追突事故でむちうちになり、現在整形外科に通院しています。
保険の人からは接骨院に通いたいと当初に言いましたが、診断書は医者でないと書けないし、まずは整形外科に行って下さいと言われました。先生が接骨院に行ってもいいということであれば通うのは構いませんと。先生は接骨院(マッサージや鍼灸)を認めない方のようで、あれは気休めです。治ったと思ってるのはその時期だからですと言われました。むち打ちなら3週間は安静にしてくださいと言われ、毎回湿布と薬をもらうだけです。私としては、3週間たってもまだ治ってないようであれば、接骨院に行きたいのですが、勝手に行って自腹になったら困ると思っています。医者がすすめなくても接骨院等に通ったかたいらっしゃいますか?
ご存知であれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

柔道整復士の資格のある整骨院なら、医師が認める認めないに


関係なく保険会社は認めますよ。

その医院はリハビリ施設のない整形外科なのでしょうか?
湿布だけ渡してどうですか?などと聞いているだけの
整形外科では治るものも治りません。

リハビリ施設のある整形外科なら理学療法士がいてるはずです。
理学療法士の施術は医師の指示の元に行われるようになっていますが、
実務ではいちいちこれこれこのようなことをしなさいなどの
指示を医師はしていません。理学療法士が患者と話しながら
容態を聞き取り施術しています。
ただ、理学療法士は電気などを当てることは出来ますが、
手技となるとあまり得意ではない人が多いように思います。

私も骨折をしたときに、地域では有名な整形外科に行き
ギブスがとれてから、その整形外科で理学療法士による
リハビリを受けながら、職業柄試しに2件の評判の良い接骨院にも通いましたが、
ほぼやることは同等の内容で、1件の接骨院の先生の手技が
大変気持ちがよく、症状も改善され、その接骨院に一番よく通いました。
また理学療法士の治療が一番下手だと感じました。
医者は切った貼った縫った・レントゲンは出来ますが、
そのあとのフォローは実際は出来ないものだと思います。

全ての症状に接骨院が有効であるとは思いませんし、
実際その人の技量によって大変変わってくるとは思いますが、
試してみる価値はあると考えます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リハビリの機械はあるみたいです。3週間経過して症状があるならするみたいです。骨のばしたりとの事。
柔道整復士の資格がある接骨院探してみます。
なにわともあれ、3週間は安静にしておきます。

お礼日時:2011/06/15 09:21

1.整骨院(柔道整復師)には、医師と同等の知識・技能はありません。


  損害賠償上では、施術の必要性・相当性が認められればあまり厳しくは言われないようですが、根本的には医師の同意が必要です。
  柔道整復師以外の針・灸・あんま・マッサージ・指圧等に関しては、医師の同意がなければ認めてもらえないことが多いと考えてください。
  こうした医業類似行為には、本当は医学的にほとんど意味がありません。
  カイロ・整体などは、まったく医学的な裏付けがありません。
  医師は言います「本当に有意義な治療法なら、すでに医学的に取り入れている」と・・・。

  柔道整復師には、骨折・脱臼の治療を行う場合は、医師の同意が必要です。
  実は、こういう基本的な決まりごとすらしっかり守らない整骨院が多いということを知ってください。
  レントゲン等の画像診断は許されません。
  投薬も基本的に禁止されています。
  これで医師と同等と言えるでしょうか?

2.施術証明書は診断書と同等に扱われることはありません。
  柔道整復師には診察権は認められていますが、医学的に総合判断をする診断権はありません。
  損害賠償上は、病態等を証明するのは、診断書以外にありません。

3.むち打ちなら3週間は安静にしてくださいと言われ、毎回湿布と薬をもらうだけです。
  基本的な整形外科学上の治療法としては、急性期治療とはそういうものです。
  この時期に開始するリハビリを「急性期リハビリ」と言います。
  本来安静期と言われている期間ですが、急性期リハビリは早期に始められるなら開始したほうが良いとも言われます。
  その開始時期を判定できるのは、柔道整復師ではなく、医師しかいないのです。
  3週間で直る怪我というなら、整骨院で治療を受ける必要がありません。

4.医者がすすめなくても接骨院等に通ったかたいらっしゃいますか?
  そういう人をたくさん見てきました。
  後悔している人は多いものです。
  試しに、健康保険を使うと言ってみて下さい。
  かなり抵抗すると思います。
  健康保険では、あまりにも安いから・・・。
  実は、その程度の施術(治療とは言わない!)でしかありません。
  もし、医師の進めもなく整骨院へいく場合は、あくまでも自己責任で行かれてください。
  医療ミスがどうだとか、決して言わないようにすべきです。
  ある有名な大学病院の整形外科部長が言われてました。
  「整骨院は健康な人が行くところで、怪我人が行くところではない。」
    • good
    • 2

追記



何が東洋医学には症状固定の概念がないから後遺症診断書が書けないだ

柔整の先生は整形学、解剖学等の西洋医学を学んだ国家資格保有者です、しかし、医師とは違い診断権は有していません、従って貴方の現在の症状を医学的に説明もなにも保険屋に対して出来ません、従って保険屋の治療費立て替え打ち切り後の、施術に対しては全く施術の正当性を証明できなくなります

また、自賠責損害調査事務所は医師ではない柔整の先生の施術には否定的な見解です、これは裁判所の判事も同様です、痺れ等の神経症状やMRI等で椎間板ヘルニアによる脊髄、神経根障害や、バレ・リュー症候群などの自律神経疾患等が有る場合には、整骨院での施術は不適切になります

不適切の最大の理由に後遺症の問題があります、勿論、損害賠償における最大の問題の、事故受傷と治療の妥当性の因果関係の証明は整骨院には無理と言う事も有りますが、それよりも、尚、通院や施術をしても不幸にも後遺症が残ってしまった場合には整骨院偏重では多くの場合に後遺症が否定され非該当に成ります、それは自賠責損害調査事務所が整骨院での施術を医師のもとでのリハビリや治療に比べて、ほとんど評価していないからです、また整骨院偏重では、ろくな神経学的所見も神経症に即した医学的治療も、症状の推移も受けれませんし、何も記録さえできません、勿論後遺症診断書は記載できず、整形医も整骨院偏重患者の後遺症など親身に成って作成もしてくれんません


また受傷後すぐの急性期にマサージ等の過剰な刺激は厳禁です、安静が第一に成ります、この点は医学的に医師の意見の方が正しいのです

どうしても整骨院へと言うならば、最善の方法は、週1~2回整形等に掛かり、医学的治療を受け、残りのリハ部分を整形の先生に任す等が理想的です。治療先の選択は貴方自身の自由です、何を信じるかは自己判断して下さい、まあ後遺症なんか残らない、保険屋に強引に打ち切られたら諦めると言う善良な方ならお好きにどうぞ
    • good
    • 1

何が整骨院の柔整の先生が東洋医学だ、何が施術証明が診断書と同等だ



何が自賠責が医者と同等に扱えだ

鼻で笑われるような事を長文で回答しなさんな、呆れてものが言えないわ
    • good
    • 0

接骨院の施術者の資格によります。



柔道整復師の国家資格があれば、医師の治療と同様に扱われますので、医師の指示なしに施術を受けてもなんら不利益を被ることはありません。
医師の治療、柔道整復師の施術を受けた場合、自賠責保険の慰謝料は、総治療期間と実治療日数の2倍とを比較して少ない方の日数に4,200円を掛けた金額となりますが、この扱いについても医師・柔道整復師は同等です。

一方、あんま、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師の施術費用に関しては、原則として医師が必要と認めた場合でないと認定されません。また、その場合でも慰謝料算定に関しては実日数を2倍しないのが一般的です。

それ以外のカイロプラクティックなどの民間療法の費用は自賠責保険では認めていませんから、治療費・慰謝料の対象となりません。ただし、一部の損保では所定の要件を満たすカイロプラクティック等での費用を認めているところがあります。

柔道整復師は、医師の診断書にかわる施術証明書を発行することができ、警察は人身事故届の受理に当たっては診断書と施術証明書を同等に扱うこととなっています。
自賠責保険・任意保険においても、医師の治療と柔道整復師の施術を同等に扱うようにとの通達が出されています。
ただし、柔道整復師には後遺障害診断書が作成できません(というより東洋医学には症状固定の概念がない)ので、後遺障害が残りそうな場合には医師の治療を併用しておかないと、困ることになります。
    • good
    • 3

先に断っておきますが私自身の経験ではありません



私の友人でタクシーに乗車中に追突され整形で頸椎ねんざと診断
しばらく通院してましたがいっこうに回復せず
以前私の近所にある整骨院へ来て調子がよくなったので
タクシー会社へどこそこの整骨院へ行くと連絡して了承を得て
2度ほど通院したらよくなりました
治療費は保険で支払われました

別の友人の話ですが交差点を自転車で横断中に車と接触
最初に整形へ言った時に時間がかかりますと言われたそうです
その後整形へ通院していてもよくならないので別の友人が
自分の通院してる整骨を紹介しようかと言っても断って整形へ通院してましたが
1年経っても完治せず、保険会社からはそろそろ症状固定で示談をといってきたそうです

言葉は悪いですが病院にとって交通事故の患者は現金収入になるおいしい存在
整骨に行っていいなんて言いませんよ

このような例があるという事であとは質問者様が判断なさって下さい
    • good
    • 4

私は20年前、駅員をしていた時酔っ払いにいきなり襟首を引っ張られてむち打ち症になりました。


整形外科に通いましたが良くならず、職場の人に整骨院を勧められて行きましたが結果は最悪で、今でも痛みがあります。
まじめに整形外科に通っていればよかったと後悔しています。

やたらに整骨院には行かない方が良いですよ。
余計悪くなっても保険の上積みはありませんから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q整骨院を利用する人の主な世代は?

整骨院を利用する人の主な世代は?
この度とある整骨院のオープンにあたりチラシを制作する事になりました。それでデザインのテイストを考えているのですが、肝心のターゲットがわかりません。整骨院というのはだいたいどのくらいの世代の方が主に利用されるのでしょうか?スポーツによる怪我の治療などもするとの事だったので、中高生も利用するのでしょうか?
回答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

親戚に整骨院経営者がいます。
日中の主な利用者はご婦人や高齢者ですね。帰宅時間や土日などには中高生や社会人でのスポーツ経験者が利用しています。治療のほかに高齢者には体操を行うよう指導したり、スポーツ経験者には世間話の中でスポーツ医学上の指導も行っています。また、実際にサークルや少年団などでの指導やコーチも行うことで人脈を広げたりしておられますね。テーピングや湿布薬に関しても薬局紹介して医院で余計に搬入しなくてもいいようにしています。

若い女性をターゲットにする場合は、ネット口コミサイトでマッサージを中心とした営業を行っていることを伝えたり、若い男性の場合、サラリーマンとして休憩時間や帰宅時間の短い時間に英気を養うようなコメントが見られます。

Q事故通院の整形外科と接骨院について

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧めで接骨院に通っていることを伝えると
『ルール違反だ!えー、保険やさんがそんなこと言った?それはいかんわ、保険会社にあとから電話しておくわ』と!
保険会社にルールって何ですか?と聞きましたが、当然、整形と接骨院の両方に通院しても治療費も支払えるし問題はないと・・・

しかし、保険会社も自分に有利なように話を進めるのが普通かと???
もちろん、接骨院、整形・・・それぞれ立場が違うでしょうし、誰が言っていることを信じて治療に専念すればいいのか?

どなたか公正な立場で教えて下さいませんか

 交通事故の被害者です。
全面的に相手が悪いということで加害者側の保険会社の方が、整形外科だけでなく接骨院にも通って電気治療やマッサージもしてもらったほうが早くよくなるのではと勧めてくれそうしています。
というのも、整形ではレントゲンを撮り骨折してないから打撲がひどくてもあとは日にち薬と何もしてもらえないからです。
ただ、接骨院では後遺症が残った場合、診断書が書けないみたいだから私としては整形にも1~2週間に1回は通いたいと考えています。

そこで、整形の先生に保険会社の方の勧...続きを読む

Aベストアンサー

平行しての治療は、可能ですよ。
お書きのように整骨院は、医師でないので「診断」が出来ないのです。
だから、診断書も書けません。

その医師のがイマイチ意味不明…。
リハビリの指示もしないのに金になる自由診療の患者を逃がしたくないのかな?って感じですが…。

保険会社が整骨院での治療を進めるのは、上記の通りに医師でないと診断書を書けないからです。
整骨院だと診断書も書けない→後遺症認定書も書けない→万一にも後遺症認定を取られる事がないって事ですね。
後遺症認定が出たら通院とは、別に後遺症分の慰謝料や逸失利益が発生しますから、保険会社は、支払額が増えます、これを防ぎたいのです。
保険会社としては、整骨院での治療を勧めるのは、万一にも後遺症認定を取られない為の布石って感じです。

なので、お書きのように整骨院に通うならちゃんと病院と平行して通うのがいいですよ。
完治するのが一番いいのですが、万一に症状が残った時に整骨院だけだと困る事になります。

お大事に。

Q健康保険組合から整骨院の治療費について教えてください。

保険組合より整骨院の治療費についての問い合わせの書類が届きました。
治療費が明記されている金額と違うため、その旨記載し提出しました。
後日、整骨院より問い合わせがきましたが、何故僕のところに整骨院から問い合わせを受けるのでしょうか?
保険組合から僕に連絡がくるならともかく、整骨院から問い合わせがきたので、驚きました。

また整骨院より回答するとの事でしたが、僕が違法処分を受けるのでしょうか?

Aベストアンサー

整骨院が健康保険を悪用して不正請求を行ったのでしょう。こんなことを許してはいけませんので保険組合に事実を正しく伝えてください。

(ご参考)

そもそも柔道整復師の業務範囲は、打撲やねんざ、肉離れ、骨折、脱臼で、主に急性のものに限られる。骨折や脱臼は応急手当てを除き医師の同意が必要だ。これは整形外科医がいまほど多くなかった時代に、骨折など急性の外傷の応急処置を柔道整復師が担っていたためだ。そしてこの5疾患では、確かに健康保険を使って施術を受けられる。

(中略)

 健康保険の不正請求の実態については、会計検査院が2010年に報告した調査がある。長期間、あるいは3カ所以上にわたって何らかの施術を受けた人(203施術所、940人)に対し、面会または電話で聞き取りした内容がまとめられている。

 これによると、施術所(接骨院や整骨院)が保険者(健康保険組合など)に提出する「療養費支給申請書」に記載した負傷部位と、施術を受けた人が施術所に申告している負傷部位が異なっていたものが、66%もあった。また、実際の施術を受けた原因が日常生活で起こる肩こりなど、本来なら健康保険が認められない症状だったものが50.7%と、半数以上に及んでいた。

(引用元)
肩こりに健康保険は違法? 後を絶たない接骨院の不正請求
http://dot.asahi.com/wa/2014022600044.html

整骨院が健康保険を悪用して不正請求を行ったのでしょう。こんなことを許してはいけませんので保険組合に事実を正しく伝えてください。

(ご参考)

そもそも柔道整復師の業務範囲は、打撲やねんざ、肉離れ、骨折、脱臼で、主に急性のものに限られる。骨折や脱臼は応急手当てを除き医師の同意が必要だ。これは整形外科医がいまほど多くなかった時代に、骨折など急性の外傷の応急処置を柔道整復師が担っていたためだ。そしてこの5疾患では、確かに健康保険を使って施術を受けられる。

(中略)

 健康保険の不正...続きを読む

Q2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日

2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日の通院で5月1日に整形外科の先生と話して終了することにしたのですが慰謝料等のお金はいくらぐらいもらえるのでしょうか?病院、鍼灸迄の距離は往復5キロぐらいです。慰謝料の他にもらえるものとかも有るのでしょうか

Aベストアンサー

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低い場合の例ですが、新車購入の際の税金・登録諸経費など
6、あとは慰謝料(最低額でも@7000円前後とは思いましたが、A:打撲。B半身不随だと、勿論違います)
7、後遺障害の際の保障、後遺障害の際の慰謝料。
(6番は事故のみです。 7番と合算ではありません。よって2つの慰謝料)
8、そんなところかな??
ーーーーー
当方か過去、交通事故の被害者で弁護士を立てないで裁判を行いました。
保険屋・自賠責 < 過去の判例 < 請求額の順番です。

よって、例えば裁判で、
Aの請求をします=その理由として、過去の判例○○を証拠として提出します。とか
証拠集めが重要です。^^

そこまでぐちゃぐちゃ、ならないことを祈ります^^

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低...続きを読む

Q整骨院の人はどういう資格をもっているのでしょうか

整骨院に通っているのですが、なかなか直らず「一度、整形外科で診て貰って下さい」といわれました。整骨院と整形外科医とどう違うのか実は良く分かっていません。

1.整骨院と整形外科の決定的な違いは何でしょう
2.整骨院で働くにはどのような資格がいるのでしょうか
3.整骨院の人を呼ぶ時は「先生」と呼ぶべきでしょうか

Aベストアンサー

整形外科は医師であり、病気の診断ができる。
整骨院は応急手当だけ。医師ではない。

http://www.med.kindai.ac.jp/ortho/sekkotu/

Q追突事故でむちうちなのに、妊娠中で治療ができない場合の保障はどうなりますか?

先日、真後ろからの追突事故により、私(運転者)と娘がむちうちと診断されました。(私は腰椎捻挫もあります)
私は妊娠5ヶ月でおなかの赤ちゃんには今のところ異常はないとのこと。

むちうちはほっておくと後からひどい目にあう(天気が悪いと調子が悪くなったり、頭痛がしたり・・・)と周りから聞いていたので、きちんと治しておきたいと思い、病院で診察の時に「接骨院に通いたい」と伝えました。
ですが、先生は
「妊娠中の患者さんにはなんの治療もできないんです。
リハビリもできないし、シップも完全に安全と言われているわけではないし、ましてや接骨院はやめたほうがいいです。
なにもできないので、このまま過ごしてもらうしかありません。1週間したらとりあえず見せに来てください」
と言われてしまいました。

追突の相手の過失が10割なので、相手の保険でやってくれるそうなのですが、「通院した日に対してしか保障がでない」と聞きました。
ならば、妊娠中のため、きちんとした治療がうけられず、痛みが長引きつらい思いをすることになるとしたら、それ相応の慰謝料(妊娠中でない場合に医者や接骨院に通う日数分)をプラスしたものをいただけるのでしょうか?

この件を、明日先方の保険会社に話をするのですが“あくまで通院に対してだけです”なんて言われたら痛みに耐え、完治が長引いた分だけ損だなぁと思ったんです。
こういう場合、どうなるかご存知の方、または似たようなケースにあわれた方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

※補足が必要な場合は補足しますので、おっしゃて下さい。

先日、真後ろからの追突事故により、私(運転者)と娘がむちうちと診断されました。(私は腰椎捻挫もあります)
私は妊娠5ヶ月でおなかの赤ちゃんには今のところ異常はないとのこと。

むちうちはほっておくと後からひどい目にあう(天気が悪いと調子が悪くなったり、頭痛がしたり・・・)と周りから聞いていたので、きちんと治しておきたいと思い、病院で診察の時に「接骨院に通いたい」と伝えました。
ですが、先生は
「妊娠中の患者さんにはなんの治療もできないんです。
リハビリもできないし、シップ...続きを読む

Aベストアンサー

私が交通事故にあってむちうち症になったときの体験談ですが、整形外科などの医者にはむちうち症を肯定的にとらえる先生と否定的にとらえる先生の2つに大きく別れます。万が一、大病院などで受診して、むちうち症に否定的な先生にあたった場合にはろくに治療もしてもらえず、治療終了になる場合もあるかもしれません。

医者がおこなう治療には、頸椎の牽引(頭をもちあげる)や、低周波による電気マッサージとか、高周波の温熱療法がとられる場合が多いです。妊娠中の場合、上記の治療方法の選択が難しいと考えられ、慎重な選択が求められます。これは接骨院に通院しても変わらない可能性も多々あります。

以上は原則論ですが、交渉の相手方となる保険会社は以下述べるような方法もあるということは、被害者側から特に要求しない場合、まず教えてはくれないのですが参考までに述べます。

私は、頸椎の痛みがひどく、整形外科での治療とは別に、自費でマッサージ師の国家資格を持つ整体院で首のマッサージ治療を受けていたのですが、先生が「実は有資格者のマッサージ治療の整体院の通院には自動車保険がでるんですよ」と教えてくれて、相手方の保険会社と交渉して今までの整体院への通院に要した自費負担分の治療費の支払いと、以後通院にようする治療費については直接整体院から保険会社に請求して、自己負担なしという結果になりました。

このケースで慰謝料の支払いは下記の様になりました。通常、交通事故の慰謝料の算定にあたっては1回の通院で2日間の治療による通院とカウントされますが、病院とは別にマッサージ治療の整体院への通院に要した日数についても1回の通院で2日間の治療と計算して、病院と整体院の通院双方について慰謝料の請求が認められました。1日4200円で計算しますので、私のケースでは45日の通院について90日がカウントされ、37万8千円が慰謝料として支払いを受けました。

さて、以上は慰謝料についての保険の取り扱いでしたが、保険会社は病院と整体院へ治療費を支払っています。これとは別に、一定の要件を満たす場合、専業主婦でも休業補償を求めることができます。通院などに時間をさいて、家事労働に従事できなかった場合、その間の主婦の休業補償は女子労働者の平均賃金を基準にします。なお、自賠責保険では1日5500円を認めています。

また、自分が加入している自動車保険について、搭乗者傷害保険の契約をしている場合には通院日数または部位・症状別に一定の金額の支払いを受けることができます。

さて、保険会社との交渉に当たっての注意点ですが、保険会社は被害者に有利な事情については被害者から請求しないと何も教えてくれず、保険会社にとって有利な事情(保険金の支払いの減少)については何も言わなくても、被害者側が無知であればあるほど横柄に要求してくるケースがあることが多々あります。妊娠中でも、整体院で首(頸椎)のマッサージならばかろうじて治療を受けることができるかもしれないケースでも、「病院以外での治療については保険金の支払いはできません」と横柄な保険会社の示談交渉担当の職員(アジャスター)は言うかもしれません。私の場合では、「そのケースでは過去の裁判の判例から見ても保険金の支払いは認められません」と言われたことがあり、こちらが「では、その保険金支払いを認めなかった裁判の判例を自宅までFAXで送れ」というと、とたんに態度がかわり、結果として保険金の支払いを受けることができたこともあります。

以上は、100対0の過失割合で加害者が対人賠償の任意保険に加入していることを前提とした上での体験談ですが、補足があればお願いします。(100対0の事故の場合では、自分が加入している自動車保険の保険会社は、相手方の保険会社と交渉できないので、別途、弁護士費用特約があるかどうかも考慮しなければならない場合もあります。)

相手方の保険会社と対立して解決の方法が見つからない場合には、「交通事故紛争処理センター」で和解の斡旋を受ける方法も裁判と比較して短期間に、無料で実現でき、相手の保険会社もその審査結果に対してはこれを尊重して、他の解決手段に訴えられないことになっていますので覚えているといいかもしれません。

参考URL:http://www.jcstad.or.jp/

私が交通事故にあってむちうち症になったときの体験談ですが、整形外科などの医者にはむちうち症を肯定的にとらえる先生と否定的にとらえる先生の2つに大きく別れます。万が一、大病院などで受診して、むちうち症に否定的な先生にあたった場合にはろくに治療もしてもらえず、治療終了になる場合もあるかもしれません。

医者がおこなう治療には、頸椎の牽引(頭をもちあげる)や、低周波による電気マッサージとか、高周波の温熱療法がとられる場合が多いです。妊娠中の場合、上記の治療方法の選択が難しいと考...続きを読む

Q施術証明書について 交通事故によるむち打ちで整骨院へ 通院しています。 治療終了した時、整骨院の先生

施術証明書について

交通事故によるむち打ちで整骨院へ
通院しています。

治療終了した時、整骨院の先生が
施術証明書を書くと思うのですが
それは整骨院側が保険会社へ
送ってくれますか?

それとも自分で整骨院へ取りに
行きますか?

Aベストアンサー

それは、費用の支払いをどう行っているかによります。
整骨院が直接保険会社に請求している場合は、整骨院が直接送ります。
そうでない場合は、保険会社からあなたに(どうすべきかの)連絡があるはずです。

Q第三者行為障害届けで国保を使用する場合、整形外科から接骨院へ移り、治療は可能でしょか?

第三者障害届で国保を使用する場合、現在かかっている整形外科は治療というのはなく、薬のみなので、知り合いの接骨院に通いたいと考えています。でも、その場合、せっかく可能になった第三者障害届けを出していても国保が使えなくなりますか?もしよかったら教えてください。

Aベストアンサー

接骨院で健康保険を使えるのであれば、問題ありません。
保険会社に連絡しましょう。

ただし接骨院の場合、慰謝料計算の時に減額されるでしょうから、ご承知置きください。

Q整骨院 保険適用と治療費について

この前行った整骨院が待ち時間が長く新しい所に行きましたが、今月、他の整骨院で保険を使っていたら自費になると言われました。実は今月すでに2件の整骨院に行ってます。この前の所では他の整骨院に行ってた事は言ってないのですが保険適用されました。何か問題ありますか? それと整骨院の初診料含む治療費は1000円前後だと思うのですが、今月最初に行った整骨院で4000円もかかりました。高くないでしょうか?
肩こりだったから保険適用されていないのかとも思いましたが、特に何も言われませんでした。

Aベストアンサー

整骨院は私もよく利用しますが、事前になんの断りもなくいきなり4000円も請求されるのは少々問題があるかと思います。
整骨院の保険治療の一部負担金は初検(初診)日で610円~1370円程度ですので、4000円の大部分は保険外治療費ですね。
もし金額に見合った治療を受けておられないとか、断りなく自費治療されたことに納得がいかないのでしたら、その整骨院に行って確認された方がよろしいかと思います。
ひょっとすると窓口で他の人の治療費と間違っていたとかでお金が戻ってくるかも知れません。

単なる肩こりや筋肉疲労が保険適用されない云々は私も知っておりますが、単なる肩こりかどうかは素人には判りませんので、整骨院の先生の判断に委ねるしかありません。
保険で治療できるかどうかを先に確認して、先生が「保険でできますよ」と言われるということは、単なる肩こりではないということでしょうし、「自費治療になる」と言われたら、どんな治療をいくらでやってくれるか確認するのがよいかと思います。

あと、病院・医院や他の整骨院に通っていた事は、整骨院で保険請求した分が返礼されて迷惑をかける可能性があるので言っておいた方がいいですよ。

整骨院は私もよく利用しますが、事前になんの断りもなくいきなり4000円も請求されるのは少々問題があるかと思います。
整骨院の保険治療の一部負担金は初検(初診)日で610円~1370円程度ですので、4000円の大部分は保険外治療費ですね。
もし金額に見合った治療を受けておられないとか、断りなく自費治療されたことに納得がいかないのでしたら、その整骨院に行って確認された方がよろしいかと思います。
ひょっとすると窓口で他の人の治療費と間違っていたとかでお金が戻ってくるかも知れません。

...続きを読む

Qむちうちで、通院中ですが・・・

3月に、追突事故(おかま)に合い、通院中です。
状態は、肩と背中の張り、そして時折、ふらつき・むかつきです。所謂、他覚所見のみ。
医師が、私の休業に関して、「仕事の細かな事まで、解らないので、仕事に出るか、出ないかは、ご自分で判断してください・・・」と言われました。
 私は運転士で、多くのお客様を乗せるので、いい加減な状態では、仕事につけません。
 医師は、私が仕事内容などを説明しても、聴く耳をもたないようです。
 このまま自身の判断で休み、相手保険会社は、休業を認めるでしょうか・・?(先月は、補償アリ)
 また、1ヶ月間だけ、月の半分だけ勤務し(3日に一日出勤)残りは、休業補償を認めてもらえるでしょうか・・?
 (現在は、針灸院に毎日かよい、少し改善にむかってます。)
 医師に、気のせいだ。と言われるのが、非常につらい日々です。
 どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お見舞い申し上げます。

>このまま自身の判断で休み、相手保険会社は、休業を認めるでしょうか・・
認めてくれるはずです。ただし、会社などで休業を証明してもらう必要がありますが・・・

私は昨年の八月、信号待ちで停車中追突されました。病院の診断は全治一週間で、4日全休、その後2・3日勤務して早退か休みを1日というパターンを2週間程度続けたように思います。症状が改善するのに1ヶ月かかりました。
保険会社より、休業証明の為会社に情報開示の同意書?に署名捺印した覚えがあります。私の会社側はタイムカードのコピーを他の書類(給与証明など)と一緒に送付したそうです。休業分は全て補償されたように思います。

>医師に、気のせいだ。と言われるのが、非常につらい日々です
症状は本人にしかわかりません。むち打ち症は頸椎に変形があるなど特殊な場合は別として、神経系統の機能や精神に障害を残した症状です。骨折などと異なり証明すること(症状の程度や完治したか否か)が困難な為トラブルにもなりやすいと聞きます。しかし、仕事に差し支えのある内は治療を継続すべきではないでしょうか? 質問者さんの体調次第だと思います。

お見舞い申し上げます。

>このまま自身の判断で休み、相手保険会社は、休業を認めるでしょうか・・
認めてくれるはずです。ただし、会社などで休業を証明してもらう必要がありますが・・・

私は昨年の八月、信号待ちで停車中追突されました。病院の診断は全治一週間で、4日全休、その後2・3日勤務して早退か休みを1日というパターンを2週間程度続けたように思います。症状が改善するのに1ヶ月かかりました。
保険会社より、休業証明の為会社に情報開示の同意書?に署名捺印した覚えがあります。私...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報