通信制大学の学生で、今、卒論を書いています。
通学部と違い、指導者がいません。
その分野で高名な先生方の学説を紹介した上で自説を展開しようと考えています。その先生方が、ご高齢で、ご存命なのか、お亡くなりになっているのかわかりません。
普通に考えて、ご存命なら、「○○先生は、△△△といわれている」となり、お亡くなりなら、「○○先生は、△△△といわれていた」となると思うのですが、学部生の卒論でも、このような区別は重要なのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 まず、表現がまわりくどいです!文献を引用する場合は、例えば「●●氏は、△△△といわれている」や「故●●氏は、△△△といわれた」に言い換えるべきです。

つまり、人物の敬称に教授や準教授や講師とつけて書かないのと同じで、“先生”とも書きません。つまり、あなたが敬愛する教授でも実際に教わったり指導していただいた教授以外には先生という愛称はやめましょう。つまり、基本は○○氏という形です。
 あなたの書く論文の分野の高名な先生や第一人者の先生は、故人になっていても業績は残ります。学者にとって業績として残る研究をすることに意味があります。つまり、故人の高名な先生も生前は研究活動で第一人者になろうとされたわけです。つまり、故人になったのちに名が知れ有名になることも少なくありません。それは、あなたに直接書くのに必要な問題ではありません。
 最後に、故人でも生存している人物でも引用方法は変わりません。
 後は余談ですが、文献調査で孫引きしたことはありませんか。本のさらに参考文献になっている書籍があります。その本を読むことも、その分野の概念や書き方を学ぶ上で重要です。まず、著者・書籍名・出版社・発行年数・内容の要約・自分のコメントを大学ノートに書く事を勧めます。それは、図書館で借りた本には期限があり、メモを取る事で必要な箇所を抽出できます。論文は、12000字から20000字が通常で、原稿用紙30枚から50枚です。論文には、タイトル・学籍番号・氏名・要約・序論・本論(第1章 1節 2節 3節 第2章 1節 2節 3節 第3章 1節 2節・・・)・結論・謝辞・参考文献の順に書きます。
 
    • good
    • 1

 何度も補足で失礼。


 引用で下げる場合は、一文字ではなく、二文字にしている人もいるようで、二文字を原稿用紙の規則としている説明もあるようです。このごろは、ワープロの発達と、学術誌の紙幅の都合などで一文字がかなり流通しておりますから(二文字下げると、無駄に空間を取りすぎる)、これも確認してください。
    • good
    • 0

 忘れていました。



>引用の場合は、一字一句そのまま、句読点までそのままでないといけないんでしょうか? たとえば、引用元の文章が縦書きで「△△△、右事実に基づいて、□□□」とあるのを、自分の論文は横書きにしていて、これをそのまま引用すると、△△△は右ではなくて、上にきます。この「右事実に基づいて」の「右」は場所の右のことではないのでしょうか・・・?

 引用は、改変してはいけません。右とか上とか、そういう判断はしなくてもいいのです。ただ、引用が長文にわたり、途中を略したりすることがあると思います。その場合は、たとえば、( )などをつけて主語を補ったり、何についての話題かをあなたが解説する必要があります。そのときは、その解説文に続けて、筆者注などと断り書きを書いてください。気になるのであれば、典拠が縦書きであることを、右記の下あたりにでも、注記すればすむことです。他のところであなたの質問を見ましたが、その際、数字等を勝手によこ書き用に算用数字に直すことも感心しません。しかし、書くときにどうしても不都合であれば、凡例(はんれい)として、あなたの引用方針を断っておくことです。とにかく説明してください。黙って改変しなければいいのです。 


>引用で用いたのか、要約で用いたのかの違いは、どのように示すのでしょうか?

 人によって多少方法が違いますから、まずは周辺の論文を探すことを薦めます。引用は、カギカッコ「 」でくくったり、引用文すべてを、本文より一段下げて(タブ設定です)書くなどの方法があります。そして、何の本の何ページとしっかり書くことです。
要約については、カッコでくくったり、一段下げるのは変です。「○○氏の所論を、要約すると・・・」と書けば誤解がないでしょう。引用の場合でも、「引用すると・・」とか、「引用文は、どこどこの本・・」と書いてもかまいません。

 それから要約の場合でも、根拠となった論文は書くことです。本の場合は、その本の第何章の何節を根拠としているというように書いてください。あとから、論文を見る人が追跡調査できるように書くのがルールです。それ以外に、細目はありません。
    • good
    • 0

>ありがとうございました。


ご高名な先生方が執筆した論文では、他の同レベルの研究者のことを、「○○教授」「○○助教授」と書き、目下の研究者のことを「○○氏」と書いています。呼び捨てにしている論文のほうが少ないです。

 それまた、厳密なこと・・。肩書きは、間違えると大変失礼ですので気をつけてくださいね。とくに教授に昇進したのに助教授なんて書かれるとかなり怒られそうです。また肩書きを分けているのが一般的かどうか、少し注意した方がいいですね。というのは、高名な先生(つまり、その道の偉いさん)だからこそ、教授と助教授と氏とを使い分けても文句が来ないとも考えられます。また年輩の方は、肩書きを分けて書く傾向がありますが、若い研究者はたぶんそこまで分けていないように思います。法律関係は知りませんが、おそらく研究のスタイルが、高名な先生の時代とは少し変化してきていると思います。
 院生や学部生が書くときには、教授や助教授といった身分の使い分けは、却ってとても失礼になる可能性があります(私も法律関係は知りませんから、可能性ですよ)。肩書きや呼び方に関しては、もう少し他の人の論文も参照してみた方がいいですよ。

>私は「○○教授」と書こうと思っています。
 
 引用する論文が、その高名な先生のもののみでしたら、それでいいと思いますが、複数の人の論文を引くと肩書きは不明になってくると思います。また退官されていたすると、教授ではありません。その場合は、博士号をお持ちだと思いますので、○○博士という言い方も出来ます。ただし文系は、昔は高名な学者でも博士号を持っていない人が結構おりますから、確認だけはしてください。
 ・・・・むぅ~~~。なかなか面倒くさいですね。こういうことを考えると、呼び捨てにするというやり方は、確かに理にかなっておりますね。混乱しそうな場合は、「氏」で統一して良いと思います。それで失礼にはならないはずです。

>○○先生は、特別な場合に用いられるとのことですが、どのような場合でしょうか?

 特別という言い方をしたので意味ありげになりましたが、学生が学会発表するときは、○○先生でもいいのです(あるいは氏)。学生から見れば、周りはすべて先生ですから。理科系のお話が3さんよりありましたが、文系では、論文中では呼び捨てでも、学会発表の場で呼び捨てにはしていけません。大変失礼となります。
 それから、論文中でも、一定の経緯をこめて○○先生と使うことはできます。ただ、この○○先生は、不自然なまでの尊敬の意味を読みとることも出来ますので、やたらと使用回数が増えると変なのです。考えても見てください。たとえば、論文中に、5人の先生が出てくるとして、その方々すべてに○○先生と付けるのも、もって回ったようでおかしいです。これは感覚的なことです。過剰な敬称もおかしいのです。その道の押しも押されぬ大家・・誰でも知っているような学者・・に対して、○○先生とちらっと書くのであれば可ということです。しかしそれは、具体的に論文を実際に見てもいないのに適切か不適切か言えません。
 あとは、門下などが、死んでしまった大先生を追慕しつつ「追悼記念論文集」などを書く場合は、先生を使います。

 謝辞のところでは、いくら先生を使っていただいても結構です。論文中で、氏と書いても、ここは学恩に感謝するところですので、先生と書くのが普通です。
(場合によっては、卒論で謝辞なんて必要ないとおっしゃる先生もあるかもしれませんけどね、ちょっと聞けそうでしたら聞いてみてください。)
    • good
    • 0

 すみません、4と5、二重投稿になってしまいました。

人の名前に関して、3さんよりご注意がありましたが、文化系(といってもいろいろある)は、必ずしも呼び捨てではありません(評論等でも呼び捨てが普通ですから、ちょっと違和感を覚える人もいるかもしれませんが・・)。○○氏という言い方も普通にあります。○○先生は、特別な場合にだけ用いられますが、これは今の場合無視して良いでしょう。

 何本か関係論文を読んでみてください。そこで○○氏と言っていたら、それでいいのです。呼び捨てにしていたら、そうしてみてください。これについては、絶対的な決まりはなく、多数派がどちらかということになると思います。自分の関係の学問分野はどうなのか、ですね。卒論でも、研究史がざっと押さえられる程度、やはり20~30本は通常論文が必要になりますが、研究分野によっては、それより多いことも少ないこともあります。先行研究の多い分野は、必然的に押さえる論文が増えるのは必然です。

 なお、「先学(せんがく)」という言葉がよく論文に出てくると思います。これは、もともと死んだ人に対して使う言葉ですので、生きている人には使ってはいけません。ですから死んだことが確実な人(笑)にのみ使いましょう。誤用が多く、ある種の辞書にももう元の意味は載ってはいませんが、機嫌を損ねてしまわれる場合があります。

この回答への補足

法学部法律学科です。すみません。最初の質問文に書いておくべきでした。

補足日時:2003/10/16 21:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ご高名な先生方が執筆した論文では、他の同レベルの研究者のことを、「○○教授」「○○助教授」と書き、目下の研究者のことを「○○氏」と書いています。呼び捨てにしている論文のほうが少ないです。
私は「○○教授」と書こうと思っています。
○○先生は、特別な場合に用いられるとのことですが、どのような場合でしょうか?

お礼日時:2003/10/16 21:25

 こんにちは。



 他の方も言われているように、ご存命かどうかは、論文では関係ないです。言っている事実だけを書きますから、「言われている」でいいのです。逆に「言った」とか「言われた」は特別な場合(古くからの研究史の展開を概観するなど)をのぞいて不自然になります。

 それから、高名な先生のご発言を書く場合、引用と要約とがありますが、いずれも根拠となった論文なり、著書をあげなくてはいけません。論文中に注釈番号をつけ、末尾(一般的に末尾につけることが多いです)にその詳しい注釈をつけて、何の本の何ページというように。出版年、出版社など、一定の執筆の決まりがありますから、他の論文の体裁をまねられると良いです。その際、お手本にするのは、あまり古い論文は薦めません。注釈の付け方が出来ていないからです(昔は、細かい論拠を書くスタイルが確立していなかった)。
 
    • good
    • 0

 こんにちは。



 他の方も言われているように、ご存命かどうかは、論文では関係ないです。言っている事実だけを書きますから、「言われている」でいいのです。逆に「言った」とか「言われた」は特別な場合(古くからの研究史の展開を概観するなど)をのぞいて不自然になります。

 それから、高名な先生のご発言を書く場合、引用と要約とがありますが、いずれも根拠となった論文なり、著書をあげなくてはいけません。末尾に注釈をつけて、何の本の何ページというように。出版年、出版社など、一定の執筆の決まりがありますから、他の論文の体裁をまねられると良いです。その際、お手本にするのは、あまり古い論文は薦めません。注釈の付け方が出来ていないからです(昔は、細かい論拠を書くスタイルが確立していなかった)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼のところで質問を書くのはマナー違反なのかもしれませんが・・・。
>引用と要約とがありますが
引用の場合は、一字一句そのまま、句読点までそのままでないといけないんでしょうか? たとえば、引用元の文章が縦書きで「△△△、右事実に基づいて、□□□」とあるのを、自分の論文は横書きにしていて、これをそのまま引用すると、△△△は右ではなくて、上にきます。この「右事実に基づいて」の「右」は場所の右のことではないのでしょうか・・・?
引用で用いたのか、要約で用いたのかの違いは、どのように示すのでしょうか?
質問ばかりして申し訳ありません。

お礼日時:2003/10/16 23:29

その先生が過去に執筆出版された文献を引用すれば良いのではないでしょうか。


そうすると、必ず過去形になります。

私は理系の者なので、文系の論文の書き方はわからないのですが、他人の知見や考えを自分のものと明確に区別して書くことは、文系・理系を問わず重要だと思います。(その区別が不明瞭な場合、盗作の疑いをかけられる恐れもあります。)したがって、他人の知見や学説を引用する場合は、必ず出典を示す必要があると思います。その際、出典は専門雑誌に投稿した論文や、単行本など、印刷公表されたものを示すのが普通です。同じことを繰り返し述べている場合には、代表的な文献を一つ示せば十分です。

引用文献の表示の仕方にはいろいろなスタイルがあります。過去の卒業生の卒論などを参考にして、まずどんなスタイルで書くかを決められてはいかがでしょうか。
過去の卒論は大学の図書館などにあるはずです。

また、学問的な文章の中では、人の名前は、たとえ恩師といえども苗字を呼び捨てにするのが普通だと思います。学会発表の場合でも同じです。唯一の例外が「謝辞」です。
単行本などでは、恩師を呼び捨てにする無礼を、前書きなどで予めお詫びしている例も見たことがありますが、必ずしも必要ではないと思います。

以上は専門雑誌に投稿する論文や、博士・修士論文の場合ですが、卒論の場合、どの程度「論文」としてのスタイルを取る必要があるのか、私にはよくわかりません。大学によって、また専門分野によっても違うかもしれません。私が言ったような正式の「論文」のスタイルにすべきなのか、あるいはレポート的なものでよいのか、それによって書き方が違ってきます。その意味でも、過去の卒業生で同じ分野の人の卒論を一度は見ておいたほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。優秀なゼミ論が図書館にあるので、それを読んで参考にします。

お礼日時:2003/10/16 21:14

「いわれている」と「いわれていた」については、それを唱えている方が、


現在生きているかどうかは問題ではありません。
つまり卒論といえど、論文は一旦でてしまえば、その内容が否定されない限り、存続します。
例えば10年後にその論文を見た場合に、その唱えた方が死んでしまっても、
論文は「いわれている」とかかれていますね、訂正することはありません。
さて「いわれていた」と書くと、今はそうではないという否定になっています。
結局文章としては次のようになってしまいます。
「AはBであるといわれていた。が、現在ではAはCであるといわれる」ということです。
また「いわれていた」でも「いわれている」でもどちらでも、
これははっきりした根拠のないことをさす、いいまわしになります。
ついでにもう一言。
一般的な学術論文では、決して、「○○先生」という言い方はしません。
「○○によれば(よると)、△△△としている(されている)」という書き方が一般的と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本格的な論文を書くのは今回の卒論がはじめてで、わからないことばかりです。
一般的な書き方になるように気をつけます。

お礼日時:2003/10/16 21:08

卒論の場合は、自説が重要ポイントですので、


あまりこの点に気を使わなくても良いと思います。

通常、既存の学説を引用する場合は、
~氏により提唱された~は、・・・
(大学名などを入れたほうが分かりやすい場合は、名前の前に入れる)
とゆうところで良いのではないでしょうか。
論文の最後に、参考文献として引用した学説が載っている書籍名を挙げておけばよいと思います。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり自説が大事なのですね。学会の動向や判例のまとめにならないように気をつけます。

お礼日時:2003/10/16 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファン・ロングの立ち位置はデッキパッドより前?

ビギナーです。
ショートに挫折し、最近、ファン(7‘4)を購入。
(乗れない日々が続き心が折れてしまいました)
併用して乗っています。初のファンで戸惑っているのが立ち位置です。
ショートだと右足(リーシュを巻いている足)がデッキパッドの真上(フィンの直上)なのですが、
ファンだとその位置だと沈んでしまって乗れません。
自然に乗ろうとすると右足はデッキパッドより前になってしまいます。
これでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

長さに関係なくターンの時はフィンの上が原則です。
ただ板が長くなると立ち位置がどうしても前になるので
ステップバックを頻繁に使います。
ターン以外は前でターンの時にバックという事です。
これは別の話ですがショートを乗られている時、
テイクオフした時にデッキパットの上に足がありますか?
普通ビギナーですと前の方に乗る傾向があるのですが・・・・
何故かと言うと前にあると安定して乗れるからなんですが
たまにフィンの上に足がくる人がいますがまだ体重移動や前後の
足の重量配分が出来ないので板がふらついたり、ストールしたりします。(ファンボードも同じです。)
プロでも波質によってはずっとデッキパットの上ではありません
必要に応じてポジションを替えます。
ショートの場合は後ろ足がメインですが板が長くなると前後共に
足を動かします。
また、ファンボードは前に重心を持っていくとスピードが出ます。

Q小中学校の先生方へ~卒論アンケートにご協力ください!よろしくお願いいたします

小中学校の先生方へ~
卒論作成のためのアンケートにご協力ください。

私は今,大学4年で卒論に取り組んでいます。
「学校と博物館を連携させるために」という趣旨です。

今,学校と博物館を連携させ,授業(特に社会科)の延長や応用として,または総合的な学習のために博物館利用が盛んになってきていると思います。
しかしながらそうはいっても,まだまだ連携が実現できていないのが現状です。

文献をかなりの数を読んでいますが,博物館側の言い分として極端に言えば「学校・教員の認識不足」という意見が多くあります。
しかしながら,学校側からの言い分として,文献が全く無く,教員サイドの意見の情報がありません。
私のイメージでは,先生方は,博学連携に無関心なわけではなく,とても忙しく,そこまで手が回らない,という意見が主と予想しております。
または,カリキュラムを組む難しさ,または,財政問題など・・
そこで,この場をお借りして,アンケートを取らせていただきたいと思いました。

『博学連携が難しいと思われる理由』
『授業などで,博物館を頻繁に利用できない理由』
がありましたら,率直な意見をお聞かせください。

どうぞ,よろしくお願いいたします。

小中学校の先生方へ~
卒論作成のためのアンケートにご協力ください。

私は今,大学4年で卒論に取り組んでいます。
「学校と博物館を連携させるために」という趣旨です。

今,学校と博物館を連携させ,授業(特に社会科)の延長や応用として,または総合的な学習のために博物館利用が盛んになってきていると思います。
しかしながらそうはいっても,まだまだ連携が実現できていないのが現状です。

文献をかなりの数を読んでいますが,博物館側の言い分として極端に言えば「学校・教員の認識不足」とい...続きを読む

Aベストアンサー

#1、#2の方から、なかなか厳しいご回答が寄せられていますね(笑)
私は?と言いますと、私も皆さんとまったく同じ意見です。
このインターネット掲示板の性質を考えると、ここでアンケートを取っても使えるデータとはなりません。

ではここで得られるデータとして役に立ちそうなものは何か?と考えると
あなたが「学校側の言い分の仮説を立てるヒントを得る」には使えるかもしれません。

以降に仮説のヒントとして、また論文を組み立てる視点として
あなたのご質問を読んで気になったことを少し書き込みいたします。

まず注目して頂きたいのは、なぜ博物館側の意見は有るのに学校側の意見が少ないのか?です。
このことから双方の均衡で活発な議論が行われていない事実が類推されます。
こうした現状の中に「連携がなかなか実現できない」根源的な課題が埋もれているのでは?
とお感じになりませんか?

また、あなたが既に立てられている仮説では、「先生には時間がないが主である」になっていますが
この仮説ではあまりに稚拙です(失礼。。。)もしこの仮説で、アンケートを作成して
調査を行うとその結果は自明の理ではありませんか?

私も、あなたの「学校と博物館を連携させるために」というテーマをとても興味深いもの
だと感じます。素晴らしい論文となる事を願っております。

#1、#2の方から、なかなか厳しいご回答が寄せられていますね(笑)
私は?と言いますと、私も皆さんとまったく同じ意見です。
このインターネット掲示板の性質を考えると、ここでアンケートを取っても使えるデータとはなりません。

ではここで得られるデータとして役に立ちそうなものは何か?と考えると
あなたが「学校側の言い分の仮説を立てるヒントを得る」には使えるかもしれません。

以降に仮説のヒントとして、また論文を組み立てる視点として
あなたのご質問を読んで気になったことを少し書...続きを読む

Q元々の眉毛の位置をもう少し下に下げたいんですが、眉毛にも使える美容液を元の眉より少し下(若干まぶた)

元々の眉毛の位置をもう少し下に下げたいんですが、眉毛にも使える美容液を元の眉より少し下(若干まぶた)に塗っても眉毛は生えて来ると思いますか?

Aベストアンサー

多分生えてこないと思います(・_・;
二重テープで、目を完全な二重にして、つけまつげをつけて眉毛を描くときに目と眉の間隔が、狭く見えるように、できるだけ、下の方から描くと、目と眉が近く見えますよ

Q満○○年、満○○才って端数の月数はきりあがる?

大人の中でも意見が分かれてるので質問します。
例えば5年3ヶ月、5歳3ヶ月って満5年、満5歳なのか満6年、満6才なのかどちらでしょうか。

Aベストアンサー

満は誕生日で1歳増えます。ので次の誕生日までは同じ年です。
5歳三ヶ月は満5歳。

Q筋トレに詳しい方。おしえてください。 内側の胸筋をつけるにはへそより高い位置に足を押して腕立て伏せ

筋トレに詳しい方。おしえてください。

内側の胸筋をつけるにはへそより高い位置に足を押して腕立て伏せをする。

とおしえてもらったんですが?
ほんとうにこの方法で内側の胸筋をつけることはできますか?

Aベストアンサー

内側の胸筋?
椅子に足を乗せての腕立て伏せのことですか?
それなら、胸筋より肩に筋肉がつきます。
腕を広げて負荷(背中に重り)を乗せての腕立てが効き目あります。
質問と食い違ってるのならすみません。

Q先生ならどう考えるのが普通ですか??

現在21歳の女性です。
高校2年生と3年生で行っていた個人指導の塾で、めちゃくちゃ仲が良かった女性の先生がいたんです。
東大卒のエリートなのに、すごい謙虚でお茶目で、とにかく気が合うというか・・・。周りの先生に双子みたいだねとか言われてしまうほどでした。
この先生のおかげで成績も上がったのですが、浪人する事になり、浪人してからはその塾には行きませんでした。
今、大学生になって、ふと、その塾に行ってみたら先生はもう結婚されたのかやめてしまったみたいで・・・。
「大学受かったよ」と言うために会いたいと思うし手紙くらい出したいのですが、生徒ってその先生にはたくさんいるわけではないですか。いくら仲がよかったからと言って、今、手紙を出したら先生ってどう思うのでしょう・・・。
ウザイとか思わないでしょうか・・・。
というのは、その先生は、仲がいいのは本当だけど、2面性があって、すごい他人行儀な時と、なれなれしい時があって、なんか信用できないというか。
でも、あんなに仲が良かったのに、あのまま分かれてしまうのってなんかみじめだなあとおもうし。
先生というのは、離れていった生徒の事、どう思っているものなのでしょう。分かる人教えてください。

現在21歳の女性です。
高校2年生と3年生で行っていた個人指導の塾で、めちゃくちゃ仲が良かった女性の先生がいたんです。
東大卒のエリートなのに、すごい謙虚でお茶目で、とにかく気が合うというか・・・。周りの先生に双子みたいだねとか言われてしまうほどでした。
この先生のおかげで成績も上がったのですが、浪人する事になり、浪人してからはその塾には行きませんでした。
今、大学生になって、ふと、その塾に行ってみたら先生はもう結婚されたのかやめてしまったみたいで・・・。
「大学受かった...続きを読む

Aベストアンサー

私は先生ではないですけど、先生って卒業して何年たっても生徒の顔って覚えてるもんなんだなぁ・・・って感心したことありますよ。

私が大人になって小学校の先生に道でばったりあったことがあるんです。
ものすごいおじいさんになってたけど、ちゃんと覚えててくださいました。
すごい記憶力というか・・・職業がらなんでしょうか。

質問者さんは先生ととくに仲がよかったそうですから先生もきっと気にされてると思いますよ。
手紙だしても迷惑だなんて思わないですよ。
生徒に信頼されてなんぼの職業ですし、塾をやめてしまっても自分を覚えててくれる生徒がいるってうれしいと思いますけどね^^

なれなれしいときと他人行儀・・・
先生だって人間だから素がですぎちゃったりってことありますよね。
だけど先生と生徒なわけだし、あまりに友達状態になっちゃうとけじめがつかないからちゃんとしないと、とかいろいろ葛藤があるんだと思いますよ。

どっちにしても先生に報告をしたいって気持ちがあるのでしたらあまり悩まずに手紙を書いたらどうでしょうか。
返事がこようとこまいとすっきりすると思います。

私は先生ではないですけど、先生って卒業して何年たっても生徒の顔って覚えてるもんなんだなぁ・・・って感心したことありますよ。

私が大人になって小学校の先生に道でばったりあったことがあるんです。
ものすごいおじいさんになってたけど、ちゃんと覚えててくださいました。
すごい記憶力というか・・・職業がらなんでしょうか。

質問者さんは先生ととくに仲がよかったそうですから先生もきっと気にされてると思いますよ。
手紙だしても迷惑だなんて思わないですよ。
生徒に信頼されてなんぼの職業...続きを読む

Q右腰(ベルト位置より上)のみの痛み

10年前(20歳)にぎっくり腰を起こして以来の腰痛もちです。
ここ1年程いつも右側の腰が痛く、数分立っているだけでも痛みが増してきます・・・
痛みはいつも同じ場所で、ベルト位置より上の右側のみです。そしてその場所を押すと、気持ちいいというより痛いです。
その付近のみ、少し背中からでも背骨のゴツゴツした感じが触れるので、背骨に問題があるのかと思い・・・半年程前に整形外科に行きました。
レントゲンを撮っただけの診察でしたが、「場所が普通の腰痛よりも高い位置だけど・・・まぁ、ただの腰痛じゃない?」と言われただけでした。
コルセットを貰いましたが、全く好転の兆しもありませんでした。
最近では起きた時から既に痛く、座っていても変わりません。その部分だけ冷たいような感覚がする事もあります。
仕事にもつけず、困っています。ただの腰痛と考えていてよろしいのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

私も腎臓の付近が20才頃痛んだ事があります、種々検査の結果、遊走腎だと分かり手術を行いました、ほかって置くと何時までも治りません。
この病気は泌尿器科でレントゲンを撮るとすぐ分かります、一度調べておかれた方が良いかも知れません。参考URLを貼り付けておきます。

参考URL:http://health.goo.ne.jp/medical/search/10J11000.html

Q「○○になった」「○○になっていた」「○○になってきた」等のニュアンスの差

問題が山積みで頭が  痛かった。
                痛くなった。
                痛くなっていた。
                痛くなってきた。
                痛くなってきていた。

5つの表現のニュアンスの違いを知りたいのですが。

Aベストアンサー

痛かった。 (過去に、そうなった)
痛くなった。 (結果として、そうなった。)
痛くなっていた。 (知らないうちに、そういう状況になっていた。)
痛くなってきた。 (次第にそうなった。)
痛くなってきていた。 (過去に、次第にそうなった。)

このようなニュアンスと受け止めました。
あくまでも、私の見解です。
ご参考程度に。

Q足をの位置を心臓より上にして寝ると足の疲れが取れるとよく聞きますが、心

足をの位置を心臓より上にして寝ると足の疲れが取れるとよく聞きますが、心臓には負担はかかりませんか?また、大きなクッションを置いているのですが、上げたり下げたりを寝ている途中にしないほうがいいですか?

Aベストアンサー

足の血流を良くするだけなんで心臓への負担は無いと思います。
ただあまり高すぎると逆に負担がかかるので敷き布団を三つ折りにしてその上に足を乗せるのが安定もするしおすすめです。

さらにストレッチや軽いマッサージをしてから寝ると効果があがります。

Q日本文学の卒論の進め方について 先日就活が終わったので、遅れていた卒論を進めていこうと思っています

日本文学の卒論の進め方について

先日就活が終わったので、遅れていた卒論を進めていこうと思っています

曾根崎心中について書こうと思っています
先行研究の結果、最初の道行きを経てお初=観音菩薩の図式が成立することがわかったので、本論ではお初が物語のなかで観音さまとして動いているか(=観音性があるか)を調べてみようと思っています

ここで観音性とは人びとに幸福をもたらす性質と個人的に定義づけをしました
お初に観音性があるかを考えるにあたり、観音さまの化身が人びとを幸せにする曾根崎心中以外の話と曾根崎心中を比較する方法を取ろうと考えています

そこで質問なのですが
①お初の観音性を明らかにするためにこの手段は有効か
②もし有効だとしたら、有名どころで観音さまの化身が人びとを幸せにする話にどのようなものがあるか

をお聞きしたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたがここに書いていることは、匿名かつ見ず知らずのネットの他人に相談するようなことではなく、あなたの指導教員に相談するべきことです。
あまりに取りかかりが遅すぎて、怖くて先生に相談に行けないのだとしても、行くべきです。指導教員の知らない所で勝手にいい加減な論の展開を進めてしまったのでは、指導教員も、後から(今の時期になって!)軌道修正してあげたくても間に合いません。

>ここで観音性とは人びとに幸福をもたらす性質と個人的に定義づけをしました

「個人的に」、作品から導き出した根拠もなく、そのように定義付けしてから論を展開するとても危険です。
先行研究の言う「お初=観音菩薩」の見立てと、あなたの考える「観音性」とやらが一致していなければ、あなたの論自体が先行研究の論と合わないものになるかもしれませんし、その場合は先行研究を踏まえての論の展開が難しくなります。
定義ありき・先行研究ありきではなく、まずはじっくりと曽根崎心中を読み込んで、そこからあなたが自分で「この物語にはお初の観音性が描かれている」と考えて(納得して)から、その根拠を物語の描写から探して、論を展開するべきです。
もちろん、その時間がないから焦っているのでしょうが、定義ありき・結論ありきの論展開は、後で自分の首を絞めることになりますよ。

>お初に観音性があるかを考えるにあたり、観音さまの化身が人びとを幸せにする曾根崎心中以外の話と曾根崎心中を比較する方法を取ろうと考えています

まず、観音さまの化身=人々を幸せにする、という定義が正しいかどうか、証明できていません。
その「幸せ」とは、現世での幸せですか? それとも来世での救済ですか? 仏教説話でも、時代によって「幸せ」観は違うでしょうし、観音信仰も時代によって捉え方が違うかも知れませんよ。そこをクリアできますか?
仮に、他の作品の「観音の化身」の描かれ方と曽根崎心中のお初の描かれ方の違いがあるとして、その違いが、「お初が観音の化身であるか否か」ではなく、他の要素による描かれ方の違いではないのか?という質問には、どう答えますか?
あるいは、他の作品と描かれ方が違ったとして、それは「観音の化身として、それまでになかった新しい描き方なのだ」と言い切ることもできますよ(根拠があれば)。
専門ではない私でもパッとこれだけの質問が思いつくのですから、ただ闇雲に比較しただけではダメで、証明のためにクリアするべき問題はとても多いのです。
それを解決するために、指導教員に相談する(=指導を受ける)べきだと思いますよ。

>有名どころで観音さまの化身が人びとを幸せにする話にどのようなものがあるか

江戸時代の以前の仏教説話集に、観音さま(の化身)が登場する話は山のようにあります。
江戸時代の観音信仰が現れている作品となると、あなたの指導教員の専門分野ではありませんか。
そもそも、「人々を幸せにする」の「幸せ」の観念があなたの考えているものとは違うかも知れませんので、何とも言えません。
先行研究などで類似性や違いが指摘されているような「比較するに値する作品」でないと、ただ「観音」をキーワードに無関係な作品との無意味な比較をすることになってしまいます。それに、今からでは、そんな作業の時間もないんじゃないしょうかね。

あなたがここに書いていることは、匿名かつ見ず知らずのネットの他人に相談するようなことではなく、あなたの指導教員に相談するべきことです。
あまりに取りかかりが遅すぎて、怖くて先生に相談に行けないのだとしても、行くべきです。指導教員の知らない所で勝手にいい加減な論の展開を進めてしまったのでは、指導教員も、後から(今の時期になって!)軌道修正してあげたくても間に合いません。

>ここで観音性とは人びとに幸福をもたらす性質と個人的に定義づけをしました

「個人的に」、作品から導き出した...続きを読む


人気Q&Aランキング