【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

毎年漬け方が判らなくて付け損なっています。どなたか失敗しない漬け方をご存知ないでしょうか?
よろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (3件)

質問に気がつくのが遅くてすみません。


今日、初めて読ませて頂きました、もう遅いですが、宜しかったら来年の分にお役立てください。
毎年、カリカリ梅を10kg以上漬けており、100%失敗はありません。
家族、身内、社員、に大好評で、10kgでも足りません。

<どなたか失敗しない漬け方をご存知ないでしょうか?>

失敗なし、の美味しい漬け方を添付します。

◆【おれ流】 (大粒のカリカリ梅)の作り方。       ★100%おれ流★

<材料>漬け容器は、梅酒用の密閉瓶が良い。
白加賀梅(青くて硬い物)・・・・1kg(6月15日頃の収穫の梅が良い)
にがり入り粗塩 ・・・・・・・・・100g(梅の重量の10%)
天然にがり(カルシウム入り)・・・50mL(推奨=亀山堂の天然にがり)
赤紫蘇 ・・・・・・・・・・・・・1束 (葉だけの場合、150g以上)
ホワイトリカー ・・・・・・・・・50mL
★純米本みりん ・・・・・・・・・50mL(推奨=尾張の純米本みりん)2~3週間後に入れる

注意=梅のアク抜きは絶対しない、アク抜きをすると、色・味・歯ごたえ・共に悪くなる。
   にがりは、必ず「カルシウム」が入っている事を確認する。
   純米本味醂は、3年以上熟成の古式仕込を使用する。(普通の本みりんでは、絶対にだめ)
1)梅は、水で良く洗い、へたを取り除き、水分を拭き取るか、表面を乾燥させる。
2)粗塩の10%を紫蘇のもみ出し用に、別容器に取り分けておく。
3)残りの塩とにがりを混ぜ合わせ、梅を軽く揉み込む。(強すぎるとシワがより変形する)
4)赤紫蘇は、茎を取り除き、葉だけを使用する。良く水洗いして、ザル等で水を切る。
  粗塩で良く揉んで灰汁をしっかり搾り出し、灰汁は捨てる。
5)塩もみした、梅と赤紫蘇を交互に容器に入れて行き、一番上を赤紫蘇にする。
  あまった塩とにがりを上に掛け、最後にホワイトリカーを振りかけ、
  しっかり密閉して冷蔵庫で保存する。
  ★純米本みりんは、2~3週間後に入れると良い。
6)食べごろに成るまで、3日に1~2度くらい上下を入れ替える様に混ぜ合わせる。
  (瓶のフタを開けずに、瓶を回転させて、混ぜ合わせる)
※ 約3ヶ月で、塩分控え目の、赤くて、綺麗で、美味しいカリカリ梅の出来上がり。
  冷蔵庫で保存すれば、味も変わらずに3年は美味しく、カリカリ梅が食べられる。
    • good
    • 8

カリカリ梅に必要なものはカルシュウムです。


下記を試してください。
http://www.agri-kanagawa.jp/nosoken/nousankako/K …

この画面の下から、作り方とアドバイスのページを読んでください。丁寧に作り方が書かれています。
    • good
    • 10

紀州出身です。


色々あるようですが、
抜かっているのもあるのかも知れません。
http://www.cypress.ne.jp/fubai/cooking1.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング