出産前後の痔にはご注意!

中学校司書をしています。

バレーボール、柔道、美術、演劇を扱った青春小説・YAをご存じじゃないでしょうか?
野球やサッカー、陸上競技なんかはよく見かけますが、上記のものはなかなかないような気がしますす。バレーや柔道も漫画ならあるんですけど・・・
部活と書きましたが、部に入ってなくてもいいです。演劇は学生ではなくアマチュア劇団などでも。
内容的には、部活に熱中している話だけじゃなく、例えば演劇部員が関わるミステリーなどでも結構です。

『桐島、部活やめるってよ』と『アート少女』は図書室に入っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



演劇を扱った小説だと
・恩田陸『チョコレート・コスモス』
・有川浩『シアター!』『シアター!2』
あたりが思いつきます。
主人公が若いので「青春小説」ではあると思いますが、部活動ではなくプロあるいはセミプロの劇団の話です。

あと質問文にはない部活動ですがオススメしたいのは、
・小路幸也『ピースメーカー』
です。
中学校の放送部員が学校内の事件を解決する話で、元気で明るい内容です。
まだ蔵書になければぜひ。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにストライク!な作品を紹介してくださってありがとうございます。
演劇部は結構熱心に活動しているようなので、興味を持ってくれるかもしれません。

放送部は本校にありませんが、放送委員会(給食の時に音楽をかける程度?・笑)はあるので入れてみても面白いかも知れませんね。

お礼日時:2011/06/16 06:18

『走れ!T校バスケット部 』 松崎 洋



  中学時代、バスケ部キャプテンとして関東大会二位の実績を残した陽一は、強豪私立H校に特待生として入学。だが部内で激しいイジメに遭い自主退学する。失意のまま都立T校に編入した陽一だが、個性的なクラスメイトと出会い、弱小バスケ部を背負って立つことに―。連戦連敗の雑草集団が最強チームとなって活躍する痛快ベストセラー青春小説。


『ボックス! 』 百田 尚樹

  アホでおちゃらけだが天才的ボクシングセンスを持つ鏑矢義平。彼の所属する恵比寿高校ボクシング部に幼なじみでいじめられっ子だった木樽優紀が入部した。特進コースで成績トップクラスの木樽の入部は周囲を驚かせる。木樽には強くなりたい理由があった。―大阪の下町を舞台に二人の少年の成長と挫折を感動的に描き出し全国の読者を感動の渦に巻き込んだ傑作青春小説。


『チア男子!!』 朝井 リョウ

  柔道の道場主の長男・晴希は大学一年生。姉や幼馴染の一馬と共に、幼い頃から柔道に打ち込んできた。
しかし、負けなしの姉と較べて自分の限界を察していた晴希は、怪我をきっかけに柔道部退部を決意する。
同じころ、一馬もまた柔道部を辞めていた。幼くして両親と死別した一馬は、あるきっかけから、大学チアリーディング界初の男子チーム結成を決意したのだ。
晴希と一馬は、宣伝やスカウトなど紆余曲折を経て、理屈屋の溝口、内気で巨漢のトン、関西出身スポーツバカのイチローと弦という超個性的なメンバーを集める。なぜか参加を拒む体操界のプリンスをなんとか参加させ、目指すは秋の学園祭の初ステージ。男子チアへの冷たい視線や各メンバーの葛藤を乗り越え、7人は初ステージで大喝采を受ける。
コーチや新たなメンバーを迎え、チームは全国大会出場へ向けて本格始動するが…。
チアリーディングとは、こんなに激しく美しいスポーツだったのか!
何かに一生懸命な人間の姿とは、なんて格好良いのだろう!
著者の通う早稲田大学に実在する男子チアリーディング・チーム「SHOCKERS」に取材した、みずみずしい若さ溢れる、感動必至の長編スポーツ小説。


『ソフトボーイ 』 関口尚

  佐賀県牛津を舞台に繰り広げられる男子ソフトボール部物語! 破天荒な言動でいつも誰かを巻き込む野口といつも巻き込まれる常識人・鬼塚。ふたりを中心にして変てこな9人のメンバーが集まる! ゆるゆるなのに感動! の青春ストーリー!


『タンブリング』 米井 理子

  学校一の問題児・東航は、あることから男子新体操部に入るはめに。だが、真面目なキャプテン・竹中悠太は、いい加減な航に苛立ちを隠せない。そんな時、航が乱闘を起こし、団体戦のメンバーに怪我をさせてしまう。仕方なしに大会出場を宣言する航だが…。喧嘩っぱやいヤンキーと何事にも消極的な優等生の友情と成長を描いた汗と涙の青春小説。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全作品知っていましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/16 06:25

あまりないような部活も入っていますが、おすすめです。


「暴風ガールズファイト」全2巻(佐々原史緒・エンターブレインファミ通文庫)ラクロス部女子のみです。
「たまごを持つように」(まはら三桃・講談社)弓道部。
「花の道は嵐の道 タマの猫又相談所」(天野頌子・ポプラ社 TEENS’ ENTERTAINMENT)華道部、茶道部がでてきます。
「マイナークラブハウスシリーズ」(木地雅映子・ポプラ文庫ピュアフル)マイナーなクラブを集めたクラブハウスの住人たちの日常。
「昆虫部」(椙本孝思・幻冬舎)まきこまれ型部活青春もの。
「少年少女飛行倶楽部」(加納朋子・文藝春秋)中学に入学した海月は、くされ縁の可愛い樹絵里に無理やり飛行クラブに入れさせられる。自らの力で空を飛ぶことを目指す飛行クラブは、どうやって空を飛ぶのか?
「動物学科空手道部1年高田トモ!」(片川優子・双葉社)空手部。大学生の青春恋愛もの。
「赤城山卓球場に歌声は響く」(野村美月・エンターブレインファミ通文庫)卓球部。女子大生。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの紹介ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/16 06:24

■スポーツ(バレーボール、柔道、剣道)


水野宗徳「おっぱいバレー」バレーボール部
小野綾子「女子高柔道部物語」柔道部
誉田哲也「武士道シックスティーン」剣道部

■文化・芸術系
花形みつる「アート少女」美術部
枡野浩一「ショートソング」短歌サークル
北条俊正「ヒナの魂」芸大
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本校の柔道部は男子だけですが、面白そうですね!

お礼日時:2011/06/16 06:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体育会系部活物の青春小説が読みたい!

「風が強く吹いている」「一瞬の風になれ」「バッテリー」みたいな、
思わず身体を動かしたくなるような、そのスポーツがやりたくなっちゃうような、
スポーツ系の部活の小説で、おすすめありませんか?
サッカーやバスケみたいなチームスポーツものだと、なお嬉しいです。
また、水泳をやっていたので、水泳部のがあったらぜひ知りたいです。
プロスポーツの世界が舞台のものでもかまいませんが、
学生時代の気持ちをよみがえらせてくれる、
眩しいくらいザ・青春な部活物の小説が第一希望です。
スポーツ選手のエッセイとか、インタビューとか、ノンフィクション物も大好きなので、
スポーツ描写に関しては、あまり嘘っぽいのよりは、
ある程度ちゃんと取材されている小説が希望です。
消える魔球とかは、漫画で楽しみます笑

Aベストアンサー

パッと思い浮かぶのはこんな感じです。

ボックス!
http://www.dokusho-log.com/b/4778311345/

2.43 清陰高校男子バレー部
http://www.dokusho-log.com/b/408771523X/

晩夏のプレイボール
http://www.dokusho-log.com/b/4620107174/

俺が近所の公園でリフティングしていたら
http://www.dokusho-log.com/b/4093876487/

1985年の奇跡
http://www.dokusho-log.com/b/4575510769/

良い本に出会えるといいですね♪

Qバレーボールがうまくなる方法ってありませんか??

今、私は中学1年生です。
今年、中学校に入学ました。

中学校の部活でバレーボール部に入りました。
パスなどはできるのですが、スパイクが打てなかったり、ブロックから手が出なかったりと、ぜんぜん上達しません。
先生の言ったことは、なるべく意識しているのですが、それでもだめです。

もうすぐ、1年生大会があります。
それには、私は出るのですが、みんなに迷惑をあまりかけたくありません。。。

やはり、部活をやってるからには、試合にもでたいですし・・・

ちなみに、初心者です。

同じ、初心者の友達がたくさん試合に出ていて、うらやましいです。

どんなことでもいいので、アドバイスお願いします!!

Aベストアンサー

私は中1で、しかも半分はめられて入部して、最初の1年間はビールに触ることすらできませんでした。
はっきり言えば、基礎もできていない一年生でボールに触ることすら無謀ですし、試合なんて無茶です。
でも最近は試合しなければ部員が続かないと多くの監督やコーチが嘆いているんです。だから怪我も多い。

ボールを持つ姿勢はご存知ですよね。この姿勢を身につけてください。
私達は1年間、この姿勢でコート周囲に居るだけ、動けるのはボール拾いだけでした。全てはこの姿勢からのスタートです。日本のバレーが弱いのはこれができていないからです。
手先は下がっていても肘は必ず軽く曲げておく。これが大切です。
爪先は前も向いていますか?ハの字型ではダメです。
動くときは、練習ではまず膝を抜く事です。右への移動なら右膝の緊張を抜きながら右足でけりだすという感じ。
ちょっと難しい説明で申し訳ないけど、膝をリラックスさせて踏み出すんです、スキーのスケーティングと同じような動きなんですけどね。

第二が基本の形です、アンダーとオーバー、いずれのレシーブやトスでもボールと両手の位置が適切である事に意識してください。
基本は真下に素早く入り、正しい姿勢で受ける事です。そのためにはまずボールを掴む練習から。
受けた瞬間の姿勢が正しいかどうかです。これを人に見てもらい、正しい姿勢で受けているかをチェック。次にボールを打ちます。
最初からボールを打ち返す事をマスターしようとすると姿勢を軽視してでも目的の場所に打ち返そうとしますからフォームがいい加減になり結局ダメになります。だから受けたときのフォームが第一なのです。
これができた上で、両手とボールの角度だけを重視すれば、どのような位置からでも正確に返す事ができるようになります。つまりあくまでも基本>応用であり、応用が先にできても意味ないのです。

第三にボールを取りに行くという執念です。
アタックNo1というアニメがあり、皆凄いといっていますけど、私達はあんな生ぬるい練習でいいならいつでも出来ると言っていました。
私は電車で乗り越しなど日常的で、高2までの間に家の玄関先で3度気絶した事がありますし、一日10食以上で1gも体重が増えませんでした。監督の口癖は「意識がなくなってからが練習だ。それまでは徹底的に基礎をやれ」です。
アニメやドラマではボールを身体にぶつけていますよね。私達の監督は指先の少し先を正確に打ち込んできました。つまり、もう一歩余分に動かなければ打てない位置です。
試合では人の隙間に打ち込んできます。ライン上を狙ってきます。誰も身体に向けて打ち込みません。
だからアレはドラマでしかないんです。動かなくて取れる球は練習じゃないんです。
相手が打った瞬間それがどの方向に飛んでいくかを見る力を養いましょう。野球の野手は音でどこに球が飛ぶか知るそうです。バレーも同じです。見ていてはダメですが、見ていなくてはダメです。

私は必ず駅ホームの最後尾に乗ります。電車が通り過ぎる間、その乗客を常に見るように心がけていました。
顔を動かさずに見ていくのです。快速や急行などはイイし、各停でも最後尾なら先頭車両はかなりのスピードで入ってきますから練習になります。
雨の日は傘で落ちてくる雨粒を打つ練習です。顔は正面のままです。
指が正確に全ての指が一度に対象物に触れましょう。ドアでも壁でもパッとどんな角度からでも全ての指が同時に触れますか?これができなければボールはどこに飛んで行くか分りませんね。
そうやって日常から工夫して練習をします。

一日一回は鏡を見ましょう。身体は左右対称でしょうか?どちらかの肩が下がっては居ませんか?
偏った姿勢で居ませんでしょうか?横座りなどしていませんか?頬杖付いていませんか
体の歪みはボールに対して曲がった角度で打つことになります。
爪先上げトレーニング機械(私は板の下にブロックなどを置いていました)やクッションを丸めてそれを背中にあてがうなど、背筋をまっすぐにする運動をしましょう。
あとはコーチの言うとおりの練習をすればいいんです。

私は中一のとき、先輩が「アイス奢ってやるよ」と言われ、食べた後で「じゃぁバレー部入部な」と届けにサインさせられました。つまりはめられたわけです。
でも、受験で部活禁止になる前、高校2年ではキャプテン候補までになりました。
実績は練習に比例する。練習の成果は基礎練習の量に比例すると私は確信しています。
基礎練習なら練習場でなくてもできます。
例えデートの最中でも、電車やバスを待っている間に練習は出来るのです。雨の降っているときでも彼女と話をしながらでも練習はできるのです。
ゲーセンでもどこでも基礎練習のネタは山ほどあります。
学校の勉強で、予習復習が学校の成績になるのと同じように、部活も日頃の生活態度が成果になります。

ちなみに私は勝手に週3回しか練習に行きませんでした。それでも常にレギュラーで、キャプテン候補です。
でも「お前がキャプテンになると練習が週3になるからダメ。お前だから週3でもやっていけるけど他の連中はそうは行かないだろ。」と言われてキャプテンにはなれませんでした。
でも、大学で部を作ったときに、国体経験者が「なんでそこ状態でボールが受けられるんだ」と不思議がるくらい身体が動きました。それは意識ではなく身体がボールを求めて動くからです。

出来るのは若いうちだけですよ。
21歳で膝を壊して辞めるて、今でも私は電車に乗ると、自然と爪先立ってしまいますけど、60近くなると、やはり駅5-6駅が限度ですからね。

私は中1で、しかも半分はめられて入部して、最初の1年間はビールに触ることすらできませんでした。
はっきり言えば、基礎もできていない一年生でボールに触ることすら無謀ですし、試合なんて無茶です。
でも最近は試合しなければ部員が続かないと多くの監督やコーチが嘆いているんです。だから怪我も多い。

ボールを持つ姿勢はご存知ですよね。この姿勢を身につけてください。
私達は1年間、この姿勢でコート周囲に居るだけ、動けるのはボール拾いだけでした。全てはこの姿勢からのスタートです。日本のバレーが...続きを読む


人気Q&Aランキング