ウェブで「手足が腫れて痛い」などの問題に関するサイトを何カ所か見ていて気が付き、とても気になります。
同一のページの中にも、「下肢の腫張」と書いてあったり「足関節の腫脹」と書かれたりします。この二つの単語の使い分けはどのようになされているのでしょうか?
御存知の方、もしくは然るべき辞書などを御教示頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#4です。


ご丁寧なお返事をありがとうございます。
文面を読ませていただきますと、私の回答は取り越し苦労であったと痛感しました。
実は「ステッドマン医学大辞典」でもおかしい点はあります。
もちろんその間違いは、致命的な間違いではないのですが。
というのは私の専門は歯科なのですが、この本ではやはり歯科関連のものは、
多少「うーん」とうなってしまうこともあります。
私の教授からは「必ず3冊以上の本に当たるように」と教わりました。
    • good
    • 9

他の方が大部分回答されているようですので、別な面からの回答を。


例えば学術論文というのがあります。
これは通常の場合専門家が読むものですが、これに載るものはほとんどの場合、
査読というものがあります。
これはある論文に対して複数の人間(専門家で特にそのことを専門としているもの)が、
まず目を通して内容等のチェックを行います。
その後専門紙にその学術論文が掲載されます。
有名なところではイギリスの科学誌「ネイチャー」というのがありますが、
これの査読は本当にきびしいようです。
そういったものであれば当然単純な間違いはありませんし、内容的にも問題は少ない
(ないとはいえません)のですが、こうしたWebページでは個人のことなので、
内容が100%正しいとはいえないのが現状です。
ですから、必ずこういったことをWeb上で調べる際には、複数のページを参照してください。
最終的には図書館等で発行された本にあたった方がいいでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

懇切なご教示、有り難う御座います。
さて、「yoikosato」さん「tukinousagi」さん、「angelfish」さんへのお返事にも書きましたが、『査読』など期待するべくもないWebの上の記載ですから、数カ所のサイト参照で満足してもいませんし、信用も致しません。
「angelfish」さんへのお返事に書いたように、約40件程度のサイトを読み比べた上での疑問であり、質問をさせて頂いた経過です。
また、http://www.naika.or.jp/fellow/kaishi/14/142/0218 …
のように、それなりに「権威(?)」のありそうな顔ぶれの方々の乗せておられるWebでも混乱・混同があるような気がします。
実は、かなり「ど田舎」に生活しているために、近くに頼りになる図書館や書店へのアクセスが得られません。
やれやれ。
近日、東京に出かける用事を作って、しかるべき書籍に当たって見る事にしましょう。
手元で入手可能な範囲の確認では、
「ステッドマン医学大辞典(PC版)」では、『しゅちょう』で引くと「腫脹」のみ検索されます。『腫脹』で引いても同じ結果ですが、「腫張」では何も検索されません。
是を見ると、やはり「腫張」は誤字の可能性が高いのでしょうか?
ところが!
「平凡社百科事典マイペディア(PC版)」では、「サルコイドーシス」と言う病気の説明の項目に、本文中で『両側肺門リンパ節の腫張(シュチョウ)や肺病変で偶然発見される…』等と明記されています!
う~ん・・・
当然ながら、先ず最初に当たった「広辞苑(第五版・PC版)」では、全文検索を掛けて「腫張」は皆無ですが、「腫張」は56件ヒットします。
(実は、是を根拠に、私見では最初から『誤記説』だったのですが…)
やはり「岩波」の方が「平凡社」よりエライのでしょうか?
(平凡社の方、若しも読んでいたらご免なさい…と言うか、反論または説明を頂ければ嬉しいのですが??)

お礼日時:2003/10/16 02:24

Socratoidさん こんばんは



使い分けというよりも、「腫張」は誤変換だと思われます。

正しいのは『腫脹』で意味は以下のとおりです。

炎症や腫瘍が原因で身体の一部がはれること。はれ。

ホームページ中には誤字が多くあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有り難う御座います。
私も個人的な意見としては誤変換との印象を持ちますが、
Googleでみると、「腫張」は2420件、「腫脹」は49100件がヒットします。
数が正義とも思えませんし(ご指摘の通り、ホームページは誤字脱字の宝庫です)、多いから「腫脹」が正しい、と断言して良いか迷って質問しました。
また、「腫張」と「腫脹」を共に有するのは534件ありました。
悩ましいのは、一つのページで「腫脹」と「腫張」が、私の読解能力では全く区別がつかない用法として掲げられている例も認められます。
典型例は、日本赤十字社和歌山医療センターの内科のお医者さんの症例報告で、専門家も両方使うので有れば、考えられる可能性は、
<1>何らかの使い分けがあるが、素人には判別不能
<2>使い分けはない。方言のようなもので、実質的にはほぼ同一で、「鰤」の小さいのが「ハマチ」や「イナダ」と呼ばれるのと同様。
<3>しかるべき根拠(権威有る出典)でどちらか一方(多分「腫脹」の方でしょう)が私用されていたが、時を経るに従って誤用がまかり通るようになった(本来は「新しい」は「アラタしい」が正しいのと似た推移)。
などが考えられます。
若しも上記の<3>であれば、【しかるべき根拠・原典】を教えて頂けませんか?

お礼日時:2003/10/15 00:00

多分、「腫張」のほうは漢字の間違いだと思うのですが・・・(-_-;)


看護師してますが、記録するとき「腫脹」と記載しますよ。
炎症の5徴候の一つが「腫脹」です!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座います。
以下の文章は、「yoikosato」さんへのお礼の文章とだぶりますので省略させて頂きます。
看護師さんとのことですが、日本赤十字社和歌山医療センター 第二内科の先生方が発表しておられる症例
http://www.naika.or.jp/fellow/kaishi/14/142/0218 …
のような場合には、
『リンパ節腫脹,発熱,咽頭炎および扁桃炎』
の直ぐ下の行では
『涙腺炎による両側涙腺の著明な腫張』
と記載しておられます。
咽頭炎も涙腺炎も『炎症』ですよね?
炎症の専門と考えられる内科のお医者さんも上記のように使用してネット上に配布しておられます。
どのように理解したら良いのでしょうか?

お礼日時:2003/10/15 00:09

場所の違いだと思います。

下肢とは足全体、足関節とは足首。腫脹と言う言葉は腫れているというだけですよ。腫れ方にもいろいろあって、むくんでいて腫れていたり、熱をもって腫れて痛かったり・・・。そんな症状から調べるともっとわかるかも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有り難う御座います。
以下の文面は「yoikosato」さんと「tukinousagi」さんへのお返事に重なるので省略しますが、「腫張」派のヒット2420件と「腫脹」派のヒット49100件の内で、共に上部ランクから20件ずつ選んで読んでみましたが、炎症の起こる部位には無関係のようです。
信頼性は不明ですが、「腫張」の定義として、各身体部位別の項目で、
「顔面の腫張」
「乳房の腫脹」
などとされています。
まさか、「顔」は「突っ張って」いて、乳房は「脹らんで」いるから…などとの使い分けとも思えませんね。
…ナゾは謎を呼んで深まるばかりの気がします…

お礼日時:2003/10/15 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腫瘍と腫瘤のちがいは?

腫瘍と腫瘤のちがいはなんでしょうか?
たとえば肝臓に発生で例えると前者は内部、後者は表面発生のニュアンスでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換えることができます。

「肝腫瘤」という言い方はあまりしません。また、「肝臓についている」という表現を拝見すると誤解なさっているようです。肝臓の内部にかたまり状の病変があるときは、「肝内に腫瘤を認める」という表現をします。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理組織は肝細胞癌(悪性腫瘍)であった。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理で膿瘍(怪我のときのうみのようなもの)と判明した。

というような例文が正しいのです。

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換...続きを読む

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Qシーネとギプスの違い

シーネ固定と、ギプス固定の違いを教えてください。よく、看護婦さんがシーネ巻き変え、とか言ってますけど、どういうことなのかなぁと思いまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。
以前病院に勤務しておりました。

シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。
医療では副子と呼びます。
ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。
一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。

ギプス(Gips)はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。
最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。
軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。
半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。

一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。
ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q診断書の「既往歴」とは、すでに治った病気の事ですか?

お医者さんに診断書の作成をお願いした時に、「現在、他にかかっている病気は何かありますか?」と確か聞かれました。
そして実際に出来上がった診断書を見た時に、「既往歴」の欄にその病名が書かれていました。

ところが「既往歴」の言葉の意味を調べてみると、「→既往症。これまでにかかったことのある病気で、現在は治癒しているもの。」とありました。
・・・ということは、「現在、他にかかっている病気は何かありますか?」と聞かれたと思っていたのは間違いで、実際には「他にかかっていた病気は何かありましたか?」と聞かれていたのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに既往歴はこれまでにかかった病気で、現在は治癒しているものです。
色んな医療機関のサマリーを見る機会があるのですが、
「既往歴」と「(現)病歴」を区別しているところと、
一緒にされているところとあります。

Q人工関節置換後(股関節・膝関節)の禁忌体位について

人工股関節置換後の禁忌体位として、過度の屈曲・外転・外旋があると専門書で見ましたが、術式によっては過度の屈曲・内転・内旋と書いてある本もありました。
術後、側臥位になる時や仰臥位の時は脱臼予防の為に外転枕を使用すると教えてもらいましたが、外転が禁忌なら、???になってしましました。
また、膝関節の術後の禁忌体位についても教えて欲しいです。

Aベストアンサー

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。いわゆる前方脱臼となります。ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。

・後外側アプローチ
これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。いわゆる後方脱臼となります。しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。

どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。

あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。

以上、ご参考になれば。

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い...続きを読む

Q粘稠、の読みは「ねんちゅう」?それとも「ねんちょう」?

粘稠性、の読みは「ねんちゅう(せい)」?それとも「ねんちょう(せい)」なのでしょうか? Google 検索ではどちらもありました。どちらも可なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

下記の辞書2つでは、「ねんちゅう」のみです。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E7%B2%98%E7%A8%A0&enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&dname=0na

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C7%B4%E3%C7&kind=jn&mode=1&kwassist=0

ご参考になりましたら。

Qアーチファクトってどういう意味か教えてください。

教科書読んでて分からない言葉があって困ってます。アーチファクトってどういう意味ですか?文脈からなんとなく想像は出来そうなんですが・・・ご存知のかたいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

検査などにおける偽所見です。
たとえば、肺のCT検査の場合、どんなに上手に息を止めても心臓は動いているので、心臓周辺の組織はぶれてうつります。このために気管支や血管がぶれて腫瘍のように見えることが仮にあったとして、でもそこには本当は腫瘍がないので、こういう場合にartifact(人工産物)となります。

Q呼吸促迫?呼吸速迫?

呼吸が速いことを「こきゅうそくはく」といいますが
漢字はどちらが正しいのでしょうか?
呼吸促迫?呼吸速迫?
ネットで検索するとどちらもでてくるのでよくわかりません。

Aベストアンサー

呼吸促迫です!

Q輸液と補液の違い

医療系システムの要員に入りましたが、「輸液と補液」の違いが調べてみてもぼんやりしていてわかりません。
教えて欲しいことは、

 ・違うものなのか、同じものなのか。
 ・例えばどういったものがそれぞれにあたるのか。
 など

わからないままでも支障がないのですが、できればわかって仕事をしたいので、申し訳ありませんが教えてください。

また、書籍で初心者でも参考になるようなものがあれば教えてください。医療系はやはり”専門書”がほとんどで業界がわかるようなものがなかなかみつかりません。医者、看護師ほどではないけれど、話していることがわかる病院業務がわかるものがあれば嬉しいです。

Aベストアンサー

基本的な言葉の定義は同じですが、病院・科により特定の事をさしていることがあります。

輸液・fluid therapyの定義はご存知ですよね。
もし分からなければ、医局か病院図書館に有ると思いますが、医学辞典を見てください。

医師なら医大時代には一冊は持っていますから、見せてもらっても良いでしょう。私は南山堂の医学大辞典を基本に使っていました。

易しく知りたい場合は、医師用よりも、ナース用の方が値段も安いですし、図も多く分かりやすいです。
照林社 や 小学館で出している、MOOKでエキスパートナースシリーズは分かりやすいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報