オススメな小説を教えてください。
自分が好きなのは、ハリポタや十二国記のようなファンタジー系です。
自分はあまり、小説読まないので、難しいのは勘弁です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

個人的に大好きな本をおすすめします。


スティーブン・キングとピーター・ストラブの共作の
『タリスマン』です。新潮文庫から出版されています。
是非読んでみてください。きっと楽しめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

※みなさん一人一人にお礼をしたいのですが、少々多いので、ここでまとめてお礼をさせていただきます。

みなさん様々な本のご紹介ありがとうございました。参考になります。

お礼日時:2003/10/30 21:36

僕もファンタジー系は好きでよく読んでいます。


僕のおすすめは、
スレイヤーズシリーズ/著 神坂一/富士見ファンタジア・ 本編と短編集を含めて36冊でてます。
これは、本編は笑いのある、剣と魔法世界のファンタジー。面白いですとよ。短編集は、本編の前の話でこちらは、本編と違う面白さがあります。
ロストユニバース/著 神坂一/富士見ファンタジア・5冊で完結です。
宇宙の話です。魔法とかは出ませんがかなり面白いですよ。
クロスカディア/著 神坂一/富士見ファンタジア・現在3冊発売以下続刊。
これも、最初の2つと同じく新坂一の作品。これも、魔法が出てくる話で、のめり込めます。
魔術師オーフェンシリーズ/著 秋田禎信/富士見ファンタジア・本編と短編集を含めて33冊出ています。
これは、本編の法は、続けて読まないと内容が解かりにくいですが、内容は面白いです。短編集はさくさく読めます。
すべてお勧めですが、僕としては新坂一の作品がおすすめです。とくにスレイヤーズシリーズ。
一度呼んでみてください!!
    • good
    • 0

「アルスラーン戦記」田中芳樹著 角川文庫



ルシタニア軍に敗れた王子アルスラーンは万騎長のダリューンにより助けられ、優れた知略の天才ナルサスを味方とし、楽士キーヴと女戦士ファランギースの応援を得て王都奪還のため旅立つ。

ヨーロピアンではなく中世ペルシアのイメージ世界でのヒロイックファンタジーです。
劇場アニメ化もされました。

10巻まで発行されてますが10巻目が出てから4年。
いまだ11巻は出てません#
    • good
    • 0

ハヤカワから出ている「ランドオーヴァー」のシリーズ(全5冊)をお勧めします。

一巻目のタイトルは「魔法の王国売ります」面白いです。
他には栗本薫の「グイン・サーガ」シリーズかな。これはやたら長いですが、読みやすいし図書館にもあることが多いですよ。昔は60巻ぐらいまで読んでいましたが、現在で90とか100巻ぐらいまであるのかも。
「オズの魔法使い」シリーズ(14冊くらい)とか、「ドリトル先生」(10冊くらい)などの少年少女むけのものも大人になってから読み返すと、また違った感動があるものです。
    • good
    • 0

私もファンタジー系大好きです。


それも、純粋に物語の内容を追求しているものがいいです。
だから私も「十二国記」シリーズは大好きですよ。

ところで、そういう私のおすすめは、

○茅田砂湖 著「デルフィニア戦記」全18巻
(中央公論新社/C★ファンタジアノベルズ)
※中公文庫でも刊行開始中

http://books.bitway.ne.jp/shop/mt-list_thum_auth …


○斉城昌美 著「神狼記」シリーズ
(中央公論新社/C★ファンタジアノベルズ)
・「神狼記昔語り」
  黒狼秘譚全3巻(すべて上下巻)
  白狼綺伝I~V
・「神狼記I~VI」
※昔のものだし、たくさん刊行されているので、図書館あたりで読んでください。

http://books.bitway.ne.jp/shop/mt-list_thum_auth …
    • good
    • 0

すこしオコサマ向けかもしれませんが


佐藤さとるさんの「誰も知らない小さな国」シリーズ。
コロボックルのおはなしです。
    • good
    • 0

『ゲド戦記』をおすすめします。



広大な世界観が素晴らしいです。

『ナルニア王国物語』

これも、すごく読みやすいのに、とても親切な文で、魅力的なキャラクターが活躍します。
ちょっと感動して泣いてしまいます。内容はファンタジーです。


ほかにもまだあると思うのでまた来ますね^^
    • good
    • 0

オススメとなれば「指輪物語」を外せませんが、これは少し難しいので興味が出てきてからどうぞ。



軽いものでは、深沢美潮の「フォーチュンクエスト」シリーズ(角川書店)はお気に入りです。
また、児童文学ですがM.エンデの「モモ」「果てしない物語」(岩波書店)や、エミリー・ロッダの「ローワンと魔法の地図」他ローワンシリーズ(あすなろ書房)もオススメです。
また、早川書房から「魔法の国ザンス」「マジカルランド」「真実の剣」などのシリーズも読みやすいかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルスラーン戦記の朗読の第1章の絵のことなのですが、ダリューンがアルスラーンの足をもってあげていると

アルスラーン戦記の朗読の第1章の絵のことなのですが、ダリューンがアルスラーンの足をもってあげていると思いますが、これはどういった場面だと思いますか?
例えば、アルスラーンが足が痛くて〜とかです。
皆さんのご想像をお聞かせください!

Aベストアンサー

朗読劇を持ち合わせていないので、具体的にはわかりかねますが、アルスラーンが水を飲むシーンというと、TVシリーズの第3話「黒衣の騎士」だと思われます。
■第3話「国威の騎士」
http://www.anitube.se/video/82720/Arslan-Senki-TV-03

途中、ダリューンの馬「シャブラング」にアルスラーンが乗るシーンがあります。
これが、その後、休憩で水の飲むシーンの前段となります。

朗読でのこのカーラーンから襲われるアルスラーンをダリューンが救った後のこのシーンのことではないでしょうか?

TV版では馬の鞍に乗る際に直接載ってますが、挿絵のイメージとしては、ダリューンが足を持ち上げたように捉えているのではないでしょうか?

Qいままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなん

いままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなんですか?そして、どうしてその小説が好きなんですか?

Aベストアンサー

小野不由美「十二国記」
→ただのファンタジーではなく、登場人物の成長を通して自分の考え方も見せるので。
下手な自己啓発本より、ずっと心にぐっときます。

上橋菜穂子「精霊の守り人」
→ファンタジーと言うより、歴史大河小説のような感じです。
精霊や異世界も出てきますが、民族や国勢、国家の派閥、侵略など壮大な物語ですが、大人も子供も読める物語です。この国は本当に地球上にある(あった)のではないか?と思ってしまうほどリアリティがあるのも好きです。

同じ作者の「獣の奏者」も壮大な物語なのですが、主人公の考え方に賛同できなかったのでイマイチでした・・・

Qルシタニア号事件は無制限潜水艦作戦の一環か

タイトルの通りです
本によってはルシタニア号事件の後に無制限潜水艦作戦が始まっていたりしてよくわかりません。客船を攻撃する内容は事件も作戦も同じなのですが。
事件の後に作戦を発布したとしたら後付けも甚だしいだろとなってしまうのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

1915年2月にイギリス周辺海域を戦争区域であると宣言して、無警告攻撃することを告知しています。5月にルシタニア号が無警告攻撃を受けて沈没します。それで米国人の被害もあり米国始め中立国からの国際的な避難が高まりました。それでドイツはいったん無警告攻撃を中止します。1917年2月に改めて無警告攻撃を宣言して、潜水艦による無警告攻撃が改めて開始されました。
ですから後ずけではないと思います。

Q十二国記

自分は十二国記が好きでよく読んでいるのですが、「黄昏の岸 暁の空」を読むと、いつも同じところで「これはどういうことなんだ?」と思ってしまうので質問させていただきます。
感想のようなものが聞きたいわけなので、正しい解答というものはないかもしれませんが…。

お聞きしたいのは「黄昏の岸 暁の空(下)」のP114~116に出てくる少女が言うセリフの真意です。
具体的には
「戴で最初の雪が~なのに煙が……」
「ほんのたまの晴れ間を~晴れ間がない」
「鴻基は一穴の~煕光でございましょう」
のあたりです。
全部を書くのはあまり良くないと思うので、一部ずつ書かせていただきました。

十二国記を知っていて自分なりの解釈ができているという方に、このセリフを言った少女は李斎に何を言いたかったのか(=李斎が悟った少女の意とは何か)、ということを教えていただきたいです。

上手く質問がまとめられず、皆様に何が聞きたいのかが伝わりにくかったらすみません。

Aベストアンサー

この少女がいいたいのは、
晴れ間、春(つまり希望の象徴ですね)=王、台輔
煙=阿選
ということでは。

そのすぐ後のくだりに、李斎に、
ーどうぞ主上をー・・・と言った、とありますね。それが言いたかったことでしょう。
煙を払って、晴れ間をもたらしてくれる王を待ち望んでいるんだと思います。

早く続き、出ないかな・・・。

Qアルスラーン戦記の旧と新の違い

毎度お世話になります。
たまたま本屋で田中芳樹先生のアルスラーン戦記を見かけとりあえず5冊読破致しました。この本を最初に読んだのは10年以上前で当時も大変面白く読んだものでした。しかし記憶が曖昧なのも事実あり、新アルスラーン戦記では加筆部分があるそうですがどの部分かわかりませんでした。どこを加筆したかを教えてください。また旧では10巻(新では5巻)で完結されていたのでしょうか。悪筆ですが教えてください。

Aベストアンサー

私もアルスラーン戦記読んでました。
加筆部分についてはよく判らないのですが、旧の方は10巻「妖雲群行」?まで出ています。新の5巻までですね。

新の5巻まで読んでみると分かりますが、未完です。

当初予定では旧7巻「王都奪還」までが第1部(王太子時代)旧8巻以降が第2部で全14巻だったようです。が、途中で止まってしまった。新が出版されたとき、新5巻まで、過去の作品を出していき、6巻以降を新たに書き下ろすとなっており、期待していますが、本当に出ますかね・・・。
長編の場合、完結したのがマヴァール年代記の1作のみといわれていますからね、田中先生は・・(あの銀英伝も外伝が6巻ほど出す予定だったらしい)

Q十二国記・ベルセルクは完結するのでしょうか……?

小説では十二国記、マンガではベルセルクが大好きなんですが。
ふと気になって、そしてだんだん心配に変わったので質問しました。

十二国記とベルセルクはきちんと完結するでしょうか??
どちらも壮大で緻密なストーリーな上、遅筆ですよね……(・ω・`*)


みなさんは十二国記・ベルセルクのラストはどのように終わって欲しいですか?また、どのようなラストになると思いますか?

みなさんの意見聞かせて下さい!

Aベストアンサー

ベルセルクは、なんだかんだとはいっても進行はしていますので、終わりはあると思います。

十二国記は、正直難しいかなと思ってしまいます。できるだけ多くの作品をだしてくれればいいなーという望みしかもっていません。

ラストがくるなら、どちらもハッピーエンドはないようなきがします。
世界が滅ぶとか、そういうのかなーと。

Qアルスラーン戦記について

アルスラーン戦記の情報が知りたいのですが。
映画版1・2
OVA版3・4・5・・・・
くらいまで見たとおもうのですが、
続きが気になっています。
ひょっとして完結しているのでしょうか?
なんか中途半端な最後だったような記憶があります。
どなたか小説版・OVA版を含め、どうなっているのか現状をお教えください。
結局ヒルメスとか、エステルとか、ダリューンとか、どうなったんでしたっけ?
完結してたかなぁ?
数年前のことなので記憶も曖昧です。(*´ー`)
できれば、アルスラーン戦記シリーズの作品のリストなどわかれば探しようもあるので、お教えください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

ちょこっと探せばらいとすたっふ関連のホームページで見つけることが出来ますよ
http://www.wrightstaff.co.jp/home.html
まだ、12翼将とか出そろってないしまだまだ続きそうな気配なんだけど
この人のシリーズで完結したのを探す方が難しいくらいではなかろうかと思います

Q面白い小説を教えてください【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー/】

小説を探しています。
ジャンルは【推理/ミステリー/サスペンス/ホラー/ファンタジー】ですが、それ以外のジャンルでも「これはお勧め!」というのが有れば、是非教えてください。
ホラーは、ゲテグロ系ではなくて、心理系のようなタイプが好きです(『リング』のような)。

■タイトル ■著者 を教えて欲しいですが、もしお分かりになるようであれば、出版社も欲しいです。


小説は大好きですが、自分では「これ面白そう!」と思っても、いざ読んでみると「な~んだつまらん」というのが大半(選び方が悪い)なので、「これは面白い!」という本に出会いたいと思います。

お願いします。

Aベストアンサー

私のお勧めは向山貴彦の「童話物語」で、ジャンルは異世界ものファンタジーです。
私はこの本を「隠れた名作」と言い張っています^^
描写がきれいで物語の内容も深く、読んだ後の充実感は最高です。
主人公と一緒に、泣いたり、怒ったり、喜んだりできる素敵な本です。
詳しくは参考URLのカスタマーレビューをドウゾ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344401298/qid=1112095983/sr=8-10/ref=sr_8_xs_ap_i10_xgl14/250-4514271-9340263

Qアルスラーン戦記やアウ゛ァール年代記を知っていますか?

アルスラーン戦記やアウ゛ァール年代記を知っていますか?
大変面白い 空想戦記ですよね
このような実際にはなかったたけど架空の武将たちが争うというような小説 物語 本はないですか

Aベストアンサー

田中芳樹の
『アルスラーン戦記』
『マヴァール年代記』
ですよね?
「空想戦記」ではなく「架空歴史小説」です。
_
同じ著者なら
『銀河英雄伝説』(創元SF文庫)
『七都市物語』(ハヤカワ文庫JA)
『灼熱の竜騎兵』(富士見ファンタジア文庫)
『タイタニア』(講談社文庫)
『西風の戦記』(講談社文庫)
_
他の著者だと
E.R.エディスン
『ウロボロス』(創元推理文庫)
_
漫画だったら
天王寺きつね
『オルフィーナ』(ドラゴンコミックス)
『オルフィーナSAGA』(角川コミックス)

Q最近悪の教典という小説を読んでいるんですが警察は無能すぎませんか? 主人公の蓮実は様々な方法で自分に

最近悪の教典という小説を読んでいるんですが警察は無能すぎませんか?
主人公の蓮実は様々な方法で自分にとって不都合な人間を殺していますが本当にあんな雑な殺し方で警察に捕まらないのでしょうか?
まず釣井教論を自殺に見せかけて殺すところですが普通電車で自殺はしないでしょう笑、これを自殺と断定する警察は能無しとしか言いようがありません。次に真田先生を飲酒運転に見せかけ失墜させる場面では靴の跡やハンドルの指紋を調べたりしないのでしょうか?まだいろいろ言いたいことはありますが日本の警察ってここまで無能なんですか?もしこれを真似する人が現れたら捕まえられるんですか?

Aベストアンサー

その作品を読んでいないので細かなことはわかりませんが、小説というのは、フィクションです。
当然、小説の中に登場する警察も、フィクションの存在です。
小説の中の警察が無能であることと、現実の警察の能力には何の関係もありません。
ちなみに、その小説に限らず、ミステリー系の小説に書かれている殺人の方法(トリック等)を現実でおこなった場合、ほぼ100%捕まります。
フィクションと現実には、それだけの隔たりがあるということです。
仮想世界のことと認識して楽しみましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報