルを作りたいのですが,どうしてもうまくいきません。
どなたか,教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Luckycatsさんの回答で思い出したのですが、以下の成書は参考になりますでしょうか?
====================================
ゾル・ゲル法によるガラス・セラミックスの製造技術と…/山根正之∥監著/応用技術出版/1989.6 
ゾルーゲル法の科学/作花済夫/アグネ承風社/1988.7 
---------------------------------
シリカとアルミナ : コロイド製品 / 永井彰一郎編. -- 金原出版, 1967. --
(新しい工業材料の科学 ; B-8)
シリカと私 / G.B.アレクサンダー著 ; 井上勝也訳. -- 東京化学同人, 1971. -- (Chemistry in action series ; 1)
高純度シリカの製造と応用. -- 普及版. -- シーエムシー, 1999
高純度球状シリカ粉末. -- ティー・アイ・シィー, 1993. -- (日本特許に見る最新技術の動向シリーズ ; No. 1002)
非晶質シリカ材料応用ハンドブック. -- リアライズ社, 1999
=====================================
ご参考まで。

Luckycatsさんの回答で思い出したのですが、以下の成書は参考になりますでしょうか?
====================================
ゾル・ゲル法によるガラス・セラミックスの製造技術と…/山根正之∥監著/応用技術出版/1989.6 
ゾルーゲル法の科学/作花済夫/アグネ承風社/1988.7 
---------------------------------
シリカとアルミナ : コロイド製品 / 永井彰一郎編. -- 金原出版, 1967. --
(新しい工業材料の科学 ; B-8)
シリカと私 / G.B.アレクサンダー著 ; 井上勝也訳. -- 東京化学同人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報