こんにちは。いつも頼りにしてます。
実は、友達の子供が病気になっていてそれのお守りを買いに行きたいのですが、どこかいい所あったら教えてもらいたいのですが・・・。
場所は、近畿でお願いしたいです。
兵庫県内だととても助かります。
お願いします。

A 回答 (1件)

近畿なら、石切神社でお百度はいかがでしょうか。


家の子どもが水頭症かも、という時に、
友達が石切さんで、お百度参りをしてくれて、
お守りも買ってきてくれました。
そのおかげもあって、子供の病気は、結局病気というところまで進行しなくて、
何もなく落ち着きました。
石切さんはとてもいいと聞きます。
大阪府です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 水頭症<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    水頭症とはどんな病気か  頭蓋内に脳脊髄液(のうせきずいえき)が過量にたまることにより、脳そのものが圧迫を受けたり頭蓋内の圧が高くなったりすることを水頭症といいます。 原因は何か  脳脊髄液が過量にたまる原因として、(1)脳脊髄液が過量につくられる、または吸収が悪い、(2)脳脊髄液の流れが損なわれる、があります。(1)は脳そのものや脳を取り巻く血管の奇形などによることが多く、(2)は脳腫瘍(のうしゅよう)や感染(...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病気の方にお守りは非常識ですか?

知り合いが長くかかる病気になり入院しております。
お見舞いに神社かお寺で御守りを購入して渡そうか考えてますが、
病気前ならいざしらず、病気になってから渡すのは相手に失礼でしょうか?

もし渡しても大丈夫でしたら、どんな祈願の御守りがよいのでしょうか?
(健康祈願、厄除など・・・)

Aベストアンサー

私は、治らない癌に冒されて居ます。
しかし、子供が毎年新年に成ると神社でお祓いを受けて、病気平癒や癌封じのお守りやお札を持って来てくれます。
治らないことが解って居ても、とても嬉しくひょっとして少しでも効果が有るのではないかと、わずかな期待を込めてお守りは身に着け、お札は神棚に祭って毎朝お祈りして居ます。

たぶんですが、ご質問者様のお知り合いも決して悪い気持ちには成らないと、私は思います。
なお、お守りもお札も病気が治る事を願って「病気平癒」が良いと思います。

Q病気が治ると有名な場所(関西)

知人のお母様が、ご病気になられて、ちょっと難しい病気の様で、お薬も進行を遅らす為で完治する訳ではないらしく、お母様も気が滅入ってしまい、体もだいぶ弱っている様です。結局は本人が頑張る事ですし、私は直接何も出来ないのですが、せめて良くなりますように・・・とお願いする事は出来るだろうと思い、来週知人と出かけるので、その時に行こうと思ってます。関西、広いですが病気に効く場所、どこかご存知ないでしょうか?知人がそういうのに頼らないと言えば、無理には行きませんが、少しでも何かお手伝い出来れば・・・と思ってます。どうか教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

具体的にどういう処を聞いておられるのかわからないんですが、もし神頼みということであれば、「石切神社」がお勧め。

「なで守り」というのが売られていて、患部をなでてお祈りをするというものです。ちいさい頃から何かあればおばあちゃんがもらってきてくれて、不思議と撫でると楽になったような・・・今で言う「ハンドパワー」でしょうか。

知人のお母様とか、あなたがそこまで思ってらっしゃるというだけで充分元気付けられると思いますが。

参考URL:http://www.kintetsu.co.jp/senden/Database/I-Htm/II0013.html

Q石切神社について

親の病気の事もあって、近々石切神社へ行こうと思っています。
そこでいくつか質問があります。


石切神社は何時から~とかって決まりはありますか?
お百度参りと御守り購入を考えています
早朝に行きたいのですが、大丈夫でしょうか?


撫で守りは、石切神社に返さないとダメなのでしょうか?
もう一度行くとしたら、かなり先になってしまうかもしれません。


お百度参りというのは、本殿と石?の間を100回周るだけなんでしょうか?
100回周ったあと、2礼2拍手1礼という流れですか?
1回周る度に、礼やお賽銭を入れるのは必要でしょうか?
詳しいやり方などがあれば、是非教えて頂きたいです。

わかるのだけでも教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

http://www.ishikiri.or.jp/faq/

Qお守りについて

手術成功のお守りを探しています。
有名なところなどがありましたら教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

私は以前、姉の出産の際に、帝王切開になってしまった時に、石切神社でお百度を踏みました。
私以外にも、たくさんの人が、お百度をしてました。

石切神社は、手術などの、キズを治す神様で有名です。
ご参考にして下さい。

参考URL:http://www.google.com/search?q=%E7%9F%B3%E5%88%87%E7%A5%9E%E7%A4%BE&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

Q正しく、効果的なお百度参りの仕方を教えてください。

訳あって生まれて初めてお百度参りをしたいと思っています。
ですが、お百度参りをするにあたって、
神社であればどこでも構わないのか?
裸足で参ったほうが良いのか?一回一回参る度に鈴は鳴らしたら良いのか?
お百度参りをやった経験がないのでどうやったら良いのか全く分かりません。
正しく、効果的と言われているお百度参りの仕方を一から教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参拝おつかれさまでした。
普通、百度参りは普通の人には完璧にできるものではありません。
雑念を持たずに百度石を百回往復するなんて、私も無理です。
ですから、結局は神様に対して敬神の念を伝えることが大切なのだと思います。その点、十分気持ちを込めたのでしたらよろしいのではないかと思います。
 それと、ご利益についてですが、神道では、他の一神教に多いように、こうさえすれば、絶対に救ってくれるという教えはありません。
地域の神様や、家の祖先の神様、様々な神様が存在し、その神様達は、私達人間と同じように、色んな好みや、考え方を持っていると考えられています。ですので、乱暴に言ってしまえば、祈願を聞いていただけるかどうかも、神様の勝手であって、気分次第ということになります。
神道では、神様も完全完璧な存在では無く、人間と同じように個性があり、様々な神様がいるということです。ですので、御神威の高い神様に、好意を持っていただき、御神徳を授かれるように、毎日感謝の気持ちと敬神の念を持つことが、「ご利益を得る」ということにつながっていくのではないのでしょうか。
 私の力不足もあり、なかなか文章で伝えるのも難しく、分かりにくい文章になってしまい申し訳ありません。御祈願が神様に伝わり、御神徳をいただけると良いですね。

参拝おつかれさまでした。
普通、百度参りは普通の人には完璧にできるものではありません。
雑念を持たずに百度石を百回往復するなんて、私も無理です。
ですから、結局は神様に対して敬神の念を伝えることが大切なのだと思います。その点、十分気持ちを込めたのでしたらよろしいのではないかと思います。
 それと、ご利益についてですが、神道では、他の一神教に多いように、こうさえすれば、絶対に救ってくれるという教えはありません。
地域の神様や、家の祖先の神様、様々な神様が存在し、その神様達は...続きを読む

Q病気に効く有名な神社を教えてください。

はじめまして。
よろしくお願いします。

私は20代半ばの女性です。
母が近日、リスクの高い手術をします…。
娘の私、毎日が不安でいっぱいです。きっと、母の方が不安で苦しいのだと思いますが…。


神頼みになってしまいますが、神社のお守りを母に渡したいと思ってます。
病気に効く有名な神社を教えていただきたいです!!

私は東京都下に住んでいます。
場所が少し遠くても、母の手術が成功して元気に帰ってこれるなら、どこまででも行くつもりです。

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論を先に書きます。
病気平癒は神社でも密教系寺院でも(その他でも)出来ます。
基本的に祈願をかけるなら、申し込みをし、費用を出し、昇殿、或いは祈祷殿に上がって祈祷。祓いを受け、護符を頂かなければなりません。これが正式な祈願です。
これ以外には“お百度参り”という方法があります。
これは昔昇殿祈願などを受けるだけの費用がなかった人や、正式祈願以上にご利益を得たいと思った人が行なう祈願法で、毎日一定期間、お百度を踏む必要があります。
神社や寺に行ってチョコチョコッと参拝してお守りを貰ったからOKなんていうのは嘘ですから。

ご利益の寺社はどこでもいいんです。
遠くのご利益を求めるようになったのは鉄道会社による商業目的があってのことです。要するに土用の鰻と同じ発想。
身近な氏神様や最低でも毎月通える範囲の寺社で充分です。というか、本来その方がいいんですよ。
貴方が探していて、真っ先に知ったところ、生きたいと思ったところに行って下さい。
東京都下なら山ほどあるはずです。


みなさん昨今のご利益振興と共にパワースポットの流行で、古来の神参りの方法をすっかり忘れているようですね。
「今風の“○○に効く神社”」とか「パワースポットなんていうのは全て商業主義に基づいた嘘ですからね。
そんな話は古来から全くありませんからね。間違わないで下さい。

古来より“○○に効く神社”というものはありました。神社以外にも刺抜き地蔵や○○観音、など仏教系にも多いです。これは確かな事です。
では「今風の」とはどこが違うでしょう。

私達は似非識者(あえてマスコミなどでマナーだとかご利益だとか語っているものをこう呼びます)によって、『神社に行き、礼式に従って二礼二拍手で参拝し、祈願してお守りを頂く』ことでご利益を得られると思っているでしょ。これが根本的な嘘なのです。

この参拝法が確立したのは明治以降です。それまでは各神社ごとに定められたり、そもそも定まってもいなかったりしました、なぜか・・。
答えは簡単です。明治以前は神仏習合で殆どの神社はお寺の管理を受けていました。だから神社だけが独立しているわけじゃないんです。作法なども多くの影響を受け、純粋な神社の作法は完全に絶滅必至だったのです。

いま、盛んに言われている参拝法は言わばご挨拶でしかありません。
そもそも参拝しているのは「拝殿の外」ですよね。これは名主さんの屋敷の門の外で挨拶しているようなものです。そんな日常の「こんにちは」程度の礼儀をうるさく言ってもしょうがないでしょ。
名主さん門の前を通るときには感謝を込めて頭を下げるだけで充分なわけですよ。

では、村人が名主さんにどうしても聞き届けて欲しい願いがあったらどうするでしょう。
村長を立てて名主に面会し、門の中に入って対面して、村長から願いの義を申し上げて頂くというのが正式な方法です。
つまり寺社でも祈願もこれと同じです。この場合村長に当たるのが神主やお坊さんです。
昇殿参拝とか祈祷殿に上がるのは門の中に入るのと同じなのです。

で、祈祷したという証しの護符を頂き、これを守りとする。
また日頃持つ為に小さな携帯用のお守りをいただくのも同じで、通常の参拝をしていただくお守りとは大きな違いがあります。

次にお寺と神社の違いですが
本来神道は自然を受け入れる事に主軸があります。だから生死を含めて受け入れる事が基本です。
これは仏教も同じですが、密教は更に積極的に人の生きる道を求めて、そのために苦難を避ける事を願うようになりました。
だから密教では他の仏教より積極的に病魔退散などの祈願を行なうようになったのです。
病魔を退散していただくのは平穏な生活を送るためではなく、生きて更なる功徳を積む事が前提。つまり、願いが通ったらただ生きるのではなく、善行を行ない、施しを行なうなどをしなければなりません。
とはいえ、「生きている事が自分にとっての“その人の大いなる善行”となります。生きてくれていること自体が私に対するその人の施しです」というのも確かですよね。
それは親が何もしなくても親に感謝する事によって、親の生き様が善行となり親の功徳になる。
それはそのまま子の功徳でもあり、子が感謝する事がそのまま子の善行にもなる。
だから子が親の為に祈る事は素晴らしい事なのです。

神社に行くか、お大師さんやお不動さんなどに行くか。それは貴方の自由です。
全てはご縁ですから、迷う必要もありません。
迷うということは心がいまだ定まっていないという事。集中していないという事なのです。

お元気になられたらお二人でお礼に行って下さい。
つまり、元気になったら本人がお礼に行ける距離がいいんですよ。

結論を先に書きます。
病気平癒は神社でも密教系寺院でも(その他でも)出来ます。
基本的に祈願をかけるなら、申し込みをし、費用を出し、昇殿、或いは祈祷殿に上がって祈祷。祓いを受け、護符を頂かなければなりません。これが正式な祈願です。
これ以外には“お百度参り”という方法があります。
これは昔昇殿祈願などを受けるだけの費用がなかった人や、正式祈願以上にご利益を得たいと思った人が行なう祈願法で、毎日一定期間、お百度を踏む必要があります。
神社や寺に行ってチョコチョコッと参拝してお守りを...続きを読む

Q東京近郊の病気にご利益がある神社

今、親父が肺気腫で入院中です。そこで正月に初詣に行く予定ですが、病気に(特に呼吸系)ご利益がある東京近郊の神社はどこが良いでしょうか。パワースポットとかお守りとかありましたらご教授頂きたいです。毎年、明治神宮には行ってます。

Aベストアンサー

三輪さんもおっしゃっていますけど、万人の為にパワースポットなど存在しません。
あれは営業占い師兼芸人が広めたデタラメです。
それに便乗しようとして三輪さんに縁を切られた自称霊能者もいますけどね。(彼は当初、自分のパワースポットを見つけようといっていましたが、芸人が一世風靡して主張を簡単に変えてしまった)

基本的には御利益を求めるより、氏神様にお願いすべきものです。
遠くの親戚より近くの他人という言葉がありますけど、昨今の御利益信仰は「近くの親より遠くの他人」と言うべきもので全く意味のないものです。
住んでいる人々を守っている氏神をないがしろにして遠くの御利益を求めても御利益などあろう筈もありません。
例え御利益を求めても、まずは氏神様、或いは入院先病院の所在地の氏神様にお願いするのがスジです。
御利益はその後というのが常識中の常識です。

それに殆どの寺や神社が該当するので真に「ここ」というものはありません。要するに流行らせられたかどうか、コマーシャルベースでの話です。かの占師に金を積んでお願いすれば一躍御利益のパワースポットとなるでしょうね。

古来より地域の流行り病や病気平癒には神社ではなく地蔵信仰が優性でした。神社の境内に観音や地蔵が祀られているところも少なくありません。だからむしろ地蔵や観音を探したほうが早いと思います。
浅草の観音様も観音信仰ですからOKです。

更に病魔地産などの祈祷も本来神社より寺は主流です。神社では密教系や修験系(山岳神道など)、数は少ないですが陰陽道系の神道がこれを行ないます。
密教では川崎大師が有名ですね。参道でトントコ飴を売っているのは気管支系の病平癒のマジナイでもあります。成田山新勝寺新勝寺も密教ですから似たようなものでしょう。
更に川崎稲毛神社の狛犬は天地睨みの狛犬といって、上半身は天を睨む狗、下半身の問題は地を睨む狗を撫でてからお参りするとよいと言われています。

三輪さんもおっしゃっていますけど、万人の為にパワースポットなど存在しません。
あれは営業占い師兼芸人が広めたデタラメです。
それに便乗しようとして三輪さんに縁を切られた自称霊能者もいますけどね。(彼は当初、自分のパワースポットを見つけようといっていましたが、芸人が一世風靡して主張を簡単に変えてしまった)

基本的には御利益を求めるより、氏神様にお願いすべきものです。
遠くの親戚より近くの他人という言葉がありますけど、昨今の御利益信仰は「近くの親より遠くの他人」と言うべきもので全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報