時代劇などで「苗字+殿」と言うような呼び方をよくしますが、あれは目下の者、同等の者にしか使わないのでしょうか。自分より立場が上の者(例えば自分の先生)には「殿」を使っては失礼なのでしょうか。 よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

尊敬語や丁寧語には、時がたつにつれてインフレがおこる傾向がはっきり見られます。


もともとは立派な尊敬語・丁寧語として使われていた言葉も、そのうちそれでは物足りなくなり、さらに尊敬・丁寧にする表現を加重したり、あるいは、別のもっと丁寧な言葉を使うようになったりするのです。
その反動として、昔は目上の人・高級な物を意味していた言葉が、そのうちに普通の人・物を言う時にも使われるようになり、更には目下の人・下等な物を指す言葉になってしまうことは、よくあることです。

「殿」は、もともと「貴人の大きなお屋敷」の意味で、転じて「そういう大きなお屋敷のご主人」を指す言葉として使われるようになったものだそうです。
しかし、時とともに意味が微妙に変化し、今では目下の人に対するときや公文書・事務的書類に使う言葉となり、目上の人にはあまり使わなくなっています。

ちなみに、他の言葉でも、例えば、
君=君主、ご主人様の意味
お前=(「神仏や貴人の前」の意味から転じて)身分の高い人を直接指すのを避けて言う言葉。
などは、昔は相当丁寧な言葉だったはずですが、今では見る影もなく落ちぶれた使われ方をしています。

今の言葉遣いを考えるときに、時代劇や昔の言葉遣いを参考にするのは、かなり無理があると思います。
    • good
    • 0

殿は自分と同等、もしくは目下の人に対して使うものです。


なので自分の先生などへは、「様」のほうがいいと思います。
    • good
    • 0

殿とは本来は官庁用語です。

「殿」とはそもそも御殿・宮殿等の官庁を指し示す言葉です。ですから官庁同士の通信に殿が使用されました。

宮殿跡から発掘される木簡にも「殿」と言う使い方が見られるようです。おそらく平安・室町と古くから使用されていたのでしょう。

個人名に殿が付く場合には,当然官庁から個人にあてたものです。いわゆるお上が下々に書面で命令したり,褒めたりする際(賞状)に利用されたものが一般にも広まったものと思います。

公官庁では,以上のような理由から,現在は使用が禁止になっています。民間では当然使用すべき言葉とは思いません。
    • good
    • 0

40代の管理職です。


「殿」は自社内に流通させるのが無難な敬称です。しかも人名にでなく、役職名に付けるのが正解。「総務部長殿」などで、年が上とか下とかは関係なく、役職に対する敬語という理解でしょうか。ただ、固有名詞に続けて使うのであれば「様」が普通。課長が二人いて相手が特定できない場合など、固有名詞が必要な時には「営業部課長○○様」という風になります。退職願の最後に「代表取締役社長 ○○殿」と書きますが、これは例外と思われます(何故かわかりません。でも私も過去2度こう書きました)
また、取引先など対外的には固有名詞・役職名を問わずいずれにしても「様」をつけるのが常識でしょう。
    • good
    • 0

「殿」は、敬意を表す語です。

「様」よりはいく分か軽く見られるようですが・・・。目下に使う、というのは、よく聞きますが、いつからそのようなことが言われるようになったのか、不可解です。
一般には、肩書きを伴う場合は「殿」が正しい用法とされます。「〇〇〇〇様」「XX部長〇〇〇〇殿」です。その部長が自分より目上(年齢などが上)であっても、決して失礼にはあたりません。
ただし、実情として、その部長が、「殿は目下に使うもの」と(誤って)認識している可能性もありますので、使い方に注意する必要はあるかもしれません。
    • good
    • 1

「殿」より「様」の方が丁寧な言葉なので、目上の人には「様」を使うのが正しいです。



検索したら詳しい説明が出てきたので載せておきます。

参考URL:http://kyushu.yomiuri.co.jp/special/kurasi/kuras …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q“様”と“殿”の違いは?

手紙や文書につける敬称で、「殿」というのは目下扱いになるから使ってはいけない、とどこかで聞いたような気がして、今までそう思っていたのですが、先日同僚が全く逆のこと(ビジネスマナーでは「殿」が最上級の敬称だ)を言い出し、どっちが正しいのか分からなくなりました。
正確なところを教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスマナーという観点で言えば
一般の方には「様」、所属や役職をつける場合は「殿」だと思います。

例えば一般消費者のお客様宛の文書は○○様、お取引のある方へは「○○株式会社○○課 (役職があれば役職)○○ 殿」という形です。

理由についてはよくわからないのですが、ワープロ検定用の文書でも10年以上前からこのような形でしたし、派遣先含め数十社でも同じ形式をとっていましたよ。

参考URL:http://www.chiba-eiwa.yachiyo.chiba.jp/shokuin/hirata/b/b6/b6.html

Q訳が合って、自分の苗字が、住んでいる県の苗字ランキングで何番目位に 位置するかを知りたいです

こんにちは。

訳があって、自分の苗字が、住んでいる県の苗字ランキングで何番目位に
位置するかを知りたいのですが、こういう事が調べられるサイトや本が
ありましたら御紹介下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このデータベースで都道府県別に調べられるのでは?
http://myoji-yurai.net/prefectureRanking.htm

Q社会での殿と様の違い

目下には殿、目上、社外の方には様を使われると思いますが
正しいでしょうか?
殿と様はどのように使われますか?
よろしくお願います。

Aベストアンサー

正しい使い方です。

「様」も「殿」も名詞から接尾語にもなった語ですが、「殿」が人に付く接尾語として使われたのは室町以降、「殿」は「様」よりも敬意が低いとされております。

従って現在の使い方として、「殿」は目下に、対等かそれ以上の相手には「様」でよろしいと思います。

Q徒然草 第六十六段 岡本関白殿・・

岩波の原文で読んでいるのですが、
この段で何を言わんとしているのか、よくわかりません。

そもそも、岡本関白殿(近衛家平)が、
キジのつがいを木の枝につけて差し出すよう
武勝に命じたことにどのような意味があるのでしょうか?
その後に繰り広げられる武勝の薀蓄もいまいちわかりません。

Aベストアンサー

有職故実、わかりやすく言えば作法の世界です。鷹狩の獲物をプレゼントするにはそれなりの決まりがあったのですが、ここでは主君が作法を無視したプレゼント方法を指示したのに対して、家来が作法に則ったやり方を主張し、結局主君も折れた、家来が作法を縷々説明した。兼好もこの家来を指示しつつ若干の疑問を呈しているものです。
沼波瓊音(ぬなみ・けいおん。1877-1927)の『徒然草講話』(大正十四年。修文館)の「評」には次のようにあります。
鷹の取つた鳥を枝に着けて進物にすると云事即ち所謂「鳥柴(としば)」に就ての叙説である。武勝は唯鷹飼である。しかしこの式法のオーソリチーなるが故に、主人関白の命を峻拒し、「花に鳥つくるすべ知り候はず、一枝に二つつくることも存じ候はず」と毅然として言放つたここの点が、先づ兼好の大いに気に入つた所である。なに事にまれ一事に通じた人には兼好は敬意を表するのである。(下略)

Q○○様・○○殿の違いは?

タイトルそのままですが、誰か教えてください。

Aベストアンサー

昔(江戸時代?)は、殿は位の高い人に用いたが、
今では、殿は同じか目下に使うことが多いです。

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=13397700&p=%C5%C2&dname=0na&dtype=0&stype=1&pagenum=1
(江戸時代よりもっと昔らしい・・・)

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=07431400&dname=0na&stype=1&dtype=0&ref=1

Q江戸時代の露殿物語の古文の意味

「遊ぶ事、遊女の道にしくはなし。されども今の世の遊君は、人の皮着る狐」の「しく」の意味です。80%以上自信のある方のお答えを待っています。大辞泉にはのっていませんでした。

Aベストアンサー

「しく」は「如く」でしょう。
「如くはなし」「如かず」で、「及ぶものはない、かなうものはない、(最も良い)」という慣用表現でよく使われます。

ここでは、「遊びの種類では、遊女遊びに及ぶものはない」という意味になります。

Qメールの「様」「殿」の使い分け

今の会社に転職で入社しました。

以前の会社でも電子メールは使用してましたが、「様」を使用してました。
今の会社は「殿」なので、戸惑ってます。

サイトで調べたら目上の人には「様」、自分と同等若しくは年下には「殿」と見たような・・・。

上司(A)からのメールは殿で来ます。
別の上司(B)にメールした返信では、私宛は「様」、CCの上司A(上司Bより年下)は「殿」。
私より年下の男性からのメールも同様でした。

我が社は、自分より年上の人には「殿」、年下には「様」なのでしょうか?

一般的にはどのような使い分けをするのが常識なのか、教えて頂けたら幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、目上、目下を問わず「様」です。
上司、同僚、先輩、後輩のみんなが「様」を使っていますよ。
私の会社では、「殿」を使っているメールは見たことはありません。
なお、上司の一部では、ワードの書類等の左上に記入する宛名には「殿」を使う人がいます。

Q「錬殿高い正直」ってどの本に載ってるんでしょうか?

司馬遼太郎の言葉で
「錬殿高い正直」というものがあるそうなのですが、
書籍に載っているのでしょうか?
ごぞんじでしたら教えてください。

Aベストアンサー

私がいつも読んでいる未公開講演録愛蔵版
「司馬遼太郎が語る日本」IV週刊朝日編集部編という本に出ています。
この本は講演録ですが、11章「東条英機の軍人言語」という中の、
「日本軍の嘘の言語が滅亡に走らせた」という項のところにあります。
以下抜粋
日本人だって正直ですよ。正直という点では、
私は自分の国だからえこひいきするわけではないけれども、
相当正直な国民の多い国だと思います。
ところが、それは天然なものであって、訓練で生まれた、
錬度の高い正直さではない。

かなり古い本ですが、ネットで購入は可能のようでう。
図書館等でお探し下さい。

Qメール等での役職への様・殿は必要ですか?

メール宛先における肩書きは、役職名に様・殿は付ける事が礼儀ですか?
口頭では役職名で様・殿はつけていません。

Aベストアンサー

基本的には役職名の後には「様」や「殿」は付けません。
また、「殿」は同格以下の相手にしか付けませんので、その点も注意が必要です。

どうしても付けたければ、

株式会社○○ △△部長 □□様

ですね。

Qオマル・ハイヤームと、同等のルミ(=Rumi)という詩人の略歴・詩集などを教えてください

『ルバイヤ―ト』で著名なオマル・ハイヤームと、同等のルミ(=Rumi)という詩人の略歴・詩集などを教えてください。宜しく、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

英語はお得意でらっしゃいますか。。。
http://www.google.co.jp/
にて「マスナヴィ集」で検索されますと
個人の方のHPにいけます。
そちらで紹介されているのがこちらです。
http://www.enel.ucalgary.ca/People/far/hobbies/iran/masnavi/index.html


人気Q&Aランキング