原付のスクーター(HONDAのLive Dio ZX。走行距離は2万キロを超えました。)に乗っているのですが、昨日、エンジンをかけたら白煙がすごかったのでちょっと空ぶかしをしてみました。1回目はなんともなかったのですが、2回目に空ぶかしをしてみると、止まってしまいました。
 もう一度エンジンをかけてみようとしても、カチカチという音だけはしていましたが、なんどか試みていると今度は照明すらつかなくなりました。
 原因がよけいにわからなくなったのですが、バッテリーが切れたのか、エンジンが壊れたのかどちらになるのでしょうか?

A 回答 (5件)

再度のお礼欄へのレス、ありがとうございました。


なぁるほど、だいたいわかりました。白煙は最初だけならそれほど心配はいらないと思います。白煙の発生は気温も関係します。これからの季節、冷え込んだ朝などはなおさら発生するでしょうが、まず大丈夫でしょう。

>やすいガソリンスタンドで入れているのでこれが関係しているような
エンジンの始動不良の原因に、ガソリンの品質が影響するのも確かですが、当店は勿論、バイク屋のレベルでは品質の良し悪しの検査を出来るような規模がある店はまずないのではないでしょうか。修理結果として、「ガソリンは良い」「ガソリンが悪かった」と答えている程度です。

mottakunさんのお礼文も合わせて考えての、ご質問に対する回答ですが(いまさら遅い!?)。 2万キロほど走りこんでいるDioを1週間ぶりにエンジン始動をしようとすると、どうしても掛かりは悪くなります。そこへもって、バッテリーが弱っていたため、セルスイッチでの始動でかからないのは仕方がない、とも言えます。
最後に、これから段々と寒くなっていきますので、Dioに乗るのが余計遠ざかるかもしれませんが、せっかく修理されたのですから、できるだけ乗ってやってください。
ではまた縁がありましたら。(^o^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ガソリンの品質は問題ないということですね。ここの過去の質問では灯油を入れたり塩を入れたりする質問とかあって驚いたのですが、そんな無茶はしないで普通に使っているのですから大丈夫ですね。
 これからは寒くなりますが、毎日乗ってあげないとまたかからなくなるような気がしますので、最低でも始動ぐらいはしてあげたいと思います。
 色々とお世話になりありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2003/10/23 23:07

お礼文、ありがとうございました。


文章の理解が間違っているのかもしれませんが、バイク屋さんに修理を依頼したが、直らないまま戻ってきた、ということでしょうか?

#3で、いまいち確信のある回答ができません。と書いたのは、現車を見ずにmottakunさんの文面だけがたよりの回答になってしまいますので、そういう意味での自信なしです。
ひょっとして、すでに3万ぐらいかかりましたか?私なら、と威張るということではありませんが、今回のmottakunさんのはっきりした症状なら、修理に要する日数の差はあるかもしれませんが、調べていけば原因を答えられる症状ではと思われますが・・・。
(解釈違いでしたらお許しください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すみません動けるようになったかを書き忘れていました。交換した部品代が2万円ほどで、工費などが7千円ほどでした。交換した結果かもしれませんが、とりあえずは動けるようになりました。
 ただ、1日で終わると思ってた修理が2日もかかりましたので、バイク屋さんでも修理が難しかったのでは?と思います。
 ちなみに故障するまでの状態はというと、セルスイッチでのエンジン始動がずっと押してからではないとかかりにくくなったり、スピードもやや落ちていたり、白煙は最初だけたくさん出て走り出したら落ち着いてきたという感じでした。ガソリンもオイルも正しい使い方をしていますので寿命かな?と思っていたら無事に直ってきたわけです。
 でもガソリンの会社はその場その場で決めるので固定していません。いつも家近くのあまり名の知られていない安いガソリンスタンドで入れているのでこれが関係しているような気もするのですが・・・
 それと関係があるかわかりませんが、バイクに乗ったのは1週間ぶりというときに壊れました。保管状態はガレージの中ですので、雨やホコリなどの心配はないです。
 バイク屋さんにはこんなに詳しく説明しませんでしたがいかがでしょうか?

お礼日時:2003/10/23 00:03

「キック」の説明は#1の方か#2の方にして頂けたかもわかりませんが、ちょっと気になることがありますので、私がついでに。


エンジンを掛けるのに通常はスターターボタン(セルスイッチ)で、力も使わずに始動させていますよね。そのセルがダメなときに、エンジンの左にある折りたたみ式のペタルを、足の力で「ヨイショッ!」といっきに踏み下ろすやつ。それがキックです。そのキックが下りない、イコールエンジン焼き付きと判断されます。

ですから#1さんと#2さんの回答には異存はありません、が・・・。

『すごい白煙』が気になります。一般に多量の白煙が出る原因としましては、ガソリンに灯油や軽油が混入したときなどです。が、白煙の後エンスト、そしてセルも回らないということは、オイルタンクにガソリン等の違うものが混入の心配はありませんか?

もう一つ考えられるのは、「オーバーフロー」といって、キャブレター内へ行くべきガソリンが適正量以上に入って、そのガソリンが外へ漏れることもありますが、まれにエンジン内へ多量に入り込んでしまうこともあります。
このときに、多量の白煙がでて、さらに入り込む量がおおいと、セルは回らない、キックも下りない、という状態になりえます。

バッテリーは年数的には寿命でも不思議はありませんが、ディオの場合、バッテリーがだめでもキックでエンジンが掛けられるのが通常です。

申し訳ありませんが、いまいち確信のある回答ができません。できましたら、バイク屋さんでみてもらって原因がわかりましたら、レスを書き込んでいただいてから、その後、締め切っていただけませんか?って虫がいいかなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
 返事が遅くなりましたが、今日修理が終わって返ってきましたので返事します。とりあえず交換した部品を・・・
・プラグ
・ガスケット
・マフラー
・エアクリーナー
・エアクリーナーカバー
・ガスケットセット
 を交換してそれにキャブレーターを分解・掃除してもらいました。ちなみにバッテリーを交換してみてもかからなかったので、バイク店に持って行きました。みなさんの回答内容とキックもできなかったことなどで総合的に判断しても原因がわからないままです(笑)
 部品名を言われてもどんな役目があるのかぜんぜんわからないですが・・・とりあえず、necokenさんにとって参考になれればと思います。

お礼日時:2003/10/22 18:11

こんにちは。


エンジンかからないとのことですが、エンジンが止まった時の状況が良く判らないのではっきりしたこと言えませんが恐らく焼きついたのではないでしょうか。

>カチカチという音だけはしていましたが
と言う事なのでバッテリーは生きていたものと思いますセルボタン押し続けたので上がってしまったのではないでしょうか。それで
>照明すらつかなくなりました
となったのではないでしょうか。

キックは試してみたでしょうか?
キック降りなければ焼きつきの可能性ダイです。

OILはきちんと入っていたでしょうか?
2万キロ越えならばこの際オーバーホールしてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳しく分析していただいてありがとうございます。
バッテリーはもう7年前後変わっていませんので、それによる原因は考えられないでしょうか?

 また、「キック」って用語もNO1の方の返事欄にとりあえず書いたのですが、意味を勘違いしているかもしれないので一応確認したいのですが、キックって何でしょうか?

 また、OILはたっぷり入っていますので、OIL切れによる焼付けはないようです。

お礼日時:2003/10/17 01:13

おそらくエンジンが焼きついたのでは?



キックは降りますか?圧縮はありますか?
なければエンジンが100%焼きつきです。

この回答への補足

すみませんお礼を書いてから言うのもなんですが、「キック」や「圧縮」って何でしょうか?
勘違いして答えてしまったかと思いまして・・・ちなみにバイクの細かいことはほぼ素人です。

補足日時:2003/10/17 03:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
キックでもエンジンも出なかったので、恐らく焼きついたのだと思います。

お礼日時:2003/10/17 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のバッテリーが上がった時のケーブルのつなぎ方

あまりに初心者的な質問なのですが、車のバッテリーが上がってしまい、救援車のバッテリーにつないで、エンジンがかかるようにしたいのですが、バッテリー上がり車と救援車のバッテリーのつなぎ方、手順、注意点を教えていただきたい。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、バッテリー上がり車と救援車の両方のバッテリーの+(プラス側端子)のカバーを開けます。そして、赤い方のブースターケーブルを、両車のカバーを開けた、バッテリーの+(プラス側端子)に+同士つなぎます。 救援車のエンジンは、上記のカバーを開ける前から、かかっていても大丈夫です。 次に、黒い方のブースターケーブルを両車のバッテリーから離れた場所(エンジンやエンジンまわり、又はボディの金属部分)につなぎます。 これは、バッテリーから引火性のガスが出ている
場合、つないだ瞬間に出る火花が危険なので、敢えてバッテリーの-(マイナス側端子)につながいのです。
特に、注意点は+と-を絶対に間違えないことと、+と-を絶対にショートさせないことです。 ショート時の火花がバッテリーから出る引火性ガスに触れると爆発してしまいます。 十分ご注意ください。

参考URL:http://www.jaf.or.jp/qa/index0.htm

QシビックFD2につてです。停車中エンジンの空ぶかしをすると5000回転

シビックFD2につてです。停車中エンジンの空ぶかしをすると5000回転くらいで、『ゴォー』とエンジンのほうから音がなってそれ以上回転があがりません。少しでも車が動いていると5000以上まわります。これはこの車の仕様なのでしょうか?それとも不具合なのでしょうか?オーナーの方、またはお詳しい方ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HKSプロショップ パワーライター店 セッティング担当です。

FD2を街乗りの脚にしておりますが

車速信号がゼロの時
ほとんど全ての車種において
一定時間(と言ってもホントの一瞬)をおいて後に
4000や、5000等でレブリミットをかけます。

これは運転者が気絶してしまった時などを想定した
安全の為のリミット作動です。

ですので全く正常でございます。

どうぞご安心下さい。

Qサブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られたが

電気の知識が無い者が、車中泊で車始動用のバッテリーがあがると困るので、サブのバッテリーを買いました。

 エンジンを切って、サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。
車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

Aベストアンサー

>サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。

はい、サブバッテリーを使ってます。

>車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

ありません。

Q空ぶかしはエンジンに良くない?

アイドリング中、車のマフラーから水が溜まっている音がします。
普段から市街地ばかりの走り方しかしていないのでマフラー内に水が溜まっているのだと思います。

高速道路を走って水分を飛ばしてやればいいのでしょうが、用もないのに走る訳にもいかず、なかなか高回転の走行が市街地ではできません。
そこで、空ぶかしをしてみました。普段は2,000回転までしか回した事がないのですが、3,000回転くらいまで吹かしてみました。するとマフラーから水が滴り落ちました。やはり溜まっていたようなのですが全部は抜け切れていません。 まだゴボゴボ音がします。

自分なりに気になる事が空ぶかしがエンジンにダメージを与えているのではないかという事です。 十分、暖気をしてから空ぶかしをしているのですがやはりやらない方がいいでしょうか?
とても4,000回転以上は恐くて回し切れません。 

空ぶかしか高速運転で水を飛ばす以外に何か方法がありますか?
それとも諦めて気にしない方がいいでしょうか?

車は9年式で2,000ccのセダンです。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そのお車の回転計のレッドゾーンは何回転からでしょうか?
おそらく6000回転位だと思いますがそれ以下で回す分には問題ありません。
レッドゾーンを越えて危険な領域には回らないように制御されていますので
アクセル全開にしても壊れる事はありません。
但し、周囲への騒音の問題はあるので場所と時間は考慮して行ってください。

>空ぶかしか高速運転で水を飛ばす以外に何か方法がありますか?
クルマやさんに持っていっても空ぶかしか走行して水を抜くと思います。
排気管脱着は手間と費用を考えると無駄です。

排ガスは触媒で浄化されて水が生成されますのでどうしてもたまってきます。
一度抜いても同じ利用方法だとまたたまってきますので気にされるようでしたら時々は少し長距離を走ってあげるのが良いですね。

Qバッテリー上がりの車に・・・

今日バイト先のお客さんの車のバッテリーが上がってしまったらしく、自分の車のバッテリーとケーブルをつないでエンジンをかけてあげました。良いことをしたと思い気持ちがいい反面、自分の車のバッテリーに悪影響は無いのか心配です。
そこで質問なのですが、これによって自分の車のバッテリーが弱ったりする事は無いのでしょうか??詳しい方どうぞ教えてください。
ちなみに、自分の車のバッテリーは去年8月に交換したばかりです。

Aベストアンサー

全く問題ないです。

バッテリーに悪影響があるのは、過放電と過充電だけです。

過放電は、車を長い間(数ヶ月間)使わないでおいておくと、バッテリーの自己放電や電装品の暗電流で過放電になることがあります。

過充電は、レギュレータが故障した場合に起こることがありますが、通常の使用では過充電はおきないです。

Q空ぶかしについて

すごく疑問に思っているんですが、エンジンを暖めるためといってアクセルを「ブーンブーン」とふかしている人をよく見かけるんですがあれはエンジンに悪影響ではないんでしょうか?僕はダメ!!!って思いこんでいるんですが必ずといっていいぐらいバイク屋に持っていくと帰り際に暖気運転してるときにアクセルをふかされるんですが…正直言ってうっとうしいと思ってしまいます。前なんか僕はフォルツァに乗っているんですが、8500回転からがレッドゾーンなんですが、8000回転まで「ブンブン」されました。ちょっと神経質な部分もあるんですが気になります。どうぞ教えてください!!!

Aベストアンサー

結論から言えば問題ありません、エンジンに影響はありません
しかしながら、市販車では殆ど意味が無いかな

まずエンジン始動時はエンジンが冷えていますから燃焼状態がよくありません、綺麗に燃焼していないので高回転で回しても意味がありません
エンジンオイルはエンジンが回ったら数秒でシリンダーに回ります、潤滑にはほぼ影響はありません

レースエンジンの暖気は市販車と比べればシビアです(特に2スト)
押し掛けでエンジンを始動し5千位で安定させます、シリンダーに手を当てて暖かくなったらレーシングさせます(フォンフォンと)
レーシングしないとピストンや燃焼室にカーボンが付着し綺麗に燃焼しなくなります、それにエンジンに活を入れるというかエンジンやミッション全体を暖める意味もあります
規定温度に温まったら燃調をとります、エンジンの回り方、アクセルをいきなり開けたときの反応を見てジェットを決めるためです、走り出す前にキャブセットを決めなければ走り出せません

市販車ではギリギリの燃調を取ることも無いし濃い目にセットされていますから、アバウトに暖めて十分です
エンジンをかけて2、3分回したら走り出し、水温計が規定値に入ったら全開にしてかまいません
長い暖気はカーボンが付着し調子が悪くなるだけ、燃料の無駄です

バイク屋さんが暖気時にエンジンを回すのは、ちゃんと回るかのチェックかと思いますが、特に意味は無いでしょうね、エンジンの寿命が落ちることもありません
何がエンジンに悪影響かといえば、エンジン掛けて即全開走行かな
もっと悪いのはいつでもトロトロ走って全くエンジンを回さないこと、燃焼室にびっしりカーボンが溜まって調子悪くなりますね
オイルも規定距離になったらこまめに取り替えましょうね

結論から言えば問題ありません、エンジンに影響はありません
しかしながら、市販車では殆ど意味が無いかな

まずエンジン始動時はエンジンが冷えていますから燃焼状態がよくありません、綺麗に燃焼していないので高回転で回しても意味がありません
エンジンオイルはエンジンが回ったら数秒でシリンダーに回ります、潤滑にはほぼ影響はありません

レースエンジンの暖気は市販車と比べればシビアです(特に2スト)
押し掛けでエンジンを始動し5千位で安定させます、シリンダーに手を当てて暖かくなったら...続きを読む

Q車のバッテリーが上がってしまいました

車のバッテリーが上がってしまいました。

先程犬の散歩をするため近くの川に行ったのですが、車のバッテリーが上がってしまいました。

もう一台の車と繋げたいのですが、その車では道が細くその場所までいけません。

救援車からバッテリーを外してブースターで繋げてもエンジンはかかりますか?

Aベストアンサー

大丈夫、かかります。
ただし、救援車のバッテリーがフル充電に近くないとダメです。
バッテリー同士をつながずに入れ替えして近くまで行ってから、付け直して充電するという方法もありです。

Qアイドリングと空ぶかしについて。

お世話になっております。

バイクを扱う上で、アイドリングと空ぶかしの有意性について
疑問があるため、ご教授ください。

・アイドリング
 冬季などにしばらくアイドリングをしておくのはわかりますが、
この時期でも乗る前にしばらくアイドリングをする方をよく見ます。
教習所では乗ってからエンジンをかけるよう習ったので、そのように
していましたが、乗る前にアイドリングをしたほうが、何かしら
バイクに良い影響があるのでしょうか?
また、その場合、有効的なアイドリング時間についても教えてください。

・空ぶかし
 知人は、発進する前に2、3度アクセルをふかしてから発進します。
アイドリングが低回転なら、エンスト防止になるのかなとか思って
いたのですが、本人曰く、動きがスムーズになる?とのことです。
しかし、エンジンをかけた直後は、オイルもまわっておらず、
そんな状態でアクセルをふかすと、部品の磨耗が激しくなるのでは
ないかと思うのですが…。
これも何かしらの作用があるのでしょうか?

以上2点、宜しくお願いします。

お世話になっております。

バイクを扱う上で、アイドリングと空ぶかしの有意性について
疑問があるため、ご教授ください。

・アイドリング
 冬季などにしばらくアイドリングをしておくのはわかりますが、
この時期でも乗る前にしばらくアイドリングをする方をよく見ます。
教習所では乗ってからエンジンをかけるよう習ったので、そのように
していましたが、乗る前にアイドリングをしたほうが、何かしら
バイクに良い影響があるのでしょうか?
また、その場合、有効的なアイドリング時間についても...続きを読む

Aベストアンサー

暖機運転は、走り出せれば必要ないと思いますよ。
エンジンだけ温めても、その他の稼動部が温まらないわけですから。
バイク全体の暖気をするような感覚で、むしろ走り出しの速度を抑えて走り出した方が良いと思っています。

ただ、電子式の燃料噴射装置を持つ車と違って、キャブレーター式がまだ多いバイクですから、始動直後はキャブレーターでの燃料の気化が上手く行われないので、チョークを引いたりする必要がありますね。
走りながらのチョークレバーの操作がやりにくいタイプであれば、チョークレバーを戻せるまで走り出すのは控えた方が安全ですね。


発進前の空ぶかしですが、エンジンのためというよりも、アクセルが正常に開閉できるか、開閉にしたがって正常にエンジンが回るかどうかの確認といったところではないでしょうか。

加速ポンプの付いたSR(現在のものは付いているかどうかわかりませんが)は、エンジンが回っていないときのアクセルの開閉は、余計な燃料をエンジンに入れてしまうのであまりよくないので、始動後にチェックでしょう。

また、TY250(2st)では、クランクケースにオイルが溜まりやすく、始動後回転を上げてオイルを排出してやる必要がありました。

ただ、これらは、特殊な例だと思いますよ。

暖機運転は、走り出せれば必要ないと思いますよ。
エンジンだけ温めても、その他の稼動部が温まらないわけですから。
バイク全体の暖気をするような感覚で、むしろ走り出しの速度を抑えて走り出した方が良いと思っています。

ただ、電子式の燃料噴射装置を持つ車と違って、キャブレーター式がまだ多いバイクですから、始動直後はキャブレーターでの燃料の気化が上手く行われないので、チョークを引いたりする必要がありますね。
走りながらのチョークレバーの操作がやりにくいタイプであれば、チョークレバ...続きを読む

Q車のバッテリー上がり時の充電について

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いまいち理解できません。

                 バッテリー上がり側
     ---------+  ― ---------
    │                               │
    │                               │
    │                               │
     ---------+  ― ---------                                           救援車側

 上記のような抵抗が無い回路になると思うのですが、救援車側の+から電流が流れ、バッテリー上がり側を通って、-に戻ってくる。
 その時にバッテリー上がり側のバッテリーに電気が流れるから充電されるということですか?

 いろいろと調べているのですが、理論的(電気回路的)に理解をしたいと思っています。
 
 よろしくお願いします。

 

 
    
    

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。
質問者さまの回路のとおりです。
「バッテリ上がり車」のバッテリに、ブースターケーブルを使って「救援車のバッテリ」を並列につないだだけのことですね。
「バッテリ上がり車」側の「スタータ回路」は、なんらの変更もありません。
通常どおりの始動操作で始動できます。

Qエンジンをかけると、いきなりレッドゾーンまで回ってしまう

タイトルの通りですが
エンジンをかけると同時にレッドゾーンまで回ってしまいます
原因がわからないため宜しくお願いします

マシンはヤマハの「DT125」(2st)です

状況としては、久々(3年ぶり?)にエンジンをかけようとしたが
動かないためキャブの分解を行い組み付けたところ
上記の状況となっています。

経緯
1.キャブ内でガソリンが腐っていたため洗浄
  キャブ底の蓋を外しキャブクリーナぶっかけ&ブラシでごしごし
  メインジェットが詰まっていたためごみを除去
2.洗浄後組み付けフューエルコックをひねると
  キャブからガソリンが溢れ出しエンジンは掛からない
3.フロートの動きが悪いのかと思い
  再度キャブ底の蓋を開き組み付け
4.エンジンをかけるといきなりレッドまで回る
  パイロットエアスクリューを念のため調整するも変化なし

気になるのは、最初キャブを外そうとしたのですが
スロットルケーブルの外し方がわからず諦めました
その際に無理をかけたのが気になります

以上よろしくお願いします

タイトルの通りですが
エンジンをかけると同時にレッドゾーンまで回ってしまいます
原因がわからないため宜しくお願いします

マシンはヤマハの「DT125」(2st)です

状況としては、久々(3年ぶり?)にエンジンをかけようとしたが
動かないためキャブの分解を行い組み付けたところ
上記の状況となっています。

経緯
1.キャブ内でガソリンが腐っていたため洗浄
  キャブ底の蓋を外しキャブクリーナぶっかけ&ブラシでごしごし
  メインジェットが詰まっていたためごみを除去
2.洗...続きを読む

Aベストアンサー

自分の経験では、多分キャブの組み違いだと思います。
以前、NSRですが、キャブのスロットルバルブ(キャブの中に入っている筒状のもの)のカッタウェイ(切れ込みがある部分)を逆に組んでしまい、エンジンかけるといきなりレッドまで回ってしまいました。
よくある組み違いだと聞いていますので、それではないでしょうか?


人気Q&Aランキング