ハッカーが主人公または仲間で、敵との間でハッキングの攻防のある作品を探しています。
できれば2005年以降の発行の作品(小説orライトノベル)がいいです。

以下、既読の作品を挙げておきます。
谷甲州「ヴァレリア・ファイル」角川スニーカー文庫
茅田砂胡「スカーレットウィザード」中央公論C☆NOVELS
竹本健治「バーミリオン(1/1000000)のネコ」角川春樹文庫
津守時生「三千世界の鴉を殺し」新書館
小竹清彦「WIZARD」幻狼ファンタジアノベルズ
井上夢人「パワー・オフ」角川文庫
川端裕人「The S.O.U.P.」集英社文庫
笹本祐一「星のパイロット」朝日ソノラマ文庫
早坂律子「スクランブル小町」徳間ノベルズ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

小林めぐみ「電脳羊倶楽部」

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あらすじを見るとハッカーとは違うみたいですが
内容が面白そうなので、探して読んでみます。

お礼日時:2011/06/13 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノベルズとは?文庫とは?

こんばんは。
あまりに初歩的な質問なのですが、「ノベルズ」ってどういうものの事を言うのでしょうか?
人から聞いた話だと文章が1ページ2段になっているものの事?とか聞いたのですが・・・
というか、どういったものが「文庫」でどういったものが「ノベルズ」かという事などがわかりません。
この2つに限らず、本の基本的な分類を教えて頂きたいです。

それから「ノベルズ」はどこにアクセントをおけばいいのでしょう。
「ノ」ですか?それとも「べ」なのでしょうか?
例えば「○○社ノベルズ」と言う場合アクセントはノですよね?
くだらない質問で申し訳ありませんが、わかる方教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

出版社関係ではないので、正確なところは分かりませんが、経験値でお答え致します。

ノベルズと名前が付いている物は推理小説(西村京太郎氏や内田康夫氏 他にもたくさんいらっしゃいますが、私はこのお二人の著書をよく読んでいるので)を扱っている本の一種で、大きさが新書版(縦17cm×横10cm程度)である物を指しているようです。
光文社(カッパ・ノベルズ・ここが一番最初に「ノベルズ」と銘打って出版したと思う)、角川書店(カドカワノベルズ)、徳間書店(TOKUMA NOVELS)、詳伝社(ノン・ノベル)、講談社(講談社ノベルズ)などがあります。もちろん他の出版社でも出しています。
光文社では、小説以外でもこの大きさで出版していますが、「カッパ・ブックス」としていたと思います。

確かに私の蔵書(というほどたいした物ではありませんが)をちょっと見てみましたが、確かに文章が2段組みになってますね。他の新書版(ノベルズではない物)を見たのですが、一段組みでした。
段組については気にしていませんでした。

アクセントですが、私は「ノ」にアクセントを付けています。元になっている英語の「novel」の発音に準じています。

文庫というのは、いわゆる文庫版(横10cm×縦15cm)サイズの本で、岩波書店が最初に発行しました(記憶では)。名著が安く手軽に読めることがコンセプトだったはずです。
四六判や菊判(いわゆるハードカバーの単行本)で出版した原稿を二次使用することによって、コストを下げていました。当然著作者には印税を払いますが(著作権が切れていない場合)、単行本よりは安いでしょう(著作者側は、安くても労力をかけずに印税が入ってくるので、おいしいと思います)。
作りも簡素で、今のような紙のカバーは付いておらず、ハトロン紙のカバーを付ける事によって、表紙に印刷してある書名が透けて見える物でした。(古書店に行けば現物があると思います)
製本時にも、紙の裁断を減らして横と下の2方(普通は上下横の3方)にしています。ですから本のページの上部がでこぼこしていました。
今も岩波文庫や、新潮文庫は上がでこぼこしています。

その後、多くの出版社がこの分野にも参入しました。
現在では、最初から文庫本で出版される物(文庫新刊の帯に、文庫オリジナルと書いてある)もあります。

推理小説の場合、単行本→(1~2年後)→ノベルズ→(1~2年後)→文庫の順で出版されるようです。もちろん雑誌等の連載が先頭に来る場合もありますし(単行本化される時とされない時あり)、ノベルズオリジナルや文庫オリジナルの場合もあります。また逆の過程をたどる場合もあります。

推理小説以外では、単行本→(1~2年後)→文庫本というパターンが多いのではないかと思います。

ご参考までに。

出版社関係ではないので、正確なところは分かりませんが、経験値でお答え致します。

ノベルズと名前が付いている物は推理小説(西村京太郎氏や内田康夫氏 他にもたくさんいらっしゃいますが、私はこのお二人の著書をよく読んでいるので)を扱っている本の一種で、大きさが新書版(縦17cm×横10cm程度)である物を指しているようです。
光文社(カッパ・ノベルズ・ここが一番最初に「ノベルズ」と銘打って出版したと思う)、角川書店(カドカワノベルズ)、徳間書店(TOKUMA NOVELS)、詳...続きを読む

Q書籍探してます 【 君がいた夏 】【 ソノラマ文庫 】 

初めてお世話になります。
表題の書籍を探しているのですが、見つけることができず、
ご協力をいただければと質問させていただきます。
過去10年以内くらいに、ソノラマ文庫から出版された本だと思うのですが、検索してもみつかりません。

【内容】
校舎の取り壊しに合わせて開かれた同窓会に昔親友だった3人の男の子が集ます。主人公はその一人で医者。昔の遊び仲間で死んでしまった女の子の事で悔いがあり、過去に時間をさかのぼります。
過去の時間の自分に意識だけ入り、欠けてしまった記憶をたどりながら、親友達と一緒に最終的に女の子の命を助けるといった内容だったと思います。

もし、ご存じの方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「君」「ソノラマ文庫」で検索しただけなので自信はありませんが…
これでしょうか?
平谷 美樹・著「君がいる風景」(ソノラマ文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E5%90%9B%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%8B%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E5%B9%B3%E8%B0%B7-%E7%BE%8E%E6%A8%B9/dp/4257769726/sr=1-1/qid=1172374362/ref=sr_1_1/503-0933860-6161524?ie=UTF8&s=books

Q新書か文庫で

ハードカバーは置く場所がありませんので、新書か文庫で面白い本はないでしょうか?
感動系とか、外国人作家の本はあまり読まないというか、興味がありません。
最近読んだのは馳星周の虚ろの王。あれは結構面白かったです。
暗めの話が好きですね、どちらかっていうと。
村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドとかも結構いけました。
何かいい本ありましたらご紹介お願いします。

Aベストアンサー

これぞ!!!というものをご紹介します。

『暗室』 吉行淳之介 (講談社文庫)
言わずといすれた文豪ですが、これは中でもダークなように感じます。読むのつらいほど。あらすじは、中年の男性小説家の性生活を通して人生や、人間の存在意義を問う、というもの。人生の深淵が覗けるってかんじで、奥行きのある作品です。

『女王の百年密室』森博嗣 (幻冬舎新書)
森博嗣って人気だし、もう読まれているかしら???これは、ただのミステリとは違って、ファンタジーっぽいんです。殺人とかもあるんだけど、むしろ、一言では説明できない設定が興味深い。自由とか富みとかがテーマになっているので深くて読み応えがあります。でも文体は軽め。

『神の子どもたちはみな踊る』 村上 春樹 (新潮文庫)
村上春樹、と書いていらっしゃいましたがこれはお読みになりましたか?短編集(連作?)ですが、今までの村上作品の中ではわりと前向きです。でもテーマが、生きることとか地震とかで、暗いです。

うーーーん、でもopacityさんの趣味に合うかどうかはわかんないです(ちょっと自信なさ気)。あ、でも森博嗣だけはぜったい面白いんじゃないかな・・・。

これぞ!!!というものをご紹介します。

『暗室』 吉行淳之介 (講談社文庫)
言わずといすれた文豪ですが、これは中でもダークなように感じます。読むのつらいほど。あらすじは、中年の男性小説家の性生活を通して人生や、人間の存在意義を問う、というもの。人生の深淵が覗けるってかんじで、奥行きのある作品です。

『女王の百年密室』森博嗣 (幻冬舎新書)
森博嗣って人気だし、もう読まれているかしら???これは、ただのミステリとは違って、ファンタジーっぽいんです。殺人とかもあるんだけ...続きを読む

Q『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』・・・次に読むべき18、19世紀の英米文学作品は?

いつもお世話になっております。
タイトルのままの質問です。

ずっと、日本文学を読んできましたが、今年の秋は18,19世紀の英米文学を読み始めました。
『ジェイン=エア』『嵐が丘』『風と共に去りぬ』『スカーレット』を読んできました。
この流れで、オススメの英米文学作品はありますか?
この4作品のなかでは、『ジェイン=エア』『風と共に去りぬ』が好きです。
ですので、哲学的思想的作品ではなく、ラブストーリー系を探しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジェイン・オースティンはいかがでしょうか。
代表作は『高慢と偏見』『エマ』などです。特に『高慢と偏見』は何度も映画になった名作で、質問者さんのお好みにあうような気がします。

次点はディケンズです。
『二都物語』『大いなる遺産』がおすすめ。

悲恋でもいいのでしたら
デュマ・フィス『椿姫』(amazonでは作者名で検索ください)
トマス・ハーディの『テス』(ギリギリ19世紀、作者名で検索しないとなかなか見つかりません)
ラクロ『危険な関係』(作者名で検索ください))
などもオススメです。

すべて文庫で手に入ります。ハズレはないと思いますよ。

Qお勧めの角川作品

角川グループが出版している作品(書籍やDVD等、全て)の中で
・個人的に最も面白いと思う作品
・(データ等を見て)世間で面白いと言われている作品
・世間で人気のある作品
どれか一つでも構いませんので、教えていただけないでしょうか?
ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

個人的に
もう読んでから十年位経ちますが、

角川ホラー
貴志祐介
黒い家

です。
本から本当に血の匂いがしそうなほど、脳に直に映像が・・・
って感じて
この本を読んでいた時の感覚になる本には、まだあまり出会えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報