利用規約の変更について

外国人派遣労働者の知人が、工場(勤務先)で全治1ヶ月の骨折の怪我をしました。

痛くて手が動かないので病院に行きたい旨を勤務先職員に伝えると
「どうせ病院にいっても、湿布貼られるだけで大したことないと思うよ」
といわれたそうですが、痛くて仕方がなかったので、派遣会社に連絡をし、
その日の午後に、派遣会社の職員(雇用主)に連れられて、整形外科のクリニックへ行き、
支払いは派遣会社の方が行いました。

医師からの診断は【左手人差し指手根骨骨折・全治1ヶ月】でした。
医師は治るまで休業すると考えていたようで、固定はせず、湿布をし、サポーターをする
処置になったようです。

しかし、知人は勤務中の怪我でやむなく休業している間(詳しく言うと4日目から)
給料の60%が休業補償として支給される制度を知らなかったため、
給料がなくなることを恐れ、次の日から通常どおり出勤したそうです。
勤務先の職員は、怪我をする前までに行っていた作業をさせるのは無理と判断し、
軽作業を知人にするよう命じていたそうです。

しかし、片手でできる工場の作業はほとんどなく、知人は怪我をしている手も
使いながら、5日間働きました。
その間、できる仕事がなく、勤務先からは指示もされず、何をしたらいいのか
分からない状態で放置されていることもあったようです。
補足として、怪我をしてから勤務先の監督者が冷たくあたるようになったようです。

その後はじめの診察から1週間後にあたる、勤務5日目の午後、また仕事を早退し、
派遣会社の職員とクリニックへ行き、経過をみてもらいました。
知人が勤務先で作業を行うので固定をしてほしい旨を医師に伝えると
固定すると動きにくくなるので固定はしないほうがいいといわれたそうです。

その3日後、手が腫れてきたようで、仕事を休み、クリニックへ行くことになりました。
レントゲンをもう一度撮った結果、骨が離れてきていると言われたそうです。

知人は痛くてまともに作業ができない上、これ以上作業を続けて治りが悪くなることは
避けたいと思い、2日間休んだそうです。

私は知人に労災には休業災害というものがあり、勤務中の怪我が原因で
医師から休養が必要であると診断された場合は補償される制度があることを伝えました。
その際、どういう労災なのか確認するように知人へ伝えました。

すると、3日目に派遣会社から連絡があり、次のように言われたそうです。
「【むきゅう労災】なので、これ以上休まないように」
知人はこのように言われたため、3日目から勤務しています。
しかし、2時間ほど放置され、何の作業もさせられないまま、勤務先の職員には
冷たくあたられ、困惑しているようです。

私なりにインターネットで調べたところ、【むきゅう労災】(知人は漢字が分からないためひらがな)
というのは見つかりませんでした。その代わり、【不休災害】というものを知りました。そしてその
不休災害は『病院へ行く必要はあるが、休まなくていい場合』ということも知りました。

そこで皆様に質問があります。
(1)知人の場合、休業災害は適応されないのでしょうか?
 医師から休むことが必要と診断された場合は、勤務先側や派遣会社側が
 不休災害と主張していても、休業災害として休業補償が受けられるように
 なるのでしょうか?
 また、はじめは不休災害と判断されていても、途中から休業災害に
 変更することはできるのでしょうか?

(2)これはあくまでも私の予想なのですが、保険制度等のことをしっかりと把握できない
 外国人労働者であるのをいいことに、相応の対応を受けられていない気がします。
 主張をしなければ、勤務先・派遣会社のいいように処理をされている感じがして
 ならないのですが、このようなことが考えられる場合、相手にはどのように
 対応すればよろしいでしょうか?
 まず、【無休労災】という言葉がネットで検索しても見つかりませんし、平気でそのように
 ない言葉を伝えてくる派遣会社が私にはとても信用できないのです。

(3)こういった相談をする機関は、労働基準監督署になるのでしょうか?
 それとも社労士の方に相談するのが一般的なのでしょうか?

以上、長くなりましたが、詳しい方ご教示いただけますでしょうか。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは


気の毒なお話ですね

専門家ではありませんので、過去の経験から書かせていただきます


数年前、近隣の市の土木工事の一次下請業者として仕事をしていた際、
当社の社員が鉄骨と柵の間に指を挟まれ、左手(利き手)小指を粉砕骨折しました、
被災したのが16:00頃、手術は深夜にまで及びましたが、
翌日はいつもの様に現場に出勤し、軽作業をしていました
当初の扱いは「不休災害」です

当時、元請の会社全体、及び各工事所は無事故運動を展開中(これはいつもですが)で、
「労働災害ゼロを目指す」等のスローガンを掲げておりました
これは業界の誰でも知っている事ですが
「休業災害」の方が、「不休災害」よりも重大な事故とみなされ、
当然、本部からのペナルティも「休業災害」の方が重いため、
会社及び総務担当者は、なるべく「不休災害」扱いにしたがります

>怪我をしてから勤務先の監督者が冷たくあたるようになったようです。
つまり、ケガをする社員は、会社にとっては「迷惑なだけ」なのです

そんな事情も被災者本人は知っておりましたので、
その後も毎日出勤、作業をしておりました
(その後、執刀医とは別の医師に聞いたところ、絶対安静が必要だったとの事でした)

1週間ほど経って、定期の検査に行くと、骨折した小指の先が壊死しており、
切断手術、2週間の休業が必要との事、やむなく現場の所長に話し、「休業災害」の扱いとして、
管轄の労働基準監督署に、遅延書を添付して書類を提出しました
(一応、不休災害は様式第5号、休業災害は様式第23号の提出が必要です)

ですので、ご質問の
>はじめは不休災害と判断されていても、途中から休業災害に
>変更することはできるのでしょうか?
これは、手続き上可能です


労災隠しは重大な「犯罪」です
(まあ実際はどこでもやってるんですけどね・・)
相談先は工場の地域管轄の労働基準監督署になると思いますが
質問者様の文章から察すれば、
勤務先側や派遣会社側は、それを知っていて、ごまかしているとしか思えませんので、
いきなり監督署に訴えれば、双方の会社共、相当の指導(罰)を受けると思われます

例えば、「監督署に訴える」をタテに、待遇の改善を求めるなどのやり方の方が、
賢い気もしますが・・。

外国人労働者の雇用の実態について、私は詳しく知りませんし、
残念乍ら、必ずしも「正義が勝つ」とは限りません
今後の就労なども考慮のうえ、行動されては如何かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

>「休業災害」の方が、「不休災害」よりも重大な事故とみなされ、
当然、本部からのペナルティも「休業災害」の方が重いため、
会社及び総務担当者は、なるべく「不休災害」扱いにしたがります

そうなんですね・・・。やはり、「休業労災」となると労働基準監督署からの
チェックが厳しくなるだけではなく、会社の間でもペナルティ等が課せられるため
「不休災害」にしたがるのですね。

>>怪我をしてから勤務先の監督者が冷たくあたるようになったようです。
>つまり、ケガをする社員は、会社にとっては「迷惑なだけ」なのです

知人自身も、それまで普通に会話をしていた勤務先の職員の方が
目すらあわせてくれなくなり、自分の存在がないかのように振舞っていることに
とても困惑しておりました。
私は工場等で勤務したことがないので詳しくは分かりませんが、
どうやら事故再発防止のため、知人自身にも、勤務先の監督者の方々にも
会社側から事情聴取があったようです。
その際、生産率のアップ、効率のアップのために手順とは違う方法を
現場の職員に教えられていたようですが、知人はそれを言ってしまうと
現場の職員が罰せられると思い、黙っていたようです。
そんな知人の心中も知らず、職員の方々の対応は聞いていて悲しくなります。
なんだか大人気ないですよね・・・。

ukdes77さんのおっしゃっている被災者の方は、粉砕骨折という
大怪我をしたにもかかわらず、休まずに作業を続けていたなんて・・・。
そして壊死してしまったなんて・・・。信じられません・・・。
会社に「迷惑」と思われないように、怪我をしているのに無理を
しなければならない、そんなことあってはならないと思います。
話を聞くだけでも憤りを感じます。

>管轄の労働基準監督署に、遅延書を添付して書類を提出しました
>(一応、不休災害は様式第5号、休業災害は様式第23号の提出が必要です)

不休災害でも様式第5号の提出が必要なんですね!はじめて知りました。
そういえば、知人も何か書類を出したと言っていた気がします。
その書類がどういうものなのか、説明はなかったそうです。
一度確認してみます!

>>はじめは不休災害と判断されていても、途中から休業災害に
>>変更することはできるのでしょうか?
>これは、手続き上可能です

とりあえず、知人へ状況を確認したところ、「何もしなくていいから
会社には来てください」と言われているそうです。
これはきっと、「休業災害」にしたくないからなんでしょうね・・・。
医師の診断では休業する必要があるかどうか、それをまず確認しなければ
なりませんね。

>例えば、「監督署に訴える」をタテに、待遇の改善を求めるなどのやり方の方が、
>賢い気もしますが・・。

>外国人労働者の雇用の実態について、私は詳しく知りませんし、
>残念乍ら、必ずしも「正義が勝つ」とは限りません
>今後の就労なども考慮のうえ、行動されては如何かと思います。

たしかに、ukdes77さんのおっしゃるとおりですね。
これからもその工場で働くか否かで冷静に判断しなければいけませんね。
日本人でさえ就職困難な時代ですし、知人がこのことで会社ともめて
失業してしまったら、それこそ生活に関る問題ですし・・・。

知人へ提案して一緒にもう少し考えてみます^^
ご回答くださり、本当にありがとうございます。

お礼日時:2011/06/09 15:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災手続きをとらず、治療費の実費払いをする

建設現場においての労働災害ですが、当然、労働者死傷病報告を(状況により23号・24号を考えて)所轄監督署へ提出し、治療費の請求は(5号、転院すれは6号)病院へ提出する流れが基本だと思いますが、労働者死傷病報告の届け出は法的罰則もありますしよく言われます「労災かくし」にもなりますので、当然ですが、治療費の請求に関して例えば本人もしくは被災者の事業主が、労災保険を使用しないで実費払いをすると言った場合はどう扱われるんでしょうか?もちろん健康保険はもってのほかなので、そうなると実費払いとなりますが法的問題はありますか?たぶんご回答頂けるとそこにあろうかと思いますが、「なぜ普通に労災保険を使用すれば・・・」と「実費払うなんて・・・・必要ない・・・」と言われてしまうかもしれませんので、先にそれに関してですが、当然そうです。しかしこのように各業者は元請けの承認というか理解を得るためにはいろいろ考える物なので(当たり前ですが、不正をしようと考える物ではなくて、届け出するべき物は遅滞なく行う、ただ正当な中で出来うる事をお聞きしたいのです)どうかヨロシクお願い致します。

建設現場においての労働災害ですが、当然、労働者死傷病報告を(状況により23号・24号を考えて)所轄監督署へ提出し、治療費の請求は(5号、転院すれは6号)病院へ提出する流れが基本だと思いますが、労働者死傷病報告の届け出は法的罰則もありますしよく言われます「労災かくし」にもなりますので、当然ですが、治療費の請求に関して例えば本人もしくは被災者の事業主が、労災保険を使用しないで実費払いをすると言った場合はどう扱われるんでしょうか?もちろん健康保険はもってのほかなので、そうなると...続きを読む

Aベストアンサー

 労災保険を使わず、使用者全額負担は、労働基準法の第8章に定める災害補償の原則です。

 ただ、通常は、法定の補償額が多額になると使用者が補償し切れないので、労災補償を受けることが、ほとんどです。

 よって、労働者死傷病報告を偽るのは犯罪ですが、労災補償の使用者全額負担は違法にはなりません。
 労災保険法に基づく補償は、労働者の申請(請求手続)が前提です。

 なお、法律に関する回答は、問題あるなしではなく、違法か否かが回答になります。

Q労災保険給付請求書に医者の診断書が必要ですか?

労災申請に休業と療養補障請求書があり、この休業補償の請求書の文中に医師の証明を貰う箇所があります。これで証明して貰えると診断書と兼ねられるのでしょうか。個別に診断書を申請すると何千円かかると思ってましたので。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

労基署の方に聞いたところ、労災の場合診断書は特に必要ないらしいです。労災申請用紙には医者の診断を書くところがあるので・・・。

ただ会社によっては診断書を請求するところがあります。
その場合は会社に請求しても問題ない(会社が要求しているのだから)、と労基署の方から回答をもらったことがあります。

Q労働保険の 労働保険番号について

どなたか教えていただければ有難いです。

労働保険は、労災保険と雇用保険に分かれますが

労働保険番号は、労保と雇保別々にもつものなのでしょうか?

一元適用事業所の場合と二元適用事業所の場合を教えてください。

また、
労働保険の納付先は、どこになるのでしょうか?

詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事務部門に従事する職員の労災保険番号、末尾「8」は、建設業の一人親方の事務組合加入による労災保険番号になります。
また、雇用保険番号として、1事業所に一つ「雇用保険適用事業所番号」○○○○ー○○○○○○ー○の11桁からなる番号が付けられます。
つまり、一元適用事業所には、13桁からなる労働保険番号と11桁からなる雇用保険適用事業所番号の2種類の番号を持つことになります。
二元適用事業所の場合は、事業の内容により変わりますが、雇用保険適用事業所番号と他に、労働保険番号の基幹番号の末尾2、5、6などを持つ場合が多い(末尾6を持たない事業所も多いです)ようです。

労働保険料の納付は、毎年5月20日までに年度更新(労働保険の確定申告)を行い最寄りの金融機関や郵便局又は、一元適用事業所であればハローワークで納付(労災も雇用保険料も併せて)します。二元適用事業所の場合も金融機関などの納付は一元適用事業所と同様ですが、直接ハローワークや労働基準監督署などに納付する場合は、雇用保険料(末尾2の分)はハローワークへ、その他の末尾にかかる保険料は労働基準監督署に納付します。
ちなみに年度更新における書類の作成も一元適用と二元適用では大きな相違点がありますのでご注意下さい。
参考までに下記のホームページをご覧下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0320-2.html

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事...続きを読む

Q労災はいつまで続けられるか?

手の小指の第一関節のところの靭帯損傷で労災にかかって約5ヶ月になります。今は治療らしきものはなく、状況報告とリハビリでストレッチのようなことをしてもらうだけです。曲げるのはほぼ問題ない状態になりましたが、反らしたり、ひねったりするとまだ痛みがあり、自分で触っても関節部に柔軟性がなく硬い感じで明らかにもう一方の手の指とは違います。医者に聞くと、怪我自体は治っている時期なので、それは元通りにならないかもしれないし、元通りになるかもしれないけど1年とか2年ぐらい時間がかかるかもしれない、と言われました。リハビリの先生は、その部分が癒着して硬くなっている。元通りになる人もいればならない人もいる。と言われました。いつまでリハビリを受けるか、いつあきらめるかの判断をつけるのはとても難しい。他の投稿を見ると「リハビリは6ヶ月まで」という記事がありましたが、(1)「リハビリは6ヶ月までしか受けられないのでしょうか?」また、自分で費用負担していないことが逆に後で請求されはしないかと思うと不安です。(2)「治療を受けた後、病院が毎月労災機関に請求しているようですが、労災機関が「長くかかりすぎ」とか言って拒否して、事後で私に治療費の請求がきたりすることはないでしょうか?」

手の小指の第一関節のところの靭帯損傷で労災にかかって約5ヶ月になります。今は治療らしきものはなく、状況報告とリハビリでストレッチのようなことをしてもらうだけです。曲げるのはほぼ問題ない状態になりましたが、反らしたり、ひねったりするとまだ痛みがあり、自分で触っても関節部に柔軟性がなく硬い感じで明らかにもう一方の手の指とは違います。医者に聞くと、怪我自体は治っている時期なので、それは元通りにならないかもしれないし、元通りになるかもしれないけど1年とか2年ぐらい時間がかかるかも...続きを読む

Aベストアンサー

質問にお答えします.

>リハビリは手術後150日間で終了したということですね。

その通りです.

>その終了の判断は誰が判断するのですか?「病院の医者」でしょうか?

こちらもその通り、主治医です.
回答にも書いた通り、私の場合、さらにリハビリを続けたとしても負傷部分の機能が回復する訳ではなかったので打ち切りとなりました.
そして、今後はジム等で筋力UPをせよと言われました.
dol28さんのように動き自体に問題がある場合はよくわかりませんが、基本的な動きが戻ったのなら、「反らしたり、ひねったり」さえしなければ支障はないということで、リハビリは限界と判断されるかもしれませんね.
ただ、「1~2年続ければ...」とも言われているのであれば、それはDrの判断として、延長されるのかもしれませんね.
ちなみにリハビリ中に理学療法士の方から聞いたのですが、整形外科系の場合のほとんどは150日で打ち切られ、脳障害の後遺症の場合などは年単位でのリハビリで回復効果が上がるので延長されることが多いとも言っていました.これもケースバイケースだとは思われますが...


>また、手術からほぼ2年後に、労働基準監督署から電話があり...
      
そうですが、これは半年に1度しか通院せず、しかも受診内容がX線撮影、触診、鎮痛剤飲み薬の投与だったので、それを見た監督署が連絡してきたのが、たまたま2年後だったのではないかと思われます.
根拠はありませんが、何か「2年」という基準があるのでは無いと思っています.

>労災給付は打ちきりになり、そして、後遺障害の申請を行い、その後病院に行った医療費等はその申請が認可されることにより支給された。
をということですね?

これも回答に書いた通り、先日、監督署の呼び出しに応じて出頭し、審査(医師の診察)を受けたところまでで、結果待ちです.
監督署からの電話で聞いた範囲では、そう言われたということです.
手続き後に受診はまだしていませんので、仮にいま受診したら費用(というか病院の会計での支払い)はどうなるのかわかりません???
ただ、労災打ち切りの通知もまだ来ていないですね.

また何かありましたら遠慮無くお尋ね下さい.

質問にお答えします.

>リハビリは手術後150日間で終了したということですね。

その通りです.

>その終了の判断は誰が判断するのですか?「病院の医者」でしょうか?

こちらもその通り、主治医です.
回答にも書いた通り、私の場合、さらにリハビリを続けたとしても負傷部分の機能が回復する訳ではなかったので打ち切りとなりました.
そして、今後はジム等で筋力UPをせよと言われました.
dol28さんのように動き自体に問題がある場合はよくわかりませんが、基本的な動きが戻ったのなら、「...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報