【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

web上でできるものでなく、ダウンロードして使えるものでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Microsoft 謹製ツール



Microsoft File Checksum Integrity Verifier
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx? …


簡単な使い方

C:\>fciv.exe -md5 fciv.exe
//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
e2c6d562bd35352b73c00a744e9c07c6 fciv.exe

C:\>


↓ちなみに、Linux コマンドの md5sum

$ md5sum fciv.exe
e2c6d562bd35352b73c00a744e9c07c6 *fciv.exe

$

ほら同じ!(← あたりまえだけど)

最近は、MD5 より SHA1 使う方が多いかなぁ。。。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QCでmd5を使うには

perlで
use Digest::MD5;
を使ってmd5のハッシュを使ったプログラムがあります。

同じような md5 の処理をCでやる場合はどんなライブラリを使えばいいのでしょうか?
環境は linux(centos 5.3)でgcc 4.1.2です。

Aベストアンサー

MD5のアルゴリズムを定めているRFC1321には、C言語による実装が付いてます。
C言語からなら、それがそのまま利用できます。

http://www.akanko.net/marimo/data/rfc/rfc1321-jp.txt

QVBAにハッシュ関数はないのですか?

ハッシュ検索がどういうものか理解したばかりです。
概略がわかっただけで、それ以上のことはわかっていません。

VBAでは、Dictionaryを使うと、ハッシュ検索らしきことがやれるそうですが、Dictionaryを使わずにやろうとすると、ハッシュ関数が必要になってくると思います。
VBAにはハッシュ関数というものは用意されていないのですよね?
また、他の言語にはハッシュ関数が用意されているのですよね?

ハッシュ関数がなければ、ハッシュ検索はできないということですよね?
それともVBAの中で、ハッシュ関数と同じ機能を果たす式を作れば良いのでしょうか?
可能ならその式はどんな式になるのでしょうか?

Aベストアンサー

少々誤解があります。

何かのデータを使い、そのデータ固有の値を求めるような関数は、全て「ハッシュ関数」と言えます。
ハッシュを効率よく使うために、いくつかの性質が求められる、というだけです。

検索用に使うハッシュ関数は、決まったものはありません。
扱うデータによって「最適」な計算が違うからです。
既存のものを使うのでなければ、自作すればいいのです。


また、検索だけがハッシュの使い方ではありません。
例えば、データが正しいかどうかの検証にも使われます。

100MBのデータをダウンロードして、失敗してないか確認する場合
ダウンロードした100MBとサーバーにある100MBを1バイトずつ比較する、なんてことは非現実的です。比較のために100MB通信しなおすことになるのですから。
そこで、ハッシュを計算して、比較すれば、少ないデータ量で確認できます(ハッシュが同じ場合は、確実に同じ、とは言えないが、ハッシュが違えば失敗していることが100%判明する)

このような使い方をするとき、その計算方法がバラバラでは意味がありません。
そこで、同じ計算をするために、MD5とかSHAとか言った決まった方法を使います。
これらも「ハッシュ関数」です。プログラミング言語によっては、用意されているので、自作の必要はありません。


では、後者のハッシュ関数を、検索用に使えばいいか、というと、そう単純ではありません。
例えば、MD5は128ビットの値を返します。単純計算で、2の128乗 通りです。
それだけのハッシュテーブル作るのは無駄だし、普通のPCでは無理です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E9%96%A2%E6%95%B0

少々誤解があります。

何かのデータを使い、そのデータ固有の値を求めるような関数は、全て「ハッシュ関数」と言えます。
ハッシュを効率よく使うために、いくつかの性質が求められる、というだけです。

検索用に使うハッシュ関数は、決まったものはありません。
扱うデータによって「最適」な計算が違うからです。
既存のものを使うのでなければ、自作すればいいのです。


また、検索だけがハッシュの使い方ではありません。
例えば、データが正しいかどうかの検証にも使われます。

100MBのデータをダウンロ...続きを読む

Qウィンドウズ7の読み取り専用を解除する方法

この度XPからウィンドウズ7に替えまして、今までXPで蓄積してきたデータは、内蔵ハードディスクに全部入れました。
そのHDDを、新しいWin7に取り付けて、ワード、一太郎などでデータを読みに行き、手を加えて保存するとき、「読み取り専用」で同じ名前では保存できません、と出るのです。
別のフォルダにするか、名前を変えてくださいと出ます。
で、その解消方法は、フォルダのプロパティを開いて、「読み取り専用」のチェックマークを外すとあり、
なるほどフォルダのプロパティを開くと、「読み取り専用」にチェックが入っています。
これを外して、適用ボタンをクリックして、~権限もクリックして、やれやれなのですが、
次にまたファイルを開くと、「読み取り専用」に勝手にチェックマークが入っているのです。
フォルダのプロパティを開いても、またちゃんと「読み取り専用」にチェックマークが入っています。
昨日からこれの繰り返しで、困っています。
どなたか解消方法をご存じでしたら、教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
フォルダの場合はファイルと違い、普通、読み取り専用属性は何度遣っても変更できません。

其処で「フォルダ」読み取り専用属性の変更は【attrib】とゆうコマンドを使用します。
A http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/qadoc?011423
B http://support.microsoft.com/?scid=kb;ja;326549

Bの目次>概要......に[Win7でもOK]と在ります。
以下、好く読んで下さい、貴方なら直ぐ理解し試行出来るでしょう。

※Aの方が判り易いのでしょうか、Aの下の方[ワンポイント]内のKB326549=Bです。


人気Q&Aランキング