むかし下二段だった動詞は下一段になったと教科書にはかいてありました(かいてあったような気がします)。
下二段の「得(う)」はたしかに下一段の「得る(える)」になっています。
ところが、「得(う)」をふくむ「ありう」は「ありえる」にならずに「ありうる」になっています。

この現象は、どうかんがえればいいのでしょう。
・下二段「ありう」から下一段「ありえる」になったものが、下二段にもどろうとしている - 《先祖がえり》
・ほかの下二段動詞はすべて下一段への変化を完了しているのに、「ありう」だけが「ありえる」への移行途上の中途半端な段階にある - 《とりのこされ》

☆ 質問: この件について参考になる資料をおしえてください。

----------------------------------

■ つけたし
私がわかいころは「ありうる」より「ありえる」のほうが優勢だったような気がします。
《先祖がえり》ではないかとおもいます。

■ つけたし その2
下二段活用であれば
ありえ(ず) ありえ(たり) ありう(。) ありうる(こと) ありうれ(ども)
のように
-e -e -u -uru -ure
と活用し、
下一段活用であれば
ありえ(ない) ありえ(ます) ありえる(。) ありえる(こと) ありえれ(ば)
-e -e -eru -eru -ere
と活用するはずですが、
現実には
ありえ(ない) ありえ(ます) ありうる(。) ありうる(こと) あり?れ(ば)
-e -e -uru -uru -?re
と活用します。

■ つけたし その3
Google で検索しても「ありえる」より「ありうる」のほうが件数がおおいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

終止形と連体形の同形化について



平安時代までは、会話文・和歌で「連体形止め」が行われました。「連体形止め」は、係り結びとは関係なく、文末をあえて連体形で止めることによって、余韻・余情・感動を表す表現法です。

中世になってこの「連体形止め」が会話文・和歌以外の「地の文」でも広く用いられるようになりますと、「連体形止め」が単なる終止法へと変容していき、ついには本来の終止形を駆逐して連体形が終止形の用法を兼ねるようになっていきます。

その結果、本来、
1、え・え・う・うる・うれ・えよ
と活用する下二段動詞の「得(う)」が、
 2、え・え・うる・うる・うれ・(えよ)
と活用するようになったのです。

二段動詞の一段化(上二段→上一段、下二段→下一段)について

二段動詞の一段化は、中世以降その例が目に付くようになりますが、一段化が完了するのは江戸時代後期頃であるようです(地域差が大きく、上方では江戸前期に一段化が進み、九州方言では現在も下二段動詞が使われています)。「得(う)」も、
 3、え・え・える・える・えれ・えよ
と下一段化して「える」になります。

したがって「ありう」も
 4、ありえ・ありえ・ありえる・ありえる・ありえれ・(ありえよ)
と下一段動詞「ありえる」になってよさそうなものですが、実際には上記2の段階にあたる「ありうる」が優勢というか、正統とみなされているというか、まあそんな状態です。(「ありえる」を使っている方もかなりいらっしゃるような気もしますが)

これについては、日本国語大辞典(小学館)「ありうる」の補注をご覧ください。「ありうる」の形が文章語として固定してしまったため「ありえる」にならなかったという趣旨の説明があります。妥当な線ではないかと思います。文章ではいまだに「検討の要あり」などと古いラ変動詞を使うケースもあることですし。

「終止形連体形の同形化」「二段動詞の一段化」といったテーマについては、『国語史概説』『国語史要説』『国語史』『日本語史』といった書名の概説書類、少し専門的になりますが、『講座国語史』(大修館書店)などお読みになってはいかがでしょうか。必ず触れています。巻末の「参考文献一覧」をご覧になれば、資料探しも「芋づる式」です。『国語学大辞典』『国語学研究事典』『国語史辞典』なども慣れると便利です。

たった一本の論文のためにわざわざ国会図書館までお出かけになる熱心さには感じ入りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「人数」の節は大変お世話になりました。
今回も丁寧な回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/18 10:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地から雑種地への変更について 所有している土地・建物ですが、空き家になりました。 活用を検討するな

宅地から雑種地への変更について
所有している土地・建物ですが、空き家になりました。
活用を検討するなかで、建物を壊して野立ての太陽光発電をと検討しています。その場合、業者さんが雑種地への変更が必要だと言われました。
800平米あります。低圧ですが、過積載で70kw程度の見積もりがきています。
そこで、ご質問ですが
1.地目変更は必ず必要なのか?
2.税金は、どうなりますか?
以上、よろしくお願いします。
追伸 調整区域になるため、賃貸目的ではアパートは不可だそうです。

Aベストアンサー

>1.地目変更は必ず必要なのか?
必要です。

「不動産登記法」(抜粋)
第37条
1.地目又は地積について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から一月以内に、当該地目又は地積に関する変更の登記を申請しなければならない。

>2.税金は、どうなりますか?
上がるでしょう。
建物がある宅地は軽減措置があります。
太陽光発電システムがある雑種地も軽減はありますが、建物がある宅地よりずっと少ないです。
なお、仮に地目変更を行わなかった場合でも、固定資産税は「現況課税」なので課税は変わりません。
また、太陽光発電システムに対する固定資産税もかかります。
役所の固定資産税担当部署で概算額を聞かれることをおすすめします。

Q古典についてです。 上一段活用と上二段活用の違いと、 下一段活用と下二段活用の違いを教えてください

古典についてです。

上一段活用と上二段活用の違いと、
下一段活用と下二段活用の違いを教えてください。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498051539

Q探求(探究)?教えて!

故障探究?
故障探求?
どのように使い分けるのか(どちらが適切なのか)お教え下さい。

Aベストアンサー

探究……物事の本質・真相・哲学的な意味などを深く考えて明らかにすること
探求……(単に)探し求めること

コトバの意味は上の通りですが、
どちらも「故障」のコトバに付けるのは適切ではないように思えますね。

しいてあげれば、
「故障個所(原因)の分布についての探究」(研究をすると言う意味で)
「故障個所(原因)の探求」
ならそれほど変ではないでしょうが、やはり「探究」「探求」のコトバはそぐわないような気がします。

むしろ「故障原因の解明」「故障個所の調査」などのコトバの方がしっくり来ませんか?

Q古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方の回答も出ていますが、できるだけ詳しく述べてみます。「例」として「任す」(まかす)を取り上げます。
未然形も「任せ」・連用形も「任せ」で当然同形です。その場合は後に接続する語をみる。

 未然形に接続する助動詞 「らる」「さす」「ず・ざり」「む」「むず」「まし」「まほし」 同じく助詞 (仮定の)「ば」(打消接続の)「で」。その他は省略。

 連用形に接続する助動詞 「き」「けり」「つ」「ぬ」「たり」「たし」  同じく助詞「て」「つつ」「ながら」「てしか」「にしか」  同じく連用中止法の形「任せ、」及び「任せきり」のように他の動詞がつく形も連用形です。 

 その他に、「任せぬ」のような形の「ぬ」が、完了の助動詞の終止形になるか、「打消」の助動詞「ず」の連体形かの判断が必要になることもある。この場合はさらに「ぬ」の後に接続する語を判断する。「任せぬ」で言い切った場合は結果的に、「完了」と考え「任せ」は「連用形」になる。「任せぬ時」のように続く場合は「ぬ」は打消の「ず」の連体形と考えられ、結果的に「任せ」は「未然形」と決まります。

Q【皆さんMicrosoftストア内のWindowsアプリを活用してますか?】 Windowsアプリを

【皆さんMicrosoftストア内のWindowsアプリを活用してますか?】

Windowsアプリを追加している人を見たことがない。

というよりタイル表示でWindows10を動かしている人すら見たことがない。

皆さんマイクロソフトストアのウィンドウズアプリを活用していたら事例を教えてください。

どういうときにタイル表示にして何のWindowsアプリを使ってますか?

Aベストアンサー

私は今は使っていませんね。ストアを見ることすらほぼありません。
サクラエディタ等の、旧仕様のアプリケーションしか基本的に使っていません。

ただ、windows8を使っていたとき、ストアにあったメモ用のソフトウェア(名前は忘れました)を使っていました。無料のソフトです。

Qランチェスター3次方程式が成立しうる状況下とは

 軍事や経済をかじった人間には有名な「ランチェスター方程式」と呼ばれる数式があります。
 ランチェスター1次方程式と2次方程式の2種類が存在し、1次方程式は、白兵戦における一騎打ち、もしくは1次元下の戦闘(狭い路地など)における戦力を表したもので

戦力=個体性能×兵力数

で表されます。


 2次方程式は、銃撃戦における2次元下の戦闘(広い平原)で、

戦力=個体性能×兵力数^2

になります。


 だとすると、攻撃可能範囲がさらに広がる3次元下の戦闘(空中や宇宙空間など)では、

戦力=個体性能×兵力数^3

の「ランチェスター3次方程式」が成立すると考えていたのですが、調べてみるとランチェスター2次方程式は、本来航空機戦の損耗率を計算するために考案されたものであるとのこと。

 なぜ、3次元下の戦闘であっても2次方程式が適用されるのか、そしてもし、3次方程式が成立しうるとしたらどのような戦場が想定されるのか、できるだけ一般人に理解しうるレベルにて、ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

ランチェスター理論は言葉で聞いたことがあるだけなので、
全然詳しくありません。申し訳ありません。

wikipediaのランチェスターの法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

これによると、
次元では定義してないようですが間違ってますか?
質問主さんの言われる2次方程式は第2法則「集中効果の法則」に該当すると思いますが、
第1法則は「一人が一人としか戦えない」場合に限られており、
第2法則は「一人が多数に対して攻撃が可能な戦闘を前提」としています。

これが正しければ、質問主さんの言われる3次元の戦闘においても、飛行機などは多数の対象に対して攻撃が可能になりますよね。
ですから、質問主さんの言われる「2次方程式」が当てはまるのだと思いますが。

QGoogle Earth地図ソフトVersion3を活用しています、スライドショーの方法?

Google Earth地図ソフトVersion3を活用しています、スライドショーの方法?について
1、Google Earth地図ソフトを開きFly To へ目的地の緯度経度を入れてサーチで目的地へ行きます。
2、目的地を沢山入れておいて自動的にスライドショーを行ないたいのですが方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

左画面[Places]の「MyPlaces」をチェックして、

後は、その下にある青の>をクリックすれば順番に「MyPlaces」が、始まります。

途中でやめたい時は、隣の停止ボタンで終了します。

Q「はしる」はなぜ5段動詞?

動詞の種類で、5段動詞は「る でおわらない動詞、または る でおわっても、その前があ、う、お段の動詞」と習った気がするのですが、「はしる」を辞書で調べると、5段動詞となっています。なぜ、上一段動詞ではなく5段動詞になるのか、おしえてください!

Aベストアンサー

一般に活用の種類の判別は未然形で行うと良いです。
未然形にして(例えば「ない」をつけてみて)、ア行が出てきたら五段活用です。
この場合、「走ら(ない)」なので五段活用。
同様に上一段、下一段も判別できて、
未然形にしてイ行が出てきたら上一段活用、エ行が出てきたら下一段活用になります。
例)
「起きる」は未然形が「起き(ない)」なので、イ行が出てきて上一段。
「支える」は未然形が「支え(ない)」なので、エ行が出てきて下一段。

Q国語の活用について…

国語の活用についての質問、お願いします。
なぜ、文語における下二段活用、及び、上二段活用は口語において、下一段活用、及び、上一段活用に合流したのでしょうか。
回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>なぜ、文語における下二段活用、及び、上二段活用は口語において、下一段活用、及び、上一段活用に合流したのでしょうか。

「なぜ」と聞かれると答えに窮するのですが、この「二段活用の一段化」は国語史の中で大きな変化だったのです。その変化の原因の一つは「終止形」と「連体形」の同一化にあります。(ということは、もともと終止形と連体形が同形であった「四段活用」「上一段活用」「下一段活用」には関係の無いことでした)

 このような変化は室町時代から江戸時代にかけて長い時代を要したのでした。そしてそれは、活用の種類、方言などによって変化の完了には遅速がありました。活用の種類と言ったのには、意味があって、ナ変・ラ変・カ変・サ変にも同様の変化が起きたのです。

 さて、通常文を動詞で結ぶ場合は、「係り結び」の時は別として終止形で結びますが、例外がありました。それは「連体形止め」とでもいう、一種の感動表現の方法でした。いわゆる「体言止め」に類するものです。ところがこれが後にあまりにも多用されて普通の表現になってしまいました。その結果はどういうことになったかというと、終止形が消滅してその代わりを連体形が務めるということ、別の言い方をすれば先刻述べた「終止形と連体形の同一化」が起こったわけです。

 「ラ変」「カ変」「サ変」について言えば、ラ変の終止形は「あり」ですがこれが連体形と同じ「ある」になったので「四段活用」に吸収されてしまいました。「カ変」も「サ変」も終止形の「く」、「す」がそれぞれ「くる」「する」になれば、現代語の「カ変」「サ変」と同様になってしまいました。(「ナ変」については後述します)
 
 しかし、これだけで「上・下二段活用」が「一段活用」になることはありませんでした。例を挙げましょう。
 起き  起き  起く  起くる  起くれ  起きよ
 果て  果て  果つ  果つる  果つれ  果てよ
これらの終止形「起く」「果つ」がそれぞれ「起くる」「果つる」に変わっただけでは、一段活用になりません。もう一つ別の要因が必要でした。ご存じのとおり、イ段とウ段の二つが語尾にあるから上二段で、エ段とウ段があるから下二段です。動詞の六つの活用形の内で、もっとも使用頻度の多いのが連用形だということもご存じと思います。岩波古語辞典では名詞への転成も含めて使用頻度の多い連用形を見出し語としています。ここで連用形からの「類推作用」が働いてきます。「く」が「き」に変化し、「つ」が「て」に変われば、
 起き  起き  起きる 起きる  起きれ  起きよ
 果て  果て  果てる 果てる  果てれ  果てよ
と、一応一段活用ができあがります。

 「ナ変」だけは江戸末期か明治初期になってやっと変化が完了しました。なぜ遅れたかというと、
 死な  死に  死ぬ  死ぬる  死ぬれ  死ね
という活用なので他とは違い、四段活用への類推というルートをたどったためと思われます。

 以上、非常におおざっぱな考えであって、学者の賛同が得られるか自信はありません。

>なぜ、文語における下二段活用、及び、上二段活用は口語において、下一段活用、及び、上一段活用に合流したのでしょうか。

「なぜ」と聞かれると答えに窮するのですが、この「二段活用の一段化」は国語史の中で大きな変化だったのです。その変化の原因の一つは「終止形」と「連体形」の同一化にあります。(ということは、もともと終止形と連体形が同形であった「四段活用」「上一段活用」「下一段活用」には関係の無いことでした)

 このような変化は室町時代から江戸時代にかけて長い時代を要したの...続きを読む

Q日本史の教科書についてです。 現在実教出版の教科書を使用しているのですが、人気な教科書はやはり山川と

日本史の教科書についてです。
現在実教出版の教科書を使用しているのですが、人気な教科書はやはり山川と聞きます。
センター試験で日本史を選択するのですが、実教出版の教科書でも充分でしょうか?
教科書の内容にさほど偏りはないものですか?

Aベストアンサー

教科書自体の内容はある程度枠が有り、その枠内で書いていますので、
大差はないと言えばないですが、執筆者によって表現が違ったり、
何処を重点的に説明するかは、個人差があります。

今後、センター試験の勉強に向けて日本史の勉強をされる際に、
山川の問題集・参考書を使用する予定があるのなら、副読本の感覚で、
山川の教科書を入手するのも宜しいかと思います。

山川の問題集では、「各国別」と「テーマ別」という問題集があります。
センターには最適の問題集の一つと言えますので、書店等で確認してみて下さい。

参考までに。


人気Q&Aランキング