会社を経営していく上で
管理会計の必要性を感じています。
その中で、管理会計の勉強をしたいです。
でも基本的に会計のこと、経理のこと
よく知りません。
入りやすく、実践しやすい管理会計の本等
ございましたらご紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

したい 勉強」に関するQ&A: 勉強がしたい

A 回答 (2件)

参考URLにこんなページがあります。



「インターネットで学ぶ管理会計」
このコーナーでは、テーマごとに関連するホームページ(HP)を紹介しています。研究・教育・実務のための情報収集にご活用下さい。


書籍では。これなどはどうでしょうか。
加登豊 著 管理会計入門
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks99-8-1/10794 …

参考URL:http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jcaa/internet.htm
    • good
    • 0

管理会計といってもご承知の通り簡単にひとくくりに出来ないところがあります。


それは、原価や利益と直結して財務諸表を形成していくのに大事な要素だからではないかと思います。管理会計を本当に理解するためには簿記の知識も必要となるのではないでしょうか?まず書店で簿記と原価計算の基本書を読まれては如何でしょうか?日経文庫から簿記や原価計算について簡単にまとめた本が売っています。
また、管理会計の部分で実際のメーカーでの例を掲げて個人的には良書だと思っている本があります。管理会計の概念は本来アメリカの方が先天的なのでしょうか?
アメリカの教科書を解り易く訳して書かれています。ちょっとお値段は高めですが
私も購入しました。『マネジメント・アカウンテイング』TAC出版から出ています。ご参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q管理会計の勉強方法

昨年の11月から会計士の勉強を始めました。今は、簿記と管理会計を集中的に勉強しています。
簿記は理解できているのですが、管理会計がどうにも苦手で、漠然としか理解できないでいます。管理会計を勉強する時は広い意味でどこに注意して勉強すればよいのでしょうか?
管理会計自体をまだあまり理解していないため漠然とした質問しか出来ませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで個人的な体験談ですが、財務会計と経営学を学んでから、成り行きで(希望したゼミが定員越えのため)管理会計を学びました。簿記や財務会計はあくまでも実践であり、経営学は単なる屁理屈のような気がしてましたが、それらを結びつけるのが管理会計であり、実際の経営の現場でのツールと知って、目からうろこが落ちる思いがしました。
そんなわけで、簿記論→原価計算→財務諸表論→経営学→管理会計と学ぶほうが理解しやすいような気がします。
端的に言えば、管理会計とは目標設定に基づく一種の予算管理であると思います。その予算も、単に損をしないためのものではなく、利益を最大限にするための予算目標です。財務会計は決算書類の作成技術であり、決算後でなければ出番がありませんが、管理会計はリアルタイムです。POSシステムのようなものがなぜ必要か、簿記論における日々の記帳と予算管理との関係は?といったことを意識すれば、管理会計も分かってくると思います。

Q管理会計の入門書を探しております。経理系の仕事はしたことはありませんが

管理会計の入門書を探しております。経理系の仕事はしたことはありませんが
、この度総務の責任者となり管理会計を勉強し計画立案・問題の解決をしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらの本はいかがでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E4%BC%9A%E8%A8%88-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E6%B8%85/dp/4502281107/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1270138304&sr=8-1

薄いわりには値段が高額ですが、基本的なことは抑えてあります。

また、コーポレートファイナンスとして良いのがこちらです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%AC%AC8%E7%89%88-%E4%B8%8A-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/482224525X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1270138420&sr=1-1

MBAのテキストとしても使用されている書籍の和訳版です。
できれば原書で読むのがいいのですが和訳でも上下巻あるものなので、日本語でも良いと思います。

後はグロービスのMBAシリーズで、ファイナンスとアカウンティングと定量分析あたりも役に立つと思います。

こちらの本はいかがでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E4%BC%9A%E8%A8%88-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E6%B8%85/dp/4502281107/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1270138304&sr=8-1

薄いわりには値段が高額ですが、基本的なことは抑えてあります。

また、コーポレートファイナンスとして良いのがこちらです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%AC%AC8%E7%89%88-%E4%B8%8A-%E3%83%AA...続きを読む

Q財務・税務・会計の勉強をしたいのですが

仕事で、財務や税務、会計の知識が必要になってきています。(一般にCFOと言われる人が必要な知識かと思います)

今まであまり専門的な勉強をしたことがないので、一度しっかりと勉強をしてみたいと考えているのですが、どのような講座がありえるでしょうか。

かといって、税理士や公認会計士の資格試験はちょっと難しいかなと考えています。

MBA講座は、やってみたいのですが、ちょっと費用が高くて厳しいです。

中小企業診断士の資格試験も考えてますが、あまり実用的でないとも聞いて、迷っています。

他に何かよい講座等があれば、アドバイスをいただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記検定はどうですか?

参考URL:http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/61/special.html

Q仕掛とは何でしょうか

お世話になります。
IT運用関係の会社に勤務しております。

今、財税務について講義を行ってくださる上司がいるのですが、どうしても理解できない言葉に「仕掛(しかかり)」があります。
「仕掛計上」でググってみても「製造業の未完成品」としか出てこず、情報産業系で言う「仕掛」の位置づけや意味がわかりません。

自分なりに表にしてみたり、上司に訊いてみたりするのですが、いまいちピンと来ません。

どなたか、「仕掛」を分かりやすく説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか。
できれば、ケーススタディも付けていただけると助かります。

Aベストアンサー

ソフトウエアの開発(設計とプログラミング)には、建物の建築や船舶の建造と同じように日数を要します。開発作業が始まって同一会計年度内に開発作業が終れば(完成すれば)問題ないのですが、決算日を迎えても作業が終了しないとき、その状態を会計では「仕掛かり」とよび、仕掛かり状態のソフトウエアは「仕掛品」に計上します。

ソフトウエアの「仕掛品」を計上するためには、ソフトウエアの開発原価計算を行う必要があります。(建設会社や造船会社なら、建物や船舶の製造原価計算です。)


例:
一人のITエンジニアが2ヶ月間の作業で完成するソフトウエアがあるとします。二人のITエンジニアなら1ヶ月の作業で完成します。このソフトウエアの開発には2人・月の工数(人工)を要する訳です。

ITエンジニアの月給を40万円とすれば、このソフトウエアを開発するのに80万円の人件費を要することになります。これを直接原価と呼んだりします。

さらに、ソフトウエア開発には、パソコンのリース料や減価償却費、電気代、プロバイダ料金、電話代、事務所の家賃などの細々とした諸経費(間接原価)が必要になります。これらを集計すると人件費を含めて100万円の原価になるとします。

もし、一人のITエンジニアが開発作業に取り掛かって、1ヶ月が経過したところで決算を迎えたとしたら、このソフトウエアは製品ではなく、仕掛品に計上することになります。この場合、仕掛品の金額は50万円です。

ソフトウエアの開発(設計とプログラミング)には、建物の建築や船舶の建造と同じように日数を要します。開発作業が始まって同一会計年度内に開発作業が終れば(完成すれば)問題ないのですが、決算日を迎えても作業が終了しないとき、その状態を会計では「仕掛かり」とよび、仕掛かり状態のソフトウエアは「仕掛品」に計上します。

ソフトウエアの「仕掛品」を計上するためには、ソフトウエアの開発原価計算を行う必要があります。(建設会社や造船会社なら、建物や船舶の製造原価計算です。)


例:
一...続きを読む

Q経理、総務は将来性がない仕事なのですか?

そんな話を耳にしました。
もしかしたら男性にとってはそうかもしれませんが、女性にとってはブランクがあっても戻りやすい仕事なのではないかと思っています。
実際、経理や総務は社会的にどのように見られるのでしょうか?

Aベストアンサー

将来性がないという意味がよくわからないのですが・・・
(社内的にという意味ではなく)世間的・社会的にという意味ならそんなことはないと思いますよ。

社内的には確かに現場なら営業、本部なら人事や企画セクションが花形のケースが多いです。
そういう意味では経理・総務は地味ですね。

でも総務部長が取締役であるケースが多いように重要な仕事であることは間違いありません。

さて、世間的な意味での将来性という点ですが・・・
経理・総務というポジションは世間標準で動くことが多く、この分野のプロ(でなくとも実務経験者)はマーケットバリューを持っています。
経理だと仕訳といった簿記は世間共通ですし、総務でも官庁への諸届や社会保険事務等は世間共通です。

営業は違う商品を取り扱う会社では経験者として見てもらえないので、その会社でしか価値を認められません。そう意味では会社頼みの生き方になってしまいます。

将来性はその言葉の意味をどう考えるかによって大きく変わると思います。
私自身は「将来性あり」の仕事だと思いますよ。

ご参考まで。


人気Q&Aランキング