足の裏が痛くて、整形外科へ行ったら、レントゲンをとられて、診断は、骨棘だということで、対処方法は、シップをするだけとのことでした。

骨棘を調べると・・・『骨の一部が骨端部付近で棘状に突出したもの。変形性関節症などでみられる。脊椎、膝関節に好発する。』と、出てたのですが、

1. 原因は何が考えられますか?

2. ALPの値が、以前から高く、骨のせいでALPの値が高くなると言われたことが有るのですが、骨棘のせいで、ALPの値が高くなることも有るのでしょうか?

3.他の病院に行く場合、今の医院でとったレントゲンを
借りることは、出来るのでしょうか?

4.シップを張るだけではなく、根本的に直す方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.骨棘の部位が分かりませんが、足底腱膜炎の時に見られる踵骨の骨棘ではないでしょうか。


2.骨棘のせいでと言うことではないと思います。
3.通常は貸してくれます。
4.根本的にというのがどういう状態を指すのか解りませんが、足底腱膜炎だとすると、痛みが取れれば骨棘については気にする必要はないと思います。湿布以外には、土踏まずの部分をサポートする中敷き(アーチサポート)等を使用するのも良いと思います。市販の物で合う方もおられますが、解りにくければ病院で相談してみると良いですよ。
    • good
    • 12

骨棘とは本来は骨ではなく、骨に付着している靭帯(じんたい)や軟骨が骨化した部分をいいます。


原因としては変形性関節症や骨粗鬆症等の結果、骨やそれに付随する靭帯・軟骨の損傷が生じ、
その修復過程としてあらわれます。
ですから骨棘があることが問題であるよりも、その原因がどこにあるかを調べる必要があります。
私はこの分野は専門外なので断定的なことは言えませんが、
ALP値ですが、「骨棘のせいで、ALPの値が高くなる」のではなく
「ALPの値が高くなることが骨棘を形成する一つの要因になる」のではと思います。
このケースでは骨粗鬆症もしくは変形性関節症の可能性が高いかと思います。
一般的に他院へ行く場合ですが、現在診療をうけている病院の紹介にて、
他院へ行く場合は、X線写真を通常は貸し出してくれますが、
患者さんの都合で(あるいは勝手に)他院へ行く場合には、
原則的には貸し出してくれません。
場合によれば実費(あるいは私費)でコピーをしてくれることはあります。
治療法については門外漢なのでお答えできません。
    • good
    • 13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牽引で椎間板が真っ黒になったり骨棘ができますか?

事故後の治療で近医の整形外科(あとでやぶ医者で有名であることが判明)にかかったところ、首の牽引をきつくやられてしまい症状悪化しました。治療前のX線、MRIでは頚椎にずれている部分一ヶ所(軽対捻挫)あったんですがそれ以外には異常ありませんでした。
あまりに牽引を強行するため保険屋さんのアドバイスもあり病院を変えて再度画像を撮りなおしたところ、頚椎のずれは治っていたのに椎間板が真っ黒に写っていました。また骨棘も認められるとのことでした。頚椎症との診断です。
初めの病院には約1ヶ月通い週3日以上は牽引をするよう言われていました。1ヶ月ほどの間でこれほどまでに椎間板や骨に損傷を負うものでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。補足ありがとうございます。


>東海地方(三重、愛知、静岡)で評判の良い先生はご存知ではないでしょうか?

申し訳ございません。私は東日本の人間なのでそこらへんは明るくないんです。


セカンド、サードオピニオンをお受けになるのであれば、診断画像を全てお持ちになられた方がいいでしょう。比較対象出来なければ、まずい牽引で悪化した証明ができませんので。


ご参考になれば幸いです。ではお大事にされてください。

Q大腿骨骨頭壊死の人工関節の手術のタイミング

大腿骨骨董壊死の人工関節の手術のタイミングについての
相談をしたいです。
MRIをして大腿骨の壊死が数年前より進行していました。

症状でいうと今は初期、I期とかいう状態だと思いますが、
派遣で工場作業員の仕事をしていて、そこそこかばいながら、
痛みが出ないように仕事をしています。

今後の仕事のこと、経済的なこと、母もかなり歳で、
もし病気などして悪いタイミングで
二人とも同時に入院とかあったりしたら
と思うと、病気の進行はまだ初期ですが、
近いうちに短期で回復できる人工関節を入れて、リハビリをして、
脚を治してから、術後の足の状態で長く続けられる仕事を探したいと思っています。

そういう症状の進行、痛みや歩行困難だからという理由とは
また別のこれから生活していくための計画として、
初期、I期の症状ではあるが、早い目に前もって
治したいから、私は手術を希望するという旨は通るものでしょうか。

今は軽作業をする工場作業員の仕事をしています。
ちょっと頑張って踏ん張るとか、一斗缶(15キロくらい)を長い距離10メートルくらい
持って運ぶとか、重いものを持ち上げると、みぞおちを打ったような鈍痛が股関節に
しばらくあります。
しゃがんでウンコ座りのような状態の作業が続くときもそうなります。
たまに仕事終わりに片足をかばってひきづって
仕事を終えることがあります。
次の日は痛みが消えていることが殆どです。

この脚の状態では、このまま続けられる仕事ではないし
派遣社員でづっとそこで雇ってもらえる訳でもないし、
関節も変えて仕事も新たに探すなら、歳も歳なので、今後のこともあるので
足の手術をするタイミングは、温存療法で先延ばしにするより
今がよいと考えています。

初期、I期の症状ではあるが、早い目に前もって
治したいから、私は手術を希望するという旨は通るものでしょうか。

そういう目的で、早期に治療手術をされた人はいますか。
痛み的にはまだ普通には生活できるから、自分が大学生や主婦なら生活できますが
世帯主としてお金を稼いで生活していくし、
歳も歳なので近い将来というか、来年内にはとか思っています。

大腿骨骨董壊死の人工関節の手術のタイミングについての
相談をしたいです。
MRIをして大腿骨の壊死が数年前より進行していました。

症状でいうと今は初期、I期とかいう状態だと思いますが、
派遣で工場作業員の仕事をしていて、そこそこかばいながら、
痛みが出ないように仕事をしています。

今後の仕事のこと、経済的なこと、母もかなり歳で、
もし病気などして悪いタイミングで
二人とも同時に入院とかあったりしたら
と思うと、病気の進行はまだ初期ですが、
近いうちに短期で回復できる人工関節を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

>しゃがんでウンコ座りのような状態の作業
この姿勢は、脱臼のリスクがあるので人工股関節置換後には許可できない可能性が高いです。
ただし、機種や手術方法、主治医の方針などによってしゃがみこみ動作が許可されている患者さんもいらっしゃいます。

質問者様の年齢が分からないのでなんとも言えませんが、あまり若いころに手術をしたら、人工股関節の寿命(ゆるみや摩耗)による再置換のことも考えなければなりません。

診察したわけではないのでなんとも言えませんが、Stage Iの骨頭壊死で、年齢も若く
>たまに仕事終わりに片足をかばってひきづって
>次の日は痛みが消えていることが殆どです。
という状態なら、人工股関節置換をお勧めできないというのが私の印象です。

いつ人工股関節の手術を受けるのかという問題は、患者さんの人生に係わる問題なので担当の先生とよく相談して決めましょう。

Q骨のレントゲン

 よろしくお願いします。以前、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1824857
でお世話になったものです。先日、整形外科に行って両足のスネのレントゲンを撮りました。両足ともちょうど痛みのある部分の骨に真横に白い線が入っていましたが「骨には異常なし」とのこと。事実、痛いのに「異常なし」とはどういうことなのかと思い「では、その白い線は何ですか?」と聞いたところ「原因はわからないが、成長期に栄養状態が悪かった時期があったという説や疲労骨折の跡という説もある」という回答でした。結局、今回なぜスネに痛みがあるのかはわからずじまいでした。
 なんとなくハッキリしないし信用できなさそうな医師だったのですが、骨には異常がないという言葉は信用してよろしいのでしょうか?なにか他に思い当たることなどございましたらご指摘をお願いします。

Aベストアンサー

レントゲン写真の白い線ということで、医師は「異常なし」とのことですが、疲労骨折など、線が白くなっているというのは過去の骨折の可能性があります。過去の骨折なので骨の方も形成して、くっついているはずです。だから、大丈夫だと思いますよ。自分も同じ経験がありますので・・・
スネの痛みは使いすぎなどによる、シンスプリントとかではないでしょうか?しばらく安静にしてみてはどうですか?

参考まで

Q踵骨骨端線障害って・・・

 12歳になる娘が、昨年11歳の4月に「左踵骨骨端炎」で約2ヶ月通院で治療(テーピング)しました。
その時は、レントゲン写真で横から見ると、かかと骨端部の真後ろの中央部にヒビが入っていました。
今年10日前に今度は右の踵内側底に微妙な痛みがあると言い、整形外科を受診したところ「右踵骨骨端線障害」と診断されました。レントゲン写真で横から見ると、かかとの三日月形の骨端部内側底(三日月端のとがったような形のところ)に亀裂が入りづれていました。
レントゲンで骨端部の別の箇所にも素人目には同じようなヒビのように見えるものもありましたが、整形外科の先生のお話では、これは大丈夫との事。素人にはその違いがわかりません。
昨年・今年ともに急に足のサイズが大きくなった時期でもありました。ちなみにこれといって、ぶつけたり、衝撃を与えたわけでもなく、スポーツもしていません。普通に野山を駆け巡り、木登りしたり自転車で走り回って遊んでいる、田舎の女の子です。

(1)ヒビに見えるようなものは何なんでしょうか?
(2)また、同じように成長期のお子さんでも何もならないお子さんもいらっしゃるのに、なりやすい人・そうでない人ってあるのでしょうか?
(3)「踵骨骨端炎」と、「踵骨骨端線障害」の違いは何なんでしょうか?


親としては、中学に入学しクラブ活動で皆と同じようにスタートを切れなかった事の心配と、この先おとなの骨に成長するまでの間、クラブ活動で体を動かして大丈夫か?とても心配です。

 12歳になる娘が、昨年11歳の4月に「左踵骨骨端炎」で約2ヶ月通院で治療(テーピング)しました。
その時は、レントゲン写真で横から見ると、かかと骨端部の真後ろの中央部にヒビが入っていました。
今年10日前に今度は右の踵内側底に微妙な痛みがあると言い、整形外科を受診したところ「右踵骨骨端線障害」と診断されました。レントゲン写真で横から見ると、かかとの三日月形の骨端部内側底(三日月端のとがったような形のところ)に亀裂が入りづれていました。
レントゲンで骨端部の別の箇所にも素人目には...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、参考URLをお読みください。
探してみて比較的判り易いページだと思います。

その上でですが、
(1)その頃の子どものかかとの骨は、内側から徐々にカルシウムが着いて骨が完成してゆきます。
非常に簡単にいってしまえば完成した所と未完成のところの境目と思って頂いていいと思います。

(2)なりやすい、なりにくいというより、過度の負荷や衝撃を与えるとなると思っていただいた方がいいと思います。
なる体質というのはあまり聞きません。

(3)ほぼ同じ意味と思って頂いていいと思いますが、診断の経緯から言えば「骨端炎」の症状の一つとして「骨端障害」が出たと思って頂いてもいいと思います。

参考URL:http://www.internet-clinic.or.jp/po_18_01.html

Q多骨性線維性骨異形成症について教えてください。

最近線維性骨異形成症と診断された子供がいます。
この病気について詳しく知りたいです。
また、同じ病気を持つ方、この病気を持つ方を詳しく
知っている方がいらっしゃったら、日常の過ごし方や
病院の治療方法など、少しでも多く情報を知りたいです。
よろしくお願いいたいします。

Aベストアンサー

こんにちは!私も同じ病気で多骨性線維性骨異形成です。参考になれば幸いです。
 私は小学2年で病気が見つかりました。症状は中程度(?)と思います。レントゲン写真では手足や肋骨などあちこちにスリガラス状のもろい骨がありました。35歳のいままでずっと、病院にかよって経過観察を続けています。転勤族の関係で病院はいくつかかわってますが、やることはいつもレントゲン写真を撮るのと、たまに骨密度測定(腕を機械の下に固定して数分間じっとしとくだけ)をして病状がかわってないか、薬の効き具合(子供の頃はアルファロールというカルシウムの吸収を促す薬(うろおぼえ)、今はフォサマックという骨粗鬆症治療薬)をみてもらうといった感じです。
 私の場合、成長とともに少しずつよくなってきています。最初は転ぶと骨折するので走ることも禁止されていました。病院で少しづつ、気をつければ走っても大丈夫だよとか、ドッジボールしてもいいよと教えてもらい、中学に入るころには、ほとんど他の人と同じようにサッカーやバスケなどの運動をしていました。その間通院は、最初は毎週でしたが徐々に間隔があいて年に一回くらいの通院になりました。食生活で牛乳や魚でカルシウムがとれるように親が気をつけてくれたり、お医者さんに勧められてスイミングスクールに通っていたこともよかったと思います。

こんにちは!私も同じ病気で多骨性線維性骨異形成です。参考になれば幸いです。
 私は小学2年で病気が見つかりました。症状は中程度(?)と思います。レントゲン写真では手足や肋骨などあちこちにスリガラス状のもろい骨がありました。35歳のいままでずっと、病院にかよって経過観察を続けています。転勤族の関係で病院はいくつかかわってますが、やることはいつもレントゲン写真を撮るのと、たまに骨密度測定(腕を機械の下に固定して数分間じっとしとくだけ)をして病状がかわってないか、薬の効き具合(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報