映画の冒頭で、樹原死刑囚が記憶の片隅にある『階段』のシーンを思い出します。のちにこの階段は増願寺の階段だということになってると思うのですが、樹原死刑囚は増願寺に行ってたんでしょうか?
ストーリー上、樹原死刑囚は増願寺とは無縁のような気がするのですが。
もし増願寺に行ってたとしたら、なぜなんでしょう?
真犯人と樹原死刑囚の関係はなんとなくわかったんですが、どーしても樹原死刑囚と増願寺が結びつきません。
三上が言ってたように、単に「思い出したのではなく、絞首台にあがる13の階段が頭によぎった。」だけなんでしょうか?
どなたか分かる方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ぼんやり見ていたので自信がないのですが……。



増願時に通帳とかを隠しに行ったときには、樹原も真犯人(安藤でしたっけ?)に同行していたのではないでしょうか?
確か真犯人が「樹原を殺そうと思ったけど出来なかった」というようなことを言っていたと思います。
共犯者として証拠隠滅にも関わり、増願時に行った、と私は思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことだったんですね。
ようやく謎が解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/15 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q13階段が気になる

先ほど新築の家が完成し 引っ越しの荷物などを
半分ほど片づけた後に私だけが気づいたのですが
2階へ上がる階段の数が13段あるのです。
絞死刑の人が上る階段の数という事でものすごく
気になって仕方がありません、主人などは
全然気づいて無くて言うと余計に気にすると思うんですが
風水とか、何かで魔よけみたいなものはないでしょうか?
それと皆さんのお宅で13階段ある家の方にお聞きします。
気になったりしませんでしたか?

Aベストアンサー

  こんちには。

 わが家も13階段で二階の部屋に居ますが、なんら不吉なこともなく、五体満足で暮らしています。
 ここ1~2年程飼いネコ数匹が昇り降りして結構騒がしいです(^^;
 特に盛りのシーズンなのか、階段の上と下で盛んにニャーニャー叫んでいて、まさにネコ屋敷の様相を呈しています。

 魔除けというのでは、新築の棟上式のの時に天井裏に御札を貼っているはずです。
 あとは、厄払い、家内安全などの祈願、御札をもらえる神社に参拝するのが宜しいと思います。

Q原節子さんは今…

昭和を代表する名女優、原節子さんはご存命なのでしょうか?

訃報などに接した記憶はないのですが…。

Aベストアンサー

どうも今晩は!


Wikipediaには、「1962年の『忠臣蔵』を最後に「衰えた容姿を見せたくない」という言葉を残し、隠遁生活に入る。1963年、小津安二郎監督の葬儀に姿を見せたのが、公の場に姿を見せた最後となった。現在は神奈川県鎌倉市に親戚と2人でひっそり暮らしている。」と記載されています。
1920年6月17日生まれとありますから、現在87歳になられるようですが、まだご健在のようですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%AF%80%E5%AD%90
http://www.kanda-zatsugaku.com/050909/0909.htm


ご参考まで

Q高野和明著 13階段

こぉんにちは
高野和明さんの13階段を読みました。
教えて欲しいのですが、最後の南郷さんの
「俺もお前も終身刑だ」(略)「仮釈放は、なしだ」
というのは、どういう意味なんですか?

Aベストアンサー

かなり前に読んだのでうる覚えですが・・・

三上が犯した殺人事件の真相を知って、それを犯した三上とそれを見抜けなかった自分に対しての「皮肉や自戒」などの気持ちを刑罰に例えたのではないでしょうか?
私はそう読みました。

「皮肉や自戒」の部分にはもっと適切なものがあるかもしれません。ボキャ不足です、多分。

Q北の零年の原作ってないんですか?

映画に興味があって、映画館の窓口まで行ったのですが、3時間の長時間上映で疲れそうなので、あきらめて帰ってきました。
本なら長くても読めそうなので探しています。
映画のキャストを見ますと参考文献というのが2冊載ってますが、原作というわけではなさそうです。
映画とこの本はストーリー的に全然関係ないんでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは
母親が見に行ったのですが、朝日新聞に連載されていた「静かなる大地」という小説がストーリー的に近いようです。
では

Q昔の遊び 13階段と言っていたような気がします。

こんにちは。
30年くらい前の話になりますが,小学生の頃確か13階段と言っていた遊びがありました。
地方によっては,けんけんぱと言うのかもしれません。路地にチョークで長方形を書き,縦に二等分して横に6つ線を引き14個のますを作ります。(記憶が曖昧です)左の一番遠くのますは休みだったと思います。石を用意して一番手前の右列のますに石を入れ,ケンケンして一周するような遊びだったと思います。無事1周できたら後ろ向きに頭越しに石をますに投げ入れ,入ったますが自分のますになるような・・・確か温泉マークのような絵を描いた気もします。
このような遊びをしていた方,13階段(今考えると少し不気味な名前ですが・・・)というような名前(他の呼び方)や地域性があるのでしょうが,ルールを知りたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あー、懐かしいです。

かれこれ35年以上前、東京下町の小学生の頃、近所の子達とよくやっていました。
私達の間では「温泉つくり」というネーミングでした。

ます目の作り方は同じですが、8~10ますだったように記憶しています。休みのますの場所はご記憶の通りです。

一人一つづつ石を用意して、一番手前の右列のますに石を投げ入れ、ます目の中をケンケンで進みます。
自分の石があるます目は石を取ってから入ります。
休みのますは両足ついてOK。
無事左側の一番手前のます目まで戻ってこられたら、ケンケンでます全体を一周。それもクリアできたら、ご記術の通り後ろ向きに石を投げ、入ったところが自分の温泉になります。温泉マークも描きました。

次の自分の番がきたら、二つ目のます、次は三つ目・・・というように石を投げ入れるますがだんだん遠くなっていきます。
自分の温泉のますには両足で入ってもOKですが、人のますは飛び越えなくてはなりません。
ケンケンの途中で両足をついたり、入ってはいけないます目に入ったり、目当てのます目にうまく石を投げ入れられなかったり、自分の石を取り忘れたりしたらOUTです。

ルールは概ねこんな感じでした。

ただこの遊びは小学校の校庭などでやった記憶はなく、近所の路地で近所の子ども達とやっていました。
学年もさまざまでしたので、小さい子にはそれなりの配慮をして、OUTのルールを少し緩めたりしていました。
今思えばこんな遊びから気配りや思いやりなどを学んだのかもしれません。
のんびりした良い時代でした。

あー、懐かしいです。

かれこれ35年以上前、東京下町の小学生の頃、近所の子達とよくやっていました。
私達の間では「温泉つくり」というネーミングでした。

ます目の作り方は同じですが、8~10ますだったように記憶しています。休みのますの場所はご記憶の通りです。

一人一つづつ石を用意して、一番手前の右列のますに石を投げ入れ、ます目の中をケンケンで進みます。
自分の石があるます目は石を取ってから入ります。
休みのますは両足ついてOK。
無事左側の一番手前のます目まで戻ってこられた...続きを読む

Q原節子、高峰秀子らが出演するこの映画の題を教えて

http://www.youtube.com/watch?v=uudNdgYhQzA
↑このYoutubeの投稿者はタイトルにAu gré du courant : le cinéma de Naruse と書いていて、Au gré du courantは成瀬巳喜男監督の「流れる」のフランス語タイトルらしいのですが、出演者が全然違うので、「流れる」ではないようです。正しくは、何という映画でしょうか?

Aベストアンサー

 全部は分からんけど、成瀬映画詰め合わせでんな。
 冒頭の原節子が電車に乗ってるシーンは「山の音」でしょうか?
 4:45の高峰秀子と三浦光子が歩いているシーンは成瀬監督の「稲妻」やと思います。
 5:13の小林敬樹と新珠三千代は成瀬作品「女の中にいる他人」かなぁ?

Q13階段

新築して7年、出来上がった時に階段が13って縁起悪くないかと、聞いたのですが、大丈夫ですと言われました。(業者の営業)
家の真中にある階段が、南から北へ半分、左へまわって南へと合わせて13段。家相とか、風水とか最近TVでやっていたのでなんだか気になります。階段の下に板を一枚張るとかしたほうがいいんでしょうか。

Aベストアンサー

13段の階段,一般の木造戸建住宅だとすごく多いですよ。普通の住宅の階高だと13段がとても納まりが良いのです。

設計していて気にした事ありませんでした。

他の方が回答されていたように,板を貼って1段だけ蹴上げの高さを変えるのは危険です。

Q学校の階段(実写映画)

「学校の階段」という作品を探しています。
調べたところ、4種類くらいあるようで
どの作品が私の探している作品なのかわからず
こちらで質問させていただきました。
その作品の中で、何年たっても覚えているシーンが
2つあるので、それを書きたいと思います。

1つめは映画のラストシーンで(おそらくこの映画のキーパーソンである)
女の子が転校するシーンなんですが
学校をでる直前にグラウンドで
(おそらく映画の主人公である)男の子に
キスをする、という場面がありました。
(とても記憶が曖昧なので、もしかしたら
男女の設定がごちゃごちゃになっている可能性があります。)

そしてもう一つは
学校にいった後、家に帰ったら
家族の皆がのっぺらぼうになっていて、
母親は台所で包丁をといでいました。
しかしそれは本来の世界ではなく
現実の世界では、彼らは行方不明になっているようで
アパートのまわりにパトカーがきていて
とても騒動になっていたような・・・。

この2つの情報から
私の探している作品をみつけてほしいのですが
どちらも記憶があいまいですみません;
よろしくお願いします。

「学校の階段」という作品を探しています。
調べたところ、4種類くらいあるようで
どの作品が私の探している作品なのかわからず
こちらで質問させていただきました。
その作品の中で、何年たっても覚えているシーンが
2つあるので、それを書きたいと思います。

1つめは映画のラストシーンで(おそらくこの映画のキーパーソンである)
女の子が転校するシーンなんですが
学校をでる直前にグラウンドで
(おそらく映画の主人公である)男の子に
キスをする、という場面がありました。
(とても記憶...続きを読む

Aベストアンサー

学校の怪談3(1997年)だと思います。

ちなみに転校するのは主人公の男の子の方です。

Q映画『13階段』について (ネタバレです)

映画の冒頭で、樹原死刑囚が記憶の片隅にある『階段』のシーンを思い出します。のちにこの階段は増願寺の階段だということになってると思うのですが、樹原死刑囚は増願寺に行ってたんでしょうか?
ストーリー上、樹原死刑囚は増願寺とは無縁のような気がするのですが。
もし増願寺に行ってたとしたら、なぜなんでしょう?
真犯人と樹原死刑囚の関係はなんとなくわかったんですが、どーしても樹原死刑囚と増願寺が結びつきません。
三上が言ってたように、単に「思い出したのではなく、絞首台にあがる13の階段が頭によぎった。」だけなんでしょうか?
どなたか分かる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ぼんやり見ていたので自信がないのですが……。

増願時に通帳とかを隠しに行ったときには、樹原も真犯人(安藤でしたっけ?)に同行していたのではないでしょうか?
確か真犯人が「樹原を殺そうと思ったけど出来なかった」というようなことを言っていたと思います。
共犯者として証拠隠滅にも関わり、増願時に行った、と私は思いました。

Qジブリ映画 思い出のマーニー

アニメ『思い出のマーニー』をご覧になった方へ

あなたがより強く感情移入したのは、“ダブルヒロイン”と言われる マーニー,杏奈のうち、どっちですか?
よろしければ、そう感じた理由も教えて下さい。
あなたの性別も記して頂けるとありがたいですが、他のアンケート同様、質問項目はNA(空欄)になさる権利はどなたもお持ちですので、マーニー/杏奈いずれであるか、だけのお答えでも、充分結構です。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私は原作を読んでから映画を見たので、マーニー・杏奈とも共感しにくかったです。
原作は二人の心の動きが細やかに描写されているので、どちらにも共感できました。
映画は「太っちょ豚」のくだりとか、マーニー自体が杏奈の空想にされてしまったりと唐突感が否めませんでした。
時間の制約があるので仕方ないことなのかもしれませんが、もうちょっと深く丁寧に描いてほしかったなあと。
彩香が一番違和感がなくて好きです。


人気Q&Aランキング