むかし下二段だった動詞は下一段になったと教科書にはかいてありました(かいてあったような気がします)。
下二段の「得(う)」はたしかに下一段の「得る(える)」になっています。
ところが、「得(う)」をふくむ「ありう」は「ありえる」にならずに「ありうる」になっています。

この現象は、どうかんがえればいいのでしょう。
・下二段「ありう」から下一段「ありえる」になったものが、下二段にもどろうとしている - 《先祖がえり》
・ほかの下二段動詞はすべて下一段への変化を完了しているのに、「ありう」だけが「ありえる」への移行途上の中途半端な段階にある - 《とりのこされ》

☆ 質問: この件について参考になる資料をおしえてください。

----------------------------------

■ つけたし
私がわかいころは「ありうる」より「ありえる」のほうが優勢だったような気がします。
《先祖がえり》ではないかとおもいます。

■ つけたし その2
下二段活用であれば
ありえ(ず) ありえ(たり) ありう(。) ありうる(こと) ありうれ(ども)
のように
-e -e -u -uru -ure
と活用し、
下一段活用であれば
ありえ(ない) ありえ(ます) ありえる(。) ありえる(こと) ありえれ(ば)
-e -e -eru -eru -ere
と活用するはずですが、
現実には
ありえ(ない) ありえ(ます) ありうる(。) ありうる(こと) あり?れ(ば)
-e -e -uru -uru -?re
と活用します。

■ つけたし その3
Google で検索しても「ありえる」より「ありうる」のほうが件数がおおいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

終止形と連体形の同形化について



平安時代までは、会話文・和歌で「連体形止め」が行われました。「連体形止め」は、係り結びとは関係なく、文末をあえて連体形で止めることによって、余韻・余情・感動を表す表現法です。

中世になってこの「連体形止め」が会話文・和歌以外の「地の文」でも広く用いられるようになりますと、「連体形止め」が単なる終止法へと変容していき、ついには本来の終止形を駆逐して連体形が終止形の用法を兼ねるようになっていきます。

その結果、本来、
1、え・え・う・うる・うれ・えよ
と活用する下二段動詞の「得(う)」が、
 2、え・え・うる・うる・うれ・(えよ)
と活用するようになったのです。

二段動詞の一段化(上二段→上一段、下二段→下一段)について

二段動詞の一段化は、中世以降その例が目に付くようになりますが、一段化が完了するのは江戸時代後期頃であるようです(地域差が大きく、上方では江戸前期に一段化が進み、九州方言では現在も下二段動詞が使われています)。「得(う)」も、
 3、え・え・える・える・えれ・えよ
と下一段化して「える」になります。

したがって「ありう」も
 4、ありえ・ありえ・ありえる・ありえる・ありえれ・(ありえよ)
と下一段動詞「ありえる」になってよさそうなものですが、実際には上記2の段階にあたる「ありうる」が優勢というか、正統とみなされているというか、まあそんな状態です。(「ありえる」を使っている方もかなりいらっしゃるような気もしますが)

これについては、日本国語大辞典(小学館)「ありうる」の補注をご覧ください。「ありうる」の形が文章語として固定してしまったため「ありえる」にならなかったという趣旨の説明があります。妥当な線ではないかと思います。文章ではいまだに「検討の要あり」などと古いラ変動詞を使うケースもあることですし。

「終止形連体形の同形化」「二段動詞の一段化」といったテーマについては、『国語史概説』『国語史要説』『国語史』『日本語史』といった書名の概説書類、少し専門的になりますが、『講座国語史』(大修館書店)などお読みになってはいかがでしょうか。必ず触れています。巻末の「参考文献一覧」をご覧になれば、資料探しも「芋づる式」です。『国語学大辞典』『国語学研究事典』『国語史辞典』なども慣れると便利です。

たった一本の論文のためにわざわざ国会図書館までお出かけになる熱心さには感じ入りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「人数」の節は大変お世話になりました。
今回も丁寧な回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/18 10:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地から雑種地への変更について 所有している土地・建物ですが、空き家になりました。 活用を検討するな

宅地から雑種地への変更について
所有している土地・建物ですが、空き家になりました。
活用を検討するなかで、建物を壊して野立ての太陽光発電をと検討しています。その場合、業者さんが雑種地への変更が必要だと言われました。
800平米あります。低圧ですが、過積載で70kw程度の見積もりがきています。
そこで、ご質問ですが
1.地目変更は必ず必要なのか?
2.税金は、どうなりますか?
以上、よろしくお願いします。
追伸 調整区域になるため、賃貸目的ではアパートは不可だそうです。

Aベストアンサー

>1.地目変更は必ず必要なのか?
必要です。

「不動産登記法」(抜粋)
第37条
1.地目又は地積について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から一月以内に、当該地目又は地積に関する変更の登記を申請しなければならない。

>2.税金は、どうなりますか?
上がるでしょう。
建物がある宅地は軽減措置があります。
太陽光発電システムがある雑種地も軽減はありますが、建物がある宅地よりずっと少ないです。
なお、仮に地目変更を行わなかった場合でも、固定資産税は「現況課税」なので課税は変わりません。
また、太陽光発電システムに対する固定資産税もかかります。
役所の固定資産税担当部署で概算額を聞かれることをおすすめします。

Q古典についてです。 上一段活用と上二段活用の違いと、 下一段活用と下二段活用の違いを教えてください

古典についてです。

上一段活用と上二段活用の違いと、
下一段活用と下二段活用の違いを教えてください。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498051539

Q遊休建物の活用について

助けてください!
勤務先での業務命令を受けて困っています。

遊休建物の活用方法について、案を出すよう社命がでました。
(築10年ビル1階30坪。店舗兼ショールーム閉店後の活用です。)

「どんなことをしたら良いのか」を提案するためには、それなりに市場調査や、立地等諸条件の整理をしなければいけないのですが、いかんせんマーケティングの知識が乏しいため、何をどうやって進めたらよいかわかりません。

皆様がご存知の情報、ご意見をお教えください。
(例:このページは参考になるよ!,素人は手を出さないほうが良いよ!・・・)

Aベストアンサー

はじめまして。

マーケティングなど、何もわからない者ですが、わかる範囲で・・・。

まずは、その物件の仕様(?)を調べましょう。
 法律で使えない用途とかがあるのか?、駐車場付きなのか?・・・など

次に地図等で、その物件の交通事情を調べましょう。
 最寄りバス停・最寄り駅・最寄り駅・バス停ではないものの利用可能な駅・バス停
 その物件が接している道路事情・最寄りの幹線道路・・・など。
 (地図によってはバス停は載ってないかも・・・。)

あと現地にて周辺の事情を調べましょう。
 上の地図で調べた交通事情を駅・バス停から実際に歩いてみて、物件まで実際に何分かかるか?
 バス停等が地図に載っていなければ近所のバス事情の調査、駐車場事情、
 テナント入居後のそのテナントのお客様が使用する駐車場とかは、近所に確保可能か?・・・など
 近所にあるお店・役所等の公共機関などもチェックする必要がありそうですね。

まだまだこれ以外にも、調べなければならないことは山ほどありそうですが、
私にはこれ以上わかりません。(^^;)

失礼いたします。m(_ _)m

はじめまして。

マーケティングなど、何もわからない者ですが、わかる範囲で・・・。

まずは、その物件の仕様(?)を調べましょう。
 法律で使えない用途とかがあるのか?、駐車場付きなのか?・・・など

次に地図等で、その物件の交通事情を調べましょう。
 最寄りバス停・最寄り駅・最寄り駅・バス停ではないものの利用可能な駅・バス停
 その物件が接している道路事情・最寄りの幹線道路・・・など。
 (地図によってはバス停は載ってないかも・・・。)

あと現地にて周辺の事情を調べましょ...続きを読む

Q《あえか》と《あへか》、どちらが正しい?

《あえか》or《あへか》。

あえか……源氏 箒木《艶に○○○なるなるすきずきしさのみこそ》
同 夕顔《世の人に似ず○○○に見え給ひしも》

『大玄海』(冨山房)『広辞苑』(岩波書店)は《あえか》
『国語大辞典』(小学館)は《あへか》
となっています。源氏物語、所有していないので、教えてください。

Aベストアンサー

回答締切りとありましたが気になりましたので
失礼します。
古語では「え」は全て 「へ」ではありません。
「え」「へ」「ゑ」があります。「あえか」は
「え」が正しいようです。 
詠草は「えいさう」栄華は「えいぐゎ」と仮名を
ふるようです。参考に幾つかのURLを。 
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/88/8801/880139.htm
http://www.genji.co.jp/1993/ron9303.htm

http://www.asahi-net.or.jp/~GT6T-CD/goku_genji.htm#a02

Q震災法人が義援金を活用して建物を取得する際の処理

震災地区の法人に対し、当該地区行政から義援金が支払われることになり、これを活用して、集会所を建設することを検討しております。
義援金と言いましても、使途計画を提示することとなっております。
仮に義援金が2千万円が平成23年12月に受け取ることとなっても、震災の状況から建設出来るのは、平成24年度(4月以降)になります。
この場合、12月に入金になった義援金は、「雑収益」等の経理科目で処理するととなりますでしょか。
また、建物の取得は24年度と処理年度が異なる場合の経理処理対応について教えてください。

Aベストアンサー

MAKOTERU様

このようなケースに課税をすること自体が、現状、あるいは震災特例法を初めとする各法の趣旨になじみません。

私の税理士としての「勘」ですが、これら受取義捐金による資産取得等については、「圧縮記帳」が認められる可能性があります。

この場合、国庫補助金の圧縮記帳を援用出来るのではないか、と考えます。その根拠は下記の通りです。

1.自治体からの交付
2.使途計画の提示

この場合、義捐金の先行受入となるので、当期決算時には2千万円を特別勘定に計上します。
この特別勘定は法人税額の計算上、損金算入出来ます。
従って、受入義捐金(特別利益計上)相当額が相殺されます。

翌期は集会所(資産計上)と当該特別勘定の相殺(直接法の場合)で償却対象物を減少させる事になります。


全くの私見ですので、必ず税務署でご確認下さい。
もし現状不可としても、年度末あたりまでに時限立法または通達が出る可能性があります。

Q古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

古文の質問なんですが、下二段活用の未然形と連用形はどう見分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方の回答も出ていますが、できるだけ詳しく述べてみます。「例」として「任す」(まかす)を取り上げます。
未然形も「任せ」・連用形も「任せ」で当然同形です。その場合は後に接続する語をみる。

 未然形に接続する助動詞 「らる」「さす」「ず・ざり」「む」「むず」「まし」「まほし」 同じく助詞 (仮定の)「ば」(打消接続の)「で」。その他は省略。

 連用形に接続する助動詞 「き」「けり」「つ」「ぬ」「たり」「たし」  同じく助詞「て」「つつ」「ながら」「てしか」「にしか」  同じく連用中止法の形「任せ、」及び「任せきり」のように他の動詞がつく形も連用形です。 

 その他に、「任せぬ」のような形の「ぬ」が、完了の助動詞の終止形になるか、「打消」の助動詞「ず」の連体形かの判断が必要になることもある。この場合はさらに「ぬ」の後に接続する語を判断する。「任せぬ」で言い切った場合は結果的に、「完了」と考え「任せ」は「連用形」になる。「任せぬ時」のように続く場合は「ぬ」は打消の「ず」の連体形と考えられ、結果的に「任せ」は「未然形」と決まります。

Q築40年の建物の活用法

私の祖父は病院の院長として働いていて、以前から築40年5階建ての建物の5階に住む傍ら1階のみをクリニックとして運用しています。しかし、2階から4階、及び屋上は利用されずのままで非効率な印象を受けます。祖父が老齢のため、これらのスペースを使うほどの規模にクリニックを拡大することもできません。この空きスペースをどのように利用すればいいのか今思案中なのですが、アイディアをいただけませんか?

立地としては関東近郊の人口20万人ほどの地方都市に所在しており、建物の大きさとしては通常の1階建てのクリニックの大きさでそのまま5階建てになったような規模です。つまり、個人経営の病院としてはかなり大きい方だと思います。また、建物の老朽化からアパート等の経営に利用することはほぼ不可能であると言っていいと思います。

Aベストアンサー

このおじい様が開業している建物の立地によりますが
最近、開業医が1つの建物に集約して診察する「医療モール」という方式があります。
2~4階におじい様のクリニックの診療科目以外の開業医の方に賃貸すると言うのはいかがでしょうか?。
仮におじい様のクリニックが内科だとして
AこどもクリニックやB整形外科といった、地域に不足している診療科目を誘致する事が可能です。
他にはクリニックの一部を処方箋専門の院外薬局に賃貸などもして見られてはいかがでしょうか?。

Q《涌く》という漢字を使った音読みの熟語・・・

《涌く》という漢字を使った音読みの熟語を教えてください!!

Aベストアンサー

mamimamimanさん、こんにちは。

質問の趣旨から少しはずれた回答になりますが、辞書的な回答は皆さんされていますので・・・・。

西国三十三所の札所で、京都の今熊野に(確か15番札所だったと思いますが)今熊野・観音寺というお寺があります。
でも、これは正式名称ではなく泉涌寺(せんにゅうじ)という大きなお寺の中の、塔頭寺院(観音堂)の事でしてね。

話は違いますが、実際私が使っている一太郎のATOK13で、こう打ち込めば熟語(固有名詞)として出てまいります。

余談ですが、有名な高僧がこの地を訪れ泉涌寺を建立しようとした時「きれいなわき水」がこんこんと流れ出していたそうで、それ故に銘々されたと聞き及んでいます。

なかなかのかくれた紅葉の名所でしてね。(質問とは全然関係ないですが・・・)

「涌く」の読み方は「ユウ」又は、「ん」の後の読みぐせをとって「ニュウ」とも読めます。
ということで、本当に余計なお邪魔虫でした。
お許し下さい。

Q土地を貸すか土地に建物を建てて貸すか

よろしくお願いします。
不動産活用のことでお聞きします。
土地を他人に貸して相手がその建物に建物を建てるか、土地に自分で建物を建てそれを貸すという2ケースで双方のメリット、デメリットをお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おもなメリット、デメリットは以下のようなものだと思います。

●土地を貸した場合:
・いったん貸すと、売却が難しくなる。
・他人所有の建物がたったら、それを自分で買い取らない限り、再び自由に利用できないと考えるべき。
・借地権が発生するので資産価値が下がる(その分、現金が手元に入る。)

メリット
・資産価値が下がるので相続税が軽減される。(ただし土地を貸した時点で権利金を受け取ると、そこで課税されてしまう。現金より不動産で相続させたほうが税金は安い)


●自分で建物をたてた場合:
デメリット
・建物にテナントが入らない場合など、投資資金が回収できるとは限らない。
・建物の地震による倒壊、火災、老朽化などのリスクを背負い込む。
・メンテナンスやテナント募集などが大変。管理会社に任せると、自分の取り分は減る。
・例えば60年償却の建物でも、60年もつわけではないので、実際よりも償却が遅くなってしまう。

メリット
・自由に売却できる。(テナントが入居したままでも可。)
・発展している土地なら、土地だけ貸すよりも投資利回りが高い。

借地権には、地上権と賃貸借によるものとがあります。地上権は登記でき、所有権に準ずる強力な権利です。
しかし、賃貸借契約による借地権も、これはこれで虚力な権利です。底地権者と借地権者の、相続税課税評価上の持ち分(更地の価値に対して)は、市街地では2:8ぐらい、純農地では5:5もありますが、借地権者のほうが強いと思っておくべきです。
仮に2:8の地域なら、furui-shiroさんの資産の8割を借地人に渡すのと同じことになりますね。
ですから、土地を売るのと同じようなもの、と考えておく必要があります。

借地人は、借地権の代金としてまとまった金額を支払いますが、××年後に無償で借地権を返還するといった契約を結ぶこともあります。
また借地権料を払わず、毎年の地代を高額にして、埋め合わせるやり方もあります。
定期借地は、例えば50年後に更地にして返すという契約です。
この場合は底地権者の権利がはっきりしているので、定借契約を結んだあとも、底地を売却しやすいと思います。

その場合、借地人がfurui-shiroさんの底地に保証金の担保を設定することになると思いますが、furui-shiroさんも借地人所有の建物に地代の担保を根抵当で設定しておくといいと思います。(この点は話し合いですが。)
アパートのテナントと違って、土地の賃貸借は簡単には解除できないので、契約書の文言には十分に注意してください。
また、支払いが滞った場合のことを考え、公正証書にしておかれると安心です。

将来のインフレを考えるなら、例えば地代は固定資産税の××%と決めておき、「将来の税制改正によって、土地の時価に対する固定資産税の実効税率が変わった場合には……の方法で調整する」といった条項を入れておくといいでしょう。
固定資産税はちかぢか引き下げられる可能性が高いからです。
何年おきに契約更改、といったやり方だと、そのたびに交渉で大変です。借り主が法人だと手ごわいし。


どちらの選択肢を選ぶにせよ、土地柄や人口増加率、需給動向、その土地のある路線の借地権割合など、さまざまな観点から慎重に検討なさることをお勧めします。

おもなメリット、デメリットは以下のようなものだと思います。

●土地を貸した場合:
・いったん貸すと、売却が難しくなる。
・他人所有の建物がたったら、それを自分で買い取らない限り、再び自由に利用できないと考えるべき。
・借地権が発生するので資産価値が下がる(その分、現金が手元に入る。)

メリット
・資産価値が下がるので相続税が軽減される。(ただし土地を貸した時点で権利金を受け取ると、そこで課税されてしまう。現金より不動産で相続させたほうが税金は安い)


●自分で建物をた...続きを読む

Q「高等学校『本科』全日制」って何?《教育用語?》

OECDでPISAという調査が行われ、
「日本人は本を読まん」などと指摘されています。

その報告書で対象とした生徒は
「高等学校本科全日制」と表記されていました。

この中で全日制は、定時制の対義語で夜間じゃなく昼間だよ
という意味なのはわかりますが、

「本科」という言葉があって、何だろう?と思いました。
ご存知の方お願いします

Aベストアンサー

以下は学校教育法の条文ですが、

第四十八条 高等学校には、専攻科及び別科を置くことができる。
2 高等学校の専攻科は、高等学校若しくはこれに準ずる学校若しくは中等教育学校を卒業した者又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者に対して、精深な程度において、特別の事項を教授し、その研究を指導することを目的とし、その修業年限は、一年以上とする。

この「専攻科」に対して、中学校卒業者が入学する修業年限3年の課程のことを「本科」と呼んでいるようです。(ただし、学校教育法には「本科」という言葉は出ていません)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報