人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

はじめまして。
僕は今高校生で大学に入ったらバンドをやりたいと
漠然と思っているのですが経験がなく、
何から始めていったらいいのか全くわかりません。
最低限の知識、バンドの構造、構想パターン、上達法、
活動方法、参考文献などを、初心者にも分かりやすく
教えてもらえると嬉しいです。

A 回答 (3件)

入られる大学にもよると思いますが、たいてい大学内に軽音楽部や音楽研究会のようなサークルがあるかと思います。

初心者から始める人も多数いると思うので、一緒にバンドを始めるにはもってこいだと思います。

好きなジャンルなどによって気の合う同士で組む場合もあるでしょうし、その腕に惚れて組む場合もあると思うので、集まるメンバーにもよって構造も変わってくるかと思います。やはり好きなアーティストが近い方が話が合うし、音楽性も似ているので自分と好きなジャンルなどが近い人と組むのがいいと思います。

また、知識といっても担当パートによって技術も違えば、スコアなども変わってくるので、最低楽譜が読めれば大丈夫ですよ。まずはコピーバンドから入るのであれば、楽譜記号が読めたほうがいいですね。まずはどのパートがやりたいのか決まっているのでしょうか?

活動方法も学内サークルが所属している大学同士で構成されている外部団体、といったものがあったりもするので、その場合だと外部団体が主催・参加する学外イベントに参加できたりします。

個人で組みたいのであれば、楽器屋・CDショップ・スタジオなどにメンバー募集の張り紙などがあると思うので、それで連絡をとって組むことも可能だと思います。
    • good
    • 0

まずやる気です!楽器をかっこよく演奏していい音楽を作りたいという気持ちが大前提だと思います。

楽器が初心者であってもすぐに上達するようになると思うので。。

それに引き続いてコピーをやるならスコアを買って演奏できるような知識は最低限必要だと思います。しかしそれは大体理解できるし、もしわからないようなことはバンドをやっている知り合いに聞いてみれば解決するのではないでしょうか。

バンドの構造はやりたい音楽によっても決まってくると思います。パンクやストレートなロックンロールなどでは三人で誰かが楽器+ボーカルという形でやるのも可能だと思いますし、逆に音数を増やしたいのであればギターを二本にしたりキーボードをいれるなどしてもいいと思います。まず組んでみて何が足りないのかを感じることが必要だと思います。

また、そのバンドが単なるコピーバンドとして楽しむことが目的なのか、オリジナルなどを作って本格的にライブ活動をしていきたいのかということで構想は変わってくると思います。後者であれば、メンバーのそれぞれが気の合う仲間であり、好きな音楽のジャンルが似ていることが後々重要になってくると思います。解散の原因で一番多いことはそういうことですから。

常にこのバンドをこれからどうしていきたいのかという考えをしっかり持っていくことが、バンドをよい方向へ向かわせ、上達への近道でもあると思います。

上達法としては、演奏中は自分の演奏にいっぱいいっぱいになるのではなく、ほかのパートの音をよく聴いて意識して演奏することが必要だと思います。またある程度曲が完成してきたらスタジオなどでMDなどに録音できる機材があるところがあると思うので、そういうところで一回録音してみて自分たちの演奏を客観的に聴いてみることが必要だと思います。そうすれば演奏中では見えてこないことが見えてくると思います。

活動方法はライブハウスなどでライブをしたいのであれば、バンド仲間を集めてライブハウスのホールレンタルをしてみるか、もしくは自分たちの演奏を録音してライブハウスの方に聞いてもらってブッキングしてもらうという方法があります。中には前者から後者につながることもあります。

とにかくバンドに対して本気で取り組んで、あらゆる情報に敏感になっていれば自ずとやるべきことがわかってくると思います。
    • good
    • 0

とりあえず今できるのは、どんなパートを担当してどういった音楽をやってみたいのかとはっきりさせておくことだと思いますよ。

バンドは音楽を演奏するチームです。 漠然とした、バンドをやりたいという願望だけでは十分とはいえないでしょう。 バンドを組んで、何を演奏したいのか、その中で自分がどういった役割を果たしたいのかが見えていないと、バンドを自分から立ち上げることは出来ないでしょうし、バンドに迎え入れる側としても困ると思います。
どのパートが希望で、どういった音楽をしたいのかを明らかにしておいて、まずはバンドと考えるよりも、そのパートにとって必要なことを少しずつ揃えていくのが良いと思います。

バンドで活動していく上で必要な知識は、事前に調べ上げて知っておくようにするよりも、バンドに入って行動する中で理解していくのが良いと思います。 本当に必要な知識はバンドの中にいれば分かってくると思いますし、一緒にバンドを組んだ人から教えてもらうのでも遅すぎるということはないと思います。
ただ、事前に最低限揃えておくべきことをあえて考えるなら、バンドは人間関係で成り立つものですので、人付き合いをする上で必要なマナーをもっておくことくらいだと思います。 それが基本になりますし、最も大切なことだと思います。

バンドの構成や構想パターン(?)などという点については、ジャンルによっても構成などは変わってきますし、同じジャンル・同じ構成のバンドでも、バンドや人によってまったく雰囲気や活動方法、練習方法などが異なるものですので、簡単に一括りにして言及できるものではありません。
いろいろな方法があって、いろいろな形があると捉えておくと良いでしょうね。

アドバイスとしては、まずはバンドで活動した経験のある人と一緒にバンドを組むか、初心者歓迎のバンドに混ぜてもらうか、あるいはサークルなどでバンド活動全体についてのアドバイスをもらえる人にいろいろと指導してもらうのが良いと思います。 まずは身近な経験者の生の声に耳を傾けて、サポートしてもらうのが良いと思いますよ。
これから大学に入ったら、音楽系のサークル(軽音楽部、ロック研、フォーク(F)研など)などに飛び込んでみると良いと思います。 サークルに入ってから楽器をはじめたとか、初めてバンドに参加したという人も少なくありませんので、良いきっかけにはなると思います。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバンド活動(趣味程度)で必要な知識

中学生の息子が暇な時に遊び感覚でするそうです。
時々スタジオを借りるそうですが、殆どは各々の家庭内や迷惑のかからない近隣の空き地で練習するそうです。
担当はエレキギターとキーボードです。
近々楽器店に行くつもりなのですが予備知識を得たいのでアドバイスお願い致します。

アンプは楽器1台毎に用意するものですか?

電気も無い空き地で出来るのでしょうか?

キーボードはカシオの光ナビしかないので、新しく購入しなければならないと思うのですが、持ち運びは何キロくらいまでが楽に持てるものなのでしょうか?(ちなみにギターも持参します。←そんなに沢山持てるのでしょうかね・・・?笑)

バンドスコアをよく見たことがないのですが、61鍵のキーボードで弾くことの出来るようになっているのでしょうか?
クラシックピアノを習っている息子は足りなくなることを心配していますが、市販のシンセやキーボードは殆どが61鍵もしくは76鍵程度ですので、バンドスコアはクラシックほど幅が必要無いのでは?と思うのですが間違っていますか?

スタジオのレンタル料はキーボードやアンプ類の料金込みの値段なのでしょうか?
機材のレンタル料がもったいない場合は、その都度全て持ち歩くのでしょうか?

バンドに関しては全く無知な為、くだらない質問で申し訳ありません。
他にも何でも良いので参考になることがあれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

中学生の息子が暇な時に遊び感覚でするそうです。
時々スタジオを借りるそうですが、殆どは各々の家庭内や迷惑のかからない近隣の空き地で練習するそうです。
担当はエレキギターとキーボードです。
近々楽器店に行くつもりなのですが予備知識を得たいのでアドバイスお願い致します。

アンプは楽器1台毎に用意するものですか?

電気も無い空き地で出来るのでしょうか?

キーボードはカシオの光ナビしかないので、新しく購入しなければならないと思うのですが、持ち運びは何キロくらいまでが楽に持てる...続きを読む

Aベストアンサー

バンド練習ですが、実際に合わせて演奏の練習をする場合は、専用のスタジオを利用するのが良いでしょう。 家庭内や空き地などで練習をしようとしても、実際問題として練習にならないと思います。

アンプについては、各楽器、一人につき一台専用のアンプが必要と捉えるのが良いと思います。 個別にアンプを用意するとなると、ギター、ベース、キーボード、ヴォーカルマイクのそれぞれに、一台ずつアンプが必要になると捉えるのが良いでしょう。 なお、スタジオを利用する場合は、ヴォーカルマイクとキーボードについてはPAミキサーにつないでPA用のアンプを使うとして、それらについてはスタジオ側では特に専用のアンプが用意されていないこともあります。

アンプを使用する場合には、基本的に電源が必要になります。 充電式のアンプなどもありますが、少々割高といえます。 乾電池で動くようなアンプでは使い物になりませんし、きちんとバンド練習をするのであれば、それなりの用意が必要です。 なお、これからバンドをはじめる人が初期投資として負担するのには、アンプを買い揃えたりする出費は大きすぎるようにも思います(アンプ一台だけでも、バンド練習向けの物を用意するとなると少なくとも数万円はかかります)。
空き地での練習については、実際問題としてほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。 アコースティックギターで弾き語りの練習をする感覚と、アンプを使うことが前提になる演奏の練習の感覚はまったく別物です。 また、仮に機材などを取り揃えたとしても、それらを使って野外で練習をするとなると、相当だだっ広くて何もない場所でなければ、騒音の苦情をいただくことになると思います。 特に、開けた場所では音が反響などせずに飛んで行ってしまい、自分たちではその気がなくても結構な範囲に音が届いてしまう可能性も十分にあります。 また、野外では機材などの管理は格段に面倒になります。 砂埃や水滴など、楽器によっては非常にデリケートな対応を必要とするものも少なくないでしょう。 バンドの練習をする場所は、スタジオを借りて確保するのが良いと思いますよ。
基本的に、バンド練習をする際には、スタジオを取るのが常でしょう。 スタジオ以外のところでバンドとして合奏練習をすることは、まずありえないことと考えても差し支えないと思います。 スタジオが確保できなければ、合奏の練習は諦めるとして、次にスタジオが取れるまでの間に各個人でできる楽器練習をそれぞれに積み、次にバンドでスタジオに入る時に備えるのが普通でしょう。 スタジオ外では、バンドとしての合奏の練習はできるものではなく、スタジオに入らない間については、各個の個人練習が主になると考えると良いと思います。

キーボードの運搬についてですが、体力次第というところという話になるのはお気付きの通りですが、基本的にキーボードは重くてかさばるので、徒歩での運搬の場合は相当に厳しいものがあると思います。 ましてや、ギターも一緒に持っていくとなると、極めて大変な事態になるでしょう。 ギターアンプをも用意して持っていくとなれば、人間の限界を超えます。 キーボードとギターとを運ぶつもりであれば、運搬の方法を何かで確保する必要があるでしょうし、それが叶わない場合にはスタジオなどで運搬が困難な機材を借りるのが無難のように思います。

鍵盤数については、演奏する曲にもよるでしょうが、大概は61鍵で対応できると思います。

スタジオのレンタル料については、スタジオごとの料金設定に従うことになります。 スタジオごとに対応が異なるでしょう。
一般のバンド向けのリハーサルスタジオなどでは、ドラムセット・PAミキサー・ギターアンプ2台程度・ベースアンプは大概、基本料金に含まれています。 キーボードアンプについては、基本料金に含むところも別料金のところもあります。 楽器については、スタジオによっては別料金でレンタルしてくれるところもありますが、基本的には持込が原則です。
公的機関の文化施設などでバンド練習にスタジオを貸しているケースでは、一般と同じように室料とアンプ等の使用料を込みで時間あたりの料金を設定しているところもありますし、室料とアンプやマイクなど機材のレンタル料を別々に計上しているところもあります。 なお、機材の代金を別料金で計上するスタジオの場合、当然ながら余分な機材を借りなければそれだけスタジオの使用料を安く上げることができます。
いずれのケースにおいても、スタジオによって対応が違ってくるところになりますので、こちらの件に関してはこれから借りようとしているスタジオに直接問い合わせて確認する必要があると思います。

バンド練習について、おまけのアドバイスですが、特にスタジオをお金を出して借りる場合に関しては、みんなで集まって演奏する機会はみんなで演奏を合わせることを主眼とした練習のために積極的に時間を割くのが良いでしょう。 皆が一堂に会したところで、それぞれバラバラに個人練習をするのは、非常に非効率的といえます。 特に、スタジオなどを借りて練習をする場合、スタジオに入る時間を自宅でもできる個人練習のために割くのは無駄な行為といえますし、お金を出している以上、そういう個人練習をしたら、その分その場に集まった皆にとって損な時間を過ごさせることになるでしょう。 曲を覚えるとか、曲の中の難しいフレーズを弾く練習など、皆が集まらなくてもできる練習についてはそれぞれが各自自宅で練習してくるようにして、皆が集まって練習する時にはあわせる練習をする機会と捉え、メリハリをきちんとつけて取り組むのが良いと思います。

いくらかでも参考になれば…

バンド練習ですが、実際に合わせて演奏の練習をする場合は、専用のスタジオを利用するのが良いでしょう。 家庭内や空き地などで練習をしようとしても、実際問題として練習にならないと思います。

アンプについては、各楽器、一人につき一台専用のアンプが必要と捉えるのが良いと思います。 個別にアンプを用意するとなると、ギター、ベース、キーボード、ヴォーカルマイクのそれぞれに、一台ずつアンプが必要になると捉えるのが良いでしょう。 なお、スタジオを利用する場合は、ヴォーカルマイクとキーボードに...続きを読む


人気Q&Aランキング